リファレンス: Microsoft Teams のマニフェストスキーマReference: Manifest schema for Microsoft Teams

Microsoft Teams のマニフェストでは、アプリを Microsoft Teams 製品に統合する方法について説明します。The Microsoft Teams manifest describes how the app integrates into the Microsoft Teams product. マニフェストは、でホストされているスキーマに準拠している必要があり https://developer.microsoft.com/json-schemas/teams/v1.7/MicrosoftTeams.schema.json ます。Your manifest must conform to the schema hosted at https://developer.microsoft.com/json-schemas/teams/v1.7/MicrosoftTeams.schema.json. 以前のバージョン 1.0-1.4 もサポートされています (URL で "v1" を使用します)。Previous versions 1.0-1.4 are also supported (using "v1.x" in the URL).

次のスキーマサンプルは、すべての拡張オプションを示しています。The following schema sample shows all extensibility options.

完全なマニフェストのサンプルSample full manifest

{
  "$schema": "https://developer.microsoft.com/json-schemas/teams/v1.7/MicrosoftTeams.schema.json",
  "manifestVersion": "1.5",
  "version": "1.0.0",
  "id": "%MICROSOFT-APP-ID%",
  "packageName": "com.example.myapp",
  "devicePermissions" : [ "geolocation", "media" ],
  "developer": {
    "name": "Publisher Name",
    "websiteUrl": "https://website.com/",
    "privacyUrl": "https://website.com/privacy",
    "termsOfUseUrl": "https://website.com/app-tos",
    "mpnId": "1234567890"
  },
  "localizationInfo": {
    "defaultLanguageTag": "en-us",
    "additionalLanguages": [
      {
        "languageTag": "es-es",
        "file": "en-us.json"
      }
    ]
  },
  "name": {
    "short": "Name of your app (<=30 chars)",
    "full": "Full name of app, if longer than 30 characters"
  },
  "description": {
    "short": "Short description of your app",
    "full": "Full description of your app"
  },
  "icons": {
    "outline": "%FILENAME-32x32px%",
    "color": "%FILENAME-192x192px"
  },
  "accentColor": "%HEX-COLOR%",
  "configurableTabs": [
    {
      "configurationUrl": "https://contoso.com/teamstab/configure",
      "canUpdateConfiguration": true,
      "scopes": [ "team", "groupchat" ]
    }
  ],
  "staticTabs": [
    {
      "entityId": "idForPage",
      "name": "Display name of tab",
      "contentUrl": "https://contoso.com/content?host=msteams",
      "websiteUrl": "https://contoso.com/content",
      "scopes": [ "personal" ]
    }
  ],
  "bots": [
    {
      "botId": "%MICROSOFT-APP-ID-REGISTERED-WITH-BOT-FRAMEWORK%",
      "needsChannelSelector": false,
      "isNotificationOnly": false,
      "scopes": [ "team", "personal", "groupchat" ],
      "supportsFiles": true,
      "commandLists": [
        {
          "scopes": [ "team", "groupchat" ],
          "commands": [
            {
              "title": "Command 1",
              "description": "Description of Command 1"
            },
            {
              "title": "Command N",
              "description": "Description of Command N"
            }
          ]
        },
        {
          "scopes": [ "personal", "groupchat" ],
          "commands": [
            {
              "title": "Personal command 1",
              "description": "Description of Personal command 1"
            },
            {
              "title": "Personal command N",
              "description": "Description of Personal command N"
            }
          ]
        }
      ]
    }
  ],
  "connectors": [
    {
      "connectorId": "GUID-FROM-CONNECTOR-DEV-PORTAL%",
      "configurationUrl": "https://contoso.com/teamsconnector/configure",
      "scopes": [ "team"]
    }
  ],
  "composeExtensions": [
    {
      "botId": "%MICROSOFT-APP-ID-REGISTERED-WITH-BOT-FRAMEWORK%",
      "canUpdateConfiguration": true,
      "commands": [
        {
          "id": "exampleCmd1",
          "title": "Example Command",
          "description": "Command Description; e.g., Search on the web",
          "initialRun": true,
          "type" : "query",
          "context" : ["compose", "commandBox"],
          "parameters": [
            {
              "name": "keyword",
              "title": "Search keywords",
              "description": "Enter the keywords to search for"
            }
          ]
        },
        {
          "id": "exampleCmd2",
          "title": "Example Command 2",
          "description": "Command Description; e.g., Search for a customer",
          "initialRun": true,
          "type" : "action",
          "fetchTask" : true,
          "context" : ["message"],
          "parameters": [
            {
              "name": "custinfo",
              "title": "Customer name",
              "description": "Enter a customer name",
              "inputType" : "text"
            }
          ]
        }
      ],
      "messageHandlers": [
        {
          "type" : "link",
          "value" : {
            "domains" : [
              "mysite.someplace.com",
              "othersite.someplace.com"
            ]
          }
        }
      ]
    }
  ],
  "permissions": [
    "identity",
    "messageTeamMembers"
  ],
  "validDomains": [
     "contoso.com",
     "mysite.someplace.com",
     "othersite.someplace.com"
  ]
}

