Microsoft Teams と統合された Moodle のインストールInstalling the Moodle integration with Microsoft Teams

世界で最も人気のあるオープンソース学習管理システム (LMS) である Moodle が、Microsoft Teams と統合されました。Moodle, the most popular and open-source Learning Management System (LMS) in the world, is now integrated with Microsoft Teams! この統合により、教育者と教師は Moodle コースで共同作業を行い、成績や課題について質問したり、Teams 内で常に最新の通知を受け取ることができます。This integration helps educators and teachers collaborate around Moodle courses, ask questions about their grades and assignments and stay updated with notifications -- right within Teams!

IT 管​​理者がこの統合を簡単に設定できるように、オープンソースの Moodle プラグインを次の機能で更新しました。To help IT admins easily set this integration up, we have updated our open-source Moodle Plugin with the following capabilities:

  • Azure AD を使用した Moodle サーバーの自動登録。Auto-registration of your Moodle server with Azure AD.
  • Moodle アシスタント ボットの Azure へのワンクリック展開。One-click deployment of your Moodle Assistant bot to Azure.
  • すべてまたは一部の Moodle コースのチームの自動プロビジョニングおよびチーム登録の自動同期。Auto-provisioning of teams and auto-synchronization of team enrollments for all or select Moodle courses.
  • 同期された各チームへの Moodle タブと Moodle アシスタント ボットの自動インストール。Auto-installation of the Moodle tab and the Moodle Assistant bot into each synchronized team. (近日公開予定)(Coming soon)
  • Moodle アプリをプライベート Teams App Store にワンクリックで公開します。One-click publishing of the Moodle app into your private Teams App Store. (近日公開予定)(Coming soon)

この統合が提供する機能の詳細については、こちらにアクセスしてください。To learn more about the functionality this integration provides, go here.

前提条件Prerequisites

このアプリケーションをインストールして構成するには、次のものが必要です。In order to install and configure this application you'll need:

  1. Moodle 管理者の資格情報Moodle administrator credentials
  2. Azure AD 管理者の資格情報Azure AD administrator credentials
  3. 新しいリソースを作成できる Azure サブスクリプションAn Azure subscription you can create new resources in

手順 1: Moodle プラグインをインストールするStep 1: Install the Moodle Plugin

Microsoft Teams での Moodle 統合は、オープンソースの Moodle プラグイン セットを利用しています。The Moodle integration in Microsoft Teams is powered by the open source Moodle plugin set. プラグインを Moodle サーバーにインストールするには、以下の手順に従います。To install the plugin in your Moodle server:

  1. まず、Moodle プラグイン セットをダウンロードして、ローカル コンピューターに保存します。First, download the Moodle plugin set and save it to your local computer. バージョン 3.5 以降を使用する必要があります。You'll need to use version 3.5 or newer.
    • local_o365 プラグインをインストールすると、auth_oidc および boost_o365Teams プラグインもインストールされます。Installing the local_o365 plugin will also install the auth_oidc and boost_o365Teams plugins.
  2. 管理者として Moodle サーバーにログインし、左側のナビゲーション パネルから [サイトの管理] を選択します。Login to your Moodle server as an administrator, and select Site administration from the left navigation panel.
  3. プラグイン タブを選択し、[プラグインのインストール] をクリックします。Select the Plugins tab, and then click Install plugins.
  4. ZIP ファイルからプラグインをインストールする」セクションで、[ファイルを選択する] ボタンをクリックします。Under the Install plugin from ZIP file section click the Choose a file button.
  5. 左側のナビゲーションから [ファイルをアップロードする] オプションを選択し、上でダウンロードしたファイルを参照して、[このファイルをアップロードする] をクリックします。Select the Upload a file options from the left navigation, browse for the file you downloaded above and click Upload this file.
  6. 左側のナビゲーション パネルから [サイトの管理] オプションをもう一度選択して、管理ダッシュボードに戻ります。Select the Site administration option from the left navigation panel again to return to your admin dashboard. [ローカル プラグイン] まで下にスクロールし、[Microsoft Office 365 の統合] リンクをクリックします。Scroll down to the Local plugins and click the Microsoft Office 365 Integration link. この構成ページは、このプロセスの残りの部分で使用するため、別のブラウザー タブで開いたままにしておきます。Keep this configuration page open in a separate browser tab as you'll be using it throughout the rest of this process.

