Microsoft Teams および Skype for Business Online で通話品質ダッシュボードをオンにして使用するTurning on and using Call Quality Dashboard for Microsoft Teams and Skype for Business Online

通話品質ダッシュボードを使って通話品質を監視できるように Office 365 組織を構成する方法について説明します。Learn how to configure your Office 365 organization to use the Call Quality Dashboard to monitor call quality.

Microsoft Teams と Skype for Business Online の通話品質ダッシュボード (CQD) を使用すると、Microsoft Teams と Skype for business のサービスを使って発信した通話の品質を把握することができます。The Call Quality Dashboard (CQD) for Microsoft Teams and Skype for Business Online allows you to gain insights into the quality of calls made using Microsoft Teams and Skype for Business services. このトピックでは、データの収集を開始するために必要な手順について説明します。This topic describes the steps you'll need to complete to start collecting data.

最新の変更と更新Latest changes and updates

CQD に対する最新の変更点は、次のとおりです。The most recent changes to CQD are as follows:

  • Microsoft Teams のデータに加えて、Skype for Business Online データも含まれます。Includes Microsoft Teams data in addition to Skype for Business Online data.

  • 概要レポートには、すべてのデータ、Microsoft Teams データ、または Skype for Business Online データを選択するための製品フィルターが含まれています。Summary reports include a product filter to select all data, Microsoft Teams data, or Skype for Business Online data.

  • ビデオと VBSS ストリーム品質分類ロジックが更新されました。Video and VBSS stream quality classification logic has been updated. 最新の分類子定義については、通話品質ダッシュボードのストリーム分類を参照してください。Refer to Stream Classification in Call Quality Dashboard for the latest classifier definitions.

通話品質ダッシュボードで利用できるディメンションとメジャーの一覧については、この記事を参照してください。Refer to this article for a list of Dimensions and measures available in Call Quality Dashboard.

注意

ダッシュボードの更新と変更についての情報は、優れたニュースのリンクをクリックすると確認できます。Information about updates and changes to the dashboard can be found by clicking the link in the Good news! ダッシュボードに表示されたバナーbanner when it is displayed on the dashboard.

Microsoft 通話品質ダッシュボード (CQD) の概要レポートを有効にするActivate Microsoft Call Quality Dashboard (CQD) Summary Reports

CQD の使用を開始する前に、Office 365 組織でライセンス認証を行う必要があります。Before you can start using the CQD, you'll need to activate it for your Office 365 organization.

Microsoft teams 管理センターを使用した microsoft teams ロゴを示すアイコンAn icon showing the Microsoft Teams logo Using the Microsoft Teams admin center

  1. Microsoft Teams service 管理者アカウントを使用して Office 365 組織にサインインし、[管理者] タイルを選んで管理センターを開きます。Sign in to your Office 365 organization using Microsoft Teams service admin account, and then select the Admin tile to open the Admin center.

  2. 左側のウィンドウの [管理センター] で、[ microsoft teams ] を選択して、microsoft teams 管理センターを開きます。In the left pane, under Admin centers, select Microsoft Teams to open the Microsoft Teams admin center.

  3. Microsoft Teams 管理センターで、左側のウィンドウの [通話品質ダッシュボード] を選択します。In the Microsoft Teams admin center, select Call quality dashboard in the left pane.

  4. 表示されたページで、グローバル管理者アカウントまたは Microsoft Teams サービス管理者アカウントでサインインし、メッセージが表示されたら、アカウントの資格情報を入力します。On the page that opens, sign in with your Global Administrator account or Microsoft Teams Service Admin account, and then provide the credentials for the account when prompted.

    資格情報のプロンプトが表示されたスクリーンショット

サインインすると、CQD によってデータの収集と処理が開始されます。After you sign in, once activated, the CQD will begin collecting and processing data.

注意

レポートに意味のある結果を表示するために十分なデータの処理には、数時間かかることがあります。It may take a couple of hours to process enough data to display meaningful results in the reports.

Skype for business 管理センターを使用した skype for business ロゴを示すアイコンAn icon showing the Skype for Business logo Using the Skype for Business admin center

  1. 管理者アカウントを使用して Office 365 組織にサインインし、[管理者] タイルを選んで管理センターを開きます。Sign in to your Office 365 organization using an admin account, and then select the Admin tile to open the Admin center.