スキーマは、次のプロパティを定義します。The schema defines the following properties:

$schema$schema

省略可能 (ただし推奨) –表すOptional, but recommended – String

マニフェストの JSON スキーマを参照する https://URL。The https:// URL referencing the JSON Schema for the manifest.

manifestVersionmanifestVersion

必須 –表すRequired – String

このマニフェストが使用しているマニフェストスキーマのバージョン。The version of the manifest schema this manifest is using. "1.5" である必要があります。It should be "1.5".

バージョンversion

必須 –表すRequired – String

特定のアプリのバージョン。The version of the specific app. マニフェスト内の内容を更新する場合は、そのバージョンも同時にインクリメントする必要があります。If you update something in your manifest, the version must be incremented as well. このように、新しいマニフェストをインストールすると、既存のマニフェストが上書きされ、ユーザーは新機能を取得します。This way, when the new manifest is installed, it will overwrite the existing one and the user will get the new functionality. このアプリがストアに送信された場合は、新しいマニフェストを再送信して再検証する必要があります。If this app was submitted to the store, the new manifest will have to be re-submitted and re-validated. その後、このアプリのユーザーは、承認後に数時間以内に新しい更新されたマニフェストを自動的に取得します。Then, users of this app will get the new updated manifest automatically in a few hours, after it is approved.

アプリによって要求されたアクセス許可が変更された場合、ユーザーはアプリをアップグレードして再同意するように求められます。If the app requested permissions change, users will be prompted to upgrade and re-consent to the app.

このバージョンの文字列は、 semver標準 (メジャー) に従う必要があります。間隔.パッチ)。This version string must follow the semver standard (MAJOR.MINOR.PATCH).

idid

必須 –Microsoft アプリ IDRequired – Microsoft app ID

このアプリの一意の Microsoft 生成識別子。The unique Microsoft-generated identifier for this app. Microsoft Bot フレームワークを介して bot を登録した場合、またはタブの web アプリが Microsoft によって既にサインインしている場合は、既に ID があるので、ここで入力する必要があります。If you have registered a bot via the Microsoft Bot Framework, or your tab's web app already signs in with Microsoft, you should already have an ID and should enter it here. それ以外の場合は、Microsoft アプリケーション登録ポータル (My Applications) で新しい ID を生成し、ここで入力してから、bot を追加するときにそれを再利用する必要があります。注: AppSource で既存のアプリに更新を送信する場合は、マニフェスト内の ID を変更しないでください。Otherwise, you should generate a new ID at the Microsoft Application Registration Portal (My Applications), enter it here, and then reuse it when you add a bot.Note: If you are submitting an update to your existing app in AppSource, the ID in your manifest must not be modified.

