Microsoft Teams での電話会議についての実践的なガイダンスを提供します。Practical guidance for Audio Conferencing in Microsoft Teams

Office 365 の電話会議では、参加者はどの電話端末からでも Teams 会議に参加できます。Audio Conferencing in Office 365 (formerly known as PSTN Conferencing) allows participants to join your meetings from any telephone.

Office 365 の電話会議で利用できる機能を以下に示します。Here's what you get with Audio Conferencing in Office 365.

この実践的なガイダンスでは、Office 365 FastTrack のお客様が正常なビジネス成果に向けて電話会議の実装を正しく計画、提供、運用できるよう、導入フレームワークと 3 つの段階 (構想、参加、価値の創出) について説明します。This practical guidance takes you through the Office 365 FastTrack customer journey framework and its three phases, Envision, Onboard, and Drive Value, to help you plan, deliver, and operate an Audio Conferencing implementation towards succesful business outcomes.

ヒント

この実践的なガイダンスにはアクティビティや重要なディスカッションの例が記載されています。In this practical guidance, we are providing example outputs for each activity and key discussion. このドキュメントでは、これらの例は「ヒント」内に記載されており、テンプレートとして再利用することができます。The examples throughout this document are enclosed inside TIP callouts and they serve as a template that you can reuse. 「TBA」(今後追加される予定) と記載されている箇所には、計画プロセスを遂行する上で満たす必要のある情報が入ります。You'll see "TBA" (to be added) for information that you need to complete as part of your planning process.

構想 Envision

構想の段階は Office 365 カスタマーによる導入の基礎であり、電話会議を含むすべてのワークロードに適用されます。The Envision phase provides the foundation for the Office 365 customer journey and is applicable to all workloads such as Audio Conferencing.

この段階では、ビジネス目標を明確にするとともに関連するプロジェクト ステークホルダーを編成して、最終的に次のことを実現します。In this phase, business goals are captured, with relevant project stakeholders assembled, to ultimately deliver:

  • ビジネス ユース ケース、主要ステークホルダー、目的と主要成果 (OKR)、主要成功指標 (KSI)、リスク、環境評価、導入の準備状況、運用計画を含む高度な成功計画。a high-level success plan that contains business use cases, key stakeholders, objectives and key results (OKRs), key success indicators (KSIs), risks, environmental assessment, adoption readiness, and operational plan.

  • 理想の最終的な状態を実現する、電話会議の詳細な技術実装計画。and subsequently, a detailed Audio Conferencing technical implementation plan to achieve the desired end state.

電話会議のビジネス ユース ケースを定義するDefine business use cases for Audio Conferencing

電話会議により、会議の参加者は従来の電話回線、PBX、携帯電話を使用したダイヤルインで PSTN (公衆交換電話網) を介して参加できるため、組織はあらゆる会議 (臨時会議や予約済みの会議) への追加のエントリ ポイントを確保できます。Audio Conferencing provides organizations with additional entry points to any scheduled meetings by allowing meeting participants to join via PSTN by dialing in using traditional landline, PBX, or mobile phones.

これは、開催者や参加者がコンピューターにアクセスしていない場合、データ接続が利用できない場合、モバイル データの対応エリアにムラがあるリモート エリアでの接続や帯域幅が制限された無料の公共 Wi-Fi サービスへの接続など音声通信をサポートするには信頼性が不十分である場合、会議の参加者がすぐに利用できるテレフォニー エンドポイントを使用して会議にダイアルインすることを希望する場合に便利です。This is useful when the organizer or participants are not in front of a computer, or when data connections are unavailable or unreliable to support voice communications—such as when in a remote area with spotty mobile data coverage, or if connected to a free, public Wi-Fi service with limited bandwidth, or when meeting participants prefer to dial in to the meeting using telephony endpoint readily accessible to them.

このステップでは、重要なプロジェクト ステークホルダーが電話会議の実装をサポートするビジネス ユース ケースを定義します。In this step, core project stakeholders will define business use cases that support the implementation of Audio Conferencing.

ビジネス ユース ケースは、予期される測定可能なビジネス成果を定義、文書化することを目的としたもので、次の項目を含みます。Business use cases are meant to define and document the expected and measurable business outcomes, and include the following:

  • 現在のビジネス プロセスの説明Description of current business process.
  • 定義された既存のビジネス プロセスにおける課題。Challenges with existing business process defined.
  • 課題の克服に向けたテクノロジーの有効性。How technology can help overcome these challenges.
  • 課題を克服したときに予期される測定可能なビジネス成果。The expected and measurable business outcome if these challenges are overcome.

ヒント

完全なビジネス ユース ケースの例を次に示します。The following is an example of a completed business use case:

現在のビジネス プロセスの説明Description of current business process
現在、Contoso 社は地元のテレフォニー プロバイダが提供する PSTN 会議サービスを利用しています。このサービスでは社内会議または外部関係者との会議に対して分単位の料金が発生しています。Contoso currently relies on PSTN conferencing services provided by the incumbent local telephony provider chargeable by meeting minutes for internal meetings and meetings involving external parties.
既存のビジネス プロセスにおける課題Challenges with existing business process
Contoso 社は現在の PSTN 会議サービスに対して年間約 100 万ドルを費やしています。これは社内会議で発生するコストの 75% を占めています。Contoso spends roughly USD 1 million per year for the current PSTN conferencing service, with 75% of the cost incurred for internal meetings.
PSTN 会議サービスによってホストされる従来のテレフォニー エンドポイントを使用した会議への参加は、最新の通信およびコラボレーション プラットフォームとして Teams を導入する組織の計画とは方向性が異なります。The use of traditional telephony endpoints to join the meetings hosted by the PSTN conferencing service is not aligned with the plan for the organization to adopt Teams as modern communications and collaboration platform.
課題の克服に向けたテクノロジーの有効性How technology can overcome these challenges
Microsoft Teams を最新の通信およびコラボレーション プラットフォームとして導入することで、内部ユーザーは最適なヘッドセットを備えた PC や会議室のデバイスを主に使用して会議に参加することが予測されます。With the adoption of Microsoft Teams as modern communications and collaboration platform, internal users are expected to primarily join meetings using their PCs equipped with optimized headsets and meeting room devices. 外部の参加者に対応する場合や、内部の参加者による PC の音声機能の使用が推奨されない状況に対応する場合にも、電話会議サービスを利用することが可能です。Audio Conferencing service will be available to support external participants or to support situations where the use of PC audio is not favorable for the internal participants.
予期される測定可能なビジネス成果Expected, measurable, business outcomes
最新の通信およびコラボレーション プラットフォームとして位置付けられた Teams に移行し、電話会議サービスと連携させることにより、Contoso 社は PSTN 会議サービスを提供するためのコストを既存の PSTN 会議サービスの約 20% にまで年間コストを大幅に削減できることが予期されます。The move to Teams as modern communications and collaboration platform, combined with Audio Conferencing service, will greatly reduce the cost to deliver the PSTN conferencing service to the point that Contoso is expected to only spend approximately 20% of the annual cost of the existing PSTN conferencing service.

構想の段階の次のステップに移る際に、ビジネス ユース ケースの定義に加えて、次の項目を明確化します。In addition to defining your business use cases, as you move into the next step of the Envision phase, you should also get clarity around:

  • 組織範囲、およびorganizational scope, and
  • プロジェクト タイムラインproject timelines

主要なステークホルダーを特定するIdentify key stakeholders

上記のステップで定義したビジネス ユース ケースには、電話会議の実装についての組織範囲も含まれます。この組織範囲に基づいて、プロジェクトに関与する適任者を編成し、包括的なステークホルダー マトリックスを完成することができます。The business use cases defined in the previous step will include organizational scope of Audio Conferencing implementation, and based on that, the comprehensive stakeholder matrix can be completed to include the right people to be involved in the project.

