xlGetHwndxlGetHwnd

適用対象: Excel 2013 | Office 2013 | Visual StudioApplies to: Excel 2013 | Office 2013 | Visual Studio

Microsoft Excel ウィンドウの最上位のウィンドウ ハンドルを返します。Returns the window handle of the top-level Microsoft Excel window.

Excel4(xlGetHwnd, LPXLOPER pxRes, 0); /* returns low part only */
Excel12(xlGetHwnd, LPXLOPER12 pxRes, 0); /* returns full handle */

パラメーターParameters

この関数には引数はありません。This function has no arguments.

プロパティ値/戻り値Property Value/Return Value

val.w フィールドにウィンドウ ハンドル (xltypeInt) が格納されます。Contains the window handle (xltypeInt) in the val.w field.

注釈Remarks

この関数は、Windows API のコードを記述するために役立ちます。This function is useful for writing Windows API code.

Excel4 または Excel4v を使用して、この関数を呼び出すと、返される XLOPER 整数変数は、16 ビット符号付き short int になります。この場合に格納できるのは、32 ビット Windows ハンドルの下位 16 ビットのみです。上位の部分を確認するには、コードですべてのオープン ウィンドウを反復処理し、上位の部分との一致を見つける必要があります。Excel 2007 以降では、XLOPER12 の整数変数は 32 ビットの符号付き整数になり、すべてのオープン ウィンドウを反復処理する必要がなくなっています。When you call this function using Excel4 or Excel4v, the returned XLOPER integer variable is a signed 16-bit short int. This is only capable of containing the low 16 bits of the 32-bit Windows handle. To find the high part, your code must iterate through all open windows looking for a match with the low part. Starting in Excel 2007, the integer variable of the XLOPER12 is a signed 32-bit int and therefore contains the entire handle, removing the need to iterate all open windows.

Example

SAMPLES\GENERIC\GENERIC.C で、fShowDialog 関数 のコードを参照してください。See the code for the fShowDialog function in SAMPLES\GENERIC\GENERIC.C.

関連項目See also