組織の Microsoft Teams の設定を管理するManage Microsoft Teams settings for your organization

Microsoft Teams 管理センターでの Teams アプリの設定Teams apps settings in the Microsoft Teams admin center

Microsoft Teams 管理センターで、Teams アプリ の組織向けアプリを管理します。You manage apps for your organization in Teams apps in the Microsoft Teams admin center. たとえば、組織全体または特定の Teams ユーザーが使用できるアプリを制御するポリシーを設定したり、ユーザーにとって最も重要なアプリをピン留めして Teams をカスタマイズしたりすることができます。For example, you can set policies to control what apps are available org-wide or to specific Teams users and you can customize Teams by pinning the apps that are most important for your users.

詳細については、「Teams でのアプリの管理設定」をご覧ください。To learn more, see Admin settings for apps in Teams.

Microsoft Teams 管理センターでの Teams の組織全体の設定Teams org-wide settings in the Microsoft Teams admin center

Microsoft Teams 管理センターで、組織全体のユーザー設定を制御することができます。組織全体の設定を編集するには、Microsoft Teams 管理センターに移動して、[Org-wide settings (組織全体の設定)] を選択します。次の設定を構成することができます。You can control organization-wide user settings in the Microsoft Teams admin center. To edit org-wide settings, go to the Microsoft Teams admin center, and then select Org-wide settings. You can configure the following settings.

外部アクセスExternal access

外部アクセス では、Teams および Skype for Business のユーザーが、組織やドメインの外部ユーザーと通信するように設定することができます。External access lets your Teams and Skype for Business users communicate with users who are outside of your organization or domain. 外部アクセスを構成するには、「Teams のユーザーが別の Teams 組織のユーザーとチャットおよび通信できるようにする」を参照してください。To configure external access, go to Let your Teams users chat and communicate with users in another Teams organization.

ドメインを追加またはブロックします。To add or block a domain:

  1. [ドメインの追加] を選択します。Select Add a domain.
  2. [ドメインの追加] ウィンドウで、ドメイン名を入力し、スペース バーを選択して名前を保存します。In the Add a domain pane, enter the domain name, and select the space bar to save the name.
  3. [許可] または [禁止]を選択します。Select Allowed or Blocked.
  4. [完了] を選んで変更内容を保存します。Select Done to save your changes.

ゲスト アクセスGuest access

Microsoft Teams での ゲスト アクセス により、組織内のチームは組織外のユーザーにチームおよびチャネルへのアクセス権を付与することで、それらのユーザーと共同作業することができるようになります。Outlook、Gmail などの勤務先または通常のメール アカウントを持っているユーザーは、チーム チャット、会議、ファイルに完全なアクセス権を持つゲストとして Teams に参加することができます。詳細については、「Guest access in Microsoft Teams (Microsoft Teams でのゲスト アクセス)」をご覧ください。Guest access in Microsoft Teams allows teams in your organization to collaborate with people outside your organization by granting them access to teams and channels. Anyone with a business or consumer email account, such as Outlook, Gmail, or others, can participate as a guest in Teams with full access to team chats, meetings, and files. For more information, see Guest access in Microsoft Teams.

Teams の設定Teams settings

Teams の設定 で、通知とフィード、メールの統合、クラウド ストレージのオプション、デバイスなど、Teams の機能を設定できます。In Teams settings, you can set up features for teams including notifications and feeds, email integration, cloud storage options, and devices.

通知とフィードNotifications and feeds

ここで、サジェストされたフィードを Teams のユーザーのアクティビティ フィードに表示するかどうかを制御できます。Here you can control whether suggested feeds appear in users' activity feed in Teams. アクティビティ フィードの詳細については、「Teams でアクティビティ フィードを詳しく見る」をご覧ください。To learn more about the activity feed, see Explore the Activity feed in Teams.

タグ付けTagging

タグを使用すると、ユーザーはチーム内の一部のユーザーとコミュニケーションをとることができます。Tags let users communicate with a subset of people on a team. タグは、1 つまたは複数のチーム メンバーに追加できます。Tags can be added to one or more team members. タグを追加した後、そのタグを割り当てられた人のみとコミュニケーションするために、チャネル投稿のチームの誰でもタグを @メンションで使用できます。After a tag is added, it can be used in @mentions by anyone on the team in a channel post to communicate with only those people who are assigned that tag. これらの設定を使用して、組織全体でタグを追加できるユーザーおよびタグの使用方法を制御します。Use these settings to control who can add tags and how tags are used across your organization. 詳細については、「Teams でタグを管理する」を参照してください。To learn more, see Manage tags in Teams.