ヒント

プロジェクト ステークホルダーを文書化する際に利用できるステークホールダー マトリックスのテンプレートの例を次に示します。Below is an example of stakeholder matrix template that you can use to document the project stakeholders:

役割Role 説明Description 名前、連絡先情報、場所Name, contact information, location
プロジェクト エグゼクティブ スポンサーProject Executive Sponsor
  • プロジェクトおよびプロジェクトの目的実現に関する最終的な権限と説明責任Ultimate authority and accountability for the project and delivery on project objectives
  • プロジェクト リードによって報告された問題の解決を支援するHelp resolve issues escalated by Project Lead
  • 社内でのプロジェクトの目標についてのスポンサーとの意思疎通Sponsors communication within the company about project goals
  • 主要な戦略決定に対する責任Responsible for making key strategic decisions
  • 必要なリソースおよび予算の利用可能性に対する責任Responsible for availability of required resources and budget
  • 主要な四半期ごとのビジネス レビュー (QBR)Leading Quarterly Business Reviews (QBR)
  • 啓発キャンペーンの取り組みへの支援とサポートBuy-In and support of awareness campaign effort
  • プログラム ロールアウトのプロジェクト スポンサーとしての役割Serving as the Project Sponsor to the program rollout
TBATBA
プロジェクト リードProject Lead
  • プロジェクト チームの管理と指導Managing and leading project team
  • プロジェクトに関与するパートナーと作業チームを調整するCoordinates partners and working teams engaged in the project
  • 四半期ごとの主要成果を実現するためのプロジェクト計画の作成と管理に対する責任Accountable for creating and managing project plans to meet quarterly key results
  • 部門横断的な課題の解決Resolving cross-functional issues
  • プロジェクト スポンサーへの定期的な更新の提供Providing regular updates to the project sponsors
  • 導入の状況を総合的なプロジェクト計画に取り入れるIncorporating Adoption aspects into the all-up project plan
  • 月次ビジネスおよび運用レビュー (MBR) の指揮による四半期ごとのビジネス レビューへの貢献Leading Monthly Business and Operational Reviews (MBR), contributing to Quarterly Business Reviews
TBATBA
コラボレーション リード/アーキテクトCollaboration Lead/Architect
  • 企業の幹部によって定義されたコラボレーション戦略の実行に対する責任Responsible for execution on collaboration strategy defined by company executives
  • ビジネス目標を満たす企業向けコラボレーション製品の分析と選択Analyzing and choosing collaboration products for the company that meets business goals
  • コラボレーション製品の運用設計に対する責任Responsible for the design of the operations for collaboration products
  • 運用とサポート モデルを定義するDefines operation and support model
  • 月次および四半期ごとのビジネス レビューのへの貢献Contributing to Monthly and Quarterly Business Reviews
    TBATBA
    コンサルタントConsultant
    • 構成サービスに対する責任Responsible for configuration services
    • 全体的なソリューション アーキテクチャに貢献するContributes in overall solution architecture
    TBATBA
    プロジェクト マネージャーProject Manager
    • プロジェクト計画の作成と保守Developing and maintaining project plan
    • プロジェクト計画と予算に見合ったプロジェクト成果の管理Managing project deliverables in line with project plan and budget
    • 報告を含む、プロジェクトの問題の記録と管理Recording and managing project issues, including escalations
    • 週次スタンド アップ コールの実施Conducting weekly stand up calls
    • プロジェクト エグゼクティブ スポンサーと連携する、プロジェクト エグゼクティブ スポンサーに更新を提供するLiaises with, and provides updates to project executive sponsors
    • アーキテクトとの協力による変更管理およびコミュニケーション プランの定義Working with the Architect to define the Change Management approach and Communication Plans
    TBATBA
    変更管理/導入の専門家Change Management/Adoption Specialist
    • 検出段階から導入およびトレーニング プロセスへの移行に関する意見を提供するProvide input on Discovery phase into adoption and training processes
    • 導入戦略ワークショップに参加するParticipate in adoption strategy workshop
    • 導入戦略の策定と導入戦略に対する責任Developing and responsible for adoption strategy
    • コミュニケーション プランの作成と実行Developing and executing communication plan
    • エンド ユーザーへのトレーニングの提供に対する責任Responsible for delivering trainings to end users
    • フィードバックを収集し、調査を実施するCollect feedback and conduct surveys
    TBATBA
    ネットワーク リードNetwork Lead
    • 検出段階からネットワーク設計への移行に関する意見を提供するProviding input on Discovery phase into network design
    • 構想ワークショップでの計画作成への参加Participating in planning during Envisioning workshop
    • プロジェクト実行時のネットワーク チームの作業を調整するCoordinates work of networking team during the project execution
    TBATBA
    セキュリティ リードSecurity Lead
    • 検出段階からセキュリティ設計およびプロセスへの移行に関する意見を提供するProviding input on Discovery phase into security design and processes
    • 構想ワークショップでの計画作成への参加Participating in planning during Envisioning workshop
    • プロジェクト実行時のセキュリティ チームの作業を調整するCoordinates work of security team during the project execution
    TBATBA
    テレフォニー リードTelephony Lead
    • 検出段階からテレフォニー設計への移行に関する意見を提供するProviding input on Discovery phase into telephony design
    • 構想ワークショップでの計画作成への参加Participating in planning during envisioning workshop
    • プロジェクト実行時のテレフォニー チームの作業を調整するCoordinates work of telephony team during the project execution
    TBATBA
    デスクトップ リードDesktop Lead
    • 検出段階からクライアントおよび更新プロセスへの移行に関する意見を提供するProviding input on Discovery phase into clients and update process
    • 構想ワークショップでの計画作成への参加Participating in planning during envisioning workshop
    • プロジェクト実行時のデスクトップ チームの作業を調整するCoordinates work of desktop team during the project execution
    TBATBA
    サポート/ヘルプ デスク リードSupport/Help Desk Lead
    • 検出段階から運用およびサポート モデルへの移行に関する意見を提供するProviding input on Discovery phase into operational and support model
    • 構想ワークショップでの計画作成への参加Participating in planning during envisioning workshop
    • サポート モデルの計画への参加Participating into support model planning
    • プロジェクト実行時のサポート チーム/リソースの作業を調整するCoordinates work of support teams/resources during the project execution
    TBATBA
    ビジネス ユニットの代表者Business Unit Representatives
    • エンド ユーザーを対象とした導入ガイドと資料の作成に貢献するContribute in End User based adoption guides and materials
    • ビジネス ユース ケースへの貢献とレビューContribute to and review Business Use Cases
    TBATBA
    展開リードDeployment Lead
    • 展開の前提条件が満たされていることを確認するEnsure that deployment prerequisites are met
    • 準備および展開段階のアクティビティに必要なカスタマー リソースを手配するEngage customer resources to engage on prepare and deploy stage activities
    • 準備および展開の状況をレビューする会議に参加するParticipate in meetings to review prepare and deploy status
    TBATBA
    IT 管理者IT Admins
    • テストの計画と実施を支援する責任がある IT 専門家IT Pros responsible for assistance with test planning and execution
    TBATBA
    サービス所有者Service Owner
    • 電話会議サービス全般の運用に対する責任Is responsible for the operation of the Audio Conferencing service all up
    • 電話会議サービスの所有者Owner of Audio Conferencing service
    TBATBA
    品質チャンピオンQuality Champions
    • 品質、信頼性を向上し、ユーザー フィードバックを促進するDrives quality, reliability and user feedback
    • 品質の傾向を特定し、該当チームによる修正を促すIdentifies the quality trends and drive remediation with the respective teams
    • 運営委員会を介してリーダーシップに報告するReports through the steering committee back to leadership
    • 「Rate My Call (通話を評価する)」および「Net Promoter Score (ネット プロモーター スコア)」を使用して品質、信頼性、ユーザーの感想を報告するReports on quality, reliability, and user sentiment through Rate My Call and Net Promoter Score
    TBATBA

    目的、主要成果、主要成功指標、およびリスクについて定義するDefine objectives and key results, key success indicators, and risks

    プロジェクト ステークホルダーの編成が完了すると、ビジネス ユース ケース、組織範囲、プロジェクト タイムラインを目的と主要成果 (OKR) に変換し、プロジェクトの成功の測定方法を主要成功指標 (KSI) の一覧として定義できます。With the project stakeholders assembled, business use cases, organizational scope and project timelines can be translated into objectives and key results (OKRs) and the measures of project success can be defined into a list of key success indicators (KSIs).

    プロジェクト ステークホルダーは、OKR と KSI の定義に完全に参加することで、プロジェクトに対するオーナーシップを感じることができ、組織のビジネス要件に同調することができます。Full participation from project stakeholders when defining the OKRs and KSIs will ensure sense of ownership and they are aligned to organizational business requirements.

    OKR には、プロジェクトの開始段階で設定した目的の一覧、四半期ごとに定義した測定可能な主要成果が含まれます。OKRs will contain the list of objectives set in the beginning of the project, with measurable key results defined in a quarterly basis. 主要成果は毎月レビューを行ってプロジェクト全体の状況を追跡し、必要な場合は状況に応じて四半期計画を調整することができます。The key results are reviewed monthly to track status of the overall project, and based on progress, adjustment to the quarterly plans can be made as needed.

    ヒント

    電話会議の実装に関連する OKR の例を次に示します。Example of OKRs relevant to Audio Conferencing implementation can be referenced below:

    ビジョン: Office 365 への投資を最大化して生産性を向上Vision: Increase productivity by maximizing Office 365 investments

    目的Objectives 主要成果Key Results やるべきことTo Do
    2018 年度末までに Teams での電話会議を展開するDeploy Audio Conferencing in Teams by end of fiscal year 2018 18 年度第 1 四半期: Teams での電話会議をグローバルに展開するFY18Q1: Deploy Audio Conferencing in Teams globally 構想Envision
    • 成功計画を作成するCreate success plan
    • 詳細な技術実装計画を作成するCreate detailed technical implementation plan

    参加Onboard

    • 成功計画を実施するExecute success plan
    • 技術実装計画を実施するExecute technical implementation plan
    2018 年度半ばまでに旧 PSTN 会議をグローバルで廃止するDecommission legacy PSTN Conferencing service globally by mid of fiscal year 2018 18 年度第 2 四半期: 旧 PSTN 会議サービスをグローバルで廃止するFY18Q2: Decommission legacy PSTN Conferencing service globally 価値の創出Drive Value
    • ユーザー エンゲージメントを推進し、導入を促進するBoost user engagement and drive adoption
    • 変更の管理と用意を行うManage and prepare change
    • 成功を測定、共有して、反復するMeasure, share success, and iterate

    KSI は主要成果の質と成功を測定し、良い結果と悪い結果を詳細に示すことで OKR に関する 2 つの特性 (達成または未達成) を補足します。KSIs measure quality and success of the key results and complement the binary nature of OKRs (achieved or not achieved), by detailing the good and/or bad results. KSI を定義するときには、SMART (具体的な、測定可能な、割り当て可能な、現実的な、適時の ) 条件を使用することをお勧めします。When defining KSIs, we recommend leveraging the “specific, measurable, assignable, realistic, time-related” or SMART criteria.

