Microsoft Teams のチャット、チーム、チャネル、およびアプリChat, teams, channels, & apps in Microsoft Teams

Teams は、すぐに使用できる優れたコラボレーション エクスペリエンスを組織に提供します。既定の設定は、ほとんどの組織の業務に通用します。Teams provides a great out-of-the-box collaboration experience for your organization, and most organizations find that the default settings work for them. この記事では、自分の組織のプロファイルとビジネスの要件に基づいて既定の設定に変更が必要かどうかを判断する際のガイダンスを示し、それぞれの変更の手順を説明します。This article helps you decide whether to change any of the default settings, based on your organization's profile and business requirements, then it walks you through each change. 設定については 2 つのグループに分けて、まず、変更する可能性が高いと考えられる中心的な部分について説明します。We've split the settings into two groups, starting with the core set of changes you're more likely to make. 2 番目のグループには、組織のニーズ応じた構成が求められる可能性がある追加の設定が含まれています。The second group includes the additional settings you may want to configure, based on your organization's needs.

ヒント

Teams の初期展開時に、おすすめのアプリ (Planner など) を含めることをお勧めします。We recommend that you include our featured apps - such as Planner - in your initial Teams rollout. Teams 導入の進行に応じて、その他のアプリ、ボット、およびコネクタを追加してください。Add other apps, bots, & connectors as you drive Teams adoption.

チャットの展開に関する前提条件Chat deployment prerequisites

組織全体に Teams を展開する前に、環境が Teams に対応しているかどうかを確認するために時間を割いてください。Before you roll out Teams across your organization, take time to confirm that your environment is ready for Teams. 次の情報を確認して、環境に対して必要な変更を実行してください。Review the following information and make any required changes to your environment.

  • Teams の完全なエクスペリエンスを実現する場合、組織は Exchange Online および SharePoint Online を展開している必要があり、ユーザーには Office 365 の確認済みドメイン (たとえば、contoso.com) が必要になります。To get the full Teams experience, your organization must have deployed Exchange Online and SharePoint Online, and you must have a verified domain for Office 365 (for example, contoso.com).

  • チャット、チーム、およびチャネルを組織全体に展開する場合は、すべての場所で Office 365 に接続するためのインターネット アクセスが可能であることを確認します。To scale chat, teams, and channels across your organization, make sure all locations have internet access so they can connect to Office 365. 少なくとも、次に示す共通のポートが、すべての場所からインターネットに対して開かれていることを確認してください。At a minimum, make sure that the following common ports are open to the internet from all locations:

    • Teams を使用するクライアントからの送信トラフィック用に TCP ポート 80 および 443 を開きます。Open TCP ports 80 and 443 for outgoing traffic from clients that will use Teams
    • Teams を使用するクライアントからの送信トラフィック用に UDP ポート 3478 から 3481 を開きます。Open UDP ports 3478 through 3481 for outgoing traffic from clients that will use Teams
確認事項Ask yourself アクションAction
Teams を展開するために組織の準備が整っているか?Is my organization ready to roll out Teams? この質問に回答するには、次を参照してください。To answer this question, see:

展開に関する重要な決定事項Core deployment decisions

次に示すチャット、チーム、およびチャネルの設定は、ほとんどの組織が変更を必要とするものです (既定の設定では適切に機能しない場合)。These are the chat, teams, & channels settings that most organizations want to change (if the default settings don't work for them).

Teams の管理者Teams administrators

Teams には、組織に適した Teams の管理に使用できる、カスタムの管理者の役割のセットが用意されています。Teams provides a set of custom administrator roles that can be used to manage Teams for your organization. この役割によって、さまざまな機能が管理者に提供されます。The roles provide various capabilities to administrators.

確認事項Ask yourself アクションAction
Teams 通信管理者の役割を誰に割り当てるか?Who will be assigned the Teams Communications Administrator role? Teams 管理者の役割の詳細については、「Microsoft Teams の管理者ロールを使用して Teams を管理する」を参照してください。To learn more about Teams administrator roles see Use Microsoft Teams admin roles to manage Teams.
Teams 通信サポート エンジニアの役割を誰に割り当てるか?Who will be assigned the Teams Communications Support Engineer role? 管理者の役割を割り当てるには、「Active Directory で管理者の役割と管理者以外の役割をユーザーに割り当てる」を参照してください。To assign admin roles, see Assign administrator and non-administrator roles to users with Active Directory.
Teams 通信サポート スペシャリストの役割を誰に割り当てるか?Who will be assigned the Teams Communications Support Specialist role?