Moodle プラグインのインストール方法の詳細については、「Moodle ドキュメント」をご覧ください。You can find more information on how to install Moodle plugins in the Moodle documentation.

重要なお知らせ: このプロセス全体を通してこのページのセットに戻るため、Microsoft 365 または Office 365 の Moodle プラグインの構成ページを別のブラウザー タブで開いたままにします。Important Note: Keep your Microsoft 365 or Office 365 Moodle Plugin configuration page open in a separate browser tab as you will be returning to this set of pages throughout this process.

Moodle サイトをまだお持ちではありませんか?Don't have a Moodle site already? Azure リポジトリで Moodle をチェックして Moodle インスタンスをすぐに Azure に展開して、必要に応じてカスタマイズすることができます。You might want to check out our Moodle on Azure repo where you can quickly deploy a Moodle instance on Azure and customize it to your needs.

手順 2: Microsoft 365 または Office 365 プラグインと Azure Active Directory 間の接続を構成するStep 2: Configure the connection between the Microsoft 365 or Office 365 plugin and Azure Active Directory

次に、Moodle をアプリケーションとして Azure Active Directory に登録する必要があります。Next you'll need to register Moodle as an application in your Azure Active Directory. このプロセスを完了するのに役立つ PowerShell スクリプトを提供しています。We've provided a PowerShell script to help you complete this process. PowerShell スクリプトは、Microsoft 365 または Office 365 組織用の新しい Azure AD アプリケーションをプロビジョニングします。これは、Moodle プラグインによって使用されます。The PowerShell Script provisions a new Azure AD application for your Microsoft 365 or Office 365 organization, which will be used by the Moodle Plugin. スクリプトは、Microsoft 365 または Office 365 テナント用にアプリをプロビジョニングし、プロビジョニングされたアプリに必要なすべての返信 URL とアクセス許可を設定し、AppID とキーを返します。The script will provision the app for your Microsoft 365 or Office 365 tenant, set up all the required Reply URLs and Permissions for the provisioned app and return the AppID and Key. Moodle プラグイン セットアップ ページで生成された AppID とキーを使用して、Azure AD で Moodle サーバーを構成できます。You can use the generated AppID and Key in your Moodle Plugin Setup Page to configure your Moodle server with Azure AD. PowerShell スクリプトが自動化する詳細な手動手順を確認したい場合は、完全なプラグインのドキュメントでそれらを見つけることができます。If you want to see the detailed manual steps that the PowerShell script is automating, you can find them in the full documentation for the plugin.