    ヒント

    このプロジェクトに関連する KSI の例を次に示します。The following is an example of KSI relevant to this project:

    種類Type KSI 質問と条件KSI question & criteria 測定方法How measured 成功の条件Success criteria 測定済みMeasured 責任Responsible
    使用例/導入Usage/adoption 通話の品質は以前のソリューションに比べて同等以上であるCall quality is equal to or better than the previous solution アンケートSurvey ユーザーの 80% が同意または強く同意している80% of users agree or strongly agree 有効化後および四半期ごとAfter enablement and quarterly 情報技術チームInformation Technology team
    使用例/導入Usage/adoption Microsoft Teams の導入により通信プロセスが簡易化されたTeams made the communication process easier アンケートSurvey ユーザーの 80% が同意または強く同意している80% of users agree or strongly agree 有効化後および四半期ごとAfter enablement and quarterly 変更管理チームChange Management team
    使用例/導入Usage/adoption ユーザーが積極的にソリューションを利用しているUsers actively use the solution Office 365 レポート、通話品質ダッシュボードOffice 365 reports, Call Quality Dashboard ユーザーの 80% が毎日使用するアクティブ ユーザーである80% of users are active daily users 毎日Daily 変更管理チームChange Management team
    使用例/品質Usage/quality 低い通話品質/会議品質の割合を最低限に抑えるPercentage of poor calls/conferences should be minimal 通話品質ダッシュボードCall Quality Dashboard 毎月 5% 未満の低品質通話 5% of poor calls per month 毎日Daily 情報技術チームInformation Technology team
    使用例/サポートUsage/support テクニカル サポートの受け方を知っているI know how to get technical support アンケートSurvey ユーザーの 90% が同意または強く同意している90% of users agree or strongly agree 有効化後および四半期ごとAfter enablement and quarterly 変更管理チームChange Management team
    使用例/サポートUsage/support テクニカル サポートの品質に満足しているI am satisfied with the quality of technical support アンケートSurvey ユーザーの 80% が同意または強く同意している80% of users agree or strongly agree 各インシデント後After each incident 情報技術チームInformation Technology team
    財務Financial 旧会議手段の時間 (分) の削減Reduction of legacy conferencing minutes 財務システムFinancial system 定義された ROI を達成するMeet defined ROI ROI に基づくBased on ROI 変更管理チームChange Management team

    この演習の一環としてビジネス リスクを特定し、特定した各リスクについて軽減計画を定義する必要があります。You need to identify business risks as part of this exercise and define a mitigation plan for each identified risk. この情報はリスク計画に取り入れることができます。This information can be captured into a risk plan.

    ヒント

    次の例を参考にして、リスク計画を文書化することができます。Your risk plan can be documented as the example below:

    リスクRisk 可能性Likelihood 影響Impact 全体Overall 軽減計画Mitigation plan
    予定されている合併により最大で 1,000 人の追加が見込まれるUpcoming merger will add up to 1,000 people High High High
    • 合併される会社については、独自のプロセス (構想、参加、価値の創出) で OKR を分離するFor merged companies, separate OKR with own process (Envision, Onboard, Drive Value)
    • 既存の OKR に含めないDo not include them in existing OKRs
    電話番号の移行のためプロジェクトの完了が遅れるTelephone number porting will delay project completion High High High
    • 電話番号の移行をサポートするために必要なすべての情報 (カスタマー サービス レコード、請求書の詳細、承認状など) を事前に用意するPrepare all the required information to support telephone number porting ahead of time (i.e.: customer service record, billing details, Letter of Authorization)
    • 電話番号の移行の所要時間に対応するためプロジェクト タイムラインを調整するAdjust project timeline to accommodate turnaround time of telephone number porting execution
    • 新しいダイヤルイン会議番号の使用を外部の参加者に伝えるCommunicate the use of new dial-in conferencing numbers to external participants
    計画されたネットワーク再設計Planned network redesign High Medium Medium
    • 最新の通信およびコラボレーション プラットフォームとして Teams を実装する前に、プロジェクトの範囲においてサイトに対する Network Readiness Assessment を実行します。Before implementing Teams as modern communications and collaboration platform, run network readiness assessment for sites in scope of the project

    環境の評価と、導入の準備状況の評価を行うAssess environment and evaluate adoption readiness

    設定した OKR を達成するため、ソリューションの高度アーキテクチャを定義しなければならない場合があります。To achieve the intended OKRs, you may have to define the high-level architecture of the solution. その場合は、環境を検出して、IT とテレフォニーのインフラストラクチャ、ネットワーキング、運用に関連するすべての側面を評価します。It takes environmental discovery to evaluate all aspects relating to IT and telephony infrastructure, networking, and operations.

    環境の検出には、電話会議のビジネス ユース ケースをサポートするための PC およびモバイル デバイスの準備状況 (ハードウェア要件からソフトウェア要件まで) の評価など、エンドユーザー コンピューティングに関連するすべての事項が含まれます。All matters related to end-user computing, such as readiness assessment of the personal computers and mobile devices to support Audio Conferencing business use cases, from hardware requirements to software requirements, will be included as part of the environmental discovery.

    環境の検出では、電話番号を Microsoft に移行する必要があるかどうかも明らかになります。Environmental discovery can also uncover if there are requirements to transfer phone numbers to Microsoft. これによって、組織は必要性の有無に応じてプロジェクト計画を調整し、番号の移行に必要な情報を準備することができます。This will help your organization to adjust the project plan accordingly and prepare the necessary information required for number porting. 次のアンケートを活用して環境の検出を行うことができます。You can perform environmental discovery by leveraging the following questionnaire.

    環境の検出では、Network Readiness Assessment を実行して、電話会議サービスの実装をサポートする準備がネットワークで整っているかを確認する必要があります。Environmental discovery must include network readiness assessment to ensure the network is ready to support the implementation of the Audio Conferencing service.

    電話会議サービスをサポートするためのネットワークの準備状況は、環境の検出で My Advisor Network Planner ツール に取得した情報 (インターネット接続性や WAN トポロジ、サイト リンク、利用可能な帯域幅、ペルソナ分析データ (各ワークロードについて予期される使用方法に変換可能)) を活用して判断できます。Network readiness to support the Audio Conferencing service can be determined by leveraging the information captured through the environmental discovery (such as details of internet connectivity and WAN topology, site links, available bandwidth, and persona analysis data (that can be translated into an expected usage of each workload) into the My Advisor Network Planner tool. ネットワークの準備状況をさらに深く確認する場合は、Microsoft または Network Readiness Assessment ツール パートナーによって提供されるソリューションを使用してリアルタイムのメディア トラフィック シミュレーションを行うことができます。To further confirm network readiness, real-time media traffic simulation can be performed using the solutions provided by Microsoft or by Network Readiness Assessment tools partners.

    Network Readiness Assessment の結果により、必要なネットワーク最適化、または電話会議の実装を成功させるために必要な修復が明確になります。The results of the Network Readiness Assessment will paint a clearer picture of the required network optimization or remediation required for the success of Audio Conferencing implementation.

    導入の準備状況は、ペルソナ分析を行い、電話会議サービスの実装の対象とする組織内のペルソナの一覧を作成することで評価できます。Adoption readiness can be evaluated by executing persona analysis to come up with a list of personas in the organization who can be targeted for the implementation of Audio Conferencing service. ペルソナ分析には、設定したビジネス成果を実現するために必要な追加の周辺機器やデバイスの特定も含まれます。The persona analysis includes the identification of additional peripherals or devices required to realize the intended business outcomes.

    ペルソナ分析を行う場合は、Persona Alignment (ペルソナ調整) ワークショップ デッキと Persona Feature Matrix (ペルソナ機能マトリックス) を活用して関連するプロジェクト ステークホルダーが参加するワークショップを開催できます。To perform persona analysis, you can conduct a workshop by involving relevant project stakeholders, leveraging the Persona Alignment workshop deck and Persona Feature Matrix. ペルソナ分析ワークショップの結果は Persona Analysis Report (ペルソナ分析レポート) テンプレートを使用してレポートにまとめることができます。The result of persona analysis workshop can be summarized into a report using the Persona Analysis Report template.

    注意

    Discovery Questionnaire (検出アンケート) と Persona Analysis (ペルソナ分析)の例は Skype for Business Online 用に作成されたものですが、その内容の大部分は Teams にも関連します。While the Discovery Questionnaire and Persona Analysis examples were initially written for Skype for Business Online, a majority of the content is relevant to Teams. プロジェクトの目標に関連しない項目は自由に変更または削除してください。Feel free to modify and remove items that are not relevant to the project goals.

