クラウドの自動応答とはWhat are Cloud auto attendants?

電話システムは自動応答を提供し、外部および内部の発信者がメニュー システム内を移動し、組織内のユーザーまたは部門に通話を発信または転送するために使用できます。Phone System provides auto attendants, which can be used to let external and internal callers move through a menu system to locate and place or transfer calls to users or departments in your organization.

ほとんどの場合、自動応答はシステム内のノードで、人間のオペレーターではなく、発信者に一連の音声プロンプトまたは音声ファイルを提供します。An auto attendant is most often a node in a system, giving a caller a series of voice prompts or audio files they hear instead of a human operator. ユーザーが自動応答に関連付けられている番号を呼び出す場合、そのユーザーの選択肢は、通話をユーザーにリダイレクトしたり、組織内のユーザーを特定して、そのユーザーに接続することができます。When people call a number associated with an auto attendant, their choices can redirect the call to a user or locate someone in your organization and then connect to that user. 電話のキーパッド (DTMF) または音声認識を使用して、選択を表現し、メニュー システムと対話することができます。They can express their choices and interact with the menu system by using a phone keypad (DTMF) or speech recognition. 選択した場合は、通話を別の自動応答または通話キューにリダイレクトできます。The choices they make can also redirect the call to another auto attendant, or to a call queue.

電話システムの自動応答を設定するには、「クラウド自動応答を設定 する」を参照してくださいTo set up an auto attendant for Phone System, go to Set up a Cloud auto attendant.

クラウド自動応答には、次の機能があります。A Cloud auto attendant has the following features:

  • 企業用またはお知らせの応答メッセージを提供します。It can provide corporate or informational greetings.
  • ユーザー設定の企業用メニューを提供します。このメニューは複数のレベルがあるようにカスタマイズできます。It can provide custom corporate menus. You can customize these menus to have more than one level.
  • コールインするユーザーが組織のディレクトリで名前を検索できるディレクトリ検索を提供します。It provides directory search that enables people who call in to search the organization's directory for a name.
  • これにより、コールインしたユーザーが組織内のユーザーのメッセージに到達したり、メッセージを残したりすることができます。It enables someone who calls in to reach or leave a message for a person in your organization.
  • プロンプト、音声合成、音声認識で複数の言語をサポートしています。It supports multiple languages for prompts, text-to-speech, and speech recognition.
  • 休日と営業時間の指定をサポートします。It supports specifying holidays and business hours.
  • オペレーター、他のユーザー、通話キュー、自動応答への通話の転送をサポートします。It supports transferring call to an operator, other users, call queues, and auto attendants.
  • 発信者が組織にメッセージを残す共有ボイスメールをサポートします。It supports shared voicemail for callers to leave a message for an organization.

注意

この記事は、Microsoft Teams と Skype for Business Online の両方に適用されます。This article applies to both Microsoft Teams and Skype for Business Online.

はじめにGetting started

自動応答を使用する場合は、次の重要な点について留意してください。To get started using auto attendants, it's important to remember that:

  • 自動応答は、関連付けられたリソース アカウントを持っている必要があります。An auto attendant is required to have an associated resource account. リソース アカウントの詳細については、「Teams でリソース アカウント を管理する」を参照してください。See Manage resource accounts in Teams for details on resource accounts.
  • 自動応答に電話番号を割り当てる場合、厳密には、その自動応答に関連付けられているリソース アカウントに電話番号を割り当てる必要があります。When you assigning a phone number to an auto attendant, strictly speaking you are assigning it to the resource account associated with that auto attendant. これにより、複数の電話番号が自動応答にアクセスする方法が提供されます。This provides a way to have more than one phone number access an auto attendant. 多くの場合、リソース アカウントはコストフリーの電話システム仮想ユーザー ライセンスを使用します。Most often, a resource account will use the cost-free Phone System Virtual User license. このライセンスは、組織レベルの電話番号に電話システム機能を提供し、自動応答と通話キューを作成できます。This license provides Phone System capabilities to phone numbers at the organizational level, and allows you to create auto attendants and call queues.

注意

自動応答および通話キューのダイレクト ルーティング サービス番号は、Microsoft Teams ユーザーと通話エージェントでのみサポートされます。Direct Routing service numbers for auto attendant and call queues are supported for Microsoft Teams users and call agents only.

