展開と実装の段階に重点を置いた、アップグレード手順の各段階Stages of the upgrade journey, with emphasis on the Deployment and Implementation stage

この記事は、お客様のアップグレード手順における展開と実装の段階の一部を取り上げています。This article is part of Deployment and Implementation stage of your upgrade journey. 先に進む前に、次のアクティビティを完了していることを確認してください。Before proceeding, confirm that you’ve completed the following activities:

Skype for Business から Teams へのアップグレード手順を選択するChoose your upgrade journey from Skype for Business to Teams

既存の Skype for Business ユーザーである場合、Teams への完全な移行には時間がかかることがあります。As an existing Skype for Business customer, your complete transition to Teams might take some time. ただし、今すぐ Teams を Skype for Business と共存する形で有効にすることによって、関係するユーザーが Teams の価値を実感し始められるようになります。However, you can begin realizing the value of Teams today, by enabling your users to use Teams alongside Skype for Business. 2 つのアプリの間で重複する機能があることから、利用可能な共存およびアップグレードモードを再確認すると、お客様の組織にとってどのパスが適しているかを判断するのに役立ちます。Given that there’s some overlapping functionality between the two apps, we recommend that you review the available coexistence and upgrade modes to help determine which path is right for your organization. たとえば、すべてのワークロードを、相互運用性のない状態で、両方のソリューションで有効にすることを選ぶことが考えられます。For example, you might opt to enable all workloads on both solutions without interoperability. または、お客様の組織において、すべてのユーザーを Teams にアップグレードさせられる準備が整うまで、段階的に Teams の機能を導入したり、一部の機能を使用できるユーザーのグループを絞り込んだりして、ユーザー エクスペリエンスを管理することを決めることも考えられます。Or, you might decide to manage the user experience, either by gradually introducing Teams capabilities or by targeting groups of users for select capabilities, until your organization is ready to upgrade everyone to Teams. 組織のために適切なアップグレード手順を評価するために、パイロットの結果を使用します。Use the outcome of your pilot to help assess the right upgrade journey for your organization.

重要

この記事では、Skype for Business および Teams のどのモダリティをユーザーが利用できるようにするかを管理できるようになる、さまざまなモードの概要を示します。This article outlines the various modes that enable you to manage which modalities in Skype for Business and Teams are available to your users. どのような展開においても、お客様の組織で Teams へのアップグレードを行う前に、選択したユーザー グループで、対象の計画をパイロットすることを強くお勧めします。As with any deployment, we strongly encourage you to pilot your intended plan with a selected group of users before upgrading your organization to Teams. 新しいテクノロジーを導入することは、ユーザーにとって混乱をきたす可能性があるものであることを忘れないでください。Remember, introducing new technology can be disruptive for users. ここで概説されているいずれかのモードを実施する前に、ユーザーの準備状況を評価して、コミュニケーションおよびトレーニングの計画を実行するために時間を割きます。Take time to assess user readiness and implement a communication and training plan prior to implementing any of the modes outlined herein.

アップグレード手順の構成単位Upgrade journey building blocks

お客様の組織を Teams に移行するために正式に準備するためには、最終的に組織が Teams を唯一のコミュニケーションとコラボレーションのソリューションとして完全に受け入れられるようになるアップグレード シナリオ計画を開始する必要があります。To formally prepare your organization for its journey to Teams, you need to start planning for the upgrade scenarios that will eventually let your organization fully embrace Teams as your sole communications and collaboration solution.

Skype for Business から Teams へのアップグレードに関連した、さまざまなモードや、コンセプトや、用語についての知識を深めることは、意思決定プロセスのガイドとして役に立ちます。To help guide your decision-making process, familiarize yourself with the various modes, concepts, and terminology relevant to upgrading from Skype for Business to Teams. 詳細については、「Microsoft Teams と Skype for Business の共存および相互運用性について理解する」をご覧ください。For more information, see Microsoft Teams and Skype for Business coexistence and interoperability

日常のコミュニケーションおよびコラボレーションの必要性に応じて、一部のユーザーが Teams のみを使用する準備が整っている場合、Teams Only モードを有効にすることによって、それらのユーザーの Teams へのアップグレードを開始することができます。When some of your users are ready to use only Teams for their day-to-day communications and collaboration needs, you can start upgrading these users to Teams by enabling Teams Only mode for them.

