xlfCallerxlfCaller

適用対象: Excel 2013 | Office 2013 | Visual StudioApplies to: Excel 2013 | Office 2013 | Visual Studio

現在実行中の DLL コマンドまたは関数を呼び出したセル、セルの範囲、メニューのコマンド、ツールバーのツール、またはオブジェクトに関する情報を返します。Returns information about the cell, range of cells, command on a menu, tool on a toolbar, or object that called the DLL command or function that is currently running.

呼び出し元のコードCode called from 返される値Returns
DLLDLL
登録 ID。The Register ID.
単一のセルA single cell
単一セルの参照。A single-cell reference.
複数セルの配列数式A multi-cell array formula
複数セルの参照。A multi-cell reference.
条件付き書式設定式A conditional formatting expression
書式設定の条件が適用されているセルへの参照。A reference to the cell to which the formatting condition is applied.
メニューA menu
4 つの要素の単一行配列A four-element single-row array:
バーの ID。The bar ID.
メニューの位置。The menu position.
サブメニューの位置。The submenu position.
コマンドの位置。The command position.
ツールバーA toolbar
2 つの要素の単一行配列A two-element single-row array:
組み込みツールバーの場合はツールバー番号、カスタム ツールバーの場合はツールバー名。The toolbar number for built-in toolbars or the toolbar name for custom toolbars.
ツールバー上の位置。The position on the toolbar.
グラフィック オブジェクトA graphic object
オブジェクトの識別子 (オブジェクト名)。The object identifier (object name).
xlcOnEnter、ON.ENTER、イベント トラップに関連付けられたコマンドA command associated with an xlcOnEnter, ON.ENTER, event trap
入力される 1 つまたは複数のセルへの参照。A reference to the cell or cells being entered.
xlcOnDoubleclick、ON.DOUBLECLICK、イベント トラップに関連付けられたコマンドA command associated with an xlcOnDoubleclick, ON.DOUBLECLICK, event trap.
ダブルクリックされたセル (必ずしもアクティブなセルではありません)。The cell that was double-clicked (not necessarily the active cell).
Auto_Open、AutoClose、Auto_Activate または Auto_Deactivate マクロAuto_Open, AutoClose, Auto_Activate or Auto_Deactivate macro
呼び出し元シートの名前。The name of the calling sheet.
この一覧にない他のメソッドOther methods not listed
#REF! エラー。#REF! Error.
Excel12(xlfCaller, (LPXLOPER12) pxRes,0);

プロパティ値/戻り値Property Value/Return Value

戻り値は、XLOPER/ XLOPER12 データ型の xltypeRefxltypeSRefxltypeNumxltypeStrxltypeErr、または xltypeMulti です。これらの型のうちの 3 つは割り当て済みのメモリを指すため、必要がなくなったら、必ず xlFree function の呼び出しで、xlfCaller の戻り値を解放する必要があります。The return value is one of the following XLOPER/ XLOPER12 data types: xltypeRef, xltypeSRef, xltypeNum, xltypeStr, xltypeErr, or xltypeMulti. Since three of these types point to allocated memory, the return value of xlfCaller should always be freed in a call to the xlFree function when it is no longer needed.

XLOPER/ XLOPER12 の詳細については、「Excel でのメモリ管理」を参照してください。For more information about XLOPERs/ XLOPER12s see Memory Management in Excel.

注釈Remarks

この関数は、DLL/XLL ワークシート関数から呼び出し可能な唯一の非ワークシート関数です。その他の XLM 情報関数は、コマンドまたはマクロ シート同等の関数からのみ呼び出すことができます。This function is the only non-worksheet function that can be called from a DLL/XLL worksheet function. Other XLM information functions can only be called from commands or macro-sheet equivalent functions.

Example

\SAMPLES\EXAMPLE\EXAMPLE.C。この関数はコマンド マクロ (xlcSelect) を呼び出し、マクロ シートから呼び出された場合にのみ正しく動作します。\SAMPLES\EXAMPLE\EXAMPLE.C. This function calls a command macro (xlcSelect) and will work correctly only when called from a macro sheet.

short WINAPI CallerExample(void)
{
   XLOPER12 xRes;
   Excel12(xlfCaller, &xRes, 0);
   Excel12(xlcSelect, 0, 1, (LPXLOPER12)&xRes);
   Excel12(xlFree, 0, 1, (LPXLOPER12)&xRes);
   return 1;
}

関連項目See also

重要で役に立つ C API XLM 関数Essential and Useful C API XLM Functions