ヒント

電話システム ライセンスを持つオンライン ユーザーであるオペレーターまたはメニュー オプションに通話をリダイレクトするには、エンタープライズ VoIP のアカウントを有効にするか、通話プランを割り当てる必要があります。To redirect calls to an operator or a menu option that is an Online user with a Phone System license, you will need to enable their account for Enterprise Voice or assign Calling Plans to them. 「Microsoft Teams アドオン ライセンスを割り当てる」を参照してくださいSee Assign Microsoft Teams add-on licenses. Windows PowerShell を使用することもできます。You can also use Windows PowerShell. たとえば、次を実行します。For example run: Set-CsUser -identity "Amos Marble" -EnterpriseVoiceEnabled $true

  • 自動応答の無料サービス番号を取得して使用するには、コミュニケーション クレジットを設定する必要があります。To get and use toll-free service numbers for your auto attendants, you need to set up Communications Credits. これを行うには、「通信クレジットとは何 ですか?」 および「組織の 通信クレジットを設定する」を参照してくださいTo do this, see What are Communications Credits? and Set up Communications Credits for your organization.

    重要

    ユーザー (購読者) の電話番号を自動応答に割り当てることはできません。サービスの有料電話番号または無料電話番号のみを使用できます。User (subscriber) phone numbers can't be assigned to auto attendants - only service toll or toll-free phone numbers can be used.

  • 完全な自動応答システムには、通常、複数の自動応答が含まれる場合があります。A complete auto attendant system will usually involve multiple auto attendants.

  • エントリ レベルの自動応答に複数の電話番号を適用できます。It's possible to apply more than one phone number to entry-level auto attendants.

  • システムの完全な非エントリ レベルの自動応答または通話キューは、発信 PSTN 通話を行う場合にのみ電話番号が必要になります。Non-entry level auto-attendants or call queues in the complete system will only need a phone number if they will be making outbound PSTN calls.

機能の概要Feature overview

ユーザーの検索Searching for users

名前でダイヤルは、ディレクトリ検索とも呼ばれる自動応答の機能です。Dial by Name is a feature of an auto attendant that is also known as directory search. これにより、自動応答を呼び出すユーザーは、音声 (音声認識) または電話機のキーパッド (DTMF) 応答を使用して、会社のディレクトリを検索し、その人を特定し、通話を転送することができます。It enables the people who call your auto attendant to use voice (speech recognition) or their phone keypad (DTMF) responses to enter a full or partial name to search company's directory, locate the person, and then have the call transferred to them. 名前でダイヤルを使ってアクセスしたユーザーは、電話番号を持っている必要や通話プランが割り当てられている必要はありません。ただし、オンライン ユーザーの場合は電話システム のライセンスを持っている必要があります。 また、Skype for Business Server ユーザーに対して エンタープライズ VoIP が有効になっている必要があります。Users you wish to have located and reached using Dial by Name aren't required to have a phone number or have Calling Plans assigned to them, but they must have a Phone System license if they are online users, or Enterprise Voice enabled for Skype for Business Server users. 名前でダイヤルすると、複数の国の組織で異なる国または地域でホストされている Microsoft Teams ユーザーへの通話を見つけて転送することができます。Dial by Name will even be able to find and transfer calls to Microsoft Teams users who are hosted in different countries or regions for multi-national organizations. 必要な前提条件を満たす場合は、自動応答で名前でダイヤルを明示的に有効にしてください。Given the prerequisites involved, you explicitly enable Dial by Name in an auto attendant.

内線番号でのダイヤルは、ディレクトリ検索の一部である自動応答の機能です。Dial by extension is a feature of an auto attendant that is also part of directory search. これにより、自動応答を呼び出すユーザーは、音声 (音声認識) または電話機のキーパッド (DTMF) 応答を使用して、到達しようとしているユーザーの内線番号を入力し、通話を転送することができます。It enables the people who call your auto attendant to use voice (speech recognition) or their phone keypad (DTMF) responses to enter the phone extension of the user they're trying to reach, and then have the call transferred to them. 内線番号でダイヤルを使用してアクセスする必要があるユーザーは、電話番号を持っている必要はありません。また、通話プランが割り当てられている必要はありません。ただし、オンライン ユーザーの場合は電話システム のライセンスを持っている必要があります。 または、Skype for Business Server ユーザーに対して エンタープライズ VoIP が有効になっている必要があります。Users you wish to have located and reached using Dial by extension aren't required to have a phone number or have Calling Plans assigned to them, but they must have a Phone System license if they are online users, or Enterprise Voice enabled for Skype for Business Server users. また、ユーザー用に適切に構成されたダイヤル プランを用意する必要があります。You will also need to have an appropriately configured dial plan for your users. 内線番号でダイヤルすると、多国籍組織の異なる国または地域でホストされている Microsoft Teams ユーザーへの通話を見つけて転送することもできます。Dial by extension will even be able to find and transfer calls to Microsoft Teams users who are hosted in different countries or regions for multi-national organizations. 必要な前提条件を満たす場合は、自動応答で明示的に内線番号でダイヤルを有効にしてください。Given the prerequisites involved, you explicitly enable Dial by extension in an auto attendant.

