会話の基本

重要

このセクションのコード サンプルは、バージョン 4.6 以降のバージョンの Bot Framework SDK に基づいて作成されます。 以前のバージョンのドキュメントを探している場合は、ドキュメントの Resources フォルダーの 「bots - v3 SDK」 セクションを参照してください。

会話とは、ボットと 1 人または複数のユーザー Microsoft Teams送信される一連のメッセージです。 次の表に、次の 3 種類の会話 (スコープとも呼ばれる) を示Teams。

会話の種類 説明
channel この会話の種類は、チャネルのすべてのメンバーに表示されます。
personal この会話の種類には、ボットと 1 人のユーザーとの会話が含まれます。
groupChat この会話の種類には、ボットと 2 人以上のユーザーの間のチャットが含まれます。 また、会議チャットでボットを有効にできます。

ボットの動作は、関連する会話に応じて異なります。

  • チャネル内やグループ チャット内の会話の場合、ユーザーはボットを @メンションしてチャネルに呼び出す必要があります。

  • 1 対 1 の会話のボットでは、1 対 1 の@mention。 ユーザーが送信したメッセージはすべてボットにルーティングされます。

注意

ボットは、リソース固有の同意 (RSC) アクセス許可を使用@mentioned、チーム内のすべてのチャネル メッセージを受信できます。 この機能は現在、パブリック開発者 プレビューでのみ利用 できます。 詳細については 、「RSC を使用してすべてのチャネル メッセージを受信する」を参照してください

ボットが特定の会話またはスコープで動作するには、アプリ マニフェストのそのスコープにサポートを 追加します

ボット会話の各メッセージは、 Activity 型のオブジェクトです messageType: message 。 ユーザーがメッセージを送信するとTeamsボットにメッセージが投稿され、ボットがメッセージを処理します。 さらに、ボットが応答するコア コマンドを定義するには、ボットのコマンドのドロップダウン リストを含むコマンド メニューを追加できます。 グループまたはチャネル内のボットは、グループまたはチャネルに関する情報が記載されている場合にのみ@botname。 Teamsボットがアクティブなスコープで発生する会話イベントの通知をボットに送信します。 これらのイベントをコードでキャプチャし、アクションを実行できます。

ボットは、ユーザーにプロアクティブ メッセージを送信することもできます。 プロアクティブ メッセージとは、ユーザーからの要求に応答しないボットから送信されるメッセージです。 ボタン、テキスト、画像、オーディオ、ビデオなどの対話型要素を含むリッチ カードをボット メッセージに書式設定できます。 ボットは、メッセージをデータの静的スナップショットとしてではなく、送信後に動的に更新できます。 ボット フレームワークのメソッドを使用してメッセージを削除 DeleteActivity することもできます。

次のステップ