組織全体でTeams に移行することが考えられない場合は、アイランド共存モードで Skype for Business を残した状態で Teams のパイロット使用を開始することができます。If it’s not feasible for your whole organization to move to Teams, you can start by piloting Teams alongside Skype for Business in Islands coexistence mode. 追加の共存モード (Skype for Business と Teams でのコラボレーションおよびSkype for Business と Teams でのコラボレーションおよび会議) が今後数か月間で徐々に完全に利用できるようになるとともに、Skype for Business をお客さまの組織での統一されたコミュニケーション ソリューションとして維持しながら、Teams をグループ コラボレーションのソリューションとして完全に導入し始めることもできます。As the additional coexistence modes, (i.e. Skype for Business with Teams collaboration and Skype for Business with Teams collaboration and meetings), are become progressively fully available in the next few months, you can also start by fully adopting Teams as a group collaboration solution first while keeping Skype for Business as your organization’s unified communications solution. これは、Skype for Business Server (オンプレミスまたはハイブリッド) を使用しているユーザーや、Teams に向かう中で共存での使用期間が長くなるような極めて複雑な状況にあるユーザーに対して、マイクロソフトが推奨するパスです。That is Microsoft’s recommended path for customers using Skype for Business Server (on-premises or hybrid) and customers with significant complexity whose trajectory to Teams will include a long coexistence period.

![Skype For business から Teams へのアップグレード文書パーツのスクリーンショット]Skype for (media/upgrade_journeys_building_block.png "business から teams へのアップグレード文書パーツのスクリーンショット。チームのコラボレーション–のみモードで、チームのコラボレーションと会議モード、孤島モード、チーム専用モード、skype for business で構成される skype for business で構成されています。ビジネス–専用モード。")A screenshot of upgrade building blocks from Skype for Business to Teams

次の表で、共存モードとアップグレード モードを比較します。The following table compares coexistence and upgrade modes.

モードMode 状況Situation 推奨される使用状態Recommended Use 利点Advantages 注意事項Caveats
アイランドIslands より小規模またはシンプルな Skype for Busness の展開Smaller or simpler Skype for Business deployment

いくつかの短期的な複雑な状況を管理して、Teams により速やかに移行するための能力と意思。Ability and willingness to manage some short-term complexity to move to Teams more quickly
できるだけ早く完全な Teams エクスペリエンスに移動するGo to the full Teams experience as quickly as possible

Teams の概念実証 (PoC) の実施Conduct a proof of concept (PoC) of Teams

Skype for Business Online を導入した組織に対して推奨されるアップグレード パスRecommended upgrade path for organizations who adopted Skype for Business Online
運用が簡単Simple to operate

すべての機能において傑出した、最も豊かな Teams エクスエぺリエンスRichest Teams experience up-front for all capabilities
混乱を排除し、Teams の使用を推進するためには、良好なユーザー コミュニケーションが必須Requires good user communication to avoid confusion and to drive usage toward Teams

出口戦略において、Teams Only フェーズへのアップグレードを開始する前にユーザーが完全に Teams を導入することが必須Exit strategy requires users to have fully adopted Teams prior to starting upgrade to Teams Only phase

アイランド モードのユーザーに対する相互運用性はなし。また、ユーザーの Skype for Business アカウントがオンプレミスで所属している場合は Teams からのフェデレーションもなしNo interop for users in Islands mode; also no federation from Teams when the user’s Skype for Business account is homed on-premises
Skype for Business と Teams でのコラボレーションSkype for Business with Teams collaboration Skype for Business の展開で、Teams ではまだ満たされていない要件がある (たとえば、先進的なコンプライアンスなど)Skype for Business deployment with requirements that aren’t yet met by Teams (for example, advanced compliance)

Skype for Business に対する長期的な必要性や、コミットメントLong-term need for and/or commitment to Skype for Business
グループでの共同作業について最初に焦点をあてながら、Teams の導入を速やかに開始するStart Teams adoption quickly, focusing on group collaboration first

Skype for Business 上で、すべての統合コミュニケーション ワークロードを維持するWant to keep all unified communications workloads on Skype for Business for now

オンプレミス (またはハイブリッド) の Skype for Business からの移行を開始する組織の開始点としての使用を推奨Recommended use as the starting point for organization starting their journey from on premises (or hybrid) Skype for Business
Teams と Skype for Business との間に重複する機能なし No overlapping capabilities between Teams and Skype for Business

インスタント メッセージング チャットおよび会議のスケジュールが (通話に結びついている) Skype for Business に存在するInstant messaging chat and meeting scheduling will reside in Skype for Business (tied to calling)

Teams Only のユーザーとの相互運用性Interoperability with users in Teams Only
Skype for Business と Teams でのコラボレーションおよび会議Skype for Business with Teams collaboration and meetings エンタープライズ VoIP を頻繁に使用し、Teams 通話では適合しない要件がある Skype for Business の展開Skype for Business deployment with significant use of enterprise voice and requirements that aren’t yet met by Teams calling