  2. 左側のウィンドウの [管理センター] で、[ skype for business ] を選んで、skype for business 管理センターを開きます。In the left pane, under Admin centers, select Skype for Business to open the Skype for Business admin center.

  3. Skype for Business 管理センターで、左側のウィンドウの [ツール] を選択し、[ Skype For Business Online 通話品質ダッシュボード] を選択します。In the Skype for Business admin center, select Tools in the left pane, and then select Skype for Business Online Call Quality Dashboard.

    通話品質ダッシュボードの選択を示すスクリーンショット

  4. 表示されたページで、グローバル管理者アカウントでサインインし、メッセージが表示されたらアカウントの資格情報を入力します。On the page that opens, sign in with your Global Administrator account, and then provide the credentials for the account when prompted.

    資格情報のプロンプトが表示されたスクリーンショット

サインインすると、CQD によってデータの収集と処理が開始されます。After you sign in, once activated, the CQD will begin collecting and processing data.

Microsoft Teams および Skype for Business Online の通話品質ダッシュボードの機能Features of the Call Quality Dashboard for Microsoft Teams and Skype for Business Online

CQD の概要レポートには、詳細レポート用に計画されている機能のサブセットが用意されています。CQD Summary Reports provide a subset of the features planned for Detailed Reports. ここでは、2つのエディションの違いについて説明します。The differences between the two editions are summarized here:

機能Feature 概要レポートSummary Reports 詳細レポートDetailed Reports
アプリケーション共有のメトリックApplication sharing metric
いいえNo
はいYes
顧客の建物情報のサポートCustomer building information support
はいYes
Yes
顧客エンドポイント情報のサポートCustomer endpoint information support
Cqd.teams.microsoft.com のみOnly in cqd.teams.microsoft.com
Cqd.teams.microsoft.com のみOnly in cqd.teams.microsoft.com
ドリルダウン分析のサポートDrill-down analysis support
いいえNo
はいYes
メディアの信頼性のメトリックMedia reliability metrics
いいえNo
はいYes
ボックスのないレポートOut-of-the-box reports
はいYes
Yes
概要レポートOverview reports
はいYes
Yes
ユーザーごとのレポートセットPer-user report set
いいえNo
はいYes
レポートセットのカスタマイズ (レポートの追加、削除、変更)Report set customization (add, delete, modify reports)
いいえNo
はいYes
ビデオベースの画面共有のメトリックVideo-based screen sharing metrics
いいえNo
はいYes
ビデオ指標Video metrics
いいえNo
はいYes
利用可能なデータの量Amount of data available
過去6ヶ月Last 6 months
過去6ヶ月Last 6 months
Microsoft Teams データMicrosoft Teams data
はいYes
Yes

ボックスのないレポートOut-of-the-box reports

どちらのエディションも、CQD のエクスペリエンスを提供しており、新しいレポートを作成することなく品質指標を呼び出すことができます。Both editions of CQD provide an out-of-the-box experience, giving you call quality metrics without the need to create any new reports. バックエンドでデータが処理されると、レポートでの通話品質データの表示を開始できます。Once data is processed in the back-end, you can start seeing call quality data in the reports.

概要レポートOverview reports

どちらのエディションの CQD でも、全体的な通話品質情報への優れたエントリポイントが提供されますが、概要レポートでは情報の表示方法は、詳細レポートの場合とは異なります。Both editions of the CQD provide a high-level entry point to the overall call quality information, but the way information is presented in Summary Reports is different from that of Detailed Reports.

概要レポートには、シンプルなタブ表示のページレポートビューがあり、ユーザーは全体的な通話品質の状態と傾向を簡単に参照して理解することができます。Summary Reports provide a simplified tabbed page report view that enables users to quickly browse and understand the overall call quality status and trends.

次の4つのタブがあります。The four tabs include:

  • 全体的な通話品質-すべてのストリームについての情報が提供されます。これは、サーバークライアントストリームとクライアントクライアントストリームを集計したもので、個別のサーバークライアントストリームと、1つの月と1日の傾向の形式で示されています。Overall Call Quality - provides information about all streams, which is an aggregation of Server-Client streams and Client-Client streams, as well as separate Server-Client and Client-Client streams, in the form of monthly and daily trends.

  • サーバー-クライアント-サーバーエンドポイントとクライアントエンドポイント間のストリームに関するその他の詳細情報を提供します。Server - Client - provides additional details for the streams between Server and Client endpoints.

