仮想デスクトップ インフラストラクチャ用の TeamsTeams for Virtualized Desktop Infrastructure

この記事では、仮想化環境で Microsoft Teams を使用する場合の要件と制限について説明します。This article describes the requirements and limitations for using Microsoft Teams in a virtualized environment.

VDI とは何ですか ?What is VDI?

仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) は、データセンターの集中サーバーでデスクトップ オペレーティング システムとアプリケーションをホストする仮想化テクノロジです。Virtual Desktop Infrastructure (VDI) is virtualization technology that hosts a desktop operating system and applications on a centralized server in a data center. これにより、完全に保護され、準拠し一元化されたソースとともに、ユーザーに完全に個人用に設定されたデスクトップ エクスペリエンスを提供します。This enables a fully personalized desktop experience to users with a fully secured and compliant centralized source.

仮想環境での Microsoft Teams では、チャットとコラボレーションがサポートされています。Microsoft Teams in a virtualized environment supports chat and collaboration. また、Citrix プラットフォームでは、通話と会議機能もサポートされています。And with the Citrix platform, calling and meeting functionality also are supported.

仮想化環境の Teams は、複数の構成をサポートしています。Teams in a virtualized environment supports multiple configurations. これには、VDI、専用、共有、永続的、非永続的モードが含まれます。These include VDI, dedicated, shared, persistent, and non-persistent modes. 機能は継続的に開発され、定期的に追加されます。機能は今後数か月または数年で拡張されます。Features are in continuous development and are added on a regular basis, and functionality will expand in the coming months and years.

仮想環境で Teams を使用することは、仮想化されていない環境での Teams の使用とは多少異なる場合があります。Using Teams in a virtualized environment might be somewhat different from using Teams in a non-virtualized environment. たとえば、一部の高度な機能は仮想化された環境では使用できない場合があり、ビデオの解像度が異なる場合があります。For example, some advanced features might not be available in a virtualized environment, and video resolution might differ.

最適なユーザー エクスペリエンスを確保するには、この記事のガイダンスに従ってください。To ensure an optimal user experience, follow the guidance in this article.

VDI 上の Teams のコンポーネントTeams on VDI components

仮想化環境で Teams を使用するには、次のコンポーネントが必要です。Using Teams in a virtualized environment requires the following components.

  • 仮想化ブローカー: Azure などの仮想化プロバイダーへのリソースおよび接続マネージャーVirtualization broker: The resource and connection manager to the virtualization provider, such as Azure
  • 仮想デスクトップ: Microsoft Teams を実行する仮想マシン (VM) スタックVirtual desktop: The Virtual Machine (VM) stack that runs Microsoft Teams
  • シン クライアント: ユーザーが物理的にやり取りするエンドポイントThin client: The endpoint that the user physically interfaces with
  • Teams デスクトップアプリ: teams デスクトップクライアントアプリTeams desktop app: The Teams desktop client app

VDI 上の Teams の要件Teams on VDI requirements

仮想化プロバイダーの要件Virtualization provider requirements

Teams デスクトップ アプリは、主要な仮想化ソリューション プロバイダーで検証済みです。The Teams desktop app was validated with leading virtualization solution providers. 市場プロバイダーが複数ある場合は、最小要件を満たしていることを確認するために、仮想化ソリューションプロバイダーに問い合わせることをお勧めします。With multiple market providers, we recommend that you consult your virtualization solution provider to ensure that you meet the minimum requirements.

現在、オーディオ/ビデオ (AV) 最適化を備えた VDI 上の Teams は、Citrix で認定されています。Currently, Teams on VDI with audio/video (AV) optimization is certified with Citrix. このセクションの情報を確認して、Citrix と Teams の両方の要件が適切に機能することを確認します。Review the information in this section to ensure that you meet both Citrix and Teams requirements for proper functionality.

Teams 認定パートナーPartners certified for Teams

次のパートナーには、Teams 用の仮想デスクトップ インフラストラクチャ ソリューションがあります。The following partners have virtual desktop infrastructure solutions for Teams.

パートナーPartner パートナー ソリューションPartner solution
Citrix を表すロゴ Citrix Virtual Apps and DesktopsCitrix Virtual Apps and Desktops

Citrix Virtual Apps and Desktops の要件Citrix Virtual Apps and Desktops requirements

Citrix Virtual Apps and Desktops (以前の XenApp および XenDesktop) は、VDI 上の Teams に AV 最適化を提供します。Citrix Virtual Apps and Desktops (formerly known as XenApp and XenDesktop) provides AV optimization for Teams on VDI. Citrix Virtual Apps and Desktops を使用すると、VDI 上の Teams はチャットと共同作業に加えて、通話および会議機能をサポートします。With Citrix Virtual Apps and Desktops, Teams on VDI supports calling and meeting functionality in addition to chat and collaboration.

Citrix のダウンロードサイトで、Citrix の仮想アプリとデスクトップの最新バージョンをダウンロードできます。You can download the latest version of Citrix Virtual Apps and Desktops at the Citrix downloads site. (最初にサインインする必要があります。) 必要なコンポーネントは、デフォルトで Citrix Workspace アプリ (CWA) および Virtual Delivery Agent (VDA) にバンドルされています。(You'll need to sign in first.) The necessary components are bundled into the Citrix Workspace app (CWA) and Virtual Delivery Agent (VDA) by default. CWA や VDA に追加のコンポーネントやプラグインをインストールする必要はありません。You don't need to install any additional components or plugins on CWA or the VDA.