最大ディレクトリ サイズMaximum directory size

呼び出し元が特定のユーザーを検索するときにサポートできる Active Directory ユーザーの数に制限はありません。There is no limit on the number of Active Directory users Dial by Name and Dial by Extension can support when a caller search for a specific person. 発信者は名前の一部またはフルネーム (FirstName + LastName、LastName + FirstName) を入力できますが、完全な内線番号が必要です。A caller can enter partial or full names (FirstName + LastName, and also LastName + FirstName), but needs the full extension number. 音声認識の使用を 1 つの自動応答でサポートできる名前リストの最大サイズは、80,000 ユーザーです。The maximum name list size that a single auto attendant can support using speech recognition is 80,000 users.

入力の種類Input type 検索の形式Search format 組織内の最大ユーザー数Maximum number of users in an organization
DTMF (キーパッド入力)DTMF (keypad entry) 部分Partial
FirstName + LastNameFirstName + LastName
LastName + FirstNameLastName + FirstName
制限なしNo limit
スピーチ (音声入力)Speech (voice input) FirstNameFirstName
LastNameLastName
FirstName + LastNameFirstName + LastName
LastName + FirstNameLastName + FirstName
80,000 ユーザー80,000 users

注意

音声認識で名前でダイヤルを使用しているが、組織の Active Directory が 80,000 を超えるユーザーであり、ダイヤルスコープ機能を使用して名前でダイヤルの範囲を制限していない場合、名前でダイヤルは電話機のキーパッドを使用する発信者に対して引き続き機能し、音声入力は他のすべてのシナリオで使用できます。If you are using Dial by Name with speech recognition, but your organization's Active Directory is larger than 80,000 users and you haven't limited the scope of Dial by Name using Dial Scope feature, Dial by Name will still work for your callers using a phone keypad, and voice inputs will be available for all other scenarios. ダイヤル範囲機能を使用して、名前でダイヤル機能の範囲を変更することによってアクセスできる名前を、特定の自動応答に絞り込むことができます。You can use the Dial Scope feature to narrow down the names that are reachable by changing the scope of Dial by Name for a particular auto attendant.

名前でダイヤル - キーパッド (DTMF) 入力Dial by Name - Keypad (DTMF) entry

発信元のユーザーは、名前でダイヤルを使用して、到達しようとしているユーザーの氏名または一部を指定して、ユーザーに到達できます。People calling in can use Dial by Name to reach users by specifying either the full or partial name of the person they are trying to reach. 名前を入力するときに使用できるさまざまな形式があります。There are various formats that can be used when the name is entered.

組織のディレクトリを検索するときに、ユーザーは '0' (ゼロ) キーを使用して、名と名または名の間と名の間のスペースを示します。When searching your organization's directory, people can use the '0' (zero) key to indicate a space between the first name and last or last name and first. 名前を入力すると、キーパッドのエントリを # キーで終了する必要があります。When they are entering the name, they will be asked to terminate their keypad entry with the # key. たとえば、"到達しようとしているユーザーの名前を入力した後、#キーを押します"。For example, "After you enter the name of the person you are trying to reach, press #." 複数の名前が見つかった場合、通話相手には選択する名前の一覧が表示されます。If there are multiple names that are found, the person calling will be given a list of names to select from.