Teams の所有者とメンバーTeams owners and members

管理者の役割に加えて、Teams には所有者とメンバーのユーザーの役割を割り当てる機能があります。また、それらのユーザーに選択的にモデレーターの役割を与えて (モデレートを設定している場合)、チャネル内で特定の操作を実行できるユーザーを制御できます。In addition to administrator roles, Teams lets you assign owner and member user roles, and selectively give them moderator capabilities (if moderation has been set up) to control who can perform certain actions within a channel. モデレート機能を使用すると、チャネルで新しい投稿を開始できるユーザーを制御したり、チーム メンバーをモデレーターとして追加、削除したり、既存のチャネル メッセージに返信可能かどうかを制御したりできます。Moderation allows you to control who can start new posts in a channel, add and remove team members as moderators, and control whether team members can reply to existing channel messages.

確認事項Ask yourself アクションAction
各役割に誰を割り当てるか?Who should be assigned to each role? 各役割の機能を比較するには「Microsoft Teams でチームの所有者、モデレーター、メンバーを割り当てる」を参照してください。To compare the capabilities of each role, see Assign team owners, moderators, and members in Microsoft Teams.
ユーザー役割を割り当てるにはどうすればよいか?How do I assign a user role? 役割を割り当てたり変更したりするには、「ユーザー役割の割り当て」を参照してください。To assign or change a role, see Assign a user role.
チャネルで投稿したり、返信したりできるユーザーを制御する必要があるか?Do I need to control who can post and reply in a channel? モデレートを構成するには、「Microsoft Teams でチャネル モデレートをセットアップして管理する」を参照してください。To configure moderation, see Set up and manage channel moderation in Microsoft Teams.

メッセージング ポリシーMessaging policies

メッセージング ポリシーでは、Teams のユーザーが、チャットおよびチャネルのどのメッセージング機能を使用できるかを制御します。Messaging policies control which chat and channel messaging features are available to users in Teams. たとえば、どのユーザーが送信メッセージの編集および削除が可能か、どのユーザーがチャットを使用できるか、どのユーザーが会話でミームを使用できるかなどです。For example, who can edit and delete sent messages, who can use chat, who can use memes in conversations, and more. 既定では、ユーザーにグローバル メッセージング ポリシーが割り当てられていて、すべての機能がオンになっています。By default, users are assigned the global messaging policy and all features are On. 既定のグローバル ポリシーを使用することも、組織内のユーザーに応じた 1 つ以上のポリシーを作成することもできます。You can use the default global policy or create one or more custom messaging policies for people in your organization. 

確認事項Ask yourself アクションAction
グローバル メッセージング ポリシーをカスタマイズするか?Will I customize the global messaging policy? Microsoft Teams 管理センターを使用したグローバル メッセージング ポリシーの変更や新しいポリシーの追加に関する詳細については、「Teams でのメッセージング ポリシーを管理する」を参照してください。For information about using the Microsoft Teams admin center to change the global messaging policy or add a new policy, see What are Messaging policies in Teams?.
複数のメッセージング ポリシーが必要か?Do I require multiple messaging policies? メッセージング ポリシーを PowerShell で作成して割り当てる場合は、「PowerShell スクリプトのサンプル: メッセージング ポリシーの作成と割り当て」を参照してください。To create and assign a messaging policy in PowerShell, see PowerShell script sample - Create and assign a messaging policy.
どのユーザーのグループにどのメッセージング ポリシーを割り当てるかについて判断する方法は?How will I determine which groups of users get which messaging policy? CsTeamsMessagingPolicy コマンドレットの詳細については、「Set-CsTeamsMessagingPolicy」を参照してください。To learn about the CsTeamsMessagingPolicy cmdlets, see Set-CsTeamsMessagingPolicy.