サーバーおよびクライアントの最新の要件については、この Citrix Web サイトを参照してください。For the latest server and client requirements, see this Citrix website.

VDI で Teams デスクトップ アプリをインストールまたは更新するInstall or update the Teams desktop app on VDI

MSI パッケージを使用したマシンごとのインストールまたはユーザーごとのインストールを用いて、VDI 用の Teams デスクトップ アプリを展開できます。You can deploy the Teams desktop app for VDI using a per-machine installation or per-user installation using the MSI package. どのアプローチを使用するかについては、永続的なセットアップを使用するか、または非永続的なセットアップを使用するか、および組織の関連機能のニーズに応じて決定します。Deciding on which approach to use depends on whether you use a persistent or non-persistent setup and the associated functionality needs of your organization.

専用の永続的なセットアップの場合、どちらのアプローチでも機能します。For a dedicated persistent setup, either approach would work. ただし、非永続的なセットアップの場合、チームは効率的に作業するために、コンピューターごとにインストールする必要があります。However, for a non-persistent setup, Teams requires a per-machine installation in order to work efficiently. 非永続のセットアップのセクションを参照してください。See the Non-persistent setup section.

マシンごとのインストールでは、自動更新は無効になっています。With per-machine installation, automatic updates is disabled. つまり、Teams アプリを更新するには、現在のバージョンをアンインストールして新しいバージョンに更新する必要があります。This means that to update the Teams app, you must uninstall the current version to update to a newer version. ユーザーごとのインストールでは、自動更新は有効になっています。With per-user installation, automatic updates is enabled. ほとんどの VDI の展開について、マシンごとのインストールを使用して Teams を展開することをお勧めします。For most VDI deployments, we recommend you deploy Teams using per-machine installation.

最新の Teams バージョンに更新するには、アンインストール手順から始めて、次に最新の Teams バージョンを展開します。To update to the latest Teams version, start with the uninstall procedure followed by latest Teams version deployment.

VDI 環境での Teams AV の最適化が適切に機能するには、シン クライアント エンドポイントがインターネットにアクセスできる必要があります。For Teams AV optimization in VDI environments to work properly, the thin client endpoint must have access to the internet. シン クライアント エンドポイントでインターネット アクセスが利用できない場合、最適化のスタートアップは成功しません。If internet access isn't available at the thin client endpoint, optimization startup won't be successful. これは、ユーザーが最適化されていないメディア状態にあることを意味します。This means that the user is in a non-optimized media state.

専用の永続的なセットアップDedicated persistent setup

専用の永続的なセットアップでは、ユーザーのローカル オペレーティング システムの変更は、ユーザーがログオフした後も保持されます。In a dedicated persistent setup, users' local operating system changes are retained after users log off. 永続的なセットアップでは、チームはユーザーごととコンピューターごとの両方のインストールをサポートしています。For persistent setup, Teams supports both per-user and per-machine installation.

推奨される最低限の VM 構成は次のとおりです。The following is the recommended minimum VM configuration.

パラメーターParameter ワークステーションのオペレーティング システムWorkstation operating system サーバーオペレーティングシステムServer operating system
vCPUvCPU 2 コア2 cores 4、6、または 8。4,6, or 8
基礎となる Non-Uniform Memory Access (NUMA) 構成を理解し、それに応じて VM を構成することが重要です。It's important to understand the underlying non-uniform memory access (NUMA) configuration and configure your VMs accordingly.
RAMRAM 4 GB4 GB ユーザー 1 人あたり 512 から 1024 MB512 to 1024 MB per user
ストレージStorage 8 GB8 GB 40 から 60 GB40 to 60 GB

非永続的なセットアップNon-persistent setup

非永続的なセットアップでは、ユーザーのローカル オペレーティング システムの変更は、ユーザーがログオフした後は保持されません。In a non-persistent setup, users' local operating system changes are not retained after users log off. このようなセットアップは、一般的に共有マルチユーザー セッションです。Such setups are commonly shared multi-user sessions. VM 構成は、ユーザー数と使用可能な物理ボックス リソースによって異なります。VM configuration varies based on the number of users and available physical box resources.

非永続的なセットアップの場合、Teams デスクトップ アプリは、ゴールデン イメージに対してマシンごとにインストールする必要があります。For a non-persistent setup, the Teams desktop app must be installed per-machine to the golden image. (詳細に関しては、VDI での Teams デスクトップ アプリのインストールまたは更新セクションを参照してください) これにより、Teams アプリがユーザー セッション中でも効率的に起動できるようになります。(To learn more, see the Install or update the Teams desktop app on VDI section.) This ensures an efficient launch of the Teams app during a user session.

非永続的なセットアップで Teams を使用する場合も、効率的な Teams のランタイムデータ同期のためのプロファイルキャッシュマネージャーが必要です。これにより、適切なユーザー固有の情報 (ユーザーデータ、プロファイル、設定など) がユーザーセッション中にキャッシュされます。Using Teams with a non-persistent setup also requires a profile caching manager for efficient Teams runtime data sync. This ensures that the appropriate user-specific information (for example, user data, profile, and settings) is cached during the user session. この2つのフォルダー内のデータが同期されていることを確認します。Make sure data in these two folders are synced.

