Microsoft Teams で電話会議の設定が変更されたときのメールの自動送信を有効または無効にする

ユーザーは、電話会議が有効になると、電子メールで自動的に通知されます。 ただし、Microsoft Teams ユーザーに送信されるメールの数を減らしたい場合があります。 このような場合は、電子メールの送信を無効にすることができます。

電子メールの送信を無効にした場合、電話会議の電子メールは、ユーザーが電話会議に対して有効または無効になっている場合、PIN がリセットされたとき、会議 ID と既定の会議電話番号が変更されたときなどの電子メールを含め、ユーザーに送信されません。

電話会議が有効になっているユーザーに送信される電子メールの例を次に示します。

電話会議の電子メール メッセージの例。

電子メールがユーザーに送信されるのはいつですか?

  • 電話会議を有効にした後、組織内のユーザーに送信される電子メールがいくつかあります。

    • 電話会議 のライセンスがユーザーに割り当てられた場合。

    • ユーザーの電話会議 PIN を手動でリセットする場合。

    • ユーザーの会議 ID を手動でリセットした場合。

    • 電話会議 ライセンスが削除されたとき。

    • ユーザーの電話会議プロバイダーが Microsoft から別のプロバイダーまたは None に変更されたとき。

    • ユーザーの電話会議プロバイダーが Microsoft に変更されたとき。

電子メールがユーザーに送信されないように有効または無効にする

Microsoft TeamsまたはWindows PowerShellを使用して、ユーザーに送信される電子メールを有効または無効にすることができます。

Microsoft Teams 管理センターの使用

  1. 左側のナビゲーションで、[会議] > [会議ブリッジ] に移動します。

  2. [会議ブリッジ] ページの最上部で、[ブリッジの設定] をクリックします。

  3. [ブリッジの設定] ペインで、[ダイヤルイン設定が変わると、ユーザーに自動的に電子メールが送信されます] を有効または無効にします。

  4. [保存] をクリックします。

注意

マイクロソフトは機能を管理する方法を頻繁に更新しているため、ここでの手順が実際の手順と少し異なる可能性があります。

Windows PowerShell の使用

Microsoft Teams PowerShell モジュールを使用して、次を実行することもできます。

Set-CsOnlineDialInConferencingTenantSettings -AutomaticallySendEmailsToUsers $true|$false

Windows PowerShell を使用して、次を実行することもできます。

詳細については、Microsoft Teams PowerShell のリファレンスをご覧ください。

Windows PowerShell の詳細情報

Windows PowerShell は、ユーザーと、ユーザーに許可されていることと許可されていないことを管理するためにあります。Windows PowerShell があれば、一元管理を使用して Microsoft 365 または Office 365 を管理し、複数のタスクを抱えているときに、日常の仕事を簡素化することができます。Windows PowerShell を開始するには、これらのトピックを参照してください。

Windows PowerShell の詳細については、「Microsoft Teams PowerShell のリファレンス」をご覧ください。

電話会議の設定が変更されたときにユーザーに送信される電子メール

電話会議の情報が記載されたメールをユーザーに送信する