Add-BindingRedirect (Package Manager Console in Visual Studio)Add-BindingRedirect (Package Manager Console in Visual Studio)

内でのみ使用可能なNuGet パッケージ マネージャー コンソールWindows 上の Visual Studio でします。Available only within the NuGet Package Manager Console in Visual Studio on Windows.

プロジェクトの出力パス内のすべてのアセンブリを調べ、必要に応じて、アプリケーションまたは web 構成ファイルにバインド リダイレクトを追加します。Examines all assemblies within the output path for a project and adds binding redirects to the application or web configuration file where necessary. このコマンドは、パッケージをインストールすると自動的に実行されます。This command is run automatically when installing a package.

バインド リダイレクトと使用する理由の詳細については、「アセンブリ バージョンのリダイレクト.NET ドキュメントにします。For details on binding redirects and why they are used, see Redirecting Assembly Versions in the .NET documentation.

構文Syntax

Add-BindingRedirect [-ProjectName] <string> [<CommonParameters>]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
ProjectNameProjectName (必須)バインド リダイレクトを追加するプロジェクトです。(Required) The project to which to add binding redirects. -ProjectName スイッチ自体は省略可能です。The -ProjectName switch itself is optional.

これらのパラメーターには、パイプラインの入力またはワイルドカード文字がそのまま使用します。None of these parameters accept pipeline input or wildcard characters.

共通パラメーターCommon Parameters

Add-BindingRedirect 次のサポート一般的な PowerShell パラメーター: Debug、Error Action、ErrorVariable、OutBuffer、OutVariable、PipelineVariable、Verbose、WarningAction、WarningVariableAdd-BindingRedirect supports the following common PowerShell parameters: Debug, Error Action, ErrorVariable, OutBuffer, OutVariable, PipelineVariable, Verbose, WarningAction, and WarningVariable.

使用例Examples

Add-BindingRedirect MyProject

Add-BindingRedirect -ProjectName MyProject