    環境の評価と導入の準備状況の評価の一環として、技術的なリスクを特定し、特定した各リスクについて軽減計画を作成することができます。You can identify technical risks as part of an environmental assessment and adoption readiness evaluation and develop a mitigation plan for each identified risk. この情報はリスク計画の一部として取り入れる必要があります。This information should be incorporated as part of the risk plan.

    運用の役割をマッピングするMap operational roles

    最初のパイロット ユーザーを有効にした時点で運用を開始する必要があるため、運用の計画と電話会議サービスを運用するチームの特定は重要なステップです。Planning for operations and identifying the teams that will operate the Audio Conferencing service is an important step, as operations must start when the first pilot users are enabled. 特定された各チームは、指定されたタスクと責任を確認して同意し、電話会議サービスを運用するための準備に取りかかる必要があります。Each identified team must review and agree on the tasks and responsibilities identified and start the preparation to operate the Audio Conferencing service. この準備には、トレーニングや用意、スタッフの追加、サービスを提供するために必要な外部プロバイダの設定などが含まれます。The preparation might include training and readiness, additional staffing, or ensuring external providers are set up to deliver the service.

    ヒント

    このプロジェクトをサポートするために実行した運用の役割のマッピングの結果を文書化するテンプレートの例を次に示します。The following is an example of a template to document the result of operational roles mapping exercise that you performed to support this project:

    運用の役割Operational Role 説明Description チームTeam 連絡先の詳細Contact Details
    サービス所有者Service Owner サービス所有者、ビジネス部門へのインターフェース、戦略Service owner, interface to business divisions, strategy TBATBA TBATBA
    電話会議の運用Audio Conferencing Operations 日常的な運用、ユーザーとデバイス アカウントの移動/追加/変更、監視Daily operations, user and device account move/add/change, monitoring TBATBA TBATBA
    テナント管理者Tenant Admin テナント全体の設定の変更、新しい機能の有効化Change tenant-wide settings, enable new features TBATBA TBATBA
    ヘルプ デスクHelp Desk エンドユーザーがサポートを受けるためのインターフェースInterface for end-users to get support TBATBA TBATBA
    ネットワークの運用Network Operations LAN、WAN、Wi-Fi、インターネット アクセスを実装するRuns LAN, WAN, Wi-Fi, and Internet Access TBATBA TBATBA
    Client & Endpoints チームClient Endpoints Team デスクトップの展開を管理するManage desktop deployments TBATBA TBATBA
    ID の運用Identity Operations ID インフラストラクチャを管理する (AD、ADFS、Azure AD)Manage identity infrastructure (AD, ADFS, Azure AD) TBATBA TBATBA
    導入/変更管理Adoption/change management ソリューションの啓発、トレーニング、導入を管理するManage awareness, training and adoption for the solution TBATBA TBATBA
    Exchange の運用Exchange Operations Exchange 環境を管理するManages the Exchange environment TBATBA TBATBA

    運用の役割のマッピングを、各役割に関するタスクの情報を含むより詳細なものにする場合は、Operational Role Mapping Workbook (運用の役割マッピング ワークブック) を使用すると、電話会議サービスをサポートするための役割と責任を明確にする詳細な情報を得ることができます。To facilitate a more detailed operational roles mapping, including the tasks associated with each operational role, you can use the Operational Role Mapping Workbook to capture the details that will provide the clarity around roles and responsibilities to support Audio Conferencing service.

    成功計画を文書化するDocument success plan

    成功計画は構想段階で作成する文書で、ビジネス ケース、サービスの準備状況、導入計画、運用計画で構成されます。A success plan is the documentation created in the Envision phase that consists of business case, service readiness, adoption plan, and operational plan.

    成功計画は、FastTrack や展開パートナーを含むプロジェクト チームに対して、電話会議サービスにより組織の目標を実現する上で十分な情報を提供します。The success plan will provide the project team, which can include FastTrack or deployment partner, with sufficient information to realize the organization’s goals with Audio Conferencing service.

    一般的に、成功計画は以下の主なセクションで構成されます。In general, a success plan will contain the following main sections:

    • ビジネス ケースBusiness case
    • サービスの準備状況Service readiness
    • 導入計画Adoption plan
    • 運用計画Operational plan

    ビジネス ケースBusiness case

    一般的に、ビジネス ケースに必要な主な情報には、ビジネス ユース ケース、ステークホルダー、OKR と KSI、リスク、プロジェクト タイムラインがあります。Business use cases, stakeholders, OKRs and KSIs, risks, and project timelines typically make up the bulk of information required for a business case. 成功計画の一部として、こうした情報を文書化する必要があります。You need to document them as part of the success plan.

    サービスの準備状況Service readiness

    環境の評価では、電話会議の実装に向けた組織の技術的な準備状況を判断するために必要な初期情報が提供されます。Environmental assessment provides the initial information required to determine technical readiness for the organization to implement Audio Conferencing.

    ここでは、環境の評価で検出された、修復が必要な領域に対処する計画も示されます。Included here is the plan to address areas needing remediation discovered through environmental assessment. 成功計画の一部としてサービスの準備状況の評価と修復計画を含める必要があります。You need to include the service readiness assessment and remediation plan as part of the success plan.

    導入計画Adoption plan

    導入の準備状況の評価に続き、より詳細な計画を完成させて、プロジェクト チームが通信計画、トレーニング計画、立ち上げ前/立ち上げ時/立ち上げ後に関する包括的な導入アクティビティを導き出せるようにする必要があります。Following an adoption readiness assessment, further detailed planning must be completed for the project team to come up with a comprehensive set of communication plans, training plan, and pre-launch, at-launch, and post-launch adoption activities.

    このステップでは、チラシ、ウェルカム メール、トレーニング資料といった導入アクティビティをサポートするリソースを特定し、さらに組織の要件を満たすために必要なカスタマイズを特定します。Resources to support adoption activities such as flyers, welcome emails, and training materials are identified at this step, along with any customizations needed to meet organizational requirements.

    導入アクティビティのテンプレートはこちらで入手できます。The templates for adoption activities are available here.

    運用計画Operational plan

    運用の役割のマッピングに関する演習では、役割と責任、電話会議の実装をサポートする運用の各役割に割り当てるチームを決定します。Operational roles mapping exercise will establish the roles and responsibilities, and the teams assigned to each operational role to support the implementation of Audio Conferencing.

    ソリューションの運用準備を確実に行うため、この作業を完了させて、成功計画の一部として運用計画を含める必要があります。You need to complete this and include the operational plan as part of the success plan to ensure operational readiness of the solution.


    音声会議での電話会議の計画 Planning for Audio Conferencing in Teams

    電話会議の技術実装を計画するには、ビジネス要件を満たすソリューションの実装に向けて組織が十分な準備を行うことができるよう、事前に一連の意思決定を行う必要があります。To plan for the implementation of Audio Conferencing in Teams, a series of decisions must be made ahead of time to better prepare your organization to implement a solution that meets business requirements. この意思決定は技術実装計画で文書化します。These decisions will be documented into a technical implementation plan.

    電話会議の利用可否Availability of Audio Conferencing

    電話会議は以下の国と地域で利用できます。Audio Conferencing is available in these countries and regions.

    重要

    法的な規制により、多国間組織での電話会議の利用には、電話会議サービスが提供されている国や地域または電話会議サービスが商用的に利用可能な国や地域から Office 365 サブスクリプションの契約が提供される必要があります。Due to legal constraints, for Audio Conferencing to be available to multinational organizations, the contract for Office 365 subscriptions must be sourced from countries and regions covered by Audio Conferencing service.

    組織が電話会議サービスの利用資格を有していることが確認できたら、利用可能な国と地域のリストに基づいて、電話会議サービスを実装するユーザーの場所やオフィスのリストを作成します。After confirming your organization’s eligibility for obtaining the Audio Conferencing service, compile the list of user locations or offices where Audio Conferencing service will be implemented based on the list of available countries and regions.


    判断ポイントDecision Points
    • 電話会議サービスを実装するユーザーの場所またはオフィスを決定しますDecide which user locations or offices will implement the Audio Conferencing service.
    次のステップNext Steps
    • 電話会議サービスを有効にするユーザーの場所とオフィスを文書化しますDocument the user locations or offices to be enabled for the Audio Conferencing service.

    ヒント

    通話プランが設定された電話システムのサイト有効化リスト テンプレートの例を次に示します。Below is an example of a Phone System with Calling Plans site enablement list template:

    オフィスOffice 場所Location PSTN 会議サービスPSTN Conference Service
    One Epping RoadOne Epping Road オーストラリアAustralia 電話会議Audio Conferencing
    100 Cyberport Road100 Cyberport Road 香港特別自治区Hong Kong SAR 旧 PSTN 会議Legacy PSTN Conferencing
    One Marina BoulevardOne Marina Boulevard シンガポールSingapore 電話会議Audio Conferencing
    32 London Bridge Street32 London Bridge Street イギリスUnited Kingdom 電話会議Audio Conferencing
    39 quai du Président Roosevelt39 quai du Président Roosevelt フランスFrance 電話会議Audio Conferencing

    電話会議のライセンスLicensing for Audio Conferencing

    電話会議ライセンスは、Office 365 E5 サブスクリプション プランの一部、または Office 365 E1 または Office 365 E3 サブスクリプション プランへのアドオンとして利用できます。Audio Conferencing license, formerly known as Skype for Business PSTN Conferencing license, is available as part of Office 365 E5 subscription plans, or as an add-on to Office 365 E1 or Office 365 E3 subscription plans.

