アプリを収益化する

Microsoft Teams アプリ ストアには、アプリを収益化し、ユーザーと関わり合って顧客を獲得できるようにする機能が用意されています。 このセクションのトピックでは、これらの機能をアプリに組み込む方法について説明します。

価格モデルを選択する

アプリの価格を請求する

アプリに SaaS オファーを含める

取引可能なサービスとしてのソフトウェア (SaaS) オファーを使用すると、Teams ストアの登録情報からサブスクリプション プランを直接販売することで、Teams アプリを収益化できます。

無料試用版

無料試用版

より多くのユーザーに試してもらうため、アプリの無料試用版を提供できます。 顧客がフル バージョンを購入したくなるようにするため、試用版の機能を制限するか (限られた数の応答のみを1 週間提供するなど)、または試用版の期間を指定できます。

アプリ内購入

アプリ内購入

アプリの価格を請求する場合でも、無料で提供する場合でも、アプリ内購入を使用して継続的な収益源を提供できます。 アプリ内購入を使用して、顧客がアプリの無料版から有料版にアップグレードできるようにします。

アプリ内購入を使用する

SaaS オファーのテスト プレビュー

収益化されたアプリのテスト プレビュー

取引可能なサービスとしてのソフトウェア (SaaS) オファーを使用すると、Teams の収益化されたアプリを公開する前に、エンドツーエンドの購入エクスペリエンスをテストできます。

収益化されたアプリのテスト プレビュー

次のステップ

Microsoft Teams アプリに SaaS オファーを含める