クイック スタート: dotnet CLI を使用してパッケージをインストールし使用するQuickstart: Install and use a package using the dotnet CLI

NuGet パッケージには、他の開発者がお客様のプロジェクトで使用できるようにした、再利用可能なコードが含まれます。NuGet packages contain reusable code that other developers make available to you for use in your projects. 背景については、NuGet の紹介に関するページを参照してください。See What is NuGet? for background. 一般的な Newtonsoft.Json パッケージに関するこの記事で説明するとおり、パッケージを .NET Core プロジェクトにインストールするには、dotnet add package コマンドを使用します。Packages are installed into a .NET Core project using the dotnet add package command as described in this article for the popular Newtonsoft.Json package.

インストール後、using <namespace> でコード内のパッケージを参照します。<namespace> は、使用しているパッケージに固有です。Once installed, refer to the package in code with using <namespace> where <namespace> is specific to the package you're using. その後、パッケージの API を使用できます。You can then use the package's API.

ヒント

nuget.org を開始する:nuget.org を参照するのは、.NET 開発者が自身のアプリケーションで再利用可能なコンポーネントを検索するための一般的な方法です。Start with nuget.org: Browsing nuget.org is how .NET developers typically find components they can reuse in their own applications. この記事で説明するように、nuget.org を直接検索することも、Visual Studio 内でパッケージを見つけてインストールすることもできます。You can search nuget.org directly or find and install packages within Visual Studio as shown in this article.

必須コンポーネントPrerequisites

  • .NET Core SDK。これは、dotnetコマンド ライン ツールを提供します。The .NET Core SDK, which provides the dotnet command-line tool. Visual Studio 2017 以降、dotnet CLI は .NET Core 関連のワークロードで自動的にインストールされます。Starting in Visual Studio 2017, the dotnet CLI is automatically installed with any .NET Core related workloads.

プロジェクトを作成するCreate a project

NuGet パッケージは、ある種類の .NET プロジェクトにインストールできます。NuGet packages can be installed into a .NET project of some kind. このチュートリアルでは、次の手順に従って、単純な .NET Core コンソール プロジェクトを作成します。For this walkthrough, create a simple .NET Core console project as follows:

  1. プロジェクトのフォルダーを作成します。Create a folder for the project.

  2. コマンド プロンプトを開いて、新しいフォルダーに切り替えます。Open a command prompt and switch to the new folder.

  3. 次のコマンドを使用して、プロジェクトを作成します。Create the project using the following command:

    dotnet new console
    
  4. dotnet run を使用して、アプリが正しく作成されたことをテストします。Use dotnet run to test that the app has been created properly.

Newtonsoft.Json NuGet パッケージを追加するAdd the Newtonsoft.Json NuGet package

  1. 次のコマンドを使用して、Newtonsoft.json パッケージをインストールします。Use the following command to install the Newtonsoft.json package:

    dotnet add package Newtonsoft.Json
    
  2. コマンドが完了したら、.csproj ファイルを開いて、追加された参照を確認します。After the command completes, open the .csproj file to see the added reference:

    <ItemGroup>
    <PackageReference Include="Newtonsoft.Json" Version="12.0.1" />
    </ItemGroup>
    

アプリで Newtonsoft.Json API を使用するUse the Newtonsoft.Json API in the app

  1. Program.csファイルを開いて、ファイルの上部に次の行を追加します。Open the Program.cs file and add the following line at the top of the file:

    using Newtonsoft.Json;
    
  2. class Program 行の前に次のコードを追加します。Add the following code before the class Program line:

    public class Account
    {
        public string Name { get; set; }
        public string Email { get; set; }
        public DateTime DOB { get; set; }
    }
    
  3. Main 関数を次のコードに置き換えます。Replace the Main function with the following:

    static void Main(string[] args)
    {
        Account account = new Account
        {
            Name = "John Doe",
            Email = "john@nuget.org",
            DOB = new DateTime(1980, 2, 20, 0, 0, 0, DateTimeKind.Utc),
        };
    
        string json = JsonConvert.SerializeObject(account, Formatting.Indented);
        Console.WriteLine(json);
    }
    
  4. dotnet run コマンドを使用して、アプリをビルドして実行します。Build and run the app by using the dotnet run command. 出力は、コード内の Account オブジェクトの JSON 表現になります。The output should be the JSON representation of the Account object in the code:

    {
      "Name": "John Doe",
      "Email": "john@nuget.org",
      "DOB": "1980-02-20T00:00:00Z"
    }
    

次の手順Next steps

最初の NuGet パッケージを無事にインストールして使用できました。Congratulations on installing and using your first NuGet package!

NuGet が提供するその他の機能を調べるには、下のリンクを選択してください。To explore more that NuGet has to offer, select the links below.