  • C:\Users\username\AppData\Local\Microsoft\IdentityCache (%localAppdata%\Microsoft\IdentityCache)C:\Users\username\AppData\Local\Microsoft\IdentityCache (%localAppdata%\Microsoft\IdentityCache)
  • C:\Users\username\AppData\Roaming\Microsoft\Teams (%appdata%\Microsoft\Teams)C:\Users\username\AppData\Roaming\Microsoft\Teams (%appdata%\Microsoft\Teams)

さまざまなキャッシュ マネージャー ソリューションが利用可能です。There are a variety of caching manager solutions available. たとえば、FSLogix があります。For example, FSLogix. 具体的な構成手順については、キャッシュ マネージャー プロバイダーに問い合わせてください。Consult your caching manager provider for specific configuration instructions.

Teams は、非永続的なセットアップ用のコンテンツ除外リストをキャッシュしましたTeams cached content exclusion list for non-persistent setup

Teams キャッシュ フォルダー %appdata%/Microsoft/Teams から以下を除外します。Exclude the following from the Teams caching folder, %appdata%/Microsoft/Teams. これらの項目を除外すると、非永続的なセットアップをさらに最適化するために、ユーザーのキャッシュサイズを小さくすることができます。Excluding these items helps reduce the user caching size to further optimize your non-persistent setup.

  • .txt ファイル.txt files
  • メディアスタック フォルダーMedia-stack folder
  • meeting-addin\Cache (%appdata%\Microsoft\Teams\meeting-addin\Cache)meeting-addin\Cache (%appdata%\Microsoft\Teams\meeting-addin\Cache)

企業向けの Microsoft 365 アプリの考慮事項Microsoft 365 Apps for enterprise considerations

VDI で企業向けの Microsoft 365 アプリを使用して Teams を展開する場合は、次の点を考慮してください。Consider the following when you deploy Teams with Microsoft 365 Apps for enterprise on VDI.

Microsoft 365 アプリを使用した、エンタープライズ向けの新しいチーム展開New deployments of Teams through Microsoft 365 Apps for enterprise

企業向けの Microsoft 365 アプリを使用してチームを展開する前に、コンピューターごとのインストールを使用して展開された既存の Teams アプリをアンインストールする必要があります。Before you deploy Teams through Microsoft 365 Apps for enterprise, you must first uninstall any pre-existing Teams apps if they were deployed using per-machine installation.

企業向けの Microsoft 365 アプリを使用した Teams は、ユーザーごとにインストールされます。Teams through Microsoft 365 Apps for enterprise is installed per-user. 詳細については、VDI で Teams デスクトップ アプリをインストールまたは更新するセクションを参照してください。To learn more, see the Install or update the Teams desktop app on VDI section.

Microsoft 365 アプリを使用した、エンタープライズアップデート向けの Teams の展開Teams deployments through Microsoft 365 Apps for enterprise updates

Teams は、エンタープライズ向けの Microsoft 365 アプリの既存のインストールにも追加されています。Teams is also being added to existing installations of Microsoft 365 Apps for enterprise. エンタープライズ用の Microsoft 365 アプリでは、ユーザーごとにチームをインストールするため、「 VDI 上の teams デスクトップアプリをインストールまたは更新する」セクションを参照してください。Since Microsoft 365 Apps for enterprise installs Teams per-user only, see the Install or update the Teams desktop app on VDI section.

コンピューターごとのインストールと Microsoft 365 アプリでの Teams の使用 (エンタープライズ向け)Using Teams with per-machine installation and Microsoft 365 Apps for enterprise

エンタープライズ向けの Microsoft 365 アプリでは、各コンピューターの Teams インストールをサポートしていません。Microsoft 365 Apps for enterprise doesn't support per-machine installations of Teams. コンピューターごとのインストールを使用するには、enterprise 用の Microsoft 365 アプリから Teams を除外する必要があります。To use per-machine installation, you must exclude Teams from Microsoft 365 Apps for enterprise. Teams デスクトップアプリを VM に展開する」および「エンタープライズ向けの Microsoft 365 アプリを通じてチームの展開を除外する方法」を参照してください。See the Deploy the Teams desktop app to the VM and How to exclude Teams deployment through Microsoft 365 Apps for enterprise sections.

企業向けの Microsoft 365 アプリからチームの展開を除外する方法How to exclude Teams deployment through Microsoft 365 Apps for enterprise

企業向けのチームおよび Microsoft 365 アプリの詳細については、「 enterprise 用の microsoft 365 アプリの新しいインストールからチームを除外する」および「グループポリシーを使用して teams のインストールを制御する方法」を参照してください。To learn more about Teams and Microsoft 365 Apps for enterprise, see How to exclude Teams from new installations of Microsoft 365 Apps for enterprise and Use Group Policy to control the installation of Teams.

Teams デスクトップ アプリを VM に展開するDeploy the Teams desktop app to the VM

  1. 次のリンクのいずれかを使用して、VDI VM オペレーティング システムに一致する Teams MSI パッケージをダウンロードします。Download the Teams MSI package that matches your VDI VM operating system using one of the following links:

    必要な Teams デスクトップアプリの最小バージョンはバージョン1.3.00.4461 です。The minimum version of the Teams desktop app that's required is version 1.3.00.4461. (以前のバージョンでは、PSTN 保留はサポートされていません)。(PSTN hold isn't supported in earlier versions.)

