Open-PackagePage (Visual Studio パッケージ マネージャー コンソール)Open-PackagePage (Package Manager Console in Visual Studio)

3.0 +; で非推奨とされます。内でのみ使用可能なNuGet パッケージ マネージャー コンソールWindows 上の Visual Studio でします。Deprecated in 3.0+; available only within the NuGet Package Manager Console in Visual Studio on Windows.

プロジェクト、ライセンス、またはレポートの指定したパッケージの URL の不正使用の既定のブラウザーを起動します。Launches the default browser with the project, license, or report abuse URL for the specified package.

構文Syntax

Open-PackagePage [-Id] <string> [-Version] [-Source] [-License] [-ReportAbuse]
    [-PassThru] [<CommonParameters>]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
IDId 目的のパッケージのパッケージ ID。The package ID of the desired package. -Id スイッチ自体は省略可能です。The -Id switch itself is optional.
VersionVersion 既定では、最新バージョンのパッケージのバージョン。The version of the package, defaulting to the latest version.
ソースSource パッケージ ソースで既定のソースのドロップダウン リストで選択したソースになります。The package source, defaulting to the selected source in the source drop-down.
ライセンスLicense パッケージのライセンス URL をブラウザーが開きます。Opens the browser to the package's License URL. -ライセンスも - ReportAbuse が指定されて、パッケージのプロジェクトの URL をブラウザーが開きます。If neither -License nor -ReportAbuse is specified, the browser opens the package's Project URL.
ReportAbuseReportAbuse パッケージのレポートの URL の不正使用にブラウザーを開きます。Opens the browser to the package's Report Abuse URL. -ライセンスも - ReportAbuse が指定されて、パッケージのプロジェクトの URL をブラウザーが開きます。If neither -License nor -ReportAbuse is specified, the browser opens the package's Project URL.
PassThruPassThru URL を表示します。-whatif を使用すると、ブラウザーを開いてを抑制します。Displays the URL; use with -WhatIf to suppress opening the browser.

これらのパラメーターには、パイプラインの入力またはワイルドカード文字がそのまま使用します。None of these parameters accept pipeline input or wildcard characters.

共通パラメーターCommon Parameters

Open-PackagePage 次のサポート一般的な PowerShell パラメーター: デバッグ、エラー アクション、ErrorVariable、OutBuffer、OutVariable、PipelineVariable、Verbose、WarningAction、WarningVariable、します。Open-PackagePage supports the following common PowerShell parameters: Debug, Error Action, ErrorVariable, OutBuffer, OutVariable, PipelineVariable, Verbose, WarningAction, and WarningVariable.

使用例Examples

# Opens a browser with the Ninject package's project page
Open-PackagePage Ninject

# Opens a browser with the Ninject package's license page
Open-PackagePage Ninject -License

# Opens a browser with the Ninject package's report abuse page  
Open-PackagePage Ninject -ReportAbuse

# Assigns the license URL to the variable, $url, without launching the browser
$url = Open-PackagePage Ninject -License -PassThru -WhatIf