    注意

    Teams での PSTN またはダイヤルイン会議は、サードパーティの電話会議プロバイダー (ACP) をサポートしません。PSTN or dial-in conferencing in Teams does not support 3rd-party Audio Conferencing Providers (ACPs).
    Skype for Business Online PSTN 会議を使用している場合は、Teams ですぐに電話会議を利用できます。If you already use Skype for Business Online PSTN Conferencing today, you can immediately take advantage of Audio Conferencing in Teams.

    無料電話の会議ブリッジ電話番号を提供したり、国際電話番号への会議ダイヤルアウトをサポートするには、組織の通信クレジットを設定する必要があります。To provide toll-free conference bridge phone numbers and to support conferencing dial-out to International phone numbers, you need to setup Communications Credits for your organization.

    重要

    一部の国では通話無料の会議ブリッジ電話番号でのみサービスが提供されます。こうした国でダイヤルインをサポートするには、通信クレジットの使用が必須になります。Some countries are serviced by toll-free conference bridge phone numbers only, and in this case the use of Communications Credits is a mandatory requirement to support dial in for such countries.

    通信クレジットを実装するには、最初に初回購入金額を決定します。The first consideration to make when implementing Communications Credits is to decide the initial amount of funds to be purchased. 推奨される金額については、コミュニケーション クレジットの記事をご覧ください。Recommended funding amounts can be referenced from the Communications Credits documentation.

    コミュニケーション クレジット の記事には、組織が自動リチャージを使用する場合のリチャージ実行 (資金の最小金額) の推奨金額も記載されています。If your organization chooses to use auto-recharge, a recommendation on the trigger (lowest amount of funds) is also included in the Communications Credits documentation. 自動リチャージの金額は実際の使用量に応じて決定する必要があります。Auto-recharge amount needs to be determined by the actual usage. コミュニケーション クレジットの使用量を経時的に監視して、必要に応じてリチャージの金額を調整する必要があります。Communications Credits usage should be monitored over time and the recharge amount needs to be adjusted as required.


    判断ポイントDecision Points
    • 組織が必要な電話会議ライセンスをまだ購入していない場合は、電話会議ライセンスの取得方法を既存の Office 365 サブスクリプションからステップ アップするか、電話会議アドオンを入手するかのいずれかに決定します。If your organization has not already purchased the required Audio Conferencing licensing, decide whether Audio Conferencing licenses will be acquired by stepping up existing Office 365 subscriptions or by acquiring Audio Conferencing add-ons.
    • 電話会議の実装で通信クレジットが必要であるかどうかを決定します。Decide if Communications Credits is required for Audio Conferencing implementation. 必要な場合は、初回購入金額を決定します。If so, decide the initial amount of funds to be purchased. 該当する場合は、リチャージを実行する金額と自動リチャージする金額を決定します。Where applicable, decide the trigger amount and auto-recharge amount.
    次のステップNext Steps
    • 電話会議ライセンスを割り当てるユーザーを文書化します。Document the users that will be assigned Audio Conferencing license.
    • コミュニケーション クレジット計画 (初回購入金額、リチャージを実行する金額、自動リチャージする金額) を文書化します。Document the Communications Credits plan (initial amount, trigger amount, auto-recharge amount).

    ヒント

    電話会議ユーザーのライセンス割り当てリストを次の例のように文書化することができます。You can document the license assignment list for Audio Conferencing users using the following example:

    ユーザーUser オフィスOffice Office 365 ライセンスOffice 365 License
    Adele VanceAdele Vance One Epping RoadOne Epping Road Office 365 E5Office 365 E5
    Alex WilberAlex Wilber One Epping RoadOne Epping Road Office 365 E3、電話会議アドオンOffice 365 E3, Audio Conferencing add-on
    Ben WaltersBen Walters One Epping RoadOne Epping Road Office 365 E3、電話会議アドオンOffice 365 E3, Audio Conferencing add-on
    Christie ClineChristie Cline One Marina BoulevardOne Marina Boulevard Office 365 E3、電話会議アドオンOffice 365 E3, Audio Conferencing add-on
    Debra BergerDebra Berger One Marina BoulevardOne Marina Boulevard Office 365 E5Office 365 E5
    Lee GuLee Gu One Marina BoulevardOne Marina Boulevard Office 365 E5Office 365 E5
    Emily BraunEmily Braun 32 London Bridge Street32 London Bridge Street Office 365 E5Office 365 E5
    Lidia HollowayLidia Holloway 32 London Bridge Street32 London Bridge Street Office 365 E5Office 365 E5
    Pradeep GuptaPradeep Gupta 32 London Bridge Street32 London Bridge Street Office 365 E5Office 365 E5
    Marcel BeauchampMarcel Beauchamp 39 quai du Président Roosevelt39 quai du Président Roosevelt Office 365 E3、電話会議アドオンOffice 365 E3, Audio Conferencing add-on
    Rachelle CormierRachelle Cormier 39 quai du Président Roosevelt39 quai du Président Roosevelt Office 365 E5Office 365 E5
    Isabell PotvinIsabell Potvin 39 quai du Président Roosevelt39 quai du Président Roosevelt Office 365 E3、電話会議アドオンOffice 365 E3, Audio Conferencing add-on


    ヒント

    コミュニケーション クレジットを適用する電話番号を次のように文書化することができます。Your Communications Credits planning numbers can be documented as the following:

    初回購入金額Initial amount $ 1,000$ 1,000
    リチャージを実行する金額Trigger amount $400$ 400
    自動リチャージする金額Auto-recharge amount TBATBA

    会議ブリッジ電話番号Conference bridge phone numbers

    Office 365 の電話会議サービスには次が含まれます。The Audio Conferencing service in Office 365 includes:

    • 複数の種類の会議ブリッジ電話番号 (有料電話と無料電話)Multiple types of conference bridge phone numbers (Toll and Toll-Free)
    • 複数のカテゴリの電話番号 (専用と共有)Multiple categories of the phone number (dedicated and shared)
    • 会議ブリッジでの複数言語のサポート (プライマリとセカンダリ)Support for multiple languages for the conference bridge (primary and secondary)
    • テナントの既定の電話番号A default phone number for the tenant.

    提供される機能の詳細な説明については、「Skype for Business および Microsoft Teams の電話会議のセットアップ」と「電話会議の電話番号」をご覧ください。Full description of the included capabilities can be referenced from Set up dial-in or PSTN conferencing for Skype for Business and Phone numbers for dial-in conferencing.

    注意

    専用の会議ブリッジ電話番号は、「Skype for Business および Microsoft Teams サービスの電話番号を取得する」で説明されている適用可能なライセンス数に応じた、テナントごとに取得可能な電話番号の制限にカウントされます。Dedicated conference bridge phone numbers are counted towards the limit of phone numbers that can be acquired per tenant, based on the number of applicable licenses as described in Getting Skype for Business service phone numbers. 無料電話の会議ブリッジ電話番号では通信クレジットが必要になります。Toll-free conference bridge phone numbers require Communications Credits.

    電話会議サービスに移行する必要のある既存の会議ブリッジ電話番号が存在する場合は、国固有の要件を満たしているという前提の上で既存の会議ブリッジ電話番号を Microsoft に移行できます。If there are existing conference bridge phone numbers that must be transferred to the Audio Conferencing service, assuming they are meeting the country-specific requirements, then the existing conference bridge phone numbers can be transferred to Microsoft.

    注意

    Microsoft への電話番号の移行における複雑さは、国や地域、キャリヤ、関与する回路の数、その他多くの関連する要因によって大きく左右されます。Complexity of transferring phone numbers to Microsoft varies greatly based on the countries or regions, carriers, the number of circuits involved, and many other contributing factors. 電話番号の移行を計画する場合は、「Number Porting Guide (番号の移行ガイド)」を参照してください。To plan for phone number porting, check out the Number Porting Guide.

    電話会議サービスへの電話番号の移行について詳しくは、「Office 365 に電話番号を移行する」をご覧ください。Additional details on transferring phone numbers to Audio Conferencing service can be found in Transfer phone numbers to Skype for Business Online.