packageNamepackageName

必須 –表すRequired – String

逆引きドメイン表記でのこのアプリの一意識別子。たとえば、例のようになります。A unique identifier for this app in reverse domain notation; for example, com.example.myapp.

developerdeveloper

RequiredRequired

会社に関する情報を指定します。Specifies information about your company. AppSource (旧称 Office ストア) に提出されたアプリの場合、これらの値は AppSource エントリの情報と一致する必要があります。For apps submitted to AppSource (formerly Office Store), these values must match the information in your AppSource entry. 追加情報については、発行に関するガイドラインを参照してください。See our publishing guidelines for additional information.

名前Name 最大サイズMaximum size 必須Required 説明Description
name 32文字32 characters 開発者の表示名。The display name for the developer.
websiteUrl 2048 文字2048 characters 開発者の web サイトへの https://URL。The https:// URL to the developer's website. このリンクは、ユーザーを会社または製品固有のランディングページに移動する必要があります。This link should take users to your company or product-specific landing page.
privacyUrl 2048 文字2048 characters 開発者のプライバシーポリシーへの https://URL。The https:// URL to the developer's privacy policy.
termsOfUseUrl 2048 文字2048 characters 開発者の使用条件への https://URL。The https:// URL to the developer's terms of use.
mpnId 10文字10 characters 省略可能アプリを構築するパートナー組織を識別する Microsoft パートナーのネットワーク ID。Optional The Microsoft Partner Network ID that identifies the partner organization building the app.

localizationInfolocalizationInfo

OptionalOptional

既定の言語の指定、および追加の言語ファイルへのポインターを許可します。Allows the specification of a default language, as well as pointers to additional language files. ローカライズ」を参照してください。See localization.

名前Name 最大サイズMaximum size 必須Required 説明Description
defaultLanguageTag このトップレベルマニフェストファイル内の文字列の言語タグ。The language tag of the strings in this top level manifest file.

localizationInfo. additionalLanguageslocalizationInfo.additionalLanguages

追加の言語の翻訳を指定するオブジェクトの配列。An array of objects specifying additional language translations.

名前Name 最大サイズMaximum size 必須Required 説明Description
languageTag 指定されたファイル内の文字列の言語タグ。The language tag of the strings in the provided file.
file 翻訳された文字列を含む json ファイルへの相対ファイルパス。A relative file path to a the .json file containing the translated strings.

namename

RequiredRequired

Teams でユーザーに表示されるアプリの動作の名前です。The name of your app experience, displayed to users in the Teams experience. AppSource に提出されたアプリの場合、これらの値は AppSource エントリの情報と一致する必要があります。For apps submitted to AppSource, these values must match the information in your AppSource entry. との値 short を同じにすることはでき full ません。The values of short and full should not be the same.

名前Name 最大サイズMaximum size 必須Required 説明Description
short 30 文字30 characters アプリの短い表示名。The short display name for the app.
full 100 文字100 characters アプリの完全な名前。アプリの完全な名前が30文字を超えている場合に使用されます。The full name of the app, used if the full app name exceeds 30 characters.

descriptiondescription

RequiredRequired

ユーザーに対してアプリを記述します。Describes your app to users. AppSource に提出されたアプリの場合、これらの値は AppSource エントリの情報と一致する必要があります。For apps submitted to AppSource, these values must match the information in your AppSource entry.

説明に正確に表示されていることを確認し、お客様が快適な動作を理解するのに役立つ情報を提供します。Ensure that your description accurately describes your experience and provides information to help potential customers understand what your experience does. また、外部アカウントが使用するために必要な場合は、詳細な説明にも注意してください。You should also note, in the full description, if an external account is required for use. との値 short を同じにすることはでき full ません。The values of short and full should not be the same. 短い説明を長い説明の中で繰り返すことはできません。他のアプリ名を含めることはできません。Your short description must not be repeated within the long description and must not include any other app name.

