Teams でのユーザーのプレゼンスUser presence in Teams

プレゼンスは、Microsoft Teams (および Microsoft 365 または Office 365 全体) のユーザー プロフィールの一部です。Presence is part of a user's profile in Microsoft Teams (and throughout Microsoft 365 or Office 365). プレゼンスは、ユーザーが現在の連絡可能かどうか、またそのユーザーの状態を他のユーザーに示します。Presence indicates the user's current availability and status to other users. 既定では、組織内で Teams を使用しているすべてのユーザーは、他のユーザーがオンラインの場合、(ほぼリアルタイムで) 確認できます。By default, anyone in your organization using Teams can see (in nearly real time) if other users are available online. モバイルでページを更新すると、Web バージョンとデスクトップ バージョンでプレゼンスがリアルタイムで更新されます。Presence is updated in real time on the web and desktop versions when you refresh the page on mobile.

注意

別のプラットフォームでの Teams のユーザー プロフィールについての詳細は、 プラットフォームごとの Teams の機能を参照してください。For details about Teams user profiles on different platforms, see Teams features by platform.

Teams でのプレゼンス状態Presence states in Teams

ユーザーが設定User configured アプリが設定App configured
塗りつぶした緑のチェックマークは、連絡可能な状態を示す 連絡可能Available 塗りつぶした緑のチェックマークは、連絡可能な状態を示す 連絡可能Available
緑枠のチェックマークは、連絡可能な外出中の状態を示す 連絡可能、外出中。Available, Out of Office. 注: 「外出中」は、ユーザーが「自動返信」を設定した期間に自動的に設定されます。Note: Out of office is automatically set for the periods of time where the user sets "automatic replies". ユーザーがこれらの期間中にアプリを使用している場合、「外出中、連絡可能」などの二重のプレゼンスが表示される場合があります。If the user is using the app during these periods of time, a dual presence might be shown, such as "Out of office, available".
塗りつぶした赤い丸は、取り込み中を示す 取り込み中Busy 塗りつぶした赤い丸は、取り込み中を示す 取り込み中Busy
塗りつぶした赤い丸は、通話のための取り込み中を示す 通話中In a call
塗りつぶした赤い丸は、会議のための取り込み中を示す 会議中In a meeting
赤枠の丸は、取り込み中を示す 通話中、外出中On a call, out of office
白線の入った赤い丸は、応答不可を示す 応答不可Do not disturb
白線の入った赤い丸は、発表中を示す 発表中Presenting
白線の入った赤い丸は、フォーカスを示す フォーカス中。Focusing. フォーカスは、ユーザーがカレンダーの MyAnalytics / Insights でフォーカス時間をスケジュールしたときに表示されます。Focus happens when the users schedule focus time in MyAnalytics/Insights in their calendars.
黄色の時計アイコンは、退席中を示す 退席中Away 黄色の時計アイコンは、退席中を示す 退席中Away
黄色の時計アイコンは、退席中を示す *前回の退席中表示時刻*Yellow clock icon, indicates away Away Last Seen time
黄色の時計アイコンは、一時退席中を示す 一時退席中Be right back
X マーク付き灰色の丸、オフラインを示す オフライン表示Appear offline X マーク付き灰色の丸、オフラインを示す オフライン。Offline. ユーザーがどのデバイスにも数分間ログインしていない場合、ユーザーはオフラインとして表示されます。When users aren't logged in on any of their devices for a few minutes, they appear offline.
灰色枠の丸は、状態不明を示す 状態不明Status unknown
矢印付き紫色の丸、外出中を示す 外出中。Out of Office. 自動応答が設定されている場合、外出中が使用されます。Out of Office is used when an automatic reply is set. (Outlook でのみ利用可能です。)(Available in Outlook only.)

注意

メールボックスがオンプレムでホストされているユーザーの場合、プレゼンスの遅延時間は最大 1 時間と予想されます。For users that there mailbox is hosted onprem it is expected to have presence delays with a maximun of an hour. アプリで構成されたプレゼンス状態は、ユーザーのアクティビティ (連絡可能、退席中)、Outlook カレンダーの状態 (会議中)、Teams アプリの状態 (通話中、発表中) などに基づいています。App-configured presence states are based on user activity (Available, Away), Outlook calendar states (In a meeting), or Teams app states (In a call, Presenting). カレンダーに基づいてフォーカス モードになっている場合、フォーカ スは Teams で表示される状態になります。When you're in focus mode based on your calendar, Focusing will be the state people see in Teams. フォーカス モードは、他の製品では 応答不可 と表示されます。Focus mode will display as Do not disturb in other products.

コンピューターをロックするか、コンピューターがアイドル モードまたはスリープ モードに入ると、現在のプレゼンス状態が [退席中] に変わります。Your current presence state changes to Away when you lock your computer or when your computer enters idle or sleep mode. モバイル端末では、Teams アプリがバックグラウンドにあるときはいつでも、プレゼンス状態が [退席中] に変わります。On a mobile device, your presence status changes to Away whenever the Teams app is in the background.

プレゼンス状態に関係なく、ユーザーは、Teams で送信されたすべてのチャット メッセージを受信します。Users receive all chat messages sent to them in Teams regardless of their presence state. 他者がメッセージを送信したときにユーザーがオフラインだった場合は、次回ユーザーがオンラインになったときに Teams にチャット メッセージが表示されます。If a user is offline when someone sends them a message, the chat message appears in Teams the next time the user is online. ユーザーの状態が [応答不可] に設定されている場合、ユーザーは引き続きチャットメッセージを受信しますが、バナー通知は表示されません。If a user state is set to Do not disturb, the user will still receive chat messages, but banner notifications aren't displayed.

