AndroidおよびTeamsビデオ電話デバイスでMicrosoft Teams Roomsの自動応答を設定する

この記事では、ビデオ電話デバイスのAndroidとTeamsのMicrosoft Teams Roomsで自動応答機能を設定する場合に役立ちます。 自動応答を使用すると、管理者特権を持つ組織内のユーザーは、デバイス設定を変更して、受信会議の招待を自動的に受け入れ、ビデオを使用して通話を自動的に受け入れます。

PowerShell で自動回答を有効にする

次の属性を使用して、ビデオ電話デバイスのAndroidとTeamsのMicrosoft Teams Roomsで自動応答を有効にします。

  • Set-CsTeamsCallingPolicy -AutoAnswerEnabledType
  • Set-CsTeamsIPPhonePolicy -SignInMode

1. 受信会議の招待に対する自動応答を有効にする

Set-CsTeamsCallingPolicy -AutoAnswerEnabledType を使用して、受信会議の招待に対する自動応答を有効にします。 自動回答は既定で オフになっています 。 このポリシーは、受信会議の招待にのみ適用され、他の通話の種類はサポートされません。 コマンドレットの詳細については、 Set-CsTeamsCallingPolicy を参照してください。

Set-CsTeamsCallingPolicy -AutoAnswerEnabledType Enabled

2. デバイス サインイン モードを設定する

Set-CsTeamsIPPhonePolicy -SignInMode を使用して、デバイスのサインイン モードを設定して、Teamsにサインインするときの動作を決定します。 コマンドレットの詳細については、 Set-CsTeamsIPPhonePolicy を参照してください。

サインイン モードには、次の 3 つのオプションがあります。

  • UserSignIn: 電話で個々のユーザー Teams エクスペリエンスを有効にします。
  • CommonAreaPhoneSignIn: 電話で共通エリアの電話エクスペリエンスを有効にします。
  • MeetingSignIn: 電話で会議室エクスペリエンスを有効にします。

たとえば、次のポリシーは、サインイン モードを会議室エクスペリエンスに設定します。

Set-CsTeamsIPPhonePolicy -Identity Device -SignInMode MeetingSignIn

デバイス設定を構成する

自動回答を有効にした後、管理者権限を持つユーザーは、デバイス設定で機能を有効にすることができます。 デバイス レベルでこの機能を有効にするには、 受信会議の招待を自動承諾 するをオンにする必要があります。 ビデオで自動承諾 を有効にすることもできます。 どちらの設定も既定ではオフになっています。

Microsoft サポート: 通話とデバイス

Set-CsTeamsCallingPolicy

Set-CsTeamsIPPhonePolicy