Visual Studio でのパッケージの復元エラーのトラブルシューティングTroubleshooting package restore errors in Visual Studio

注意

このページでは、Visual Studio でパッケージを復元するときの一般的なエラーと、これらのエラーを解決する手順に重点を置いて説明しています。This page focuses on common errors when restoring packages in Visual Studio and steps to resolve them. パッケージの復元方法については、「パッケージの復元」を参照してください。For how-to restore packages, see Package restore.

既定では、Visual Studio でプロジェクトをビルドすると、プロジェクトで参照される NuGet パッケージが自動的に復元されます。By default, building a project in Visual Studio automatically restores NuGet packages referenced in the project. ただし、パッケージの復元が [ツール] > [オプション] > [NuGet パッケージ マネージャー] > [パッケージの復元] の設定で無効になっていて、必要なパッケージが自分のコンピューター上で利用できない場合、ビルドは失敗します。However, builds will fail if package restore is disabled in the Tools > Options > NuGet Package Manager > Package Restore settings and the necessary packages are not available on your computer. このような場合、次のエラーが表示される可能性があります。In these cases you may see the following errors:

This project references NuGet package(s) that are missing on this computer.
Use NuGet Package Restore to download them. The missing file is {name}.
One or more NuGet packages need to be restored but couldn't be because consent has
not been granted. To give consent, open the Visual Studio Options dialog, click on
the NuGet Package Manager node and check 'Allow NuGet to download missing packages
during build.' You can also give consent by setting the environment variable
'EnableNuGetPackageRestore' to 'true'. Missing packages: {name} 

パッケージの復元を有効にするには、[ツール] > [オプション] > [NuGet パッケージ マネージャー] を開いて、[見つからないパッケージのダウンロードを NuGet に許可][Visual Studio でのビルド中に見つからないパッケージを自動的に確認] のオプションを選択します。To enable package restore, open Tools > Options > NuGet Package Manager and select the options for Allow NuGet to download missing packages and Automatically check for missing packages during build in Visual Studio:

[ツール]/[オプション] で NuGet パッケージの復元を有効にする