外部アクセスExternal access

外部アクセス (旧称: フェデレーション) を使用すると、Teams と Skype for Business のユーザーが、組織外部のユーザーと通信できるようになります。External access (formerly known as federation) lets your Teams and Skype for Business users communicate with users who are outside of your organization. これをオンにして許可リストにドメインを追加すると、ユーザーは別のドメインおよび別の組織のユーザーと通信できます。By turning this on and adding domains to the allowed list, your users can communicate with users in other domains and organizations.外部アクセスは、ゲスト アクセスとは異なり、個人ではなくドメイン全体にアクセス許可を与えます。 External access differs from guest access in that an entire domain is given access permission, not an individual. 外部アクセスは、既定でオフになっています。External access is turned off by default.

確認事項Ask yourself アクションAction
  • 自分の組織の外部アクセスをオンにするか?Will I turn on external access for my organization?
  • 有効にする場合は、自分の組織との通信を許可するドメインを制限するか?If enabled, will I limit which domains my organization can communicate with?

外部アクセスをオンにする場合は、「Teams のユーザーが別の Teams 組織のユーザーとチャットおよび通信できるようにする」を参照してください。To turn on external access, see Let your Teams users chat and communicate with users in another Teams organization.

ゲスト アクセスGuest access

Teams のゲスト アクセスを使用すると、組織の外部にいる個人がチームおよびチャネルにアクセスできるようになります。Guest access in Teams lets individuals outside your organization access teams and channels. ゲスト アクセスの設定を使用すると、ゲスト ユーザーが使用できる (または使用できない) 機能を制御できます。You can use the guest access settings to control which features guest users can or can’t use. ゲスト アクセスは、既定でオフになっています。Guest access is turned off by default. 詳細については、「Teams でのゲスト アクセス」を参照してください。To learn more, see Guest Access in Teams.

確認事項Ask yourself アクションAction
自分の組織のゲスト アクセスをオンにするか?Will I turn on guest access for my organization? ゲスト アクセスをオンにするに場合は、「Teams のゲスト アクセスをオンまたはオフにする」を参照してください。To turn on guest access, see Turn on or off guest access in Teams.
有効にする場合、自分の組織でゲストが使用できる機能をカスタマイズするか?If enabled, will I customize the features available to guests in my organization? ゲスト アクセス機能の有効/無効をカスタマイズする場合は、「Teams のゲスト アクセスを許可する」を参照してください。To customize guest access feature availability, see Authorize guest access in Teams.

Teams の設定Teams settings

Teams の設定を使用すると、チームに対する電子メール統合、クラウド ストレージのオプション、組織タブ、会議室デバイスのセットアップ、検索範囲などの機能を設定できます。Teams settings let you set up your teams for features such as email integration, cloud storage options, organization tab, meeting room device setup, and search scope. このような設定を変更すると、その変更は組織内のすべてのチームに適用されます。When you make changes to these settings, they apply to all the teams in your organization.詳細については、「Teams の設定」を参照してください。 To learn more, see Teams settings.

確認事項Ask yourself アクションAction
自分の組織に合わせて Teams の設定をカスタマイズするか?Will I customize Teams settings for my organization? Teams の設定とカスタマイズ方法の詳細は、「Teams の設定」を参照してください。To learn about Teams settings and how to customize them, see Teams settings.

Teams のクライアントTeams clients

Teams は、Web からデスクトップ、モバイルまで複数のクライアントをサポートしています。ユーザーは既定の構成で好みのクライアントを選択できます。Teams supports a number of clients from web to desktop to mobile, and the default configuration lets users choose whichever clients they want.詳細については、「Teams のクライアントを取得する」を参照してください。 To learn more, see Get clients for Teams.

確認事項Ask yourself アクションAction
自分の組織に合わせて Teams クライアントの利用可能性をカスタマイズするか?Will I customize Teams client availability for my organization? Teams アプリのハードウェア要件」を確認してください。Check out Hardware requirements for the Teams app.
自分の組織に合わせて Teams クライアントの設定をカスタマイズするか?Will I customize Teams client settings for my organization? 詳細については、「MSI を使用した Teams のインストール」を参照してください。Learn how to Install Teams using MSI.