名前Name 最大サイズMaximum size 必須Required 説明Description
short 80文字80 characters スペースが制限されている場合に使用する、アプリの使用状況の簡単な説明。A short description of your app experience, used when space is limited.
full 4000文字4000 characters アプリの詳細な説明。The full description of your app.

アイコンicons

RequiredRequired

Teams アプリ内で使用されるアイコン。Icons used within the Teams app. アイコンファイルは、アップロードパッケージの一部として含める必要があります。The icon files must be included as part of the upload package. 詳細については、「アイコン」を参照してください。See Icons for more information.

名前Name 最大サイズMaximum size 必須Required 説明Description
outline 2048 文字2048 characters 透明な32x32 の PNG アウトラインアイコンへの相対ファイルパス。A relative file path to a transparent 32x32 PNG outline icon.
color 2048 文字2048 characters フルカラー 192x192 PNG アイコンへの相対ファイルパス。A relative file path to a full color 192x192 PNG icon.

アクセントカラーaccentColor

必須 –表すRequired – String

とと組み合わせてアウトラインアイコンの背景として使用する色。A color to use in conjunction with and as a background for your outline icons.

この値は、' # ' で始まる有効な HTML カラーコードである必要があります (例 #4464ee :)。The value must be a valid HTML color code starting with '#', for example #4464ee.

の各タブconfigurableTabs

OptionalOptional

アプリの機能に、追加の構成を必要とするチームチャネルのタブがある場合に使用されます。Used when your app experience has a team channel tab experience that requires extra configuration before it is added. 構成可能なタブは teams スコープでのみサポートされており、現在、アプリごとに1つのタブのみがサポートされています。Configurable tabs are supported only in the teams scope, and currently only one tab per app is supported.

Object は、型のすべての要素を含む配列です objectThe object is an array with all elements of the type object. このブロックは、構成可能なチャネルのタブソリューションを提供するソリューションにのみ必要です。This block is required only for solutions that provide a configurable channel tab solution.

名前Name Type 最大サイズMaximum size 必須Required 説明Description
configurationUrl StringString 2048 文字2048 characters タブを構成するときに使用する https://URL。The https:// URL to use when configuring the tab.
canUpdateConfiguration ブール型Boolean 作成後にタブの構成のインスタンスをユーザーが更新できるかどうかを示す値。A value indicating whether an instance of the tab's configuration can be updated by the user after creation. 限りtrueDefault: true
scopes 列挙型の配列Array of enum 1 1 現在、構成可能なタブでは、およびスコープのみがサポートさ team groupchat れています。Currently, configurable tabs support only the team and groupchat scopes.
sharePointPreviewImage StringString 20482048 SharePoint で使用するタブプレビュー画像への相対ファイルパス。A relative file path to a tab preview image for use in SharePoint. サイズ1024x768。Size 1024x768.
supportedSharePointHosts 列挙型の配列Array of enum 1 1 SharePoint でどのようにタブを使用できるようにするかを定義します。Defines how your tab will be made available in SharePoint. オプション sharePointFullPagesharePointWebPartOptions are sharePointFullPage and sharePointWebPart

staticTabsstaticTabs

OptionalOptional

ユーザーが手動で追加せずに、既定で "固定" できるタブのセットを定義します。Defines a set of tabs that can be "pinned" by default, without the user adding them manually. スコープ内で宣言 personal されている静的タブは、常にアプリの個人の環境に固定されます。Static tabs declared in personal scope are always pinned to the app's personal experience. スコープ内で宣言されている静的タブ team は現在サポートされていません。Static tabs declared in the team scope are currently not supported.

Object は、型のすべての要素を含む配列 (最大16個の要素) です objectThe object is an array (maximum of 16 elements) with all elements of the type object. このブロックは、静的なタブソリューションを提供するソリューションに対してのみ必要です。This block is required only for solutions that provide a static tab solution.