  2. 次のコマンドのいずれかを実行して、MSI を VDI VM にインストールします。Install the MSI to the VDI VM by running one of the following commands:

    • ユーザーごとのインストール (既定)Per-user installation (default)

      msiexec /i <path_to_msi> /l*v <install_logfile_name> ALLUSERS=1
      

      このプロセスは既定のインストールであり、Teams を% AppData% ユーザーフォルダーにインストールします。This process is the default installation, which installs Teams to the %AppData% user folder. この時点で、ゴールデン イメージのセットアップは完了です。At this point, the golden image setup is complete. ユーザーごとのインストールで永続的なセットアップ以外の環境では、チームは適切に動作しません。Teams won't work properly with per-user installation on a non-persistent setup.

    • マシンごとのインストールPer-machine installation

      msiexec /i <path_to_msi> /l*v <install_logfile_name> ALLUSER=1 ALLUSERS=1
      

      このプロセスでは、64ビットオペレーティングシステムの Program Files (x86) フォルダーと、32ビットオペレーティングシステムの Program Files フォルダーに Teams をインストールします。This process installs Teams to the Program Files (x86) folder on a 64-bit operating system and to the Program Files folder on a 32-bit operating system. この時点で、ゴールデン イメージのセットアップは完了です。At this point, the golden image setup is complete. 非永続的なセットアップについては、マシンごとに Teams をインストールする必要があります。Installing Teams per-machine is required for non-persistent setups.

      次の対話型ログオン セッションは、Teams を開始し、資格情報を要求します。The next interactive logon session starts Teams and asks for credentials.

    注意

    これらの例では、 ALLUSERS = 1パラメーターも使用します。These examples also use the ALLUSERS=1 parameter. このパラメーターを設定すると、チームのコンピューター全体のインストーラーがコントロールパネルの [プログラムと機能] に表示され、[アプリ] では、コンピューターのすべてのユーザーの Windows 設定の & 機能が表示されます。When you set this parameter, Teams Machine-Wide Installer appears in Programs and Features in Control Panel and in Apps & features in Windows Settings for all users of the computer. すべてのユーザーが管理者の資格情報を持っている場合は、チームをアンインストールできます。All users can then uninstall Teams if they have admin credentials. ALLUSERS = 1alluser = 1の違いを理解しておくことが重要です。It's important to understand the difference between ALLUSERS=1 and ALLUSER=1. ALLUSERS = 1パラメーターは非 VDI および vdi 環境で使うことができますが、 alluser = 1パラメーターは vdi 環境でのみ使用され、コンピューター単位のインストールを指定します。The ALLUSERS=1 parameter can be used in non-VDI and VDI environments, while the ALLUSER=1 parameter is used only in VDI environments to specify a per-machine installation.

  3. VDI VM から MSI をアンインストールします。Uninstall the MSI from the VDI VM.

    msiexec /passive /x <path_to_msi> /l*v <uninstall_logfile_name>
    

    このプロセスでは、オペレーティングシステムの環境に応じて、Program Files (x86) フォルダーまたは Program Files フォルダーから Teams がアンインストールされます。This process uninstalls Teams from the Program Files (x86) folder or Program Files folder, depending on the operating system environment.

VDI 上の Teams のパフォーマンスに関する考慮事項Teams on VDI performance considerations

さまざまな仮想化設定が用意されており、それぞれが最適化のために異なるフォーカスが設定されています。There are a variety of virtualized setup configurations, each with a different focus for optimization. たとえば、構成ではユーザーの密度に重点を置いている場合があります。For example, a configuration might focus on user density. 計画するときは、組織の作業負荷のニーズに合わせて、次の点を考慮してセットアップを最適化してください。When planning, consider the following to help optimize your setup based on your organization's workload needs.

  • 最小要件: 一部のワークロードでは、最小要件を超えるリソースを使用してセットアップを行う必要があります。Minimum requirement: Some workloads might require a setup using resources that are above the minimum requirements. たとえば、より多くのコンピューティング リソースを必要とするアプリケーションを使用する開発者向けのワークロード。For example, workloads for developers who use applications that demand more computing resources.
  • 依存関係: インフラストラクチャ、ワークロード、および Teams デスクトップ アプリ以外の環境に関するその他の考慮事項への依存関係が含まれます。Dependencies: These include dependencies on infrastructure, workload, and other environmental considerations outside the Teams desktop app.
  • VDI の無効な機能: Teams は、VDI の GPU 負荷集中型機能を無効にします。これは、一時的な CPU 使用率の改善に役立ちます。Disabled features on VDI: Teams disables GPU-intensive features for VDI, which can help improve transient CPU utilization. 以下の機能は無効です。The following features are disabled:
    • Teams CSS アニメーションTeams CSS animation
    • Giphy の自動起動Giphy auto-start

通話と会議を含む VDI 上の TeamsTeams on VDI with calling and meetings

チャットと共同作業に加えて、通話と会議のサポートを備えた VDI 上の Teams は、Citrix ベースのプラットフォームで利用できます。In addition to chat and collaboration, Teams on VDI with calling and meeting support is available with Citrix-based platforms. サポートされる機能は、WebRTC メディア スタックおよび Citrix 固有の実装に基づいています。Supported features are based on the WebRTC media stack and Citrix-specific implementation. 次の図では、このアーキテクチャの概要を説明します。The following diagram provides an overview of the architecture.