    判断ポイントDecision Points
    • 組織で専用の会議ブリッジ電話番号が必要かどうかを決定します。Decide whether the organization requires dedicated conference bridge phone numbers
    • 電話会議の実装においてユーザーの場所またはオフィスに対して会議ブリッジ電話番号を取得する方法 (Microsoft から取得または既存の電話番号の移行) を決定します。Decide how the dedicated conference bridge phone numbers will be obtained for user locations or offices in-scope for the Audio Conferencing implementation (obtain from Microsoft or transfer existing phone numbers)
    • Microsoft から取得する場合は、電話会議の実装の範囲内のユーザーの場所またはオフィスに対して電話番号を取得する方法 (フォーム提出または自動) を決定します。If you choose to obtain from Microsoft, decide the method to obtain phone numbers (form submission or automated) for user locations or offices in-scope for the Audio Conferencing implementation
    • それぞれの専用会議ブリッジ電話番号に設定する言語設定を決定します。Decide the language preferences to be set up for each dedicated conference bridge phone number
    • テナントの既定の会議ブリッジ電話番号を決定します。Decide the tenant default conference bridge phone number
    次のステップNext Steps
    • 電話会議の実装の範囲内のそれぞれのユーザーの場所またはオフィスに対して電話番号を取得する方法を詳しく記述する電話番号取得のマスタープランを文書化します。Document the master plan for phone numbers acquisition, detailing how phone numbers will be obtained for each user location or office in-scope for the Audio Conferencing implementation.
    • 該当する場合は、場所またはオフィスごとに New Telephone Number Request (新規電話番号要求) フォームを入力します。If applicable, complete the New Telephone Number Request form, one form for each location or office
    • 既存の電話番号を移行する場合は、「Number Porting Guide (番号の移行ガイド)」を参照して、電話会議の実装タイムラインを調整してください。If you choose to transfer existing phone numbers, check out the Number Porting Guide to plan it and adjust Audio Conferencing implementation timeline accordingly.
    • 詳細な会議ブリッジ番号構成 (共有および専用の会議ブリッジ電話番号、それぞれの専用会議ブリッジ電話番号の言語設定、テナントの既定の会議ブリッジ電話番号) を文書化します。Document the detailed conference bridge phone number configurations (shared and dedicated conference bridge phone numbers, language preferences for each dedicated conference bridge phone number, tenant default conference bridge phone number)

    ヒント

    以下に電話会議の詳細を取得するためのテンプレートの例を示します。Below is an example of a template to capture conference bridge details:

    オフィスOffice ブリッジ番号の取得とブリッジの種類Bridge Number Acquisition and Bridge Type ブリッジ番号Bridge Number ブリッジの言語Bridge Language
    One Epping RoadOne Epping Road 新規に取得、専用Acquire new, dedicated TBATBA 英語 (オーストラリア)English (Australia)
    One Marina BoulevardOne Marina Boulevard 新規に取得、共有Acquire new, shared TBATBA 英語 (米国)、中国語 (簡体字、PRC)English (United States), Chinese (Simplified, PRC)
    32 London Bridge Street32 London Bridge Street 既存のポート、専用Port existing, dedicated +44 20 7946 0001+44 20 7946 0001 英語 (英国)English (United Kingdom)
    39 quai du Président Roosevelt39 quai du Président Roosevelt 新規に取得、専用Acquire new, dedicated TBATBA フランス語 (フランス)、英語 (英国)French (France), English (United Kingdom)

    会議ブリッジの設定Conference bridge settings

    電話会議への参加に関する操作と表示 (会議の参加および退出に関する通知、発信者名の記録)、会議の開催者の PIN の長さ、電子メール通知といった組織全体の構成オプションをエンドユーザーのエクスペリエンスに応じて細かく調整できます。Organization-wide configuration options around Audio Conferencing meeting join experience (meeting entry and exit notification and caller name recording), meeting organizer’s PIN length, and email notification are available to further tailor the end-user experience.

    • 会議の参加と退出に関する通知は、記録された名前、電話番号、効果音の形式で利用できます。Meeting entry and exit notifications are available in the form of recorded name, phone number, and tones.
    • PIN の長さは 4~12 桁です。既定は 5 桁の PIN です。PIN length is configurable from 4 to 12 digits, with a 5-digit PIN as the default.
    • 電話会議ライセンスが有効になるときや、管理者による変更時に送信される通知メールは、既定で有効になります。Notification emails upon enablement of Audio Conferencing license or any other admin-driven changes are enabled by default. この機能は無効にすることができます。無効にすることで組織のエンドユーザーの通信を制御できます。You can disable this feature and take control of your organization’s end-user communications.

    電話会議ライセンスが割り当てられたユーザーの場合、電話会議の調整に表示される既定の有料/無料電話番号は次のいずれかに構成して使用できます。For users who are assigned an Audio Conferencing license, the default toll/toll-free numbers, shown in the Audio Conferencing coordinates, are configurable to use:

    • テナントレベルの既定の番号the tenant-level default, or
    • 自動的に割り当てられる会議ブリッジ電話番号the automatically-assigned conference bridge phone numbers, or
    • 各ユーザーに対して手動で定義する会議ブリッジ電話番号manually defined conference bridge phone numbers for each user.

    通常、ユーザー固有の会議ブリッジ電話番号は、ユーザーが地理的に分散され、会議の招待状に既定の会議ブリッジ電話番号として市内番号を指定する必要がある国際的または全国的な組織にとって便利です。User-specific conference bridge phone numbers are typically useful in global or nationwide organizations where users are distributed and must provide local numbers as the default conference bridge phone numbers in the meeting invites.

    他の都市や海外から参加する参加者は、テナントレベルで構成された追加の番号を検索することができます。ただし、この番号は会議の招待状には直接表示されません。Participants joining from different cities or overseas can look up additional numbers configured at the tenant-level, but these numbers do not appear directly in the meeting invites. 会議の招待状には、参加者を [Teams Conference Dial-in Numbers (Teams の会議ダイヤルイン番号)] ページに導くリンクが記載されています。このページでは、参加者の場所から最も近い会議ブリッジ電話番号を検索することができます。The meeting invites provide a link that will take participants to the Teams Conference Dial-in Numbers page for them to lookup the closest conference bridge phone numbers available from their location.

    さらに、会議の各開催者は未認証の発信者の処理方法を構成することもできます。未認証の発信者の参加を許可する前に開催者が会議を開始する必要があるかどうか、会議を開始する当たって開催者が未認証の発信者を許可する必要があるかどうかを構成できます。You can also configure how unauthenticated callers are handled by each individual meeting organizer, whether to require meeting organizer to start the meeting before unauthenticated callers are admitted, or to allow unauthenticated callers to start a meeting.

    各ユーザーに適用可能な追加の構成を使用して、無料電話の会議ブリッジ電話番号の使用や会議からのダイヤルアウトを制御できます。Additional configurations that can be applied for each user are available to control the use of toll-free conference bridge phone numbers and dial-out from a conference.

    注意

    現時点では、料金に関連するこれらの制御はプレビュー カスタマーのみが利用できます。These cost-related controls are currently available for preview customers only. 組織は https://www.skypepreview.com でプレビュー プログラムに登録できます。You can enroll your organization in the preview program from https://www.skypepreview.com.

    これらの制御を使用すると、会議の開催者は開催する会議で無料電話の会議ブリッジ電話番号を提供するかどうかを決めたり、参加者が会議からダイヤルアウトできるかどうかを制御したりすることができます。With these controls, you can decide whether meeting organizers can provide toll-free conference bridge phone numbers for meetings organized by them, and to control whether participants can dial out from the meetings organized by them. ダイヤルアウトの制御には、ダイヤルアウトの禁止、国内番号にのみダイヤルアウトを許可、国内および国際番号の両方にダイヤルアウトを許可があります。The level of dial-out control spans from disallowing dial out, only allowing dial out to domestic numbers, to allowing dial out to both domestic and international numbers.


    判断ポイントDecision Points
    • 組織で会議の参加と退出の通知が必要かどうかを決定し、必要な場合は実装する通知の種類 (効果音、電話番号または記録された名前) を決定します。Decide whether the organization requires entry and exit notifications, and if yes, the type of notification to be implemented (tones, phone number, or recorded name).
    • 組織のセキュリティ要件に合った電話会議の PIN の長さを決定します。Decide the Audio Conferencing PIN length that meets the organizational security requirements.
    • 組織で電話会議サービスに関連するエンドユーザーの通信を制御するかどうかを決定します。Decide if the organization wants to take control of end-user communications related to Audio Conferencing service.
    • 会議ブリッジ電話番号を各会議の開催者に割り当てるかどうかを決定します。Decide the conference bridge phone numbers to be assigned to each meeting organizer.
    • 一部の会議の開催者について、会議に無料電話の会議ブリッジ電話番号の使用が必要かどうかを決定します。Decide whether some meeting organizers require the ability to use toll-free conference bridge phone numbers for their meeings
    • 一部の会議の開催者について、会議を開始する前に未認証の発信者を許可する機能が必要かどうかを決定します。Decide whether some meeting organizers require the ability to allow unauthenticated callers to start a meeting.
    • 一部の会議の開催者について、会議ダイヤルアウトを制御する機能が必要かどうかを決定します。Decide whether some meeting organizers require conference dial out to be controlled.
    次のステップNext Steps
    • 詳細な会議ブリッジ設定 (参加および退出の通知、PIN 長さ、構成変更メール通知) を文書化します。Document the detailed conference bridge settings (entry and exit notifications, PIN length, configuration change email notification).
    • 各会議の開催者に割り当てる会議ブリッジ電話番号、さらに未認証の発信者のポリシー、無料電話、ダイヤルアウトの制御に対する設定を文書化します。Document the conference bridge phone numbers to be assinged to each meeting organizer and the corresponding setting to control unauthenticated caller’s policy, and toll-free and dial out controls.

