FuncFibFuncFib

適用対象: Excel 2013 | Office 2013 | Visual StudioApplies to: Excel 2013 | Office 2013 | Visual Studio

N 番目のフィボナッチ数を計算するユーザー定義ワークシート関数の例です。GENERIC.xll が読み込まれるときに、ワークシートから呼び出すことができるように、この関数を登録します。Example user-defined worksheet function that computes the Nth Fibonacci number. When GENERIC.xll is loaded, it registers this function so that it can be called from the worksheet.

LPXLOPER12 WINAPI FuncFib (LPXLOPER12 pxN);

パラメーターParameters

pxN (LPXLOPER12)pxN (LPXLOPER12)

N 番目のフィボナッチ数が必要とされる N の値。The value of N for which the Nth Fibonacci number is required.

プロパティ値/戻り値Property Value/Return Value

(成功した場合は xltypeNum LPXLOPER12、それ以外の場合は xltypeErr)(xltypeNum LPXLOPER12 if successful or xltypeErr otherwise)

N 番目のフィボナッチ数。The Nth Fibonacci number.

注釈Remarks

この関数は、関数ブロック内で戻り値 XLOPER12 として定義された静的変数を使用します。これはスレッド セーフではないため、この関数もスレッド セーフではありません。Excel 2007 以降では、この戦略を使用して XLOPER または XLOPER12 を返すワークシート関数をスレッド セーフとして登録しないでください。The function uses a static variable defined within the function block as the return value XLOPER12. This is not thread safe, and so this function, and any worksheet function that uses this strategy for returning XLOPERs or XLOPER12s, should not be registered as thread safe starting in Excel 2007.

Example

この関数のソース コードについては、\SAMPLES\GENERIC\GENERIC.C を参照してください。See \SAMPLES\GENERIC\GENERIC.C for the source code for this function.

関連項目See also

汎用 DLL の関数Functions in the Generic DLL