Teams クライアント キャッシュをクリアする

Microsoft Teams に影響する問題が発生している場合は、デバイスのキャッシュをクリアすると役立つことがあります。 キャッシュをクリアしたら、Teams を再起動します。

注意

  • キャッシュをクリアしても、ユーザー データが失われることはありません。
  • キャッシュをクリアした後に Teams を再起動すると、Teams キャッシュ ファイルを再構築する必要があるため、通常よりも時間がかかる場合があります。

Windows で Teams キャッシュをクリアする

  1. Teams がまだ実行中の場合は、タスク バーの [Teams] アイコンを右クリックして、[終了] を選択します。
  2. Windows ロゴ キー +R キーを押して、[実行] ダイアログ ボックスを開きます。
  3. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに、「%appdata%\Microsoft\Teams」と入力し、[OK] を選択します。
  4. %appdata%\Microsoft\Teams ディレクトリ内のすべてのファイルとフォルダーを削除します。
  5. Teams を再起動します。

macOS で Teams キャッシュをクリアする

  1. Teams がまだ実行中の場合は、ドックの [Teams] アイコンを右クリックし、[終了] を選択するか、Command (⌘)-Q キーを押します。

  2. Finder で、/Applications/Utilities フォルダーを開き、[ターミナル] をダブルクリックします。

  3. 次のコマンドを入力し、Return キーを押します。

    rm -r ~/Library/Application\ Support/Microsoft/Teams
    
  4. Teams を再起動します。