名前Name Type 最大サイズMaximum size 必須Required 説明Description
entityId StringString 64 文字64 characters タブに表示されるエンティティの一意識別子。A unique identifier for the entity that the tab displays.
name StringString 128文字128 characters チャネルインターフェイスのタブの表示名。The display name of the tab in the channel interface.
contentUrl StringString 2048 文字2048 characters Teams キャンバスに表示されるエンティティ UI をポイントする https://URL。The https:// URL that points to the entity UI to be displayed in the Teams canvas.
websiteUrl StringString 2048 文字2048 characters ユーザーがブラウザーで表示をポイントしたかどうかを示す https://URL。The https:// URL to point at if a user opts to view in a browser.
scopes 列挙型の配列Array of enum 1 1 現時点では、静的タブではスコープのみがサポート personal されます。つまり、個人の利便性の一環としてのみプロビジョニングできます。Currently, static tabs support only the personal scope, which means it can be provisioned only as part of the personal experience.

Note

関連するコンテンツを表示したり、認証フローを開始したりするために、タブにコンテキスト依存情報が必要な場合は、「 Microsoft Teams のコンテキストを取得する」タブ参照してくださいIf your tabs require context-dependent information to display relevant content or for initiating an authentication flow, see Get context for your Microsoft Teams tab.

botbots

OptionalOptional

Bot ソリューションと、既定のコマンドプロパティなどのオプション情報を定義します。Defines a bot solution, along with optional information such as default command properties.

オブジェクトが配列の場合 (現時点では1つの要素のうちの最大値 — は1つですが、現在はアプリごとに1つの bot のみが許可されます)、型のすべての要素を使用し object ますThe object is an array (maximum of only 1 element—currently only one bot is allowed per app) with all elements of the type object. このブロックは、bot の環境を提供するソリューションにのみ必要です。This block is required only for solutions that provide a bot experience.

名前Name Type 最大サイズMaximum size 必須Required 説明Description
botId StringString 64 文字64 characters Bot Framework に登録された、ボット用の一意の Microsoft アプリ ID。The unique Microsoft app ID for the bot as registered with the Bot Framework. これは、アプリの全体的なIDと同じである場合もあります。This may well be the same as the overall app ID.
needsChannelSelector ブール型Boolean ボットを特定のチャネルに追加するためのユーザー用ヒントをボットで使用するかどうかの説明。Describes whether or not the bot utilizes a user hint to add the bot to a specific channel. 限りfalseDefault: false
isNotificationOnly ブール型Boolean ボットが会話ボットではなく、一方向性の通知専用ボットなのかどうかを示します。Indicates whether a bot is a one-way, notification-only bot, as opposed to a conversational bot. 限りfalseDefault: false
supportsFiles BooleanBoolean パーソナル チャットでのファイルのアップロード/ダウンロード機能をボットでサポートするかどうかを示します。Indicates whether the bot supports the ability to upload/download files in personal chat. 限りfalseDefault: false
scopes 列挙型の配列Array of enum 1/33 ボットがエクスペリエンスを提供するのは、team 内のチャネルのコンテキスでなのか、グループ チャット (groupchat) でなのか、あるいは個別のユーザーのみをエクスペリエンスの対象にする (personal) のかを指定します。Specifies whether the bot offers an experience in the context of a channel in a team, in a group chat (groupchat), or an experience scoped to an individual user alone (personal). これらのオプションは非排他的です。These options are non-exclusive.

bot リストbots.commandLists

Bot がユーザーに推奨できるコマンドのオプションの一覧。An optional list of commands that your bot can recommend to users. Object は、型のすべての要素を含む配列 (最大2つの要素) です object 。 bot がサポートするスコープごとに個別のコマンドリストを定義する必要があります。The object is an array (maximum of 2 elements) with all elements of type object; you must define a separate command list for each scope that your bot supports. 詳細については、「 Bot メニュー 」を参照してください。See Bot menus for more information.