電子メールの統合Email integration

この機能をオンにすると、ユーザーはチャネル電子メール アドレスを使用して、Teams のチャネルにメールを送信できるようなります。Turn on this feature so users can send email to a channel in Teams, using the channel email address. この操作は、ユーザーが所有するチームに属しているどのチャネルに対しても行えます。Users can do this for any channel belonging to a team they own. ユーザーのメールは、チーム メンバーに対してオンになっている追加のコネクタがあるチーム内の任意のチャネルにも送信できます。Users can also send emails to any channel in a team that has adding connectors turned on for team members. メールの統合をオンにするには、[ユーザーにチャネルの電子メール アドレスへの電子メールの送信を許可します][オン] であることを確認します。To turn on email integration, make sure that Allow users to send emails to a channel email address is On. 次に、送信者のメール アドレスのドメインが、[Teams 管理センター]、[組織全体の設定]、[Teams の設定]、[電子メール統合]、[これらの SMTP ドメインからのチャネルのメールを許可します] でブロックされていないことを確認します。Next, check to make sure that the domain for the sender's email address isn't blocked in Teams Admin Center>Org-Wide settings>Teams Settings>Email integration>Accept channel email from these SMTP domains. 空白にするか、メールの受信を期待するすべてのドメインを含める必要があります。It should be either blank or includes all the domains that you expect to receive emails from. 次に、Teams チャネルのメール アドレスへのメールがブロックされないようにするために必要なルールが設定されていることを確認する必要があります。Next, you need to make sure you have the necessary rules in place to ensure the email to the Teams channel email address isn't blocked.

ファイルFiles

ファイル共有オプションおよびファイル保存オプションをオンまたはオフにすることができます。Here you can turn on or turn off file sharing and cloud file storage options.

ユーザーは Teams のチャネルやチャットでクラウド ストレージ サービスを介して、ファイルのアップロードや共有を行うことができます。現時点では、Teams のクラウド ストレージ オプションには、Box、Dropbox、Google ドライブ、Egnyte があります。自分の組織で使用することになるクラウド ストレージ プロバイダのスイッチをオンにします。Users can upload and share files from cloud storage services in Teams channels and chats. Cloud storage options in Teams currently include Dropbox, Box, ShareFile, Google Drive, and Egnyte. Turn on the switch for the cloud storage providers that your organization wants to use.

組織Organization

ユーザーの組織について詳細な組織図を示す、[組織] タブをオンにすることができます。詳細については、「Teams で組織タブを使用する」をご覧ください。Here you can turn on the Organization tab, which shows the detailed organizational chart for the user's organization. For more information, see Use the organization tab in Teams.

デバイスDevices

これらの設定により、Microsoft Teams 会議に参加している Surface Hub デバイスのリソース アカウントの動作を制御します。これらの設定を使用して、認証の要件を構成し、コンテンツ PIN を要求し、Surface Hub リソース アカウントをオンにしてメッセージを送信します。These settings control resource account behavior for Surface Hub devices attending Microsoft Teams meetings. Use these settings to configure authentication requirements, require a content PIN, and turn on Surface Hub resource accounts to send messages.

  • Require a secondary form of authentication to access meeting content (会議のコンテンツにアクセスするための認証のセカンダリ フォームを要求する) – コンテンツ PIN を入力するときにユーザーが持つアクセスのレベルを選択します。Require a secondary form of authentication to access meeting content – Select the level of access that users have when they enter the content PIN.
  • Set content PIN (コンテンツ PIN を設定する) – ドキュメントに対する未承認のアクセスを防ぐためにこの PIN を入力するようにユーザーに要求します。これにより、未承認のユーザーが今後の会議に参加したり、添付ファイルを参照したりすることを防ぐことができます。Set content PIN – Require users to enter this PIN to prevent unauthorized access to documents. This prevents an unauthorized user from joining upcoming meetings and browsing attachments.
  • Resource accounts can send messages (リソース アカウントがメッセージを送信することができる) – この設定を [オン] にすると、メッセージが Surface Hub リソース アカウントから送信されるようになります。Resource accounts can send messages – Turn this setting On to allow messages to be sent from the Surface Hub resource account.

名前で検索Search by name

Microsoft Teams の範囲指定ディレクトリ検索では、アドレス帳ポリシー (APB) を使用して、組織がどのように組織内のユーザーを検索するか、およびそれらのユーザーと通信するかを制御するために、仮想の境界を作成することができます。範囲指定ディレクトリ検索を使用することが考えられる状況は次のとおりです。Microsoft Teams scoped directory search uses Exchange address book policy (APB) to allow organizations to create virtual boundaries that control how users can find and communicate with other users in their organization. You might want to use a scoped directory search in situations like these:

  • 所属する組織において、テナント内に複数の会社があり、それらを切り離された状態で維持する場合。Your organization has multiple companies within its tenant that you want to keep separate.
  • 所属する学校において、教職員と学生との間のチャットを制限する必要がある場合。Your school wants to limit chats between faculty and students.

範囲指定ディレクトリ検索をオンにするには、この設定を [オン] に切り替えます。Switch this setting On to turn on scoped directory searches.