Skype for Business に対する長期的な必要性や、コミットメントLong-term need for and/or commitment to Skype for Business

サードパーティの会議サービスを使用する可能性Might be using a third-party meeting service
グループでの共同作業にとどまらず、Teams の導入を速やかに開始Start Teams adoption quickly, going beyond group collaboration

ユーザーの会議のエクスペリエンスを改善Improve your users’ meetings experience

(一般的にエンタープライズ VoIP オンプレミスのために) 完全にアップグレードする準備が整う前に、Teams 会議を十分に活用することを望んでいる、オンプレミスの組織に対して推奨される使用Recommended use for on premises organizations wanting to take advantage of Teams meetings prior to being ready to fully upgrade (generally due to Enterprise Voice on-premises).
重複する機能なしNo overlapping capabilities

Teams でのより優れた会議。Superior meetings on Teams. 機能のロードマップ、UX とクロス プラットフォーム、品質と信頼性Features roadmap, UX and cross platform, quality and reliability

Skype for Business と Teams との間での「より良い連携作業」エクスペリエンス"Better Together" experiences between Skype for Business and Teams

Teams Only の相互運用性ユーザー。Interoperability users in Teams Only.
インスタント メッセージング およびチャットが (通話に結びついている) Skype for Business に存在するInstant messaging and chat will reside in Skype for Business (tied to calling)
Teams OnlyTeams Only Skype for Business の使用を継続する必要がある一部のユーザーSome users need to stay on Skype for Business

Skype for Business Online ユーザーを Teams にアップグレートしている一方で、Skype for Business オンプレミス ユーザーは Skype for Business Server 上にとどめているYou’re upgrading your Skype for Business Online users to Teams while keeping Skype for Business on-premises users on Skype for Business Server

展開済みのユーザーを既にアイランド モードにしており、ユーザーのグループでの Skype for Business の使用を廃止する準備が整っているYou might have already deployed users in islands mode and are ready to retire Skype for Business for groups of users
Skype for Business のさまざまな費用 (オンプレミス サーバーの運用、外注契約など) の削減Reduce variable costs on Skype for Business (on-premises server operations, outsourcing contract, and so on)

できるだけ早く、少なくとも一部のユーザーにおいて、完全な Teams エクスペリエンスに移行するGo to the full Teams experience as quickly as possible, for at least some users
Skype for Business のみ、Skype for Business と Teams でのコラボレーション、Skype for Business と Teams でのコラボレーション、Skype for Business と Teams でのコラボレーションおよび会議において、ユーザーとの相互運用性で機能するクライアントを 1 つのみ提供して、ユーザーの混乱を抑制するLimits user confusion by providing only one client to work with Interoperability with users in Skype for Business Only, Skype for Business with Teams Collaboration, Skype for Business with Teams Collaboration and Meetings 相互運用性のサポート範囲は、Skype for Business と Teams との間での基本的なチャットと通話、およびデスクトップ共有や複数パーティでのチャットおよび通話のための相互運用性のエスカレーション シナリオに限られるInteroperability only supports basic chat and calling between Skype for Business and Teams, and interop escalation scenarios for desktop sharing and multi-party chat and calling
Skype for Business のみSkype for Business only Skype for Business の使用を継続する必要がある一部のユーザーSome users need to stay on Skype for Business

ユーザーとの相互運用性で機能するクライアントを 1 つのみ提供して、ユーザーの混乱を抑制するLimits user confusion by providing only one client to work with

ユーザーは招待された場合に Teams 会議に参加することができるUser can still participate in Teams meetings they are invited to
現時点で Skype for Business によってのみ適合しているビジネス要件に適合するContinue to meet business requirements that currently can only be met by Skype for Business

Teams Only のユーザーとの相互運用性Interoperability with users in Teams Only
相互運用性のサポート範囲は、Skype for Business と Teams との間での基本的なチャットと通話、およびデスクトップ共有や複数パーティでのチャットおよび通話のための相互運用性のエスカレーション シナリオに限られるInteroperability only supports basic chat and calling between Skype for Business and Teams, and interop escalation scenarios for desktop sharing and multi-party chat and calling

アップグレード手順Upgrade journeys

オンラインでもオンプレミスでも、Skype for Business から Teams へのアップグレードは、複数のアプローチで行うことができます。You can take multiple approaches to upgrading from Skype for Business, either online or on-premises, to Teams:

  • 直接的なアップグレード手順では、まず Skype for Business とともに Teams を評価および早期導入の一部としてアイランド モードで展開し、組織内のすべてのユーザーの環境から Skype for Business を速やかに廃止するという目標とともに、お客様のユーザーを Teams Only モードにアップグレードします。In a direct upgrade journey, you first deploy Teams alongside Skype for Business in Islands mode as part of evaluation and early adoption, and then upgrade your users to Teams Only mode with the goal of quickly retiring Skype for Business from the environment for all users in the organization. これは、Skype Business オンライン ユーザーに対して、それらのユーザーが同じアクション (チャット、通話、会議、スケジュール設定) を行うための 2 つのツールがあることで混乱しない限りにおいて、推奨される移行手順です。This is the recommended journey for Skype Business online customers, unless they are concerned their users will be confused with having two tools to conduct the same action (chat, calling, meeting scheduling).
  • 段階的なアップグレード手順では、(コーホートとも呼ばれる) 特定のユーザー グループに対して、それらのユーザーのコミュニケーションおよびコラボレーションの要件に応じて、特定の共存およびアップグレード モードが提供されます。A gradual upgrade journey delivers a specific coexistence and upgrade mode to a specific group of users (also called a cohort), depending on their communications and collaboration requirements. 時間の経過とともに、組織全体で Teams Only を使用する方向に収束していき、最終的には Skype for Business は置き換えられます。Over time, the entire organization can converge into using Teams Only and eventually replace Skype for Business. ただし、お客様の組織で、たとえば基幹業務アプリケーションと統合する Unified Communications Managed API (UCMA) ベースのソリューションや、Skype for Business のみで利用可能な現在倫理的境界ソリューションや、Teams Only へのアップグレードに時間がかかる複雑なエンタープライズ VoIP 展開などに依存しているなどの、Skype for Business を保持するための差し迫ったビジネス上の理由がある場合は、部分的なユーザー集団のための 1 つの共存モードで Skype for Business ユーザーを保持しながら、一部のユーザーを Teams Only モードにアップグレードすることができます。However, if your organization has compelling business reasons to keep Skype for Business—such as a dependency on a Unified Communications Managed API (UCMA)–based solution that integrates with line-of-business applications, or an ethical wall solution currently available for Skype for Business only, or a complex Enterprise Voice deployment that will take time to upgrade to Teams Only—you can upgrade a portion of users to Teams Only mode while retaining Skype for Business users in one of the coexistence modes for a portion of your user population. 段階的なアップグレード手順は、Skype for Business と Teams でのコラボレーションの共存モードから開始して、Teams Only モードに移行するオンプレミス (およびハイブリッド) ユーザーに対して、それらのユーザーに対する要件が (Skype for Business と Teams でのコラボレーションおよび会議の共存モードを通して) 適合する場合において、推奨されるアプローチです。Gradual upgrade journey is the recommended approach for on-premises (and hybrid) customers starting with Skype for Business with Teams Collaboration coexistence mode and moving from there to Teams Only mode when requirement for the users met (possibly through the Skype for Business with Teams Collaboration and Meetings coexistence mode).

重要

アップグレード手順の両方のタイプについて、お客様の組織で現在 Skype for Business オンプレミス展開のみを利用している場合、お客様のユーザーを Teams Only モードにアップグレードする前に、Skype for Business ハイブリッドの実装計画を開始する必要があります。For both types of upgrade journey, if your organization is currently a Skype for Business on-premises deployment only, you need to start planning to implement Skype for Business hybrid before upgrading your users to Teams Only mode. これにより、Teams との相互運用性の促進を図ることもできます。This will also help facilitate interoperability with Teams.

Skype for Business のハイブリッド実装をガイドするために、MyAdvisor を使用します。Use MyAdvisor to guide your Skype for Business hybrid implementation.

注意

Teams Only モードでは、コーホートの一部であるユーザーが Skype for Business Online に属していることを必要とします。また、Skype for Business と Teams との間の相互運用性を促進するために Skype for Business オンプレミス展開と Skype for Business Online テナントとの間のハイブリッド関係が必要となります。Teams Only mode requires that the users who are part of cohorts be homed in Skype for Business Online, and a hybrid relationship between your Skype for Business on-premises deployment and your Skype for Business Online tenant is required to facilitate the interoperability between Skype for Business and Teams. Skype for Business Online への移行は、コーホートの一部であるユーザーのために、Teams Only モードにアップグレードする前に完了させる必要があります。The move to Skype for Business Online must be completed for users who are part of the cohorts before they’re upgraded to Teams Only mode. Skype for Business Server 2019、および CU8 アップデート適用済みの Skype for Business Server 2015 は、1 つの手順で Skype for Business Online への移行を管理してユーザーを Teams Only モードにアップグレードすることによって、オンプレミス ユーザーの Teams へのアップグレードの仕組みを簡素化することができます。Skype for Business Server 2019, and Skype for Business Server 2015 with CU8 update can simplify the mechanics of upgrading on-premises users to Teams by managing the migration to Skype for Business Online and upgrading the users to Teams Only mode in one step.

