フレームワーク ライブラリの関数Functions in the Framework Library

適用対象: Excel 2013 | Office 2013 | Visual StudioApplies to: Excel 2013 | Office 2013 | Visual Studio

フレームワーク ライブラリは、XLL を簡単に記述できるようにするために作成されました。The Framework Library was created to help make writing XLLs easier. これには、XLOPER/ XLOPER12 メモリの管理、一時 XLOPER/ XLOPER12 の作成、Microsoft Excel のコールバック関数の確実な呼び出し (Excel4Excel4v、** Excel12 Excel12v **)、接続されている端末上のデバッグ文字列の印刷のための単純な関数が含まれています。The Framework Library was created to help make writing XLLs easier. It includes simple functions for managing XLOPER/ XLOPER12 memory, creating temporary XLOPER/ XLOPER12, robustly calling the Microsoft Excel callback functions ( Excel4, Excel4v, ** Excel12 **, ** Excel12v **) and printing debugging strings on an attached terminal.

このライブラリに含まれている関数は、次のようなコードの一部を簡略化するのに役立ちます。The functions included in this library help simplify a piece of code that looks like the following.

XLOPER12 xMissing, xBool;
xMissing.xltype = xltypeMissing;
xBool.xltype = xltypeBool;
xBool.val.xbool = 0;
Excel12(xlcDisplay, 0, 2, (LPXLOPER12) &xMissing, (LPXLOPER12) &xBool);

簡略化されたコードは次の例のようになります。The simplified code looks like the following example.

Excel12f(xlcDisplay, 0, 2, TempMissing12(), TempBool12(0));

次の関数がフレームワーク ライブラリに含まれています。The following functions are included in the Framework library:

debugPrintfdebugPrintf
GetTempMemoryGetTempMemory
FreeAllTempMemoryFreeAllTempMemory
InitFrameworkInitFramework
QuitFrameworkQuitFramework
XLOPER で使用する関数Functions Used with XLOPERs XLOPER12 で使用する関数Functions Used with XLOPER12s
ExcelExcel
Excel12fExcel12f
TempNumTempNum
TempNum12TempNum12
TempStrTempStr
TempStr12TempStr12
TempStrConstTempStrConst
TempStr12ConstTempStr12Const
TempBoolTempBool
TempBool12TempBool12
TempIntTempInt
TempInt12TempInt12
TempErrTempErr
TempErr12TempErr12
TempActiveRefTempActiveRef
TempActiveRef12TempActiveRef12
TempActiveCellTempActiveCell
TempActiveCell12TempActiveCell12
TempActiveRowTempActiveRow
TempActiveRow12TempActiveRow12
TempActiveColumnTempActiveColumn
TempActiveColumn12TempActiveColumn12
TempMissingTempMissing
TempMissing12TempMissing12

これらの関数を使用すると、DLL または XLL を記述するために必要な時間を短くできます。また、サンプル アプリケーション GENERIC から開発を開始しても開発時間を短縮できます。GENERIC.C をテンプレートとして使用して、XLL のフレームワークをセットアップしてから、既存のコードを独自のコードに置き換えることができます。Use of these functions shortens the amount of time required to write a DLL or XLL. Starting development from the sample application GENERIC also shortens development time. Use GENERIC.C as a template to help set up the framework of an XLL, and then replace the existing code with your own.

一時 XLOPER/ XLOPER12 関数は、フレームワーク ライブラリで管理されるローカル ヒープのメモリを使って XLOPER/ XLOPER12 の値を作成します。XLOPER/ XLOPER12 の値は、FreeAllTempMemory 関数を呼び出すまで、あるいは Excel または Excel12f 関数を呼び出すまで、有効です (Excel 関数と Excel12f 関数は、すべての一時メモリを解放してから戻ります)。The temporary XLOPER/ XLOPER12 functions create XLOPER/ XLOPER12 values by using memory from a local heap managed by the Framework library. The XLOPER/ XLOPER12 values remain valid until you call the FreeAllTempMemory function or either of the Excel or Excel12f functions. (The Excel and Excel12f functions free all temporary memory before returning.)

フレームワーク ライブラリの関数を使用するには、FRAMEWRK.H ファイルを C コードに含め、FRAMEWRK.C ファイルまたは FRMWRK32.LIB ファイルをコード プロジェクトに追加する必要があります。To use the Framework library functions, you must include the FRAMEWRK.H file in your C code and add the FRAMEWRK.C or FRMWRK32.LIB files to your code project.

関連項目See also