Teams の使用状況レポートTeams usage reporting

Office 365 の全体管理者、Teams のサービス管理者、およびレポート閲覧者の役割は、Teams の使用状況レポートを表示できます。The Global Admin in Office 365, Teams Service Admin, and Reports Readers roles can view Teams usage reports. 詳細については、「Microsoft 365 利用状況分析」の記事を参照してください。To learn more, see the Microsoft 365 usage analytics articles.

確認事項Ask yourself アクションAction

誰が Teams の使用状況レポートの確認を必要としていて、レポートを表示するための適切な役割が割り当てられているか?Who needs to see the Teams usage reports, and do they have the correct role to view them?

Teams の既定のアプリTeams default apps

Teams には、複数のファースト パーティ (Microsoft 提供) のアプリとサード パーティ製アプリがあり、ユーザー参加の促進、生産性のサポート、および一般に使用されるビジネス サービスの Teams への統合のために使用できます。Teams provides a number of first-party (Microsoft provided) and third-party apps to engage users, support productivity, and integrate commonly used business services into Teams. Teams Store からアプリを入手してください。Get apps from the Teams Store. Teams ではアプリが既定でオンになっています。Apps are turned on by default in Teams.

Teams のアプリを展開および管理する方法の詳細については、アプリ、ボット、およびコネクタのガイダンスを参照してください。To learn more about rolling out and managing apps in Teams, see our in-depth Apps, bots, & connectors guidance.

その他の展開に関する決定事項Additional deployment decisions

次の設定は、組織のニーズと構成に基づいて変更できます。You may want to change these settings, based on your organization's needs and configuration.

Teams のライセンスTeams licensing

Teams は多くの Office 365 ライセンスの一部として提供されています。Teams is provided as part of many Office 365 licenses. Teams のライセンスの詳細については、「Teams の Office 365 ライセンス」を参照してください。To learn more about Teams licensing, see Office 365 licensing for Teams.

確認事項Ask yourself アクションAction
展開しようとしている Teams のすべての機能を使用するために必要なライセンスをユーザーが所持しているか?Do my users have the licenses they need in order to use all the Teams features I want to roll out? ライセンス要件の詳細については、「Teams の Office 365 ライセンス」を参照してください。To learn about licensing requirements, read Office 365 licensing for Teams.

Exchange と SharePoint の相互運用性Exchange and SharePoint interoperability

Teams のすべての機能を活用するために、すべてのユーザーは Exchange Online、SharePoint Online、および Office 365 グループの作成が可能になっている必要があります。For the full Teams experience, every user should be enabled for Exchange Online, SharePoint Online, and Office 365 Group creation. 次の記事では、さまざまな環境でホストされている Exchange メールボックス、Exchange と Teams の相互作用のしくみ、および SharePoint と OneDrive for Business に関する同様の考慮事項について概要を示します。The following articles outline information related to Exchange mailboxes hosted in various environments, how Exchange and Teams interact, and similar considerations for SharePoint and OneDrive for Business.

確認事項Ask yourself アクションAction
現在の Exchange および SharePoint の展開で Teams の必要な機能を展開できるか?Will I be able to deploy the Teams features that I require with the current Exchange and SharePoint deployments? Teams での Exchange と SharePoint の詳細については、次を参照してください。For more information about Exchange and SharePoint in Teams, see:

Teams の制限と仕様Teams limits and specifications

Teams のエンタープライズ展開を計画している場合は、1 つのチームの最大メンバー数やユーザーが作成可能なチーム数の上限など、関連する制限と仕様について考慮する必要があります。When planning an enterprise deployment of Teams, you should take into account any relevant limitations and specifications, such as the maximum number of members in a team, the maximum number of teams a user can create, and so on.

確認事項Ask yourself アクションAction
Teams の展開でどのような制限が問題になる可能性があるか?What limits am I likely to hit with my Teams rollout? 詳細については、「Teams の制限と仕様」を参照してください。To learn more, read Limits and specifications for Teams.

