Toolkitでアプリ マニフェストをプレビューする

マニフェスト テンプレート ファイル manifest.template.json は、スキャフォールディング後にフォルダーの下で templates/appPackage 使用できます。 プレースホルダーを含むテンプレート ファイルと実際の値は、異なる環境のファイル.fx/configs``.fx/statesのTeams Toolkitによって解決されます。

前提条件

ヒント

Visual Studio コードでアプリ プロジェクトTeams開かれていることを確認します。

マニフェストのプレビュー

実際のコンテンツを使用してマニフェストをプレビューするために、Teams Toolkitはフォルダーの下にプレビュー マニフェスト ファイルをbuild/appPackage生成します。

└───build
    └───appPackage
        ├───appPackage.{env}.zip - Zipped app package of remote teams app
        ├───appPackage.local.zip - Zipped app package of local team app
        ├───manifest.{env}.json  - Previewed manifest of remote teams app
        └───manifest.local.json  - Previewed manifest of local teams app

ローカル マニフェスト ファイルをプレビューする

ローカル チーム アプリのマニフェスト ファイルをプレビューするには、 F5 キーを押してローカル デバッグを実行します。 既定のローカル設定が生成され、アプリ パッケージとプレビュー マニフェストがフォルダーの下に build/appPackage ビルドされます。

次の手順に従って、ローカル マニフェストをプレビューすることもできます。

  1. ファイルのmanifest.template.jsonコーデレンズで プレビュー を選択し、ローカル を選択します
  2. ファイルのメニュー バーで プレビュー マニフェスト ファイルmanifest.template.json 選択する
  3. Treeview で Zip Teamsメタデータ パッケージ を選択し、ローカル を選択します

プレビュー ローカルは、イメージに示すように表示されます。

プレビュー

リモート環境でマニフェストをプレビューする

リモート チーム アプリのマニフェスト ファイルをプレビューするには、Teams Toolkit拡張機能 Treeview の 開発 パネルで クラウドでプロビジョニング を選択するか、コマンド パレットから クラウドでプロビジョニングTeamsトリガーします。 リモート チーム アプリの構成を生成し、パッケージとプレビュー マニフェストをフォルダーの下に build/appPackage ビルドします。

次の手順に従って、リモート環境でマニフェストをプレビューすることもできます。

  1. ファイルのmanifest.template.jsonコーデレンズで [プレビュー] を選択する
  2. ファイルのメニュー バーで プレビュー マニフェスト ファイルmanifest.template.json 選択する
  3. Treeview で Zip Teamsメタデータ パッケージ を選択する
  4. 環境を選択する

複数の環境がある場合は、イメージに示すようにプレビューする環境を選択する必要があります。

env を追加する

ローカルの変更を開発者ポータルに同期する

マニフェスト ファイルをプレビューしたら、次の手順に従ってローカルの変更を開発者ポータルに同期できます。

  1. の左上隅にある プラットフォームTeams更新を 選択します。manifest.{env}.json
  2. Teamsを選択 します。マニフェストをTeamsプラットフォームに更新 します。manifest.{env}.json

Teamsをトリガーすることもできます。コマンド パレットから プラットフォームTeamsマニフェストを更新 します。

ツリー ビュー

注意

エディターのコードレンズまたは タイトル からトリガーすると、現在のマニフェスト ファイルがTeams プラットフォームに更新されます。 コマンド パレットからトリガーするには、ターゲット環境を選択する必要があります

構成ファイルの変更またはテンプレートの変更によりマニフェスト ファイルが古い場合は、次のいずれかのアクションを選択します。

  • プレビューのみ: ローカル マニフェスト ファイルは、現在の構成に従って上書きされます
  • プレビューと更新: ローカル マニフェスト ファイルは現在の構成に従って上書きされ、プラットフォームTeams更新されます
  • キャンセル: アクションは実行されません

pre

注意

変更は Dev Portal で更新されます。 開発ポータルの手動更新プログラムはすべて上書きされます。

関連項目

Teams Toolkitでアプリ マニフェストTeamsカスタマイズする