VDI アーキテクチャ上の Teams を示す図

次の通話および会議機能はサポートされていません。These calling and meeting features are not supported:

  • 拡張緊急サービスEnhanced emergency services
  • Teams アプリとデバイス間の HID ボタンと LED コントロールHID buttons and LED controls between the Teams app and devices
  • 背景のぼかしと効果Background blur and effects
  • ブロードキャスト/ライブ イベントBroadcast/live events
  • 場所に基づくルーティング (LBR)Location-Based Routing (LBR)
  • コール パークCall park
  • コール キューCall queue

重要

現在、VDI で AV 最適化なしで Teams を実行しており、最適化でまだサポートされていない機能 (アプリ共有時の制御の受け渡しなど) を使用する場合、Citrix ポリシーを設定して Teams のリダイレクトを無効にする必要があります。If you currently run Teams without AV optimization in VDI and you use features that are not supported yet for optimization (such as Give and take control when app sharing), you have to set Citrix policies to turn off Teams redirection. つまり、Teams のメディア セッションは最適化されません。This means that Teams media sessions won't be optimized. Teams のリダイレクトを無効にするポリシーを設定する方法の手順については、この Citrix Web サイトを参照してください。For steps on how to set policies to turn off Teams redirection, see this Citrix website.

現在は非 VDI 環境でのみ利用可能な通話および会議機能の追加に取り組んでいます。We're working on adding calling and meeting features that are currently only available in non-VDI environments. これには、品質、追加の画面共有シナリオ、チームに最近追加された高度な機能など、より多くの管理者の制御が含まれる場合があります。These might include more admin control over quality, additional screen sharing scenarios, and advanced features recently added to Teams. 今後の機能の詳細については、Teams の担当者にお問い合わせください。Contact your Teams representative to learn more about upcoming features.

ネットワーク要件Network requirements

環境を評価して、クラウド全体での音声とビデオの展開に影響を与える可能性のあるリスクおよび要件を特定することをお勧めします。We recommend that you evaluate your environment to identify any risks and requirements that can influence your overall cloud voice and video deployment. Skype for Business ネットワーク評価ツールを使用して、ネットワークが Teams に対応しているかどうかをテストします。Use the Skype for Business Network Assessment Tool to test whether your network is ready for Teams.

Teams のネットワークを準備する方法について詳しくは、「 teams 用に組織のネットワークを準備する」をご覧ください。To learn more about how to prepare your network for Teams, see Prepare your organization's network for Teams.

VDI上の Skype for Business から VDI 上の Teams に移行するMigrate from Skype for Business on VDI to Teams on VDI

VDI 上の Skype for Business から VDI 上の Teams に移行する場合、2 つのアプリケーションの違いに加えて、VDI も実装されている場合にはいくつかの違いがあります。If you're migrating from Skype for Business on VDI to Teams on VDI, besides the differences between the two applications, there are some differences when VDI is also implemented. Skype for Business VDI ではサポートされていて、Teams VDI では現在サポートされていない機能は、次のとおりです。Some capabilities that aren't currently supported in Teams VDI that are in Skype for Business VDI are as follows:

  • メディアのビットレートを制限するポリシーを使用した VDI 通話エクスペリエンスの制御Control of VDI calling experiences with policies for limiting media bitrate
  • VDI の一部の AV 機能を無効にするプラットフォームごとのポリシーPer-platform policy to disable some AV features in VDI
  • アプリ共有時の制御の受け渡しGive and take control when app sharing
  • 音声なしのチャットからの画面共有Screen share from chat without audio
  • ビデオと画面の共有の同時送受信Simultaneous video and screen sharing send and receive

Chrome ブラウザーの Teams と VDI の Teams デスクトップ アプリの比較Teams on Chrome browser versus Teams desktop app for VDI

Chrome ブラウザーの Teams は、AV 最適化を備えた VDI 用の Teams デスクトップ アプリに代わるものを提供しません。Teams on Chrome browser doesn't provide a replacement for the Teams desktop app for VDI with AV optimization. チャットと共同作業のエクスペリエンスは期待どおりに機能します。The chat and collaboration experience works as expected. メディアが必要な場合は、Chrome ブラウザーでユーザーの期待を満たせない場合があります。When media is needed, there are some experiences that might not meet user expectations on the Chrome browser:

  • オーディオとビデオのストリーミングのエクスペリエンスが最適でないことがあります。The audio and video streaming experience might not be optimal. ユーザーには、遅延または品質の低下が発生する可能性があります。Users might experiences delays or reduced quality.
  • デバイス設定は、ブラウザーの設定では使用できません。Device settings aren't available in browser settings.
  • デバイス管理はブラウザーを介して処理され、ブラウザー サイト設定で複数の設定が必要です。Device management is handled through the browser and requires multiple settings in browser site settings.
  • デバイス設定は、Windows デバイス管理でも設定する必要があります。Device settings might also need to be set in Windows device management.

チャットと共同作業を備えた VDI 上の TeamsTeams on VDI with chat and collaboration

組織で Teams のチャットおよび共同作業機能のみを使用する場合は、ユーザーレベル ポリシーを設定して、Teams の通話および会議機能を無効にすることができます。If your organization wants to only use chat and collaboration features in Teams, you can set user-level policies to turn off calling and meeting functionality in Teams. この機能レベルには、Citrix Virtual Apps and Desktops は必要ありません。This feature level doesn't require Citrix Virtual Apps and Desktops.

通話および会議機能を無効にするポリシーを設定するSet policies to turn off calling and meeting functionality

Microsoft Teams 管理センターまたは PowerShell を使用してポリシーを設定できます。You can set policies by using the Microsoft Teams admin center or PowerShell. ポリシーの変更が反映されるまでには、多少時間がかかることがあります。It might take some time (a few hours) for the policy changes to propagate. 指定したアカウントの変更がすぐに表示されない場合は、数時間後にもう一度お試しください。If you don't see changes for a given account immediately, try again in a few hours.

