Microsoft 365 テナントを準備する

Microsoft 365 のサブスクライバーは、次のいずれかのプランを使用して、Microsoft Teams のアプリを開発できます。

  • 基本
  • 標準
  • Enterprise E1、E3、E5
  • 開発者
  • 学歴, Education Plus, and Education E5

注意

  • Microsoft 365 サブスクリプションの詳細については、「プラン」を参照してください。
  • Teams は、廃止前に E4 以前を購読していたお客様も利用できます。

開発環境を作成する

現在 Microsoft 365 アカウントを使用していない場合は、Microsoft 365 開発者プログラム サブスクリプションにサインアップする必要があります。 サブスクリプションは 90 日間無料で、開発アクティビティに使用している限り、引き続き更新されます。 Visual Studio Enterprise または Professional サブスクリプションをお持ちの場合は、両方のプログラムに無料の Microsoft 365 開発者サブスクリプションが含まれています。 Visual Studio サブスクリプションがアクティブである限り、アクティブです。 詳細については、Microsoft 365 開発者サブスクリプションを設定するをご覧ください。

組織用に Teams を有効にする

組織用に Teams を有効し、詳細については、「組織用に Teams を有効にする」を参照してください。

カスタム Teams アプリを有効にして、カスタム アプリのアップロードを有効にする

開発者テナントのカスタム アプリのアップロードまたはサイドローディングを有効にするには:

  1. 管理者の資格情報で Microsoft 365 管理センターにサインインします。

  2. [すべての > Teams の表示]を選択します。

    管理センター メニュー

    注意

    Teams オプションが表示されるまで、最大 24 時間 かかる場合があります。 その時点でのテストと検証のために、カスタム アプリを Teams 環境にアップロードすることができます。

  3. [Teams アプリ] > [セットアップ ポリシー] > [グローバル] に移動します。

    サイドロード ビューを有効にする

  4. [カスタム アプリをアップロード] を [オン] に切り替えます。

  5. [保存] を選択します。テスト テナントで、カスタム アプリのサイドローディングができるようになりました。

    注意

    サイドローディングがアクティブになるまでに最大 24 時間かかる場合があります。 その間、[<your tenant> にアップロード] を使用して、アプリをテストできます。 アプリの .zip パッケージ ファイルをアップロードするには、「カスタム アプリのアップロード」を参照してください。

    アップロード アプリ ビュー

これらの設定がどのように機能するかの詳細については、「Teams のカスタム アプリ ポリシーと設定の管理」 および「Teams のアプリ セットアップ ポリシーの管理」を参照してください。

次の手順

関連項目

Microsoft 365 テスト テナントにテスト データを追加する