コンテンツ カメラContent cameras

Microsoft Teams Room システムでコンテンツ カメラを使用できるようになりました。You can now use a content camera with a Microsoft Teams Room system. コンテンツ カメラは、特殊な画像処理ソフトウェアやホワイトボードと連携して、発表者がアナログ ホワイトボードに描画し、リモート参加者とそのコンテンツを共有できるようにします。A content camera interacts with special image-processing software and a whiteboard to allow a presenter to draw on an analog whiteboard and share the content with remote participants.

コンテンツ カメラの機能の例については、次のビデオを参照してください。See the following video for examples of content camera functionality.

コンテンツ カメラを設定するSet up a content camera

注意

お住まいの国または地域の建築基準法に必ず従ってください。床からの最小距離、または天井に取り付けられた機器を垂木または他の構造物に固定する要件が定義されている場合があります。Always adhere to your country or area's building code, which may define a minimum distance from the floor or a requirement that ceiling-mounted equipment be secured to a rafter or other structure. 選択したカメラに同梱されているハードウェアのマウント手順に従ってください。Follow the mounting instruction for the hardware provided with the camera you've selected. OEM カメラ マウント キットには、カメラ、USB 2.0 エクステンダー、必要なケーブルが含まれています。OEM camera mounting kits include a camera, USB 2.0 extenders and required cabling.

共有に使用するホワイトボードのサイズは、カメラの位置に影響します。The size of the whiteboard used for sharing affects the placement of the camera. 推奨されるボードのサイズは次のとおりです。Board size recommendations are:

  • 幅 0.9 から 1.8 m - サポート対象3–6 ft. (0.9–1.8 m) wide — Supported
  • 幅 1.8 から 2.7 m - 推奨6–9 ft. (1.8–2.7 m) wide — Recommended
  • 幅 2.7 から 3.6 m ‐ サポート対象9–12 ft. (2.7–3.6 m) wide — Supported
  • 幅 3.6 m を超える - カメラは 2.7 から 3.6 m までカバーし、残りはトリミングされます。Above 12 ft. (3.6 m) wide — camera covers 9–12 ft. (2.7–3.6 m) and crops the rest.

カメラの場所Camera location

コンテンツ カメラの最適な配置は、ホワイトボード上で垂直方向と水平方向にセンタリングされている状態です。Ideal placement of a content camera is centered vertically and horizontally on the whiteboard. 地域の建築基準法によっては、高度の制限があり、カメラをホワイトボードの上部より高く設置することが求められる場合があります。Local building codes may have height restrictions that require the camera be elevated higher than the top of the white board.

カメラは、図に示されているように、ホワイトボードの上部よりもYou can install the camera up to 6 in. 最大 152 mm 高く、ホワイトボードの中央に設置できます。(152 mm) higher than the top of the whiteboard, and centered on the white board as shown. カメラの画像の左右両側に少なくとも 152 mm の罫線がMake sure that the camera image includes at least a 6 in. 含まれていることを確認してください。(152 mm) border on both sides horizontally. Microsoft Teams Rooms アプリのカメラ プレビューを使用して、カメラの最終的な配置を決定できます。You can use the camera preview in the Microsoft Teams Rooms app to determine final placement of the camera.

コンテンツ カメラの配置図

カメラの距離Camera distances

一般的なホワイトボード マーカーを使用する場合、リモート ユーザー エクスペリエンスを最適にするには、コンテンツ カメラの画像のピクセル範囲あたり 1 - 2 mm のインク ストロークを共有します。最良の結果を得るには、ピクセルあたり 1.5 mm を使用します。Using typical whiteboard markers, the optimal remote user experience is to share ink strokes in the 1–2 mm per pixel range in the content camera image, and the best results use 1.5 mm per pixel. サポートされているすべてのカメラでは、1920 x 1080 の解像度が提供され、中にはその解像度を超えるものもあります。All supported cameras provide 1920 x 1080 resolution, and some can exceed that resolution.

ホワイトボードとカメラの距離は、カメラの解像度および HFoV を組み合わせて決定します。The distance of the camera from the whiteboard combines with the camera resolution and HFoV to determine the distance from the whiteboard. 次の表には、さまざまなホワイトボード サイズの距離の例が示されています。The following table shows examples of distances for various whiteboard sizes. これらの値を開始点として使用し、コンテンツ カメラの最終的な配置を決定することができます。You can use these values as starting points to determine final placement of the content camera.