名前Name Type 最大サイズMaximum size 必須Required 説明Description
items.scopes 列挙型の配列array of enum 1/33 コマンド リストが有効なスコープを指定します。Specifies the scope for which the command list is valid. teampersonalgroupchat の中から選択できます。Options are team, personal, and groupchat.
items.commands オブジェクトの配列array of objects 10 10 ボットがサポートするコマンドの配列:An array of commands the bot supports:
title: ボット コマンドの名前 (文字列、32)title: the bot command name (string, 32)
description: コマンドの構文およびその構文の引数
の簡単な説明または例 (文字列、128)description: a simple description or example of the command syntax and its argument (string, 128)

コネクタconnectors

OptionalOptional

ブロックは、 connectors アプリの Office 365 コネクタを定義します。The connectors block defines an Office 365 Connector for the app.

Object は、type のすべての要素を含む配列 (最大1つの要素) です objectThe object is an array (maximum of 1 element) with all elements of type object. このブロックは、コネクタを提供するソリューションに対してのみ必要です。This block is required only for solutions that provide a Connector.

名前Name Type 最大サイズMaximum size 必須Required 説明Description
configurationUrl StringString 2048 文字2048 characters コネクタを構成するときに使用する https://URL。The https:// URL to use when configuring the connector.
connectorId StringString 64 文字64 characters コネクタ開発者ダッシュボードの ID と一致するコネクタの一意識別子。A unique identifier for the Connector that matches its ID in the Connectors Developer Dashboard.
scopes 列挙型の配列Array of enum 1 1 コネクタが内のチャネルのコンテキストで、 team または個別のユーザー単独 () にスコープ設定された環境での動作を提供するかどうかを指定し personal ます。Specifies whether the Connector offers an experience in the context of a channel in a team, or an experience scoped to an individual user alone (personal). 現時点では、 team 範囲のみがサポートされています。Currently, only the team scope is supported.

この機能composeExtensions

OptionalOptional

アプリのメッセージング拡張機能を定義します。Defines a messaging extension for the app.

Note

この機能の名前は、2017年11月に「[作成] 拡張機能」から「messaging extension」に変更されましたが、既存の拡張機能が引き続き機能するように、マニフェスト名は同じままです。The name of the feature was changed from "compose extension" to "messaging extension" in November, 2017, but the manifest name remains the same so that existing extensions continue to function.

Object は、type のすべての要素を含む配列 (最大1つの要素) です objectThe object is an array (maximum of 1 element) with all elements of type object. このブロックは、メッセージング拡張機能を提供するソリューションに対してのみ必要です。This block is required only for solutions that provide a messaging extension.

名前Name Type 最大サイズMaximum Size 必須Required 説明Description
botId StringString 6464 Bot フレームワークに登録されているメッセージング拡張機能をバックアップする bot の一意の Microsoft アプリ ID。The unique Microsoft app ID for the bot that backs the messaging extension, as registered with the Bot Framework. これは、アプリの全体的な ID と同じである場合もあります。This may well be the same as the overall App ID.
canUpdateConfiguration ブール型Boolean メッセージング拡張機能の構成をユーザーが更新できるかどうかを示す値。A value indicating whether the configuration of a messaging extension can be updated by the user. 既定値は false です。The default is false.
commands オブジェクトの配列Array of object 10 10 メッセージング拡張機能がサポートするコマンドの配列Array of commands the messaging extension supports
messageHandlers オブジェクトの配列Array of Objects 5 5 特定の条件が満たされたときにアプリを呼び出せるようにするハンドラーの一覧。A list of handlers that allow apps to be invoked when certain conditions are met. ドメインも、にリストされている必要があります。validDomainsDomains must also be listed in validDomains
messageHandlers.type StringString メッセージハンドラの種類。The type of message handler. "link" である必要があります。Must be "link".
messageHandlers.value.domains 文字列 (String) の配列Array of Strings リンクメッセージハンドラが登録できるドメインの配列。Array of domains that the link message handler can register for.