通話ポリシー: Teams には、すべての通話機能が無効になっている組み込みの DisallowCalling 通話ポリシーが含まれています。Calling polices: Teams includes the built-in DisallowCalling calling policy, in which all calling features are turned off. DisallowCalling ポリシーを、仮想化環境で Teams を使用する組織内のすべてのユーザーに割り当てます。Assign the DisallowCalling policy to all users in your organization who use Teams in a virtualized environment.

会議ポリシー: Teams には、すべての会議機能が無効になっている組み込みの AllOff 会議ポリシーが含まれています。Meeting policies: Teams includes the built-in AllOff meeting policy, in which all meeting features are turned off. AllOff ポリシーを、仮想化環境で Teams を使用する組織内のすべてのユーザーに割り当てます。Assign the AllOff policy to all users in your organization who use Teams in a virtualized environment.

Microsoft Teams 管理センターを使用してポリシーを割り当てるAssign policies using the Microsoft Teams admin center

DisallowCalling の通話ポリシーと割り当てをユーザーに割り当てるには、次の操作を行います。To assign the DisallowCalling calling policy and the AllOff meeting policy to a user:

  1. Microsoft Teams 管理センターの左側のナビゲーションで、[ユーザー] に移動します。In the left navigation of the Microsoft Teams admin center, go to Users.
  2. ユーザー名の左側をクリックしてユーザーを選択し、[編集を設定する] をクリックします。Select the user by clicking to the left of the user name, and then click Edit settings.
  3. 以下の操作を行います。Do the following:
    1. [通話ポリシー] で、[DisallowCalling] をクリックします。Under Calling policy, click DisallowCalling.
    2. [会議ポリシー] で、[AllOff] をクリックします。Under Meeting policy, click AllOff.
  4. [適用] をクリックします。Click Apply.

複数のユーザーに同時にポリシーを割り当てるには、次の操作を行います。To assign a policy to multiple users at a time:

  1. Microsoft Teams 管理センターの左側のナビゲーションで、[ユーザー] に移動し、ユーザーを検索するか、表示にフィルターを適用してユーザーを表示します。In the left navigation of the Microsoft Teams admin center, go to Users, and then search for the users or filter the view to show the users you want.
  2. [ (チェックマーク)] の列からユーザーを選択します。In the (check mark) column, select the users. すべてのユーザーを選択するには、表の上部にある [✓ (チェックマーク)] をクリックします。To select all users, click the ✓ (check mark) at the top of the table.
  3. [設定の編集] をクリックし、必要な変更を行い、[適用] をクリックします。Click Edit settings, make the changes that you want, and then click Apply.

または、次の操作も実行できます。Or, you can also do the following:

  1. Microsoft Teams 管理センターの左側のナビゲーションで、割り当てるポリシーに移動します。In the left navigation of the Microsoft Teams admin center, go to the policy you want to assign. 次に例を示します。For example:
    • [音声] > [通話ポリシー] の順に移動し、[DisallowCalling] をクリックします。Go to Voice > Calling policies, and then click DisallowCalling.
    • [会議] > [会議ポリシー] の順に移動し、[AllOff] をクリックします。Go to Meetings > Meeting policies, and then click AllOff.
  2. [ユーザーを管理する] を選択します。Select Manage users.
  3. [ユーザーを管理する] ウィンドウで、表示名またはユーザー名でユーザーを検索し、名前を選択して [追加] をクリックします。In the Manage users pane, search for the user by display name or by user name, select the name, and then click Add. 追加するユーザーごとに、この手順を繰り返します。Repeat this step for each user that you want to add.
  4. ユーザーの追加が完了したら、[保存] をクリックします。When you're finished adding users, click Save.

PowerShell を使用してポリシーを割り当てるAssign policies using PowerShell

次の例は、Grant-CsTeamsCallingPolicy を使用して、DisallowCalling 通話ポリシーをユーザーに割り当てる方法を示しています。The following example shows how to use the Grant-CsTeamsCallingPolicy to assign the DisallowCalling calling policy to a user.

Grant-CsTeamsCallingPolicy -PolicyName DisallowCalling -Identity "user email id"

PowerShell を使用して通話ポリシーを管理する方法の詳細については、「Set-CsTeamsCallingPolicy」を参照してください。To learn more about using PowerShell to manage calling policies, see Set-CsTeamsCallingPolicy.

次の例は、Grant-CsTeamsMeetingPolicy を使用して、AllOff 会議ポリシーをユーザーに割り当てる方法を示しています。The following example shows how to use the Grant-CsTeamsMeetingPolicy to assign the AllOff meeting policy to a user.

Grant-CsTeamsMeetingPolicy -PolicyName AllOff -Identity "user email id"

PowerShell を使用して会議ポリシーを管理する方法の詳細については、「Set-CsTeamsMeetingPolicy」を参照してください。To learn more about using PowerShell to manage meeting policies, see Set-CsTeamsMeetingPolicy.