  • クライアント-クライアント-2 つのクライアントエンドポイント間のストリームに関するその他の詳細情報を提供します。Client - Client - provides additional details for the streams between two Client endpoints.

  • [音声品質の sla -Skype For business Online の音声品質の sla に含まれる通話に関する情報を提供します。Voice Quality SLA - provides information about calls that are included in the Skype for Business Online Voice Quality SLA.

[全体的な通話品質] タブOverall Call Quality tab

このタブのデータを使用して、通話品質の状態と傾向を測定します。Use the data on this tab to evaluate call quality status and trends by looking at the stream counts and poor percentages. 右上隅の凡例は、どの色と視覚要素がこれらのメトリックを表しているかを示しています。The legend in the upper-right corner shows which color and visual elements represent these metrics.

[通話品質] タブを示すスクリーンショット

ストリームは、良好、低品質、未分類の3つのグループに分類されます。Streams are classified in three groups: Good, Poor, and Unclassified. また、分類されたストリームの合計数に低品質として分類されたストリームの比率を示す低品質の値が計算されます。There are also calculated Poor % values that give you the ratio of streams classified as Poor to the total classified stream count. 低品質のストリーム/(不十分なストリーム + 良好なストリーム) * 100では、複数** の未分類ストリームによるプレゼンスの影響を受けにくくなります。Since Poor % = Poor streams/ (Poor streams+ Good streams) * 100 , this makes the Poor % unaffected by the presence with multiple Unclassified streams. ストリームを低品質または良好な状態として分類するために使用される機能については、「通話品質ダッシュボードでのストリームの分類」を参照してください。For what is used for classifying a stream as poor or good, refer to Stream Classification in Call Quality Dashboard.

ストリーム数の値を測定するには、左側のスケールを使用します。Use the scale on the left to measure the stream count values.

ストリームカウント値が表示されたスクリーンショット

右側のスケールを使用して、低品質の値を測定します。Use the scale on the right to measure the Poor % values.

低% の値が表示されたスクリーンショット

また、バーの上にマウスを置くと、実際の数値を取得できます。You can also obtain the actual numerical values by hovering the mouse over a bar.

注意

次の例は、非常に小さなサンプルデータセットからの値で、実際の展開には現実的ではありません。The following example is from a very small sample data set, and the values aren't realistic for an actual deployment.

マウスを使用してデータにアクセスすることを示すスクリーンショット

ストリームの全体的なボリュームは、計算された低品質の割合がどのように関連しているかを判断するうえで重要な要素です。The overall stream volume is an important factor in determining how relevant the calculated Poor percentages are. 全体的なストリームの量が少ないほど、報告される低割合の値は、信頼性が低くなります。The smaller the volume of overall streams, the less reliable the reported Poor percentage values are.

[サーバー-クライアント] タブと [クライアント-クライアント] タブServer-Client tab and Client-Client tabs

次の2つのタブでは、エンドポイント間のシナリオで発生したストリームについて追加の詳細情報を提供します。These two tabs provide additional details for the streams that took place in their endpoint-to-endpoint scenarios. [サーバー-クライアント] タブには、折りたたみ可能な4つのセクションがあります。これは、メディアストリームが流れる4つのシナリオを表します。The Server-Client tab has four collapsible sections, representing four scenarios under which media streams would flow.

  • 有線 (内部)Wired Inside

  • 有線 (外部)Wired Outside

  • Wifi (内部)Wifi Inside

  • Wifi (外部)Wifi Outside

同様に、[クライアント-クライアント] タブには、5つの折りたたみ可能なセクションがあります。Similarly, the Client-Client tab has five collapsible sections:

  • 有線-有線 (内部)Wired Inside - Wired Inside

  • 有線-有線 (外部)Wired Inside - Wired Outside

  • 有線 (外部)Wired Outside - Wired Outside

  • 有線-Wifi (内部)Wired Inside - Wifi Inside

  • 有線-Wifi (外部)Wired Inside - Wifi Outside

内部テストInside Test

処理中、CQD バックエンドは、構築情報を使用してストリームを内部または外部として分類します (存在する場合)。During processing, the CQD back-end classifies a stream as Inside or Outside using Building information, if it exists. 各ストリームのエンドポイントは、サブネットアドレスと関連付けられます。Endpoints of each stream are associated with a subnet address. アップロードした建物情報の InsideCorp とマークされているサブネットの一覧にサブネットがある場合、そのサブネットは内部と見なされます。If the subnet is in the list of the subnets marked InsideCorp in the uploaded Building information, then it is considered Inside. 作成情報がまだアップロードされていない場合は、内側のテストでは常にストリームが外部として分類されます。If Building information has not yet been uploaded, then Inside Test will always classify the streams as Outside. 「サーバーのテスト」のシナリオでは、クライアントのエンドポイントのみが考慮されることに注意してください。Please note that Inside Test for Server-Client scenario only considers the client endpoint. サーバーは常にユーザーの視点から外れているため、これはテストでは考慮されません。Because servers are always outside from a user's perspective, this isn't accounted for in the test.

有線と wifi の比較Wired vs. wifi

名前が示すように、これは、クライアント接続の種類に基づいた分類条件です。As the names indicate, this is a classification criteria based on the type of client connections. この場合も、サーバーは常に有線であり、計算に含まれていません。Again, server is always wired and it isn't included in the calculation.

注意

特定のストリームについて、2つのエンドポイントの一方が Wifi ネットワークに接続されていれば、CQD で Wifi として分類されます。Given a stream, if one of the two endpoints is connected to a Wifi network, then it is classified as Wifi in CQD.

レポートで表示する製品データの選択Selecting product data to see in reports

概要と位置を拡張したレポートでは、[製品フィルター ] ドロップダウンを使用して、すべての製品データ、Microsoft Teams のデータのみ、または Skype For business Online データのみを表示することができます。In the Summary and Location Enhanced Reports, you can use the Product Filter drop-down to show all product data, only Microsoft Teams data, or only Skype for Business Online data.

製品フィルターコントロールオプションを示すスクリーンショット

詳細レポートでは、Is Teamsディメンションを使用して、レポートの定義の一部として、Microsoft Teams または Skype For business Online データにデータをフィルター処理することができます。In Detailed reports, you can use the Is Teams dimension to filter the data to Microsoft Teams or Skype for Business Online data as part of defining the report.

テナントデータ情報をアップロードするUpload Tenant Data information

CQD Summary レポートダッシュボードには、右上隅にある [設定] メニューから [テナントデータアップロード] を選択することによってアクセスできるテナントデータアップロードページが含まれています。The CQD Summary Reports dashboard includes a Tenant Data Upload page, accessed by selecting Tenant Data Upload from the settings menu in the top-right corner. このページでは、管理者が自分の情報 (IP アドレスと地理的情報のマッピング、各ワイヤレス AP とその MAC アドレスのマッピング、エンドポイントの型のマッピング/モデル/タイプのマッピングなど) をアップロードするために使用されます。This page is used for admins to upload their own information, such as mapping of IP address and geographical information, mapping each wireless AP and its MAC address, mapping of Endpoint to Endpoint Make/Model/Type, etc.

通話品質ダッシュボードを示すスクリーンショット

  1. [テナントデータのアップロード] ページで、ドロップダウンメニューを使用して、アップロードするデータファイルの種類を選びます。On the Tenant Data Upload page, use the drop-down menu to choose a data file type for uploading. ファイルのデータ型は、ファイルの内容を示します (たとえば、"建物" は、IP アドレスと建物、およびその他の地理情報のマッピングを意味します)。 "Endpoint" は、エンドポイント名とエンドポイントの型のマッピングを指します。The file data type denotes the content of the file (for example, "Building" refers to mapping of IP address and building as well as other geographical information, “Endpoint” refers to mapping of Endpoint Name to Endpoint Make/Model/Type… 情報)。information). 現時点では、cqd.teams.microsoft.com の "ビルディング" と "Endpoint" データ型のアップロードをサポートしています (まだ正式に利用可能ではありません)。 cqd.lync.com は、"構築" データ型のアップロードのみサポートしています。Currently we support uploading “Building” and “Endpoint” data types for cqd.teams.microsoft.com (in preview stage and not officially available yet), cqd.lync.com only supports uploading "Building" data type. 今後のリリースでは、さらにいくつかのデータ型が追加されます。A few more data types will be added with subsequent releases.

  2. ファイルデータの種類を選んだら、[参照] をクリックしてデータファイルを選びます。After selecting the file data type, click Browse to choose a data file.