電話機のキーパッドで次の検索形式を使用して組織内の名前を検索できます。People can search for names in your organization using the following search formats on their phone keypad:

名前の形式Name format 検索の種類Search type Example 検索結果Search result
FirstName + LastNameFirstName + LastName 完全Full Amos0Marble#Amos0Marble# Amos MarbleAmos Marble
LastName + FirstNameLastName + FirstName 完全Full Marble0Amos#Marble0Amos# Amos MarbleAmos Marble
FirstNameFirstName 完全Full Amos#Amos# Amos Marble の場合は 1 を押すPress 1 for Amos Marble
Amos Marcus の場合は 2 を押すPress 2 for Amos Marcus
LastNameLastName 完全Full Marble#Marble# Amos Marble の場合は 1 を押すPress 1 for Amos Marble
Mary Marble の場合は 2 を押すPress 2 for Mary Marble
FirstName または LastNameFirstName or LastName 部分Partial Mar#Mar# Mary Marble の場合は 1 を押すPress 1 for Mary Marble
Mary Jones の場合は 2 を押すPress 2 for Mary Jones
Amos Marcus の場合は 3 を押すPress 3 for Amos Marcus
FirsName + LastNameFirsName + LastName 部分Partial Amos0Mar#Amos0Mar# Amos Marble の場合は 1 を押すPress 1 for Amos Marble
Amos Marcus の場合は 2 を押すPress 2 for Amos Marcus
LastName + FirstNameLastName + FirstName 部分Partial Mar0Am#Mar0Am# Amos Marble の場合は 1 を押すPress 1 for Amos Marble
Amos Marcus の場合は 2 を押すPress 2 for Amos Marcus

電話機のキーパッドを使用してユーザーを検索するときに使われる特殊文字がいくつかあります。There are several special characters that are used when searching for people using a phone keypad. たとえば、名前の間のスペースに 0 (0) キーを使用する場合に、シャープ記号 (#)を使用する必要があります。For example, the person will be asked to use the pound key (#), while the zero (0) key is used for a space between names. アスタリスク キー (*) を押すと、特定のユーザーに一致する名前の一覧を繰り返します。Pressing the star key (*) will repeat the list of matching names to the person.

電話機のキーパッドの特殊文字Special phone keypad character 意味What it means
# 名前入力時の終了文字です。End character when entering a name.
00 名前の間のスペースです。Space between names.
* 一致する名前のリストを繰り返します。Repeat the list of matching names.

名前でダイヤル - 音声による名前認識Dial by Name - Name recognition with speech

ユーザーは自分の音声 (音声認識) で組織内の他のユーザーを検索できます。People can search for others in their organization with their voice (speech recognition). また、検索しようとしているユーザーの名前を言って Active Directory 内のすべてのユーザーにアクセスできます。They can also reach anyone in Active Directory by saying the name of the person they are trying to locate. 音声入力を使用すると、FirstName、LastName、FirstName + LastName、LastName + FirstName などのさまざまな形式の名前を認識できます。Using voice inputs can recognize names in various formats, including FirstName, LastName, FirstName + LastName, or LastName + FirstName.

自動応答で音声認識を有効にできますが、電話機のキーパッド入力 (DTMF) は無効にされません。You can enable speech recognition for an auto attendant, but phone keypad entry (DTMF) isn't disabled. 電話機のキーパッド入力は、自動応答で音声認識が有効になっている場合でも、いつでも使用できます。Phone keypad entry can be used at any time even if speech recognition is enabled on the auto attendant.

電話機のキーパッド入力と同様に、複数の名前が見つかると、通話相手の名前の一覧が聞こえます。As with phone keypad entry, if multiple names are found, the person calling hears a list of names to select from.

発信者は次の形式で名前を言います。Callers can say names in the following formats:

音声付き名前Name with speech 検索の種類Search type Example 検索結果Search result
FirstName + LastNameFirstName + LastName 完全Full Amos MarbleAmos Marble Amos MarbleAmos Marble
LastName + FirstNameLastName + FirstName 完全Full Marble AmosMarble Amos Amos MarbleAmos Marble
FirstNameFirstName 完全Full AmosAmos Amos Marble の場合は 1 を押すか 1 と言うPress or say 1 for Amos Marble
Amos Jones の場合は 2 を押すか 2 と言うPress or say 2 for Amos Jones
LastNameLastName 完全Full MarbleMarble Amos Marble の場合は 1 を押すか 1 と言うPress or say 1 for Amos Marble
Ben Marble の場合は 2 を押すか 2 と言うPress or say 2 for Ben Marble

注意

Active Directory レプリケーションの遅延により、新しいユーザーの名前が音声認識で名前でダイヤルのディレクトリに表示されるには、最大 36 時間かかる場合があります。It might take up to 36 hours for a new user to have their name listed in the directory for Dial by Name with speech recognition due to Active Directory replication lag.