チャットとコラボレーションを使用する VDI 上の Teams を、通話と会議を使用する Citrix に移行します。Migrate Teams on VDI with chat and collaboration to Citrix with calling and meetings

ユーザーレベル ポリシーを設定して通話および会議機能を無効にしたチャットとコラボレーションを使用する VDI 上の Teams の既存の実装があり、AV 最適化を備えた Citrix に移行する場合、VDI 上の Teams のユーザーに通話および会議機能を有効にするポリシーを設定する必要があります。If you have an existing implementation of Teams on VDI with chat and collaboration in which you had set user-level policies to turn off calling and meeting functionality, and you're migrating to Citrix with AV optimization, you must set policies to turn on calling and meeting functionality for those Teams on VDI users.

通話および会議機能を有効にするポリシーを設定するSet policies to turn on calling and meeting functionality

Microsoft Teams 管理センターまたは PowerShell を使用して、通話および会議ポリシーを設定し、ユーザーに割り当てることができます。You can use the Microsoft Teams admin center or PowerShell to set and assign calling and meeting policies to your users. ポリシーの変更が反映されるまでに時間がかかる場合があります (数時間)。It can take some time (a few hours) for policy changes to propagate. 指定したアカウントの変更がすぐに表示されない場合は、数時間が経過した後にもう一度お試しください。If you don't see changes for a given account immediately, try again after a few hours.

通話ポリシー: Teams の通話ポリシーは、ユーザーが使用できる通話機能を制御します。Calling polices: Calling policies in Teams control which calling features are available to users. Teams には、すべての通話機能が有効になっている組み込みの AallowCalling 通話ポリシーが含まれています。Teams includes the built-in AllowCalling calling policy, in which all calling features are turned on. すべての通話機能を有効にするには、AllowCalling ポリシーを割り当てます。To turn on all calling features, assign the AllowCalling policy. または、カスタム通話ポリシーを作成して、必要な通話機能を有効にし、ユーザーに割り当てます。Or, create a custom calling policy to turn on the calling features that you want and assign it to users.

会議ポリシー: Teams の会議ポリシーは、ユーザーが作成できる会議の種類と、組織内のユーザーによってスケジュールされた会議参加者が利用できる機能を制御します。Meeting policies: Meeting policies in Teams control the types of meetings that users can create and the features that are available to meeting participants that are scheduled by users in your organization. Teams には、すべての会議機能が有効になっている組み込みの AllOn 会議ポリシーが含まれています。Teams includes the built-in AllOn meeting policy, in which all meeting features are turned on. すべての会議機能を有効にするには、AllOn ポリシーを割り当てます。To turn on all meeting features, assign the AllOn policy. または、カスタム会議ポリシーを作成して、必要な会議機能を有効にし、ユーザーに割り当てます。Or, create a custom meeting policy to turn on the meeting features that you want and assign it users.

Microsoft Teams 管理センターを使用してポリシーを割り当てるAssign policies using the Microsoft Teams admin center

AllowCalling の通話ポリシーと、すべての会議ポリシーをユーザーに割り当てるには:To assign the AllowCalling calling policy and the AllOn meeting policy to a user:

  1. Microsoft Teams 管理センターの左側のナビゲーションで、[ユーザー] に移動します。In the left navigation of the Microsoft Teams admin center, go to Users.
  2. ユーザー名の左側をクリックしてユーザーを選択し、[編集を設定する] をクリックします。Select the user by clicking to the left of the user name, and then click Edit settings.
  3. 以下の操作を行います。Do the following:
    1. [通話ポリシー] で、[AllowCalling] をクリックします。Under Calling policy, click AllowCalling.
    2. [会議ポリシー] で、[AllOn] をクリックします。Under Meeting policy, click AllOn.
  4. [適用] をクリックします。Click Apply.

複数のユーザーに同時にポリシーを割り当てるには、次の操作を行います。To assign a policy to multiple users at a time:

  1. Microsoft Teams 管理センターの左側のナビゲーションで、[ユーザー] に移動し、ユーザーを検索するか、表示にフィルターを適用してユーザーを表示します。In the left navigation of the Microsoft Teams admin center, go to Users, and then search for the users or filter the view to show the users you want.
  2. [ (チェックマーク)] の列からユーザーを選択します。In the (check mark) column, select the users. すべてのユーザーを選択するには、テーブルの上部にある (チェックマーク) をクリックします。To select all users, click the (check mark) at the top of the table.
  3. [設定の編集] をクリックし、必要な変更を行い、[適用] をクリックします。Click Edit settings, make the changes that you want, and then click Apply.

または、次の操作も実行できます。Or, you can also do the following:

  1. Microsoft Teams 管理センターの左側のナビゲーションで、割り当てるポリシーに移動します。In the left navigation of the Microsoft Teams admin center, go to the policy you want to assign. 次に例を示します。For example:
    • [音声] > [通話ポリシー] の順に移動し、[AllowCalling] をクリックします。Go to Voice > Calling policies, and then click AllowCalling.
    • [会議] > [会議ポリシー] の順に移動し、[AllOn] をクリックします。Go to Meetings > Meeting policies, and then click AllOn.
  2. [ユーザーを管理する] を選択します。Select Manage users.
  3. [ユーザーを管理する] ウィンドウで、表示名またはユーザー名でユーザーを検索し、名前を選択して [追加] をクリックします。In the Manage users pane, search for the user by display name or by user name, select the name, and then click Add. 追加するユーザーごとに、この手順を繰り返します。Repeat this step for each user that you want to add.
  4. ユーザーの追加が完了したら、[保存] をクリックします。When you're finished adding users, click Save.

