debugPrintfdebugPrintf

適用対象: Excel 2013 | Office 2013 | Visual StudioApplies to: Excel 2013 | Office 2013 | Visual Studio

null で終わるバイト文字列を、Windows SDK 関数 OutputDebugStringA を使用してアクティブなデバッガーに書き込むフレームワーク ライブラリ関数。アプリケーションにデバッガーがない場合は、システムのデバッガーに文字列が表示されます。アプリケーションにデバッガーがなく、システムのデバッガーがアクティブでない場合、debugPrintf は何の動作も行いません。Framework library function that writes a null-terminated byte-string to the active debugger via the Windows SDK function OutputDebugStringA. If the application has no debugger, the system debugger displays the string. If the application has no debugger and the system debugger is not active, debugPrintf does nothing.

この関数は値を返しません。This function does not return a value.

void WINAPI debugPrintf(LPSTR lpFormat, arguments);

パラメーターParameters

lpFormat (LPSTR)lpFormat (LPSTR)

形式文字列。sprintf 関数とともに用いられる文字列の構文とルールに従います。The format string, which follows the syntax and rules for that used with the sprintf function.

argumentsarguments

形式文字列に一致する 0 個以上の引数。Zero or more arguments to match the format string.

Example

この関数は、関数にコントロールが渡されたことを示す文字列を印刷します。コンパイルする前に _DEBUG フラグを定義する必要があります。未定義のままでは、この関数は何の動作も行いません。This function prints a string to show that control was passed to it. The _DEBUG flag must be defined before compiling or else this function does nothing.

\SAMPLES\EXAMPLE\EXAMPLE.C

short WINAPI debugPrintfExample(void)
{
#ifdef _DEBUG
   debugPrintf("Made it!\r");
#endif
   return 1;
}

関連項目See also

フレームワーク ライブラリの関数Functions in the Framework Library