言語のサポートLanguage support

次の言語は、送信プロンプトで使用される音声合成に使用できます。The following languages are available for text-to-speech used with outgoing prompts:

A-EA-E E-JE-J K-ZK-Z
アラビア語 (EG)Arabic (EG) 英語 (U.K.)English (NZ) 韓国語 (KO)Korean (KO)
中国語 (HK)Chinese (HK) 英語 (U.K.)English (UK) ノルウェー語 (NO)Norwegian (NO)
中国語 (TW)Chinese (TW) 英語 (米国)English (US) ポーランド語 (PL)Polish (PL)
中国語 (ZH)Chinese (ZH) フィンランド語 (FI)Finnish (FI) ポルトガル語 (BR)Portuguese (BR)
デンマーク語 (DA)Danish (DA) フランス語 (CA)French (CA) ポルトガル語 (PT)Portuguese (PT)
オランダ語 (NL)Dutch (NL) フランス語 (FR)French (FR) ロシア語 (RU)Russian (RU)
英語 (AU)English (AU) ドイツ語 (DE)German (DE) スペイン語 (ES)Spanish (ES)
英語 (CA)English (CA) イタリア語 (IT)Italian (IT) スペイン語 (MX)Spanish (MX)
英語 (IN)English (IN) 日本語 (JP)Japanese (JP) スウェーデン語 (SV)Swedish (SV)

自動応答の音声認識入力は、次の言語で使用できます。Speech recognition input for auto attendants is available in the following languages:

A から FA-F F - ZF-Z
中国語 (ZH)Chinese (ZH) フランス語 (FR)French (FR)
英語 (AU)English (AU) ドイツ語 (DE)German (DE)
英語 (CA)English (CA) イタリア語 (IT)Italian (IT)
英語 (IN)English (IN) 日本語 (JP)Japanese (JP)
英語 (U.K.)English (UK) ポルトガル語 (BR)Portuguese (BR)
英語 (米国)English (US) スペイン語 (ES)Spanish (ES)
フランス語 (CA)French (CA) スペイン語 (MX)Spanish (MX)

音声認識でサポートされている 14 の言語では、次の音声コマンドを使用できます。The following voice commands are available in the 14 languages supported for speech recognition:

音声コマンドVoice command 対応Corresponds to
はいYes [はい] の場合は 1 を押します。Press 1 for Yes.
いいえNo [いいえ] の場合は 2 キーを押します。Press 2 for No.
繰り返しRepeat オプションの一覧を繰り返します。Repeats the list of options. キーパッドの * キーを押して、オプションの一覧を繰り返します。Press * on the keypad to repeat the list of options.
オペレーターOperator "演算子" の場合は 0 キーを押すPress 0 for "Operator"
メイン メニューMain Menu 通話者を自動応答のメイン メニューに移動させます。Brings the caller to the main menu of the auto attendant.
ゼロZero 0 キーを押します (既定では、"演算子" と同じです)。Press 0 (by default, same as "Operator").
イチOne 1 キーを押します。Press 1.
Two 2 キーを押します。Press 2.
サンThree 3 キーを押します。Press 3.
ヨンFour 4 キーを押します。Press 4.
Five 5 キーを押します。Press 5.
ロクSix 6 キーを押します。Press 6.
ナナSeven 7 キーを押します。Press 7.
ハチEight 8 キーを押します。Press 8.
キュウNine 9 キーを押します。Press 9.

演算子オプションThe operator option

必要に応じて、自動応答を設定して、発信者に人間のオペレーターと話す選択を提供できます。An auto attendant can optionally be set to give a caller a selection to speak to a human operator.

キー 0 と音声コマンド "オペレーター" は、既定で呼び出しを指定されたオペレーターに指示します。Key 0 and the voice command "Operator" direct the call to the designated operator by default. これは、音声認識でサポートされるすべての言語の場合です。This is the case for all languages supported for speech recognition. [設定] メニューの [オプション] を使用して 、演算子のカスタム値を設定することもできます。You can also use Set menu Options to set a custom value for the Operator.

