xlfRegister (形式 2)xlfRegister (Form 2)

適用対象: Excel 2013 | Office 2013 | Visual StudioApplies to: Excel 2013 | Office 2013 | Visual Studio

Microsoft Excel から呼び出された DLL コマンドまたは XLL コマンドから呼び出すことができます。これは、Excel XLM マクロ シートからの REGISTER の呼び出しと同等です。Can be called from a DLL or XLL command that has itself been called by Microsoft Excel. This is equivalent to calling REGISTER from an Excel XLM macro sheet.

xlfRegister 関数は、次の 2 つの形式で呼び出すことができます。The xlfRegister function can be called in two forms:

  • xlfRegister (形式 1): コマンドや関数を個々に登録します。xlfRegister (Form 1): Registers an individual command or function.

  • xlfRegister (形式 2): XLL を読み込んでアクティブ化します。xlfRegister (Form 2): Loads and activates an XLL.

この関数を形式 2 で呼び出した場合は、xlAutoOpen プロシージャを含む XLL の読み込みとアクティブ化のみ行います。Called in Form 2, this function can only be used to load and activate an XLL containing an xlAutoOpen procedure.

Excel12(xlfRegister, LPXLOPER12 pxRes, 1, LPXLOPER12 pxModuleText);

パラメーターParameters

pxModuleText (xltypeStr)pxModuleText (xltypeStr)

読み込みとアクティブ化を行う DLL 名。The name of the DLL to be loaded and activated.

プロパティ値/戻り値Property Value/Return Value

成功すると、DLL 名 (xltypeStr) を返します。If successful, this returns the name of the DLL (xltypeStr). Otherwise it returns a #VALUE! error. それ以外の場合は、#VALUE! Otherwise it returns a #VALUE! エラーを返します。Error

関連項目See also

重要で役に立つ C API XLM 関数Essential and Useful C API XLM Functions