    • データファイルは、tsv (タブ区切り値) ファイルまたは .csv (カンマ区切り値) ファイルである必要があります。The data file must be a .tsv (Tab-separated values) file or a .csv (Comma-separated value) file. .Csv ファイルを使用している場合、カンマが含まれているフィールドは引用符で囲む必要があります。または、コンマが削除されている必要があります。If using a .csv file, any field that contains a comma must be surrounded by quotes or have the comma removed. たとえば、作成名が ny で NY である場合は、"NY, NY" として入力する必要があります。For example, if your building name is NY,NY, in the .csv file it should be entered as "NY,NY".

    • データファイルのサイズは、50 MB よりも大きくする必要があります。The data file must be no larger than 50MB in size.

    • Cqd.teams.microsoft.com にアップロードされたファイルには、クエリのパフォーマンスを速く維持するために、100万の行の上限が拡張されています。Files uploaded to cqd.teams.microsoft.com have an expanded row limit of 1,000,000 in order to keep query performance fast. Cqd.lync.com にもこの制限を課すことができます。We may impose that limit on cqd.lync.com as well.

    • データファイルの各列は、このトピックの後半で説明するように、定義済みのデータ型と一致している必要があります。For each data file, each column in the file must match a predefined data type, discussed later in this topic.

  3. データファイルを選択した後、[開始日] を指定し、必要に応じて終了日を指定します。After selecting a data file, specify Start date and, optionally, Specify an end date.

  4. [開始日] を選んだら、[アップロード] を選んで、CQD サーバーにファイルをアップロードします。After selecting Start date, select Upload to upload the file to the CQD server.

    ファイルがアップロードされる前に、まず検証されます。Before the file is uploaded, it is first validated. 検証が完了すると、Azure blob に格納されます。Once validated, it is stored in an Azure blob. 検証に失敗した場合、またはファイルが Azure blob に保存されていない場合は、エラーメッセージが表示され、ファイルに修正を要求します。If validation fails or the file fails to be stored in an Azure blob, an error message is displayed requesting a correction to the file. 次の図は、データファイルの列数が正しくない場合に発生するエラーを示しています。The following image shows an error occurring when the number of columns in the data file is incorrect.

    アップロード検証エラーが表示されたスクリーンショット

  5. 検証中にエラーが発生しなかった場合、ファイルのアップロードは成功します。If no errors occur during validation, the file upload will succeed. アップロードしたデータファイルが [マイアップロード] テーブルに表示されます。これにより、そのページの下部にある現在のテナントのすべてのアップロードされたファイルの一覧が表示されます。You can then see the uploaded data file in the My uploads table, which shows the full list of all uploaded files for the current tenant at the bottom of that page.

    各レコードには、アップロードされたテナントデータファイルが1つ表示されます。これには、ファイルの種類、最終更新時刻、[期間]、[説明]、[削除] アイコン、ダウンロードアイコンがあります。Each record shows one uploaded tenant data file, with file type, last update time, time period, description, a remove icon, and a download icon. ファイルを削除するには、表のゴミ箱アイコンを選択します。To remove a file, select the trash bin icon in the table. ファイルをダウンロードするには、表の [ダウンロード] 列の [ダウンロード] アイコンを選択します。To download a file, select the download icon in the Download column of the table.

    [マイアップロード] テーブルが表示されたスクリーンショット

  6. 複数の建物データファイルまたは複数のエンドポイントデータファイルを使用する場合は、一部のレポートの操作速度が遅くなることに注意してください。Note that if you choose to use multiple building data files or multiple endpoint data files, the operation speed of some reports will be slower.

テナントデータファイルの形式と構造Tenant data file format and structure

データファイルを作成するBuilding data file

CQD では、最初に Network + NetworkRange 列を展開して Subnet 列を作成し、サブネット列を呼び出しレコードの最初の Subnet/第2サブネット列に参加させて、建物名、市区町村、国/地域を表示します。CQD uses Building data file by first deriving the Subnet column from expanding the Network+NetworkRange column, then joining the Subnet column to the call record’s First Subnet/Second Subnet column to show Building/City/Country/Region… 詳しく.information. アップロードするデータファイルの形式は、次の条件を満たしている必要があります。これは、アップロード前に検証チェックに合格するためです。The format of the data file you upload must meet the following to pass the validation check before uploading.

  • ファイルは、各行の列がタブで区切られる .tsv ファイル、または各列がカンマで区切られた .csv ファイルのいずれかである必要があります。The file must be either a .tsv file, which means, in each row, columns are separated by a TAB, or a .csv file with each column separated by a comma.