安全性とコミュニケーションSafety and communications

監視付きチャットを使用すると、組織や学校は役割ベースのアクセス許可を使用してチャット機能を制限できます。Supervised chat allows organizations and schools to limit chat capabilities using role-based permissions. これらのアクセス許可は、ユーザーが他のユーザーとチャットするときに必要な監視の量を制御します。These permissions control the amount of supervision a user requires while chatting with others. 監視付きチャットの詳細をご覧ください。Learn more about supervised chat.

Skype for BusinessSkype for Business

このページを使用して、組織内の Skype for Business ユーザー向けの Skype for Business 機能を管理します。Use this page to manage Skype for Business features for Skype for Business users in your organization. 詳細については、「Microsoft Teams 管理センターで Skype for Business の設定を管理する」を参照してください。To learn more, see Manage Skype for Business settings in the Microsoft Teams admin center.

Teams のアップグレードTeams upgrade

これらの設定を使用して、自分たちのユーザーがどのように Skype for Business から Microsoft Teams にアップグレードするかを構成することができます。You can use these settings to configure how your users will be upgraded from Skype for Business to Microsoft Teams.

共存モードCoexistence mode

次の共存モードを指定することができます。You can specify a coexistence mode:

  • Teams のみTeams only
  • アイランド (Teams と Skype for Business が共存します)Islands (Teams and Skype for Business will coexist)
  • Skype for Business のみSkype for Business only
  • Skype for Business と Teams のコラボレーション (ユーザーは Skype for Business でチャット、通話や会議のスケジュールを受信しますが、グループでのコラボレーションには Teams を使用します)Skype for Business with Teams collaboration (Users receive chats and calls and schedule meetings in Skype for Business but use Teams for group collaboration)
  • Skype for Business と Teams のコラボレーションと会議 (ユーザーは Skype for Business でチャットや通話を受信しますが、グループでのコラボレーションや会議のスケジュールには Teams を使用します)Skype for Business with Teams collaboration and meetings (Users receive chats and calls in Skype for Business but use Teams for group collaboration and to schedule meetings)

選択した共存モードにより、着信通話およびチャットのルーティングと、ユーザーによってチャットや通話を開始したり会議をスケジュールしたりするために使用されるアプリが決まります。The coexistence mode you choose determines the routing of incoming calls and chats and the app that is used by the user to initiate chats and calls or to schedule meetings. 共存モードの詳細については、「Microsoft Teams と Skype for Business の共存および相互運用性について理解する」を参照してください。For more information about coexistence modes, go to Understand Microsoft Teams and Skype for Business coexistence and interoperability.

アプリの基本設定App preferences

ユーザーが Skype for Business の会議に参加するために使用するアプリを選ぶことができます (Skype for Business または Skype 会議アプリ)。この設定は、共存モードの設定に依存しません。Here you can choose the app that users will use to join Skype for Business meetings (Skype for Business or the Skype Meetings App). This setting isn't dependent on the coexistence mode setting.

ネットワーク プランナーNetwork Planner

ネットワーク プランナーでは組織全体で Teams ユーザーに接続するためのネットワーク要件を決定し、整理できます。Network Planner helps you determine and organize network requirements for connecting Teams users across your organization. Microsoft Teams でネットワーク プランナーを使用する方法について説明します。Learn how to Use the Network Planner for Microsoft Teams.

[Skype for Business 向けにバックグラウンドで Teams アプリをダウンロードする] オプションも選択できます。You can also select the "Download the Teams app in the background for Skype for Business users" option as well. 既定では、この設定は [オン] に設定されています。By default this setting is set to On. この設定を有効にすると、Windows PC で Skype for Business アプリを実行しているユーザー向けに、バックグラウンドで Teams アプリがダウンロードされます。With this setting enabled it will download the Teams app in the background for users running the Skype for Business app on Windows PCs. この問題が発生するのは、ユーザーの [共存モード] が [チームのみ] になっているか、[保留中のアップグレード通知] が Skype for Business アプリで有効になっている場合です。This happens if the Coexistence mode for the user is Teams Only, or if a pending upgrade notification is enabled in the Skype for Business app.

利用可能な機能を知る方法を教えてください。How can I tell which features are available?

新しい Teams の機能の詳細については、「Microsoft 365 ロードマップ」を参照してください。新機能および今後導入される機能については、Teams の「新機能」ページと、Teams に関する技術コミュニティの Microsoft Teams ブログを参照してください。See the Microsoft 365 Roadmap for information about new Teams features. For more information about new and upcoming features, see the Teams What's New page and the Tech Community Microsoft Teams blog for Teams.

詳細情報More information

管理機能を実行できる役割については、「Microsoft Teams の管理者ロールを使用して Teams を管理する」をご覧ください。For information about which roles can perform admin functions, see Use Microsoft Teams admin roles to manage Teams.