Microsoft Teams の情報フローの Moodle タブMoodle tab for Microsoft Teams information flow

Illustration of Moodle tab for Microsoft Teams information flow
  1. Microsoft 365 または Office 365 統合プラグイン ページから、[セットアップ] タブを選択します。From the Microsoft 365 or Office 365 Integration plugin page, select the Setup tab.
  2. [PowerShell スクリプトのダウンロード] ボタンをクリックして、ローカル コンピューターに保存します。Click the Download PowerShell Script button and save it to your local computer.
  3. ZIP ファイルから PowerShell スクリプトを準備する必要があります。You'll need to prepare the PowerShell script from the ZIP file. これを行うには、以下のようにします。To do so:
    • Moodle-AzureAD-Powershell.zip ファイルをダウンロードして展開します。Download and extract the Moodle-AzureAD-Powershell.zip file.
    • 展開したフォルダーを開きます。Open the extracted folder.
    • Moodle-AzureAD-Script.ps1 ファイルを右クリックし、[プロパティ] を選択します。Right-click on the Moodle-AzureAD-Script.ps1 file and select Properties.
    • [プロパティ] ウィンドウの [全般] タブで、下部のセキュリティ属性の横にある Unblock ボックスをオンにします。Under the General tab of the Properties window, check the Unblock box next to the Security attribute at the bottom.
    • [OK] をクリックします。Click OK.
    • 展開したフォルダーのディレクトリ パスをコピーします。Copy the directory path of the extracted folder.
  4. 次に、PowerShell を管理者として実行します。Next you'll run PowerShell as an administrator:
    • [開始] をクリックします。Click Start.
    • PowerShell と入力します。Type PowerShell.
    • [Windows PowerShell] を右クリックします。Right-click Windows PowerShell.
    • [管理者として実行] をクリックします。Click "Run as Administrator".
  5. cd ...\...\Moodle-AzureAD-Powershell と入力して、解凍したディレクトリに移動します。ここで ...\... はディレクトリへのパスです。Navigate to the unzipped directory by typing cd ...\...\Moodle-AzureAD-Powershell where ...\... is the path to the directory.
  6. 次の方法で PowerShell スクリプトを実行します。Execute the PowerShell script by:
    • Set-ExecutionPolicy -ExecutionPolicy RemoteSigned -Scope CurrentUser を入力します。Enter Set-ExecutionPolicy -ExecutionPolicy RemoteSigned -Scope CurrentUser.
    • .\Moodle-AzureAD-Script.ps1 を入力します。Enter .\Moodle-AzureAD-Script.ps1.
    • ポップアップ ウィンドウで Microsoft 365 または Office 365 管理者アカウントにログインします。Log in to your Microsoft 365 or Office 365 Administrator account in the pop-up window.
    • Azure AD アプリケーションの名前を入力します (例:Enter the name of the Azure AD Application (Ex. Moodle/Moodle プラグイン)。Moodle/Moodle plugin).
    • Moodle サーバーの URL を入力します。Enter the URL of your Moodle server.
    • スクリプトによって生成されたアプリケーションの IDアプリケーションのキーをコピーして保存します。Copy the Application ID and Application Key generated by the script and save them.
  7. 次に、ID とキーを Moodle プラグインに追加する必要があります。Next you'll need to add the Id and Key to the Moodle Plugin. プラグイン管理ページに戻ります ([サイトの管理]、[プラグイン]、[Microsoft 365 の統合] の順に移動)。Return to the plugin administration page (Site administration > Plugins > Microsoft 365 Integration).
  8. [セットアップ] タブで、前にコピーしたアプリケーションの IDアプリケーションのキーを追加し、[変更の保存] をクリックします。On the Setup tab add the Application Id and Application Key you copied previously, then click Save changes.
  9. ページが更新されると、新しいセクション「接続方法を選択する」が表示されます。Once the page refreshes you should now see a new section Choose connection method. [既定] というラベルの付いたチェックボックスをクリックしてから、[変更の保存] をもう一度クリックします。Click the checkbox labeled Default and then click Save changes again.
  10. ページが更新されると、別の新しいセクション「管理者の同意と追加情報」が表示されます。Once the page refreshes you will see another new section Admin consent & additional information.
    • [管理者の同意を提供する] リンクをクリックし、Microsoft 365 または Office 365 のグローバル管理者の資格情報を入力してから [同意] をクリックしてアクセス許可を付与します。Click the Provide Admin Consent link, enter your Microsoft 365 or Office 365 Global Administrator credentials, then Accept to grant the permissions.
    • [Azure AD テナント] フィールドの横にある [検出] ボタンをクリックします。Next to the Azure AD Tenant field click the Detect button.
    • [OneDrive for Business URL] の横にある [検出] ボタンをクリックします。Next to the OneDrive for Business URL click the Detect button.
    • フィールドにデータが入力されたら、[変更の保存] ボタンをもう一度クリックします。Once the fields populate, click the Save changes button again.
  11. [更新] ボタンをクリックしてインストールを確認し、[変更の保存] を押します。Click the Update button to verify the installation, then Save changes.