PowerShell を使用してポリシーを割り当てるAssign policies using PowerShell

次の例は、Grant-CsTeamsCallingPolicy を使用して、AllowCalling 通話ポリシーをユーザーに割り当てる方法を示しています。The following example shows how to use the Grant-CsTeamsCallingPolicy to assign the AllowCalling calling policy to a user.

Grant-CsTeamsCallingPolicy -PolicyName AllowCalling -Identity "user email id"

PowerShell を使用して通話ポリシーを管理する方法の詳細については、「Set-CsTeamsCallingPolicy」を参照してください。To learn more about using PowerShell to manage calling policies, see Set-CsTeamsCallingPolicy.

次の例は、Grant-CsTeamsMeetingPolicy を使用して、AllOn 会議ポリシーをユーザーに割り当てる方法を示しています。The following example shows how to use the Grant-CsTeamsMeetingPolicy to assign the AllOn meeting policy to a user.

Grant-CsTeamsMeetingPolicy -PolicyName AllOn -Identity "user email id"

PowerShell を使用して会議ポリシーを管理する方法の詳細については、「Set-CsTeamsMeetingPolicy」を参照してください。To learn more about using PowerShell to manage meeting policies, see Set-CsTeamsMeetingPolicy.

既知の問題と制限事項Known issues and limitations

クライアントの展開、インストール、およびセットアップClient deployment, installation, and setup

  • マシンごとのインストールでは、VDI 上の Teams は、非 VDI Teams のクライアントと同様に自動的に更新されません。With per-machine installation, Teams on VDI isn't automatically updated in the way that non-VDI Teams clients are. VDI で Teams デスクトップ アプリをインストールまたは更新するセクションの説明に従って新しい MSI をインストールし、VM イメージを更新する必要があります。You have to update the VM image by installing a new MSI as described in the Install or update the Teams desktop app on VDI section. 現在のバージョンをアンインストールして新しいバージョンに更新する必要があります。You must uninstall the current version to update to a newer version.
  • Teams は、ユーザーごとまたはマシンごとに展開する必要があります。Teams should be deployed either per user or per machine. Teams のユーザーごとおよびマシンごとの同時展開はサポートされていません。Deployment of Teams for concurrent per user and per machine is not supported. マシンごとまたはユーザーごとからこれらのモードのいずれかに移行するには、アンインストール手順に従っていずれかのモードに再展開します。To migrate from either per machine or per user to one of these modes, follow the uninstall procedure and redeploy to either mode.
  • 現時点では、Citrix は MacOs と Linux ベースのクライアントをサポートしていません。Citrix doesn't support MacOs and Linux-based clients at this time.
  • Citrix は、エンドポイントに定義された明示的な HTTP プロキシの使用をサポートしていません。Citrix doesn't support the use of explicit HTTP proxies defined on an endpoint.

通話と会議Calling and meetings

  • Skype for Business の相互運用性は音声通話に限定されます。ビデオのモダリティはありません。Interoperability with Skype for Business is limited to audio calls; there is no video modality.
  • デュアルトーンマルチ周波数 (DTMF) テレフォニーシステムとの相互操作は、現在サポートされていません。Dual Tone Multi Frequency (DTMF) interaction with telephony systems is currently not supported.
  • 匿名ユーザーとしての Teams 会議への参加については、AV 最適化されていません。Joining Teams meetings as an anonymous user isn't AV-optimized. ユーザーは会議に参加でき、最適化されていないエクスペリエンスを経験します。The user can join the meeting and have a non-optimized experience.
  • 会議またはグループ通話では、単一の着信ビデオ ストリームのみがサポートされます。Only a single incoming video stream is supported in meetings or group calls. 複数のユーザーがビデオを送信する場合、常に主要な発表者のビデオのみが表示されます。When multiple people send video, only the dominant speaker's video is shown at any given time.
  • 受信および送信ビデオ ストリームの解像度は、720p に制限されています。Incoming and outgoing video stream resolution is limited to 720p resolution. これは WebRTC の制限です。This is a WebRTC limitation.
  • 受信カメラまたは画面共有ストリームからの 1 つのビデオ ストリームのみがサポートされます。Only one video stream from an incoming camera or screen share stream is supported. 着信画面が表示されている場合は、その画面共有が、主要なスピーカーのビデオではなく、表示されます。When there's an incoming screen share, that screen share is shown, instead of the video of the dominant speaker.
  • 送信画面の共有:Outgoing screen sharing:
    • チャットからの画面共有はサポートされていません。Screen sharing from chat is not supported.
    • アプリケーションの共有はサポートされていません。Application sharing is not supported.
  • 制御の受け渡し:Give control and take control:
    • 画面共有またはアプリケーション共有セッション中はサポートされていません。Not supported during a screen sharing or application sharing session.
    • PowerPoint 共有セッション中はサポートされます。Supported during a PowerPoint sharing session.
  • マルチモニター設定での画面共有の場合、メイン モニターのみ共有されます。When screen sharing in a multi-monitor setup, only the main monitor is shared.
  • CWA での高 DPI スケーリングはサポートされていません。High DPI scaling on CWA is not supported.

VDI に関連していない Teams の既知の問題については、「組織のサポートチーム」をご覧ください。For Teams known issues that aren't related to VDI, see Support Teams in your organization.

トラブルシューティングTroubleshooting

Citrix コンポーネントのトラブルシューティングTroubleshoot Citrix components

VDA および CWA の問題のトラブルシューティング方法については、このCitrix Web サイトを参照してください。For information on how to troubleshoot VDA and CWA issues, see this Citrix website.