    ヒント

    会議ブリッジの設定を次のように文書化することができます。Your conference bridge settings can be documented as the following:

    会議の参加および退出の通知を有効にするEnable meeting entry and exit notifications 有効Enabled
    参加/退出のアナウンスのタイプEntry/exit announcement type 効果音Tones
    会議に参加する前に名前を記録するように発信者に求めるAsk callers to record their name before joining the meeting 無効Disabled
    PIN の長さPIN length 55 Participants
    ユーザーのダイヤルイン設定の変更時にそのユーザーに自動的にメールを送信するAutomatically send emails to users if their dial-in settings change 無効Disabled


    ヒント

    電話会議ユーザーの会議ブリッジ設定の割り当てリストを次の例のように文書化することができます。You can document the conference bridge settings assignment list for Audio Conferencing users using the following example:

    ユーザーUser オフィスOffice 既定の有料電話番号Default toll number 既定の無料電話番号Default toll-free number 無料電話を許可するAllow toll-free 未認証の発信者のバイパス ロビーUnauthenticated callers bypass lobby 会議ダイヤルアウトConference dial out
    Adele VanceAdele Vance One Epping RoadOne Epping Road TBATBA TBATBA はいYes 有効Enabled 国際および国内International and domestic
    Alex WilberAlex Wilber One Epping RoadOne Epping Road TBATBA TBATBA いいえNo 無効Disabled 許可されていないNot allowed
    Ben WaltersBen Walters One Epping RoadOne Epping Road TBATBA TBATBA いいえNo 無効Disabled 許可されていないNot allowed
    Christie ClineChristie Cline One Marina BoulevardOne Marina Boulevard TBATBA TBATBA はいYes 無効Disabled 国内Domestic
    Debra BergerDebra Berger One Marina BoulevardOne Marina Boulevard TBATBA TBATBA はいYes 有効Enabled 国内Domestic
    Lee GuLee Gu One Marina BoulevardOne Marina Boulevard TBATBA TBATBA はいYes 有効Enabled 国内Domestic
    Emily BraunEmily Braun 32 London Bridge Street32 London Bridge Street +44 20 7946 0001+44 20 7946 0001 TBATBA はいYes 有効Enabled 許可されていないNot allowed
    Lidia HollowayLidia Holloway 32 London Bridge Street32 London Bridge Street +44 20 7946 0001+44 20 7946 0001 TBATBA はいYes 無効Disabled 許可されていないNot allowed
    Pradeep GuptaPradeep Gupta 32 London Bridge Street32 London Bridge Street +44 20 7946 0001+44 20 7946 0001 TBATBA はいYes 無効Disabled 許可されていないNot allowed
    Marcel BeauchampMarcel Beauchamp 39 quai du Président Roosevelt39 quai du Président Roosevelt TBATBA TBATBA いいえNo 無効Disabled 国内Domestic
    Rachelle CormierRachelle Cormier 39 quai du Président Roosevelt39 quai du Président Roosevelt TBATBA TBATBA はいYes 有効Enabled 国際および国内International and domestic
    Isabell PotvinIsabell Potvin 39 quai du Président Roosevelt39 quai du Président Roosevelt TBATBA TBATBA いいえNo 無効Disabled 国内Domestic

    ダイヤル プランDial plans

    Office 365 の電話システム機能であるダイヤル プランは、通話の認証およびルーティングの目的で、ダイヤルされた電話番号を代替形式 (通常、E.164 形式) に変換する正規化ルールです。A Dial Plan, a Phone System feature of Office 365, is a set of normalization rules that translates dialed phone numbers into an alternate format (typically E.164 format) for call authorization and call routing. 電話会議サービスは、この電話システムで使用されるものと同じ機能を使用して、会議ダイヤルアウトのシナリオでダイヤルされた電話番号を変換します。Audio Conferencing service leverages the same capabilities used by Phone System to translate dialed phone numbers in conference dial out scenarios.

    ダイヤル プランでは、ユーザーは従来の使い慣れた方法で電話番号をダイヤルできます (市内通話の場合に市外局番を省略、国内通話の場合に国番号を省略、会議ダイヤルアウト実行時に短い桁をダイヤル)。A dial plan allows users to dial phone numbers the way they are accustomed to, such as omitting area code for local calls, omitting country code for domestic calls, or even using short digit dialing when performing conference dial out.

    Office 365 の電話システム機能には、次の 2 種類のダイヤル プランがあります。Within the Phone System feature of Office 365, there are two types of dial plans:

    • サービス ダイヤル プラン:Service dial plan. 既定のダイヤル プランで、Office 365 の使用場所に基づいてユーザーに適用されます。変更することはできません。This is the default dial plan and applied to users based on Office 365 usage location, and it cannot be modified.
    • テナント ダイヤル プラン:Tenant dial plan. テナント内のカスタマイズ可能なダイヤル プランです。さらに 2 つのタイプに分類されます。This is a customizable dial plan within a tenant, and further divided into two types:
      • テナント - グローバル ダイヤル プラン - テナント内のすべてのユーザーに適用されるダイヤル プラン。Tenant-global dial plan—the dial plan applies to all users within the tenant.
      • テナント - ユーザー ダイヤル プラン - 特定のユーザーにのみ適用されるダイヤル プラン。Tenant-user dial plan—the dial plan applies only to specific users.

    注意

    詳細と例については、「ダイヤル プランについて」のドキュメントをご覧ください。Check out the Office 365 Calling Plan dial plans documentation for further details and examples.

    ユーザーに有効なダイヤル プランを割り当てるには、サービス ダイヤル プラン (ユーザーが Office 365 を使用する場所に基づく) とテナント ダイヤル プラン (テナント - グローバル ダイヤル プランまたはテナント - ユーザー ダイヤル プランのいずれか) を組み合わせます。The effective dial plan assigned to users is the combination of service dial plan (based on user’s Office 365 usage location) and tenant dial plan (can be either tenant-global dial plan or tenant-user dial plan).

    サービス ダイヤル プランとテナント ダイヤル プランの 3 つの組み合わせを表に示します。

    各テナント ダイヤル プランには最大で 25 の正規化ルールがあります。このため、サービス ダイヤル プランの一部として既に利用可能な正規化ルールとの重複を回避する必要があります。There is a maximum of 25 normalization rules in each tenant dial plan, and thus duplication with normalization rules already available as part of service dial plan needs to be avoided.


    判断ポイントDecision Points
    • カスタマイズしたダイヤル プラン (ビジネス要件、導入要件など) が組織で必要かどうかを決定します。Decide if your organization requires customized dial plans (business requirements, adoption requirements, etc.).
    • 該当する場合は、カスタマイズしたダイヤル プランの要件を満たすテナント ダイヤル プランの範囲 (テナント - グローバルまたはテナント - ユーザー) を決定します。If applicable, decide the scope of tenant dial plan (tenant-global or tenant-user) to support the requirements for customized dial plans.
    • 該当する場合は、電話会議の実装の範囲内のユーザーの場所とオフィスをサポートするために作成するテナント ダイヤル プランを決定します。If applicable, decide the tenant dial plans that will be created to support user locations or offices in-scope for the Audio Conferencing implementation.
    • 該当する場合は、カスタマイズしたダイヤル プランが必要なユーザー、各ユーザーに割り当てるテナント ダイヤル プランを決定します。If applicable, decide which user require customized dial plan and the tenant dial plan to be assigned for each user.
    次のステップNext Steps
    • カスタマイズしたダイヤル プランと、電話会議の実装の一環として構成される関連した正規化ルールを文書化します。Document the customized dial plans and the associated normalization rules to be configured as part of Audio Conferencing implementation.
    • カスタマイズしたダイヤル プランが必要なユーザー、各ユーザーに割り当てるテナント ダイヤル プランを文書化します。Document the users to be assigned with customized dial plan and the tenant dial plan to be assigned for each user.