  12. 次に、Moodle サーバーと Azure Active Directory の間でユーザーを同期する必要があります。Next you'll need to synchronize users between your Moodle server and Azure Active Directory. 環境に応じて、この段階でさまざまなオプションを選択できます。Depending on your environment, you may select different options during this stage. ここで設定した構成は、すべてのものを同期させるために、Moodle cron を実行するたびに (通常は 1 日に 1 回) 実行されることに注意してください。開始するには、以下の手順に従います。Note that the configuration you set here will run with each Moodle cron run (typically once a day) to keep everything in sync. To get started:
    • [同期の設定] タブに切り替えますSwitch to the Sync Settings tab
    • ユーザーを Azure AD と同期する」セクションで、環境に適用されるもののチェックボックスを選択します。In the Sync users with Azure AD section, select the checkboxes that apply to your environment. 通常、少なくとも次のものを選択します。Typically you would select at least:
      • Azure AD のユーザーの Moodle でアカウントを作成するCreate accounts in Moodle for users in Azure AD
      • Azure AD のユーザーの Moodle ですべてのアカウントを更新するUpdate all accounts in Moodle for users in Azure AD
    • ユーザー作成の制限」セクションでは、Moodle に同期される Azure AD ユーザーを制限するフィルターを設定できます。In the User Creation Restriction section you can setup a filter to limit the Azure AD users that will by synced to Moodle.
    • ユーザーのフィールド マッピング」セクションでは、Azure AD から Moodle ユーザー プロファイルへのフィールド マッピングをカスタマイズできます。The User Field Mapping section will allow you to customize the Azure AD to Moodle User Profile field mapping.
    • Teams の同期」セクションでは、既存の Moodle コースの一部またはすべてのグループ (つまり Teams) を自動的に作成することを選択できます。In the Teams Sync section you can choose to automatically create Groups (i.e. Teams) for some, or all, of your existing Moodle courses.
  13. cron ジョブを検証するには (最初の実行を希望する場合は手動で実行)、「ユーザーを Azure AD と同期する」セクションの [スケジュールされたタスク管理ページ] リンクをクリックします。To validate the cron jobs (and run them manually if you wish to for the first run) click the Scheduled tasks management page link in the Sync users with Azure AD section. これにより、[スケジュールされたタスク] ページに移動します。This will take you to the Scheduled Tasks page.
    • 下にスクロールして、[ユーザーを Azure AD と同期する] ジョブを探し、[今すぐ実行] をクリックします。Scroll down and find the job Sync users with Azure AD job and click Run now.
    • 既存のコースに基づいてグループを作成することを選択した場合は、[Office 365 でユーザー グループを作成する] ジョブも実行できます。If you chose to create Groups based on existing courses, you can also run the Create user groups in Office 365 job.
  14. プラグイン管理ページに戻り ([サイトの管理]、[プラグイン]、[Microsoft 365 の統合] の順に移動)、[Teams 設定] ページを選択します。Return to the plugin administration page (Site administration > Plugins > Microsoft 365 Integration) and select the Teams Settings page. Teams アプリの統合を有効にするには、いくつかのセキュリティ設定を構成する必要があります。You'll need to configure some security settings to enable the Teams app integration.
    • OpenID Connect を有効にするには、[認証の管理] リンクをクリックし、OpenId Connect 行が灰色表示されている場合は目のアイコンをクリックします。To enable OpenID Connect, click the Manage Authentication link, and click the eye icon on the OpenId Connect line if it is greyed out.
    • 次に、フレームの埋め込みを有効にする必要があります。Next you'll need to enable frame embedding. HTTP セキュリティリンクをクリックしてから、[フレームの埋め込みを許可する] の横にあるチェックボックスをクリックします。Click the HTTP Security link, then click the checkbox next to Allow frame embedding.
    • 次の手順は、Moodle API 機能を有効にする Web サービスを有効にすることです。The next step is to enable web services which will enable the Moodle API features. [高度な機能] リンクをクリックし、[Web サービスを有効にする] の横のチェックボックスがオンになっていることを確認します。Click the Advanced Features link, then make sure the checkbox next to Enable web services is checked.
    • 最後に、Microsoft 365 または Office 365 の外部サービスを有効にする必要があります。Finally you'll need to enabled the external services for Microsoft 365 or Office 365. 次に、[外部サービス] リンクをクリックします。Click the External services link then:
      • Moodle Office 365 Web サービス行の [編集] をクリックします。Click Edit on the Moodle Office 365 Webservices row.
      • [有効] の横にあるチェックボックスをオンにして、[変更の保存] をクリックしますMark the checkbox next to Enabled, then click Save Changes
    • 次に、認証されたユーザー権限を編集して、Web サービス トークンを作成できるようにする必要があります。Next you'll need to edit your authenticated user permissions to allow them to create web service tokens. [役割「認証されたユーザー」の編集] リンクをクリックします。Click the Editing role 'Authenticated user' link. 下にスクロールして、[Web サービス トークンを作成する] 機能を見つけ、[許可] チェックボックスをオンにします。Scroll down and find the Create a web service token capability and mark the Allow checkbox.