直接的なアップグレード手順Direct upgrade journey

直接的なアップグレード手順は次の図に示されています。The direct upgrade journey is illustrated in the following diagram.

アップグレード過程の直接のスクリーンショットA screenshot of the direct upgrade journey

Teams は組織内のすべてのユーザーに展開され、アイランド モードで構成されます。Teams is deployed to all users in the organization and configured in Islands mode. お客様の組織で Teams がすべてのコミュニケーションとコラボレーションのニーズを満たす準備が整ったら、ユーザーに通知して、Teams Only モードへのアップグレードを行います。When your organization determines that Teams is ready to fulfill all of your communications and collaboration needs, notify the users and upgrade them to Teams Only mode. この時点で、Skype for Business は環境から廃止することができるようになります。At that point, Skype for Business can be retired from the environment.

段階的なアップグレード手順Gradual upgrade journey

段階的なアップグレード手順の例は次の図に示されています。An example of a gradual upgrade journey is illustrated in the following diagram.

![段階的なアップグレードの過程の例を示します]。(media/upgrade_journey_gradual_upgrade.png "段階的なアップグレードでは、cohorts ユーザーは最初に、評価のために孤島モードで Teams を使用し、その後、Skype For business を使用して早期に導入するためのさまざまなアップグレードモードでチームを使用しています。一部の cohorts はチーム専用モードに移行しますが、ユーザーの1つはチームのグループ作業と会議モードで Skype for Business を使用したままです。")Illustrated example of the gradual upgrade journey

Teams は評価のために アイランド モードで組織内に展開されてから、それぞれのユーザー グループに対して異なる共存およびアップグレード モードに移行します。Teams is deployed in the organization in Islands mode for evaluation and then move to different coexistence and upgrade modes for different groups of users. たとえば、あるユーザーのグループではアイランド モードが有効になり、別のグループでは Skype for Business と Teams でのコラボレーションおよび会議モードが有効になり、一方 3 番目のユーザー グループは Skype for Business と Teams でのコラボレーションのみのモードが有効になります。For example, a group of users can be enabled for Islands mode, another enabled for Skype for Business with Teams collaboration and meetings mode, while a third group of users might initially be enabled for Skype for Business with Teams collaboration only mode.

時間の経過とともに、ユーザーのグループは Teams Only モードにアップグレードされます。その後に組織の残りの部分が続きます。Over time, groups of users can be upgraded to Teams Only mode, followed by the rest of the organization. 最終的に、組織全体で Skype for Business を廃止し、Teams のみをコミュニケーションとコラボレーションのために使用できる状態が整います。ビジネス要件によって Skype for Business が特定のグループのために保持される場合は、組織内のユーザーの大多数が Teams Only を使用することができます。Eventually, the entire organization will be ready to retire Skype for Business and use only Teams for communications and collaboration, or—if business requirements dictate that Skype for Business be retained for a specific group—the majority of users in the organization can use Teams Only.

An icon depicting a decision point
判断ポイントDecision point
    どのアップグレード手順が組織のビジネス要件に適してますか?Which upgrade journey is suitable to your organization's business requirements?

An icon depicting the next step
次のステップNext step
    お客様の組織での現在の展開モデル、ユース ケースのシナリオ、および主な考慮事項を特定することにより、組織に最も適した Teams への移行手順がわかるようになります。Identifying your current deployment model, use case scenarios, and key considerations for your organization will inform the journey to Teams that’s best suited to your organization.

An icon depicting a decision point
判断ポイントDecision point
    お客様の組織に該当するアップグレード シナリオはどれですか?Which upgrade scenario is applicable to your organization?

An icon depicting the next steps
次のステップNext steps
    メッセージング、会議、および通話のビジネス要件に基づいて、お客様の組織のアップグレード手順のタイムラインを決定します。Decide the timeline of your organization's upgrade journey based on messaging, meetings, and calling business requirements.

    アップグレード手順を完了するために必要な追加作業を決めます。Decide the required additional work to complete your upgrade journey.

組織にとって最高のアップグレード手順を選んだ後、Teams に対するアップグレードを実行しますAfter you’ve chosen the best upgrade journey for your organization, perform your upgrade to Teams.