ユーザーは、「応答不可」状態 (着信呼び出しがボイスメールに配信される) を除き、すべてのプレゼンス状態で通話を受信します。Users receive calls in all presence states except for Do not disturb, in which incoming calls go to voicemail. 受信者が発信者をブロックした場合、通話は配信されず、発信者には受信者のプレゼンスが「オフライン」と表示されます。If the recipient blocked the caller, the call won't be delivered and the caller sees the recipient's presence as Offline.

ユーザーを優先順位の高いアクセス リストに追加するには、Teams の [設定] > [プライバシー] に移動します。Users can add people to their priority access list by going to Settings > Privacy in Teams. ユーザーのステータスが「応答不可」状態に設定されている場合でも、優先アクセス権が付与されている発信者は、ユーザーと連絡を取ることができます。People who have priority access can contact the user even when the user's status is set to Do not disturb.

デュアル プレゼンスDual presence

ほとんどのユーザーにとってプレゼンスが機能する方法は、カレンダーのイベントまたは通話などのデバイス イベントに基づきます。The way presence works for most users is motivated by the events in the calendar or device events, such as a call. ユーザーは、有効期限のある状態を手動で設定することにより、UI でこのステータスを上書きできます。The user can override this status in the UI by manually setting states, which have some expiration time.

ユーザーが設定した状態の有効期限User configured states expiration

ユーザーが特定のプレゼンス状態を選択すると、アプリ アクティビティの更新よりも優先されます。When a user selects a specific presence state, it takes precedence over any app activity update. たとえば、ユーザーが自分自身を「応答不可」と設定した場合、会議に出席したり電話に応答したりしても、その存在は「応答不可」のままになります。For example, if a user sets herself as Do not disturb, her presence will remain as Do not disturb even if she attends a meeting or answers a call.

ユーザーが構成した状態には、一定期間後に関連性がない可能性のあるステータスがユーザーに表示されないようにするために、Teams に既定の有効期限設定があります。User configured states have default expiration settings in Teams, in order to prevent users from displaying a status that may not be relevant after a period of time.

ユーザーが設定した状態User configured state 既定の有効期限Default expiration
多忙Busy 1 日1 day
応答不可Do not disturb 1 日1 day
その他Others 7 日間7 days

注意

ユーザーは、プレゼンスの期間を手動で構成することもできます。A user can also configure manually a duration for her presence. たとえば、ユーザーは自分を明日の朝までオフラインで表示するように設定できます。For instance, a user can set herself as Appear offline until tomorrow morning.

Skype for Business と Teams の管理設定の比較Admin settings in Teams compared to Skype for Business

Skype for Business と Teams では、次の管理設定が異なります。The following admin settings Skype for Business are different in Teams:

  • Teams では、組織内ユーザーに対してプレゼンス共有が常に有効になります。In Teams, presence sharing is always enabled for users in the organization. プライバシー (プレゼンスを表示できるユーザーを定義する場所) の構成は、Teams では使用できません。Privacy (where you define who can see presence) configuration isn't available in Teams.
  • すべてのユーザー (フェデレーション サービスを含む) とのプレゼンス共有は、Teams ユーザーに対して常に有効になっています。Presence sharing with everyone (including Federated services) is always enabled for users in Teams. 連絡先リスト (Skype for Business に含まれている場合) は、[チャット] > [連絡先] または [通話] > [連絡先] で表示できます。Their contact list (if they had one in Skype for Business) is visible under Chat > Contacts or under Calls > Contacts.
  • クライアントの「応答不可」と「重要な連絡先」機能は、Teams ユーザーに対して常に有効になっています。Client Do Not Disturb and Breakthrough features are always enabled for users in Teams.
  • カレンダー (不在およびその他のカレンダー情報を含む) は、Teams が Outlook と統合されている場合、ユーザーに対して常に有効になっています。Calendar (includes out of office and other calendar information) integration is always enabled for users when Teams is integrated with Outlook.
  • 組織で Skype for Business を使用している場合は、[最終ログイン] または [退席中] インジケータ―が、Teams ユーザーに対して常に有効になっています。The Last seen or Away since indicator is always enabled for users in Teams if the organization also uses Skype for Business.

注意

Teams 管理者がこれらの設定をカスタマイズする機能は、現在サポートされていません。The ability of a Teams admin to customize these settings is not currently supported.

Microsoft Outlook と Teams の管理設定の比較Admin settings in Teams compared to Microsoft Outlook

Outlook でのチームのプレゼンスは、Outlook 2013 デスクトップ アプリ以降で、同じ組織内の連絡先に対してサポートされます。Teams presence in Outlook is supported on the Outlook 2013 desktop app and later for contacts in the same organization.

ユーザー アカウントのアップグレード モード ポリシーが TeamsOnly に設定されている場合、Outlook はチームと通信してプレゼンスを取得します。If the upgrade mode policy of the user account is set to TeamsOnly, Outlook talks to Teams to get presence. ユーザーアカウントが TeamsOnly に設定されていない場合、Outlook は Skype for Business と通信します。If the user account isn't set to TeamsOnly, then Outlook talks to Skype for Business.

Skype for Business との共存Coexistence with Skype for Business

組織で Skype for business も使用している場合の Teams のプレゼンス機能の詳細については、「Skype for Business との共存」を参照してください。See Coexistence with Skype for Business for details on how Teams presence functions when your organization also uses Skype for Business.