このコマンドの機能composeExtensions.commands

メッセージング拡張機能は、1つ以上のコマンドを宣言する必要があります。Your messaging extension should declare one or more commands. 各コマンドは、Microsoft Teams に UI ベースのエントリポイントからの潜在的な操作として表示されます。Each command appears in Microsoft Teams as a potential interaction from the UI-based entry point. 最大10個のコマンドがあります。There is a maximum of 10 commands.

各コマンド項目は、次の構造を持つオブジェクトです。Each command item is an object with the following structure:

名前Name Type 最大サイズMaximum size 必須Required 説明Description
id StringString 64 文字64 characters コマンドの IDThe ID for the command
type StringString 64 文字64 characters コマンドの種類。Type of the command. またはのいずれか query action です。One of query or action. 限りqueryDefault: query
title StringString 32文字32 characters ユーザーフレンドリなコマンド名The user-friendly command name
description StringString 128文字128 characters このコマンドの目的を示すためにユーザーに表示される説明。The description that appears to users to indicate the purpose of this command
initialRun ブール型Boolean パラメーターを指定せずにコマンドを最初に実行する必要があるかどうかを示すブール値。A Boolean value that indicates whether the command should be run initially with no parameters. 限りfalseDefault: false
context 文字列 (String) の配列Array of Strings 1/33 メッセージの内線番号をから呼び出すことができる場所を定義します。Defines where the message extension can be invoked from. 、、の任意の組み合わせ compose commandBox messageAny combination of compose, commandBox, message. 既定値は["compose", "commandBox"]Default is ["compose", "commandBox"]
fetchTask ブール型Boolean タスクモジュールを動的に取得する必要があるかどうかを示すブール値。A boolean value that indicates if it should fetch the task module dynamically
taskInfo オブジェクトObject メッセージ拡張コマンドの使用時にプリロードするタスクモジュールを指定するSpecify the task module to preload when using a messaging extension command
taskInfo.title StringString 6464 最初のダイアログのタイトルInitial dialog title
taskInfo.width StringString ダイアログの幅。ピクセル単位または既定のレイアウト (' large '、' medium '、または ' small ' など) のいずれかを指定します。Dialog width - either a number in pixels or default layout such as 'large', 'medium', or 'small'
taskInfo.height StringString ダイアログの高さ-ピクセル単位または既定のレイアウト (' large '、' medium '、または ' small ' など) のいずれかを指定します。Dialog height - either a number in pixels or default layout such as 'large', 'medium', or 'small'
taskInfo.url StringString 最初の webview の URLInitial webview URL
parameters オブジェクトの配列Array of object 5 5 コマンドが実行するパラメーターの一覧。The list of parameters the command takes. 最小値: 1、最大: 5Minimum: 1; maximum: 5
parameter.name StringString 64 文字64 characters クライアントに表示されるパラメーターの名前。The name of the parameter as it appears in the client. これは、ユーザー要求に含まれています。This is included in the user request.
parameter.title StringString 32文字32 characters パラメーターのユーザーフレンドリなタイトル。User-friendly title for the parameter.
parameter.description StringString 128文字128 characters このパラメーターの目的を説明するユーザーフレンドリ文字列。User-friendly string that describes this parameter’s purpose.
parameter.inputType StringString 128文字128 characters のタスクモジュールに表示されるコントロールの種類を定義 fetchTask: true します。Defines the type of control displayed on a task module for fetchTask: true. 、、、、、、のいずれかの text textarea number date time toggle``choicesetOne of text, textarea, number, date, time, toggle, choiceset
parameter.choices オブジェクトの配列Array of Objects 10 10 の選択オプション choicesetThe choice options for the choiceset. がである場合にのみ使用します parameter.inputType``choicesetUse only when parameter.inputType is choiceset
parameter.choices.title StringString 128128 選択肢のタイトルTitle of the choice
parameter.choices.value StringString 512512 選択肢の値Value of the choice