演算子は次の条件に設定できます。The operator can be set to:

  • Microsoft Teams ユーザーまたは有効になっている Skype for Business Server エンタープライズ VoIP。A Microsoft Teams user or a Skype for Business Server user that is Enterprise Voice-enabled.
  • 組織で設定された別の自動応答。Another auto attendant that's set up for your organization.
  • 組織で設定された任意の既存の通話キュー。Any existing call queue that's set up in your organization. 通話キューの詳細については、「クラウド通話キューを作成 する」を参照してくださいTo see more about call queues, see Create a Cloud call queue.

営業時間と通話処理Business hours and call handling

各自動応答に営業時間を設定できます。Business hours can be set on each auto attendant. 営業時間が設定されていない場合、既定では 24 時間 7 日のスケジュールが設定されている場合、その日のすべての日とすべての時間が営業時間と見なされます。If business hours aren't set, all days and all hours in the day are considered business hours because a 24/7 schedule is set by default. 営業時間は、日中の時間内の休憩を使用して設定できます。営業時間として設定されていないすべての時間は、営業時間外と見なされます。Business hours can be set with breaks in time during the day, and all of the hours that are not set as business hours are considered after-hours. 営業時間と営業時間外に応じて、さまざまな着信通話処理オプションと異なる応答メッセージ (オプション) を設定できます。You can set different incoming call-handling options and different greetings (which are optional) for business hours and after-hours.

各自動応答には、可能な通話処理オプションがいくつか用意されています。Each auto attendant has several possible call-handling options:

  • 応答メッセージの再生後に通話が切断される場合があります。The call can disconnect after a greeting plays.
  • 次の操作も実行できます。You can also:
    • 通話が有効になっているか、通話プランが割り当てられている電話システム ライセンスエンタープライズ VoIP Microsoft Teams ユーザーに通話をリダイレクトします。Redirect the call to a Microsoft Teams user who has a Phone System license that is Enterprise Voice-enabled or has Calling Plans assigned to them. 発信中のユーザーがボイスメールに送信されるように設定できます。You can set it up so the person calling in can be sent to voicemail. これを行う場合は、 あなたの会社の人 を選択して、そのユーザーの通話が自動的にボイスメールに転送されるように設定します。To do this, select a Person in your company and set this person's calls to be automatically forwarded directly to voicemail.

    • 通話キューに通話をリダイレクトします。Redirect the call to a call queue. 通話キューの詳細については、「クラウド通話キューを作成 する」を参照してくださいTo see more about call queues, see Create a Cloud call queue.

    • 通話を別の自動応答にリダイレクトします。Redirect the call to another auto attendant.

これらのオプションは、メニュー プロンプトを再生するときに、自動応答によって発信者に表示されます。These options are expressed to the caller by the auto attendant when it plays menu prompts. 例: "営業の場合は 1 を押し、サービスの場合は 2 を押します。For example: "Press 1 for Sales, Press 2 for Services. 演算子と話す場合は、いつでも 0 キーを押します。"To speak to the operator, press 0 at any time."

[設定] メニューの [オプション]Set menu Options

クラウド自動応答を使用すると、メニュー プロンプト ("営業用 1 を押す、サービスの場合は 2 を押す") を作成し、ユーザーの選択に基づいて通話をルーティングするメニュー オプションを設定できます。Cloud auto attendants allow you to create menu prompts ("Press 1 for Sales, Press 2 for Services") and set up menu options to route calls based on user selections. 自動応答のメニュー オプションを使用すると、組織は、人間のオペレーターに頼って着信通話を処理することなく、発信者を目的地に早く案内する一連の選択肢を提供できます。Menu options for an auto attendant let an organization provide a series of choices that guide callers to their destination faster, without relying on a human operator to handle incoming calls. メニュー プロンプトは、音声合成 (システムで生成されたプロンプト) を使用するか、録音されたオーディオ ファイルをアップロードして作成できます。Menu prompts can either be created by using text-to-speech (system-generated prompts) or by uploading a recorded audio file. 音声認識ではハンズフリー ナビゲーションの音声コマンドを受け入れできますが、通話しているユーザーは電話機のキーパッドを使用してメニュー間を移動することもできます。Speech recognition accepts voice commands for hands-free navigation, but people calling in can also use the phone keypad to navigate menus.