手順 3: Moodle アシスタント ボットを Azure に展開するStep 3: Deploy the Moodle Assistant Bot to Azure

Microsoft Teams 用の無料の Moodle アシスタント ボットは、教師と学生が Moodle のコース、課題、成績、その他の情報に関する質問に答えるのに役立ちます。The free Moodle Assistant Bot for Microsoft Teams helps teachers and students answer questions about their courses, assignments, grades and other information in Moodle. ボットはまた、Teams 内の学生と教師に Moodle の通知を送信します。The bot also sends Moodle notifications to students and teachers right within Teams. このボットは Microsoft によって管理されているオープンソース プロジェクトであり、GitHub で利用できますThis bot is an open source project maintained by Microsoft, and is available on GitHub.

注意

このセクションでは、リソースを Azure サブスクリプションに展開し、すべてのリソースは無料利用枠を使用して構成されます。In this section you will deploy resources to your Azure subscription, and all resources will be configured using the free tier. ボットの使用状況によっては、これらのリソースの拡張が必要になる場合があります。Depending on the usage of your bot, you may need to scale these resources. ボットなしで Moodle タブを使用したい場合は、手順 4 にスキップします。If you want to just use the Moodle tab without the bot, skip to step 4.

Moodle ボットの情報フローMoodle bot information flow

llustration of Moodle bot for Microsoft Teams information flow

ボットをインストールするには、最初に Microsoft ID プラットフォームにボットを登録する必要があります。To install the bot, you'll first need to register it on the Microsoft Identity Platform. これにより、ボットは Microsoft エンドポイントに対して認証できます。This allows your Bot to authenticate against your Microsoft endpoints. ボットを登録するには、以下の手順に従います。To register your bot:

  1. プラグイン管理ページに戻り ([サイトの管理]、[プラグイン]、[Microsoft 365 の統合] の順に移動)、[Teams 設定] タブを選択します。Return to the plugin administration page (Site administration > Plugins > Microsoft 365 Integration) and select the Teams Settings tab.
  2. [Microsoft アプリケーション登録ポータル] リンクをクリックして、Microsoft ID でログインします。Click the Microsoft Application Registration Portal link and login with your Microsoft Id.
  3. アプリ名を入力し (例:Enter a name for you app (Eg. MoodleBot)、[作成] ボタンをクリックします。MoodleBot) and click the Create button.
  4. アプリケーションの ID をコピーして、[Teams 設定] ページの [ボット アプリケーションの ID] フィールドに貼り付けます。Copy the Application Id and paste it into the Bot Application ID field on the Team Settings page.
  5. [新しいパスワードを生成する] ボタンをクリックします。Click the Generate New Password button. 生成されたパスワードをコピーして、[Teams 設定] ページの [ボット アプリケーションのパスワード] フィールドに貼り付けます。Copy the generated password and and paste it into the Bot Application Password field on the Team Settings page.
  6. フォームの一番下までスクロールし、[変更の保存] をクリックします。Scroll to the bottom of the form and click Save Changes.

アプリケーションの ID とパスワードを生成したので、ボットを Azure に展開します。Now that you've generated your Application Id and Password, it's time to deploy your bot to Azure. [Azure に配置する] ボタンをクリックし、必要な情報をフォームに入力します (ボット アプリケーションの ID、ボット アプリケーションのパスワード、および Moodle シークレットは [Teams 設定] ページにあり、Azure の情報は [セットアップ] ページにあります)。Click on the Deploy to Azure button and fill out the form with the necessary information (the Bot Application Id, Bot Application Password and the Moodle Secret are on the Team Settings page, and the Azure information is on the Setup page). フォームに入力したら、チェックボックスをクリックしてご契約条件に同意し、[購入] ボタンをクリックします (すべての Azure リソースが無料利用枠に展開されます)。Once you've got the form filled out, click the check box to agree to the terms and conditions then click the Purchase button (all Azure resources are deployed to the free tier).

