Microsoft Teams の範囲指定ディレクトリ検索を使用するUse Microsoft Teams scoped directory search

Microsoft Teams 範囲指定ディレクトリ検索を使用すると、組織は、ユーザーが組織内の他のユーザーを検索して通信する方法を制御する仮想境界を作成することができます。Microsoft Teams scoped directory search allows organizations to create virtual boundaries that control how users can find and communicate with other users in their organization.

Microsoft Teams を使用すると、組織はディレクトリのカスタムビューをユーザーに提供できます。Microsoft Teams lets organizations provide custom views of the directory to their users. Microsoft Teams では、これらのカスタムビューをサポートするために、情報バリアポリシーを使用しています。Microsoft Teams uses Information Barrier policies to support these custom views. ポリシーを有効にすると、他のユーザーの検索結果 (チャットの開始やチームへのメンバーの追加など) は、構成されたポリシーに従って範囲設定されます。Once the policies are enabled, the results returned by searches for other users (for example, to initiate a chat or to add members to a team) will be scoped according to the configured policies. スコープ指定された検索が有効になっている場合、ユーザーはチームを検索または検出できません。Users will not be able to search or discover teams when scoped search is in effect.

注意

Exchange ハイブリッド環境では、この機能は Exchange Online のメールボックスでのみ機能し、オンプレミスのメールボックスには使用できません。In Exchange hybrid environments, this feature only works with Exchange Online mailboxes, and not with on-premises mailboxes.

スコープディレクトリ検索を使用する場合When should you use scoped directory searches?

スコープを指定したディレクトリ検索を利用するシナリオは、アドレス帳ポリシーのシナリオと似ています。Scenarios that benefit from scoped directory searches are similar to address book policy scenarios. たとえば、次のような場合には、スコープ指定されたディレクトリ検索を使用することができます。For example, you may want to use scoped directory search in the following situations:

  • 所属する組織において、テナント内に複数の会社があり、それらを切り離された状態で維持する場合。Your organization has multiple companies within its tenant that you want to keep separate.
  • 所属する学校において、教職員と学生との間のチャットを制限する必要がある場合。Your school wants to limit chats between faculty and students.

アドレス帳ポリシーの使用方法については、「 Exchange Online で情報バリアポリシー」を参照してください。To learn how to use address book policies, read Information Barrier policies in Exchange Online.

重要

アドレス帳ポリシーは、ディレクトリの観点からのユーザーの仮想的な分離のみを提供します。Address book policies provide only a virtual separation of users from directory perspective. ユーザーは、完全なメールアドレスを提供して、他のユーザーとの通信を開始することができます。Users can still initiate communications with others by providing complete email addresses. また、新規または更新されたアドレス帳ポリシーを適用する前に、既にキャッシュされていたすべてのユーザーデータは、最大30日間はユーザーに対して利用可能になることに注意する必要があります。It is also important to note that any user data that had already been cached, prior to the enforcement of new or updated address book policies, will remain available to users for up to 30 days.

  1. 情報バリアポリシーを使用して、組織を仮想サブグループに構成します。Use Information Barrier policies to configure your organization into virtual subgroups. 詳細については、「情報バリアポリシーを定義する」を参照してください。For more information, see Define Information Barrier policies.

  2. Microsoft Teams 管理センターで、[組織全体の設定 > チームの設定] を選択します。In the Microsoft Teams admin center, select Org-wide settings > Teams settings.

  3. [検索] の [ Exchange アドレス帳ポリシー (apb) を使用して Teams で検索する] の横にある [オン ] に切り替えます。Under Search, next to Scope directory search in Teams using an Exchange address book policy (APB), turn the toggle On.

    Microsoft Teams 管理センターでのスコープディレクトリ検索

重要

この変更は、複製に最大24時間かかることがあります。This change can take up to 24 hours to replicate.