Skype for Business 管理センターを使用して、自動応答のダイヤル キーにキー 0 から 9 を割り当てることができます。Keys 0 through 9 can be assigned to dial keys in an auto attendant using the Skype for Business admin center. 営業時間と営業時間外に異なるメニュー オプション セットを作成したり、[メニュー オプション] の [名前でダイヤル] を有効または 無効にしたりすることもできますDifferent sets of menu options can be created for business hours and after hours, and you can enable or disable Dial by Name in the Menu Options. キーは、通話を次の場所に転送するためにマッピングできます。Keys can be mapped to transfer the calls to:

  • 既定でキー 0 にマッピングされる演算子。An operator, which is mapped to key 0 by default. ただし、他のキーに再割り当てしたり、メニューから削除したりすることもできます。However, it can be reassigned to any other key, or removed from the menu.
  • 通話キュー。A call queue.
  • 別の自動応答。Another auto attendant. 複数レベルのメニューを設定するには、1 つの自動応答のメニュー オプションを、"入れ子" 自動応答と呼ばれる独自のメニュー オプション セットを持つ別の自動応答にポイントします。Multi-level menus can be set up by pointing a Menu Option in one auto attendant to another auto attendant with its own set of Menu Options, which is called a "nested" auto attendant.
  • 電話システム ライセンスが有効になっているか、通話プランエンタープライズ VoIP割り当てられている Microsoft Teams ユーザー。A Microsoft Teams user who has a Phone System license that is Enterprise Voice-enabled or has Calling Plans assigned to them. 発信中のユーザーがボイスメールに送信されるように設定できます。You can set it up so the person calling in can be sent to voicemail. これを行う場合は、 あなたの会社の人 を選択して、そのユーザーの通話が自動的にボイスメールに転送されるように設定します。To do this, select a Person in your company and set this person's calls to be automatically forwarded directly to voicemail.

音声認識が有効になっている場合、すべてのメニュー オプションの名前が音声認識キーワードになります。The name of every menu option becomes a speech-recognition keyword if speech recognition has been enabled. たとえば、発信者は"1" と言ってキー 1 にマップされたメニュー オプションを選択したり、"営業" と言って "売上" という名前の同じメニュー オプションを選択できます。For example, callers can say "One" to select the menu option mapped to key 1, or they can say "Sales" to select the same menu option named "Sales."

自動応答とメニュー オプションを設定するには、[クラウド自動応答の設定] に移動しますTo set up an auto attendant and the menu options, go Set up a Cloud auto attendant.

自動応答に電話番号を割り当てるAssigning phone numbers for an auto attendant

Microsoft サービス番号、直接ルーティング番号、またはハイブリッド番号を、自動応答のリンクされたリソース アカウント (複数の電話番号が必要な場合は複数のリソース アカウント) に割り当てできます。You can assign a Microsoft service number, a direct routing number, or a hybrid number to your auto attendant's linked resource account (or to several resource accounts if more than one phone number is desired). 詳細 については、「プラン ダイレクト ルーティング 」を参照してください。See Plan Direct Routing for additional details.

サービス番号を割り当てるには、既存の有料または無料のサービス番号を取得または移植する必要があります。To assign a service number, you will need to get or port your existing toll or toll-free service numbers. 有料または無料のサービス電話番号を取得すると 、Skype for Business 管理センターの音声電話番号 > > 表示されますOnce you get the toll or toll-free service phone numbers, they show up in Skype for Business admin center > Voice > Phone numbers. 番号の種類 は、サービス - 無料 電話番号として表示されますNumber type is listed as Service - Toll-Free. サービス番号を取得するには 、「Skype for Business および Microsoft Teams のサービス電話番号を取得する」を参照するか、または既存のサービス番号を転送する場合は 、「Teamsに電話番号を転送する」を参照してください。To get your service numbers, see Getting service phone numbers for Skype for Business and Microsoft Teams or, if you want to transfer and existing service number, see Transfer phone numbers to Teams.

注意

米国外の場合は、Microsoft Teams 管理センターを使用してサービス番号を取得することはできません。If you are outside the United States, you can't use the Microsoft Teams admin center to get service numbers. わりに組織の電話番号を管理して 、その方法を確認します。Go Manage phone numbers for your organization instead to see how to do it.

電話システムで利用できる機能Here's what you get with Phone System

Skype for Business および Microsoft Teams のサービス電話番号の取得Getting service phone numbers for Skype for Business and Microsoft Teams

国および地域ごとの電話会議および通話プランの利用可能性Country and region availability for Audio Conferencing and Calling Plans