  • データファイルの内容には、テーブル見出しは含まれません。The content of the data file doesn't include table headers. つまり、データファイルの最初の行は、"ネットワーク" のような見出しではなく、実際のデータである必要があります。That means the first line of the data file should be real data, not headers like "Network," etc.

  • 列ごとに、データ型に指定できるのは String、Number、またはブール値のみです。For each column, the data type can only be String, Number, or Bool. 数値の場合、値は数値である必要があります。ブール値の場合は、0または1のいずれかである必要があります。If it is Number, the value must be a numeric value; if it is Bool, the value must be either 0 or 1.

  • 列ごとにデータ型が文字列の場合、データは空にすることができます (ただし、その場合も、適切な区切り記号 (タブまたはコンマ) で区切る必要があります。For each column, if the data type is string, the data can be empty (but still must be separated by an appropriate delimiter (i.e., a tab or comma). これにより、このフィールドは空の文字列値として割り当てられます。This just assigns that field an empty string value.

  • 各行には14個の列がある必要があります。各列のデータ型は次のとおりです。列の順序は、次の表の順序になっている必要があります。There must be 14 columns for each row, each column must have the following data type, and the columns must be in the order listed in the following table:

列名Column Name データ型Data type Example
ネットワークNetwork
StringString
192.168.1.0192.168.1.0
NetworkNameNetworkName
StringString
米国/シアトル/シアトル-SEA-1USA/Seattle/SEATTLE-SEA-1
NetworkRangeNetworkRange
数値Number
#26
BuildingNameBuildingName
StringString
シアトル-SEA-1SEATTLE-SEA-1
OwnershipTypeOwnershipType
StringString
コントソContoso
BuildingTypeBuildingType
StringString
IT の終了IT Termination
BuildingOfficeTypeBuildingOfficeType
StringString
エンジニアリングEngineering
市区町村City
StringString
調布市調布ヶ丘Seattle
ZipCodeZipCode
StringString
9800198001
居住Country
StringString
プロセッサーUS
都道府県State
StringString
WAWA
RegionRegion
StringString
MSUSMSUS
InsideCorpInsideCorp
ブールBool
11
ExpressRouteExpressRoute
ブールBool
00

重要

ネットワーク範囲は、スーパーネット (単一のルーティングプレフィックスを持つ複数のサブネットの組み合わせ) を表すために使用できます。The network range can be used to represent a supernet (combination of several subnets with a single routing prefix). 新しくなったすべての文書のアップロードで、重複範囲が確認されます。All new building uploads will be checked for any overlapping ranges. 以前にビルドファイルをアップロードしたことがある場合は、現在のファイルをダウンロードして再アップロードし、重複を特定し、問題を解決してからもう一度アップロードする必要があります。If you have previously uploaded a building file, you should download the current file and re-upload it to identify any overlaps and fix the issue before uploading again. 以前にアップロードされたファイルが重なっていると、サブネットとレポートの建物とのマッピングが間違っている可能性があります。Any overlap in previously uploaded files may result in the wrong mappings of subnets to buildings in the reports. 特定の VPN の実装では、サブネット情報が正確に報告されません。Certain VPN implementations do not accurately report the subnet information. 構成ファイルに VPN サブネットを追加するときは、サブネットのエントリの1つではなく、個別の32ビットネットワークとして、VPN サブネットの各アドレスに個別のエントリを追加することをお勧めします。It is recommended that when adding a VPN subnet to the building file, instead of one entry for the subnet, separate entries are added for each address in the VPN subnet as a separate 32-bit network. 各行には、同じビルドメタデータを含めることができます。Each row can have the same building metadata. たとえば、172.16.18.0/24 の1行ではなく、256行と、172.16.18.0/32 と 172.16.18.255/32 の間の各アドレスに1つの行が含まれている必要があります。For example, instead of one row for 172.16.18.0/24, you should have 256 rows, with one row for each address between 172.16.18.0/32 and 172.16.18.255/32, inclusive.