Office 365 の URL とポートOffice 365 URLs and ports

インターネット トラフィックの詳細な制御を維持している組織は、Teams の適切な構成が必要になる URL、IP アドレス、ポート、およびプロトコルに関する最新のリストについて、「Office 365 の URL と IP アドレス範囲」を確認してください。Organizations that maintain fine-grained control of their internet traffic should read Office 365 URLs and IP address ranges for an up-to-date list of the URLs, IP addresses, ports, and protocols that must be correctly configured for Teams. マイクロソフトは、必要なポート、URL、IP アドレスが時間の経過とともに変更する可能性があることを踏まえて、継続して Office 365 サービスを改善し、新機能を追加します。Microsoft is continuously improving the Office 365 service and adding new functionality, which means the required ports, URLs, and IP addresses may change over time. この情報が更新または変更されたときに通知を受け取れるように、RSS で購読することをお勧めします。We recommend that you subscribe via RSS to receive notifications when this information is updated or changed. 少なくとも、前述の「チャットの展開に関する前提条件」に示したポートが開かれているを確認してください。At a minimum, make sure you've opened the ports listed above in Deployment prerequisites.

確認事項Ask yourself アクションAction
ユーザーが Teams を使用できるようにするためにインターネット アクセスのルールが必要か、それとも最低限必要なポートを開くだけで十分か?Do I require internet access rules to enable users to use Teams, or is it sufficient to open the minimum required ports? 詳細については、「Office 365 の URL と IP アドレス範囲」を参照してください。To learn more, see Office 365 URLs and IP address ranges.

ガバナンス (命名規則、チームの作成が可能なユーザー)Governance (naming conventions, who can create teams)

組織はチームの命名方法と分類方法、チームの作成が許可されるユーザー、チームの有効期限、保持、およびアーカイブに関する制御を実施するように要求することがあります。Your organization might require that you implement controls on how teams are named and classified, who can create teams, and team expiration, retention, and archiving. これは、ガバナンスと呼ばれます。This is called governance. Azure Active Directory (Azure AD) を使用すると、こうした分野のそれぞれを構成できます。You can use Azure Active Directory (Azure AD) to configure each of these areas.

確認事項Ask yourself アクションAction
チームの作成が可能なユーザーに関する制御の実施が必要になるか?Will I need to implement controls on who can create teams? Teams でのガバナンスを計画する」を参照してください。Read Plan for governance in Teams.
チームの命名に関する制御の実施が必要になるか?Will I need to implement controls on how teams are named? Azure Active Directory での Office 365 グループの名前付けポリシーの強制」を参照してください。Read Enforce a naming policy for Office 365 groups in Azure AD.

Teams のアプリケーション ポリシー (サイドレール制御)Teams application policy (side-rail control)

固定アプリは Teams のサイドレールに表示されます。A pinned app shows up in the side rail in Teams. Teams のアプリケーション ポリシーを作成すると、選択したユーザー グループ用にカスタマイズした固定の Teams アプリのセットを事前に構成できます。By creating Teams application policies, you can preconfigure sets of pinned Teams apps to personalize Teams for select groups of users. 既定では、[Microsoft Teams で外部ありを利用できるようになります] 設定がオンになっています。By default, the Allow external apps in Microsoft Teams setting is turned on.

確認事項Ask yourself アクションAction
事前に構成した固定の Teams アプリケーションのセットを作成する必要があるか?Should I create preconfigured sets of pinned Teams applications? Teams でのアプリの管理設定」を参照してください。Read Admin settings for apps in Teams.
該当するアプリのグループ化を受け取るグループの決定方法は?How will I decide which groups receive these app groupings? Teams アプリのアクセス許可と考慮事項」を参照してください。Read Teams apps permissions and considerations.

アーカイブとコンプライアンスArchiving and compliance

組織は、チームのアーカイブ方法と、特定の種類のチームで保持されるデータの種類に関する制御を実施するように要求することがあります。Your organization might require that you implement controls on how teams are archived and the types of data that are held in certain types of teams. 既定でオンになっている設定の詳細については、「Teams のセキュリティとコンプライアンスの概要」を参照してください。Read Overview of security and compliance in Teams to learn which settings are turned on by default.

