ウイルス対策または DLP アプリケーションからTeamsまたは除外する方法

概要

サードパーティのウイルス対策およびデータ損失防止 (DLP) アプリケーションは、Microsoft Teams アプリに干渉する可能性があります。また、アプリケーションの正常な起動を妨げる可能性があります。 ITPRO およびセキュリティのお客様は、PC クライアントで Microsoft 以外のウイルス対策Teams DLP を使用する場合、アプリを含めるか承認できます。 このアクションは、パフォーマンスの向上とセキュリティへの影響の軽減に特に役立ちます。

詳細情報

ウイルス対策ソフトウェアの干渉Teams、ウイルス対策ソフトウェアの "除外リスト" プロセスに次の項目を追加します。

  • C:\Users\*\AppData\Local\Microsoft\Teams\current\teams.exe
  • C:\Users\*\AppData\Local\Microsoft\Teams\update.exe
  • C:\Users\*\AppData\Local\Microsoft\Teams\current\squirrel.exe

または、DLP アプリケーションの "セーフ" ("allowlisted") プログラムリストにアイテムを追加できます。 (これを実行する方法は異なります。 具体的な手順については、アプリケーションの製造元にお問い合わせください。

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。