アクセス許可permissions

OptionalOptional

stringアプリが要求するアクセス許可を指定する配列。これにより、エンドユーザーは拡張機能の動作を知ることができます。An array of string which specifies which permissions the app requests, which lets end users know how the extension will perform. 非排他的なオプションは次のとおりです。The following options are non-exclusive:

  • identity ユーザー id 情報が必要identity   Requires user identity information
  • messageTeamMembers チームメンバーに直接メッセージを送信するためのアクセス許可が必要messageTeamMembers   Requires permission to send direct messages to team members

アプリを更新するときにこれらのアクセス許可を変更すると、ユーザーは、更新されたアプリを初めて実行したときに同意プロセスを繰り返すようになります。Changing these permissions when updating your app will cause your users to repeat the consent process the first time they run the updated app. 詳細については、「アプリの更新」を参照してください。See Updating your app for more information.

devicePermissionsdevicePermissions

省略可能文字列の配列Optional Array of Strings

アプリがアクセスを要求することができる、ユーザーのデバイスのネイティブ機能を指定します。Specifies the native features on a user's device that your app may request access to. オプションは次のとおりです。Options are:

  • geolocation
  • media
  • notifications
  • midi
  • openExternal

validDomainsvalidDomains

省略可能(記載個所に必要な場合を除く)Optional, except Required where noted

アプリが Teams クライアント内で読み込むことが想定されている web サイトの有効なドメインの一覧。A list of valid domains for websites the app expects to load within the Teams client. ドメインリストには、たとえば、ワイルドカードを含めることができ *.example.com ます。Domain listings can include wildcards, for example *.example.com. これは、1つのドメインのセグメントに一致します。に一致させる必要がある場合は a.b.example.com 、を使用 *.*.example.com します。This matches exactly one segment of the domain; if you need to match a.b.example.com then use *.*.example.com. タブ構成またはコンテンツ UI が他のドメインに移動する必要がある場合 (タブの構成に使用するものを除く)、そのドメインをここで指定する必要があります。If your tab configuration or content UI needs to navigate to any other domain besides the one use for tab configuration, that domain must be specified here.

ただし、アプリでサポートする id プロバイダーのドメインを含める必要はありませんIt is not necessary to include the domains of identity providers you want to support in your app, however. たとえば、Google ID を使用して認証するには、accounts.google.com にリダイレクトする必要がありますが、に accounts.google.com を含めることはできません validDomains[]For example, to authenticate using a Google ID, it's necessary to redirect to accounts.google.com, but you should not include accounts.google.com in validDomains[].

自分の sharepoint Url が適切に機能する必要がある Teams アプリは、有効なドメインリストに "{teamsitedomain}" を含めることができます。Teams apps that require their own sharepoint URLs to function well, may include "{teamsitedomain}" in their valid domain list.

Important

直接に、またはワイルドカードを使用して、コントロールの外部にあるドメインを追加しないでください。Do not add domains that are outside your control, either directly or via wildcards. たとえば、は有効ですが、有効では yourapp.onmicrosoft.com *.onmicrosoft.com ありません。For example, yourapp.onmicrosoft.com is valid, but *.onmicrosoft.com is not valid.

Object は、型のすべての要素を含む配列です stringThe object is an array with all elements of the type string.

webApplicationInfowebApplicationInfo

OptionalOptional

Aad アプリ ID とグラフ情報を指定して、ユーザーが AAD アプリにシームレスにサインインできるようにします。Specify your AAD App ID and Graph information to help users seamlessly sign into your AAD app.

名前Name Type 最大サイズMaximum size 必須Required 説明Description
id StringString 36文字36 characters アプリの AAD アプリケーション id。AAD application id of the app. この id は GUID である必要があります。This id must be a GUID.
resource StringString 2048 文字2048 characters SSO の認証トークンを取得するためのアプリのリソース url。Resource url of app for acquiring auth token for SSO.