リソースの Azure への展開が完了したら、メッセージング エンドポイントを使用して Moodle プラグインを構成する必要があります。Once the resources are finished deploying to Azure, you'll need to configure the Moodle plugin with it's messaging endpoint. まず、Azure のボットからエンドポイントを取得する必要があります。First, you'll need to get the endpoint from your Bot in Azure. それには、次の手順を実行します。To do that:

  1. まだ行っていない場合は、Azure ポータルにログインします。If you aren't already, log into the Azure portal.
  2. 左側のウィンドウで、[リソース グループ] を選択します。In the left pane select Resource groups.
  3. リストから、ボットの展開中に使用した (または作成した) リソース グループを選択します。From the list select the resource group you just used (or created) while deploying your Bot.
  4. グループ内のリソース リストから WebApp ボット リソースを選択します。Select the WebApp Bot resource from the list of resources in the group.
  5. 概要」セクションからメッセージング エンドポイントをコピーします。Copy the Messaging Endpoint from the Overview section.
  6. Moodle で、Moodle プラグインの [Teams 設定] ページを開きます。In Moodle, open the Team Settings page of your Moodle Plugin.
  7. ボットのエンドポイント フィールドに、コピーした URL を貼り付け、messages という単語を webhook に変更します。In the Bot Endpoint field paste the URL you just copied and change the word messages to webhook. URL は https://botname.azurewebsites.net/api/webhook のようになりますThe URL should now look like https://botname.azurewebsites.net/api/webhook
  8. [変更の保存] をクリックします。Click Save Changes
  9. 変更を保存したら、[Teams 設定]] タブに戻り、[マニフェスト ファイルのダウンロード] ボタンをクリックして、マニフェスト パッケージをコンピューターに保存します (次のセクションで使用します)。Once your changes have saved, go back to the Team Settings tab, click the Download manifest file button and save the manifest package to your computer (you'll use it in the next section).

手順 4: Microsoft Teams アプリを展開するStep 4: Deploy your Microsoft Teams app

ボットを Azure に展開し、Moodle サーバーと通信するように構成したので、Microsoft Teams アプリを展開します。Now that you have your Bot deployed to Azure and configured to talk to your Moodle server, it's time to deploy your Microsoft Teams app. これを行うには、前の手順で Moodle プラグインの [Teams 設定] ページからダウンロードしたマニフェスト ファイルを読み込みます。To do this you'll load the manifest file you downloaded from the Moodle Plugin Team Settings page in the previous step.

アプリをインストールする前に、外部アプリとアプリのサイドロードが有効になっていることを確認する必要があります。Before you can install the app you'll need to make sure external apps and sideloading of apps is enabled. これを行うには、これらの手順に従います。To do so you can follow these steps. 外部アプリが有効になっていることを確認したら、以下の手順に従ってアプリを展開できます。Once you've ensured that external apps are enabled, you can follow the steps below to deploy your app.

  1. Microsoft Teams を開きます。Open Microsoft Teams.
  2. ナビゲーション バーの左下にある [ストア] アイコンをクリックします。Click the Store icon on the lower-left of the navigation bar.
  3. オプションのリストから [カスタム アプリのアップロード] リンクをクリックします。Click the Upload a custom app link from the list of options. 注: 全体管理者としてログインしている場合は、組織のアプリ ストアにアプリをアップロードするオプションがあります。それ以外の場合は、所属する Teams のアプリのみを読み込むことができます (「サイドロード」)。Note: If you're logged in as a global administer you'll have the option of uploading the app to your organization's app store, otherwise you'll only be able to load the app for Teams you're a part of ("sideloading").
  4. 以前にダウンロードした manifest.zip パッケージを選択し、[保存] をクリックします。Select the manifest.zip package you downloaded previously and click Save. マニフェスト パッケージをまだダウンロードしていない場合は、Moodle のプラグイン設定ページの [Teams 設定] タブからダウンロードできます。If you haven't yet downloaded the manifest package, you can do so from the Team Settings tab of the plugin configuration page in Moodle.

アプリがインストールされたので、アクセスできる任意のチャネルにタブを追加できます。Now that you have the app installed you can add the tab to any channel that you have access to. これを行うには、チャネルに移動し、+ 記号をクリックして、リストからアプリを選択します。To do so navigate to the channel, click the + symbol and select your app from the list. 指示に従って、Moodle コース タブのチャネルへの追加を完了します。Follow the prompts to finish adding your Moodle course tab to a channel.

手順は以上です。That's it! あなたとあなたのチームは、Microsoft Teams から直接 Moodle コースで作業を始めることができます。You and your team, can now start working with your Moodle courses directly from Microsoft Teams.

機能の要求やフィードバックを共有するには、[ユーザーからのフィードバック] ページにアクセスしてください。To share any feature requests or feedback with us, please visit our User Voice page.