TempBool/TempBool12TempBool/TempBool12

適用対象: Excel 2013 | Office 2013 | Visual StudioApplies to: Excel 2013 | Office 2013 | Visual Studio

ブール値 TRUE または FALSE を含む一時 XLOPER/ XLOPER12 を作成するフレームワーク ライブラリ関数。Framework library function that creates a temporary XLOPER/ XLOPER12 containing Boolean TRUE or FALSE.

LPXLOPER TempBool(int b);
LPXLOPER12 TempBool12(int b);

パラメーターParameters

b (int)b (int)

FALSE を返すには 0 を使用します。TRUE を返すには 0 以外の値を使用します。Use 0 to return FALSE; use any other value to return TRUE.

プロパティ値/戻り値Property Value/Return Value

渡された論理値を含む xltypeBool ブール値 を返します。Returns an xltypeBool Boolean containing the logical value passed in.

Example

次の例では、TempBool12 関数を使用して、ステータス バーをクリアにします。Excel/Excel12f 関数が呼び出されると、一時メモリが解放されます。The following example uses the TempBool12 function to clear the status bar. Temporary memory is freed when the Excel/Excel12f function is called.

\SAMPLES\EXAMPLE\EXAMPLE.C

short int WINAPI TempBoolExample(void)
{
    Excel12f(xlcMessage, 0, 1, TempBool12(0));
    return 1;
}

関連項目See also

フレームワーク ライブラリの関数Functions in the Framework Library