Func1Func1

適用対象: Excel 2013 | Office 2013 | Visual StudioApplies to: Excel 2013 | Office 2013 | Visual Studio

ユーザー定義のワークシート関数の例で、返される静的な文字列値について説明します。GENERIC.xll が読み込まれると、GENERIC.xll によってこの関数が登録されて、ワークシートから呼び出すことができるようになります。Example user-defined worksheet function demonstrates the return of a static string value. When GENERIC.xll is loaded, it registers this function so that it can be called from the worksheet.

LPXLOPER12 WINAPI Func1(LPXLOPER12 px);

パラメーターParameters

px (LPXLOPER)px (LPXLOPER)

この引数は無視され、Microsoft Excel をトリガーして関数を呼び出すためだけの役目を果たします。This argument is ignored, and serves only to trigger Microsoft Excel to call the function.

プロパティ値/戻り値Property Value/Return Value

LPXLOPER12: 常に文字列 "Func1"LPXLOPER12: Always the string "Func1"

Example

この関数のソース コードについては、\SAMPLES\GENERIC\GENERIC.C を参照してください。See \SAMPLES\GENERIC\GENERIC.C for the source code for this function.

関連項目See also

汎用 DLL の関数Functions in the Generic DLL