ホワイトボードからカメラまでの距離Camera distance from whiteboard

カメラの HFoVCamera HFoV 0.91 m3 ft. (0.91 m) 1.8 m6 ft. (1.8 m) 2.74 m9 ft. (2.74 m) 3.65 m12 ft. (3.65 m) ホワイトボードからの最大距離Max distance from Whiteboard
80°80° 0.54 m1.79 ft. (0.54 m) 1.09 m3.58 ft. (1.09 m) 1.6 m5.36 ft. (1.6 m) 2.17 m7.15 ft. (2.17 m) 2.28 m7.51 ft. (2.28 m)
90°90° 0.45 m1.5 ft. (0.45 m) 0.91 m3.00 ft. (0.91 m) 1.37 m4.5 ft. (1.37 m) 1.82 m6.0 ft. (1.82 m) 1.92 m6.3 ft. (1.92 m)
100°100° 0.38 m1.26 ft. (0.38 m) 0.77 m2.52 ft. (0.77 m) 1.15 m3.78 ft. (1.15 m) 1.53 m5.03 ft. (1.53 m) 1.61 m5.29 ft. (1.61 m)
110°110° 0.32 m1.05 ft. (0.32 m) 0.64 m2.10 ft. (0.64 m) 0.96 m3.15 ft. (0.96 m) 1.28 m4.2 ft. (1.28 m) 1.31 m4.41 ft. (1.31 m)
120°120° 0.26 m0.87 ft. (0.26 m) 0.52 m1.73 ft. (0.52 m) 0.79 m2.60 ft. (0.79 m) 1.05 m3.46 ft. (1.05 m) 1.10 m3.64 ft. (1.10 m)

コンテンツ カメラとホワイトボードが取り付けられている壁との距離は、そのカメラのモデルの HFoV によって異なります。The distance between the content camera and the wall the whiteboard is mounted on depends on the HFoV for that model of camera, which varies. HFoV が広い (たとえば、120 度) カメラの場合は壁に近づけて設置し、HFoV が狭いカメラの場合は、壁から遠く離して設置します。Install cameras with a larger HFoV (120 degrees for example) closer to the wall, and cameras with a narrower HFoV farther away from the wall. 選択したカメラを設置する前に、HFoV を確認してください。Check the HFoV before you start to install the chosen camera.

3.65 mを超えるホワイトボードを使用する場合、または (壁全体がホワイトボードのように) 四隅がない場合は、カメラを中央の任意の場所に配置できます。If you have whiteboards larger than 12 ft. (3.65 m) or with no corners (like full wall whiteboards), you can place the camera anywhere in the middle. 拡張ソフトウェアは、ホワイトボードの四隅を検出できない場合、中央の領域を選択します。The enhancement software selects an area in the middle if it fails to find whiteboard corners.

注意

暗色のテープやその他のアイテムを使用して、壁全体のホワイトボードに定義されたコンテンツ カメラ領域を作成できます。You can use dark-colored tape or other items to create a defined content camera area on a full-wall white board.

固定設置する代わりに、カメラを可動三脚に取り付けることも選択できます。You can choose to have the camera mounted on a moveable tripod instead of a permanent mount. 三脚をホワイトボードの中央に配置します。Place the tripod centered on the whiteboard. この設定は、一時的に使用したり、装置が倒れる可能性がほとんどない場所で使用したりする場合に行えます。This setup may be temporary or used where there is little chance of knocking over the equipment. 一時的に取り付けた場合、最初の共有の後にカメラを移動すると、コンテンツの拡張機能が影響を受け、移動を修正するために再共有しなければならないことに注意してください。If you use a temporary mount, remember that content enhancement will be impacted if you move the camera after the initial share and you will need to re-share to correct for movement.

ホワイト以外のライティング ボードはサポートされていません。A writing board that isn't white is not supported.

サポートされるカメラSupported cameras

カメラをコンテンツ カメラとして使用できるかどうかを確認するには、「USB オーディオとビデオの周辺機器についての認定済みファームウェア バージョン」を参照してください。To determine whether you can use a camera as a content camera, refer to Certified firmware versions for USB audio and video peripherals.

または、サポートされているコンテンツ カメラ キットについては、Microsoft Teams デバイス マーケットプレイス (aka.ms/teamsdevices) を参照してください。Or, refer to the Microsoft Teams devices marketplace for supported Content Camera Kits at aka.ms/teamsdevices.

カメラの設定Camera settings

部屋にカメラを設置したら、その部屋の Microsoft Teams Rooms コンソールにカメラを設定します。Once the camera is installed in the room, set it up on that room's Microsoft Teams Rooms console:

  1. [設定] [設定] アイコン を選択し、管理者としてログインし、[デバイスの設定] を選択します。Select Settings Settings icon, log in as Admin, and select Device Settings.
  2. [カメラの既定値] セクションで、コンテンツ カメラを選び、[コンテンツの拡張機能] オプションが選択されていることを確認します。In the Camera Defaults section, select the content camera and make sure that the Content enhancements option is selected.
  3. (オプション) カメラを天井から取り付けるためにカメラが上下逆になってしまった場合は、[コンテンツ カメラを 180 度回転] オプションをオンにします。(Optional) If the camera was installed upside down because the camera was mounted from the ceiling, check the Rotate content camera 180° option.
  4. [保存して終了] を選択します。Select Save and exit.

コンテンツ カメラのセットアップ

XML 構成ファイルを使用して、これらの設定をリモートで調整することもできます。You can also adjust these settings remotely using an XML configuration file.

関連項目See also

Microsoft Teams Rooms のコンソールの設定を、XML 構成ファイルを使用してリモートで管理するManage a Microsoft Teams Rooms console settings remotely with an XML configuration file

Microsoft Teams Rooms の要件Microsoft Teams Rooms requirements