確認事項Ask yourself アクションAction
チームの保持期間を構成する必要があるか?Will I need to configure team retention? 保持ポリシーを設定する場合は、「Teams の保持ポリシーを設定する」を参照してください。To set up retention policies, see Set up Teams retention policies.
チームのアーカイブを構成する必要があるか?Will I need to configure team archiving? チームをアーカイブまたは復元する場合は、「チームのアーカイブまたは復元」を参照してください。To archive or restore a team, see Archive or restore a team.
追加のコンプライアンス設定を構成する必要があるか?Will I need to configure additional compliance settings? セキュリティとコンプライアンスの詳細については、「Teams のセキュリティとコンプライアンスの概要」を参照してください。For more information about security and compliance, see Overview of security and compliance in Teams.

条件付きアクセスConditional access

Teams は、主要な生産性シナリオ (会議、予定表、相互運用チャット、ファイル共有など) に関して Exchange Online、SharePoint Online、および Skype for Business Online に大きく依存しています。Teams relies heavily on Exchange Online, SharePoint Online, and Skype for Business Online for core productivity scenarios, including meetings, calendars, interop chats, and file sharing. これらのクラウド アプリ向けに設定された条件付きアクセス ポリシーは、ユーザーが任意のクライアントで Teams に直接サインインするときに Teams に適用されます。Conditional access policies that are set for these cloud apps apply to Teams when a user signs in directly to Teams, on any client. Teams のクラウド アプリ向けに設定された条件付きアクセス ポリシーでは、ユーザーが特定のネットワークから Teams のサービスにアクセスできるかどうかなどの側面を制御します。Conditional access policies that are set for the Teams cloud app control aspects such as whether users can access Teams services from certain networks.

確認事項Ask yourself アクションAction

Teams に対する条件付きアクセスを構成する必要があるか?Will I need to configure conditional access for Teams?

教育機関 (EDU)Education (EDU)

教育機関の業務に従事する IT 担当者は、教育機関向け Teams を利用できます。この Teams には、学生、教職員、および広範な業務に応じた教育機関に固有のシナリオに適合する多数の機能が備わっています。IT pros working in education can take advantage of Teams for Education, which comes with a number of capabilities that have been tailored to meet education-specific scenarios for students, faculty, and the wider business.

確認事項Ask yourself アクションAction
教育機関固有の Teams テンプレートを使用するか?Will I use EDU-specific Teams templates? 教育機関向け Teams の詳細については、「Microsoft Education ガバナンスに関するよく寄せられる質問 (管理者向け)」を参照してください。To learn more about Teams for Education, see Microsoft Education governance FAQ for admins.
範囲設定された検索を展開するか?Will I deploy scoped search? 教育機関向け Teams をセットアップする場合は、「クイックスタート: 教育機関向け Teams の管理」を参照してください。To set up Teams for EDU, see Quickstart - Teams for Education admins.
ユーザー アカウントのプロビジョニングのために Teams と学校データ同期サービスを統合するか?Will I integrate Teams with the School Data Sync service to provision user accounts? 教育機関管理者向けの Teams のリソースTeams resources for Education admins

政府機関: GCC に関する考慮事項Government - GCC considerations

政府機関向け Microsoft 365 (GCC: Government Certificate of Competency) の使用は、米国連邦、州、地方、民族、または領土の政府機関など、政府の規制と要件の対象になるデータを扱う機関で Office 365 の展開を推進している IT 担当者の要件を満たすために適しています。The use of Microsoft 365 for Government - GCC (government certificate of competency) is appropriate to meet the requirements of IT pros who are driving deployments of Office 365 in US federal, state, local, tribal, or territorial government entities or other entities that handle data that’s subject to government regulations and requirements.

確認事項Ask yourself アクションAction
Microsoft 365 Government: GCC 環境に Teams を展開する必要があるか?Will I need to deploy Teams in a Microsoft 365 Government – GCC environment? 展開に関する考慮事項については、「Microsoft 365 Government: GCC 展開の計画」を参照してください。For deployment considerations, see Plan for Microsoft 365 Government - GCC deployments.

次のステップNext steps