    ヒント

    プロジェクトに適用可能な場合は、次のテンプレートを使用してテナント ダイアル プランの設定を文書化します。If it is applicable to your project, you can use the following template to document the tenant dial plans configurations:

    テナント ダイヤル プランの名前Tenant Dial Plan Name/Description
    説明Description
    正規化ルールの名前Normalization Rules Name
    説明Description
    パターンPattern
    変換Translation
    IsInternalExtensionIsInternalExtension
    AU-NSW-NorthRyde-OERAU-NSW-NorthRyde-OER
    One Epping Road North Ryde、NSW、AU ダイヤル プランOne Epping Road North Ryde, NSW, AU Dial Plan
    AU-NSW-NorthRyde-OER-InternalAU-NSW-NorthRyde-OER-Internal
    One Epping Road オフィスの内部番号 (x7000 - x7999)、North Ryde、NSW、オーストラリアInternal number (x7000 - x7999) for One Epping Road office, North Ryde, NSW, Australia
    ^(7\d{3})$^(7\d{3})$
    +6125550$1+6125550$1
    TrueTrue
    AU-NSW-LocalAU-NSW-Local
    NSW、オーストラリアの市内番号の正規化Local number normalization for NSW, Australia
    ^([2-9]\d{7})$^([2-9]\d{7})$
    +612$1+612$1
    FalseFalse
    AU-TollFreeAU-TollFree
    オーストラリアの無料電話番号の正規化Toll Free number normalization for Australia
    ^(1[38]\d{4,8})\d$^(1[38]\d{4,8})\d$
    +61$1+61$1
    FalseFalse
    AU-ServiceAU-Service
    オーストラリアのサービス番号の正規化Service number normalization for Australia
    ^(000\^(000\
    SG-Singapore-OMBSG-Singapore-OMB
    OMB Singapore、SG ダイヤル プランOMB Singapore, SG Dial Plan
    SG-OMB-InternalSG-OMB-Internal
    OMB オフィスの内部番号 (x8000 – x8999)、シンガポールInternal number (x8000 – x8999) for OMB office, Singapore
    ^(8\d{3})$^(8\d{3})$
    +656888$1+656888$1
    TrueTrue
    SG-TollFreeSG-TollFree
    シンガポールの無料電話番号の正規化Toll Free number normalization for Singapore
    ^(1?800\d{7})\d$^(1?800\d{7})\d$
    +65$1+65$1
    FalseFalse
    SG-ServiceSG-Service
    シンガポールのサービス番号の正規化Service number normalization for Singapore
    ^(1\d{3,4}\^(1\d{3,4}\
    FR-Paris-Issy-39qdPRFR-Paris-Issy-39qdPR
    39 quai du Président Roosevelt Issy-les-Moulineaux、フランスのダイヤル プラン39 quai du Président Roosevelt Issy-les-Moulineaux, France Dial Plan
    FR-39qdPR-InternalFR-39qdPR-Internal
    39 quai du Président Roosevelt オフィスの内部番号 (x7000 – x7999)、Issy-les-Moulineaux、フランスInternal number (x7000 – x7999) for 39 quai du Président Roosevelt office, Issy-les-Moulineaux, France
    ^(7\d{3})$^(7\d{3})$
    +3319999$1+3319999$1
    TrueTrue
    FR-TollFreeFR-TollFree
    フランスの無料電話番号の正規化Toll Free number normalization for France
    ^0?(80\d{7})\d$^0?(80\d{7})\d$
    +33$1+33$1
    FalseFalse
    FR-ServiceFR-Service
    フランスのサービス番号の正規化Service number normalization for France
    ^(1\d{1,2}\^(1\d{1,2}\


    ヒント

    次のテンプレートの例を利用して、ダイヤル プランを文書化してプロジェクトをサポートすることができます。The example template below can be leveraged to document dial plan assignments to support your project:

    ユーザーUser オフィスOffice ダイヤル プランの種類Dial Plan Type ダイヤル プランの名前Dial Plan Name
    Adele VanceAdele Vance One Epping RoadOne Epping Road テナント ダイヤル プランTenant dial plan AU-NSW-NorthRyde-OERAU-NSW-NorthRyde-OER
    Alex WilberAlex Wilber One Epping RoadOne Epping Road テナント ダイヤル プランTenant dial plan AU-NSW-NorthRyde-OERAU-NSW-NorthRyde-OER
    Ben WaltersBen Walters One Epping RoadOne Epping Road テナント ダイヤル プランTenant dial plan AU-NSW-NorthRyde-OERAU-NSW-NorthRyde-OER
    Christie ClineChristie Cline One Marina BoulevardOne Marina Boulevard テナント ダイヤル プランTenant dial plan SG-Singapore-OMBSG-Singapore-OMB
    Debra BergerDebra Berger One Marina BoulevardOne Marina Boulevard テナント ダイヤル プランTenant dial plan SG-Singapore-OMBSG-Singapore-OMB
    Lee GuLee Gu One Marina BoulevardOne Marina Boulevard テナント ダイヤル プランTenant dial plan SG-Singapore-OMBSG-Singapore-OMB
    Emily BraunEmily Braun 32 London Bridge Street32 London Bridge Street サービス ダイヤル プランService dial plan 該当なしN/A
    Lidia HollowayLidia Holloway 32 London Bridge Street32 London Bridge Street サービス ダイヤル プランService dial plan 該当なしN/A
    Pradeep GuptaPradeep Gupta 32 London Bridge Street32 London Bridge Street サービス ダイヤル プランService dial plan 該当なしN/A
    Marcel BeauchampMarcel Beauchamp 39 quai du Président Roosevelt39 quai du Président Roosevelt テナント ダイヤル プランTenant dial plan FR-Paris-Issy-30qdPRFR-Paris-Issy-30qdPR
    Rachelle CormierRachelle Cormier 39 quai du Président Roosevelt39 quai du Président Roosevelt テナント ダイヤル プランTenant dial plan FR-Paris-Issy-30qdPRFR-Paris-Issy-30qdPR
    Isabell PotvinIsabell Potvin 39 quai du Président Roosevelt39 quai du Président Roosevelt テナント ダイヤル プランTenant dial plan FR-Paris-Issy-30qdPRFR-Paris-Issy-30qdPR

    Microsoft Teams の構成Microsoft Teams configurations

    電話会議に対するサポートは、臨時会議および予約済み会議で利用できます。Support for Audio Conferencing is available for ad-hoc and scheduled meetings. 会議の予約 (プライベート会議およびチャネル会議) を制御するテナントレベルの構成を有効にする必要があります。Since Audio Conferencing is only available for scheduled meetings, tenant-level configurations that govern meeting scheduling (private and channel meetings) must be enabled.

    注意

    すべての会議のディスカッションを検出可能にするというコンプライアンス要件が組織に対して課せられている場合、会議の開催者が Exchange オンプレミス メールボックスを利用しているならば、プライベート会議を無効にすることをお勧めします。Currently, if your organization has compliance requirements to ensure all meeting discussions are discoverable, you should disable private meetings if the organizer has an Exchange on-premises mailbox.
    組織のすべての会議が招待されたユーザーにのみ表示される必要がある場合は、チャネルで会議を予約する機能を無効にして、招待されていないユーザーに情報が公開されないようにすることをお勧めします。In another use case, if all meetings in the organization must be visible to invited parties only, to avoid disclosing meeting information to uninvited parties, we recommend that you disable the ability to schedule meetings in channels.

    テナントレベルの構成の一部であるこれらの設定は、組織のすべてのユーザーに適用され、電話会議を使った Teams の会議だけでなく、Teams でのすべての会議の予約に影響を及ぼします。The settings, available as tenant-level configurations, are applicable to all users in the organization, and will impact all meeting scheduling in Teams, not specific to Teams meetings with Audio Conferencing.


    判断ポイントDecision Points
    • 組織でプライベート会議の予約を有効または無効にする必要があるかどうかを決定します。Decide if the organization requires to enable or disable scheduling of private meetings.
    • 組織でチャネル会議の予約を有効または無効にする必要があるかどうかを決定します。Decide if the organization requires to enable or disable scheduling of channel meetings.
    次のステップNext Steps
    • Teams の会議予約の構成を文書化します。Document the meeting scheduling configurations for Teams.

    ヒント

    Teams の会議の構成を次のように文書化することができます。Your Teams meetings configurations can be documented as the following:

    プライベート会議の予約を許可するAllow scheduling for private meetings 有効Enabled
    チャネル会議の予約を許可するAllow scheduling for channel meetings 無効Disabled

    技術実装計画を文書化するDocument technical implementation plan

    上記の判断ポイントを参考にして、技術実装計画を文書化します。Use the decision points above to document your technical implementation plan. この技術実装計画は、FastTrack または展開パートナーを含むプロジェクト チームに対して、電話会議の実装における技術面での参加を行うために必要な情報を提供します。This technical implementation plan will provide the project team, which can include FastTrack or a deployment partner, with the information required to execute the technical onboarding for the implementation of Audio Conferencing.

    一般的に、技術実装計画は以下の主なセクションで構成されます。In general, a technical implementation plan will contain the following main sections:

    • 電話会議サービス サイト有効化リストAudio Conferencing service site enablement list

    • 電話会議の開催者のライセンス割り当てリストLicense assignment list for Audio Conferencing meeting organizers

    • 通信クレジットの計画番号Communications Credits planning numbers

    • 会議ブリッジの詳細Conference bridge details

    • 会議ブリッジの設定Conference bridge settings

    • 会議ブリッジの設定の割り当てConference bridge settings assignments

    • テナント ダイヤル プランTenant dial plans

    • ダイヤル プランの割り当てDial plan assignments

    • Microsoft Teams の会議の構成Microsoft Teams meetings configurations


    成功計画と技術実装計画を完成することにより、組織では Office 365 カスタマーの次の導入ステップに進む準備が整います。With the completion of success plan and technical implementation plan, you are now ready to take your organization to the next steps along the Office 365 customer journey.


    参加 =======Onboard =======

    準備中Coming soon.


    価値の創出 ===========Drive Value ===========

    準備中Coming soon.


    関連項目See also

    Skype for Business および Microsoft Teams の電話会議のセットアップSet up Audio Conferencing for Skype for Business and Microsoft Teams