エンドポイントデータファイルEndpoint data file

CQD は、EndpointName 列を呼び出しレコードの [最初のクライアントエンドポイント名/第2クライアントエンドポイント名] 列に結合してエンドポイントの作成/モデル/タイプの情報を表示することによって、エンドポイントデータファイルを使用します。CQD uses Endpoint data file by joining its EndpointName column to the call record’s First Client Endpoint Name/Second Client Endpoint Name column to show Endpoint Make/Model/Type information. アップロードするデータファイルの形式は、次の条件を満たしている必要があります。これは、アップロード前に検証チェックに合格するためです。The format of the data file you upload must meet the following to pass the validation check before uploading.

  • ファイルは、各行の列がタブで区切られる .tsv ファイル、または各列がカンマで区切られた .csv ファイルのいずれかである必要があります。The file must be either a .tsv file, which means, in each row, columns are separated by a TAB, or a .csv file with each column separated by a comma.

  • データファイルの内容には、テーブル見出しは含まれません。The content of the data file doesn't include table headers. つまり、データファイルの最初の行は、"EndpointName" のように、ヘッダーではなく実際のデータである必要があります。That means the first line of the data file should be real data, not headers like "EndpointName," etc.

  • 列ごとに、データ型は String のみにすることができ、64文字以内にする必要があります。これは最大許容サイズです。For each column, the data type can only be String and it should have no more than 64 chars, which is maximum allowed length.

  • 列ごとに、データを空にすることができます (ただし、適切な区切り記号 (タブまたはコンマ) で区切る必要があります。For each column, the data can be empty (but still must be separated by an appropriate delimiter (i.e., a tab or comma). これにより、このフィールドは空の文字列値として割り当てられます。This just assigns that field an empty string value.

  • 各行には7つの列があり、列は、次の表の順序になっている必要があります。There must be 7 columns for each row and the columns must be in the order listed in the following table.

  • EndpointName は一意である必要があります。重複しているため、重複している可能性があるため、アップロードは失敗します。EndpointName must be unique otherwise upload will fail due to duplicate row as it will cause incorrect joining.

  • EndpointLabel1、EndpointLabel2、EndpointLable3 はユーザーによるカスタマイズが可能なラベルで、空の文字列または値は、"IT 部門が指定した2018ノート Pc"、"アセットタグ 5678" のようなものです。々.EndpointLabel1, EndpointLabel2, EndpointLable3 are user customizable labels, they can be empty strings or value users prefer such as “IT Department designated 2018 Laptop”, “Asset Tag 5678” …etc.

列名Column Name データ型Data type Example
EndpointNameEndpointName
StringString
1409W35341409W3534
EndpointMakeEndpointMake
StringString
Fabrikam Inc.Fabrikam Inc
EndpointModelEndpointModel
StringString
Fabrikam モデル123Fabrikam Model 123
EndpointTypeEndpointType
StringString
コンピューターLaptop
EndpointLabel1EndpointLabel1
StringString
指定した2018ノート PcIT designated 2018 Laptop
EndpointLabel2EndpointLabel2
StringString
資産タグ5678Asset Tag 5678
EndpointLabel3EndpointLabel3
StringString
2018を購入するPurchase 2018

詳細レポートでのメディアの種類の選択Selecting media type in detailed reports

詳細レポートでは、音声、ビデオ、アプリケーション共有、ビデオベースの画面共有メディアを使用する場合の品質とメディアの信頼性をサポートしています。The detailed reports support looking at quality and media reliability for audio, video, application sharing, and video-based screen-sharing media types. 1つのメディアの種類に固有のディメンション、メジャー、フィルターには、プレフィックスとして "Audio"、"Video"、"AppSharing"、または "VBSS" があります。Dimensions, measures, and filters that are specific to a single media type have "Audio", "Video", "AppSharing", or "VBSS" as a prefix.

通話品質ダッシュボードのサイズを示すスクリーンショット。

1つのメディアの種類の寸法とメジャーを表示する場合は、新しい MediaType ディメンションとフィルターが必要になることがあります。If you want to view the dimensions and measures for a single media type, the new MediaType dimension and filter may be required. たとえば、さまざまな種類のメディアにわたるセッションの合計数を表示するレポートを作成するには、MediaType ディメンションを含めます。For example, to have a report that shows the total session counts across different media types, include the MediaType dimension.

通話品質ダッシュボードの合計ストリーム数を示すスクリーンショット。

Skype for Business の通話分析をセットアップするSet up Skype for Business Call Analytics

通話分析を使用して通話品質の低下をトラブルシューティングするUse Call Analytics to troubleshoot poor call quality

通話分析および通話品質ダッシュボードCall Analytics and Call Quality Dashboard