実行時に InfoPath オブジェクト モデルを使用するフォーム テンプレートのトラブルシューティングを行うTroubleshoot form templates that use the InfoPath object model at run time

ここでは、 Microsoft.Office.Interop.InfoPath.SemiTrust 名前空間によって実行時に提供される InfoPath 2003 互換オブジェクト モデルを使用する、InfoPath マネージ コード フォーム テンプレートの操作時に発生する可能性のある一般的なトラブルシューティングのシナリオについて説明します。The following sections describe common troubleshooting scenarios you may encounter while working with InfoPath managed-code form templates that use the InfoPath 2003-compatible object model provided by the Microsoft.Office.Interop.InfoPath.SemiTrust namespace at run time.

実行時にマネージ コードの未処理の例外の通知を表示します。Display notifications for unhandled managed-code exceptions at run time

フォーム コード内で try-catch 例外処理を使用していないと、デバッグ中およびプレビュー中に、未処理の例外に関する情報が InfoPath によって InfoPath のエラー ダイアログ ボックスに表示されます。If you do not use try-catch exception handling in your form code, InfoPath will display information about unhandled exceptions in the InfoPath error dialog box while debugging and previewing. しかし、既定では、マネージ コード フォーム テンプレートを展開した場合の実行時には、未処理の例外は Info Path エラー ダイアログ ボックスに表示されることはありません。However, by default, unhandled exceptions are not displayed in the InfoPath error dialog box at run time when you deploy your managed-code form template. マネージ コード例外の実行時に表示する場合は、処理エラーを使用して InfoPath 2003 オブジェクト モデルの「マネージ コード例外の処理」セクションの手順に従います。If you want managed-code exceptions displayed at run time, follow the procedure in the "Handling Managed Code Exceptions" section of Handle Errors Using the InfoPath 2003 Object Model.

展開後のマネージ コードのフォーム テンプレートの問題Problems with managed-code form templates after deployment

マネージ コード フォーム テンプレートは、必ず最終的な展開先でテストしてください。Be sure to test your managed-code form template in the location where it will be finally deployed. 展開手順については、コードを含む InfoPath フォーム テンプレートの展開を参照してください。For information on deployment procedures, see Deploy InfoPath Form Templates with Code. 展開に関係するセキュリティ シナリオの詳細については、「コードを含むフォーム テンプレートのセキュリティ モデルについて」を参照してください。For information on security scenarios that affect deployment, see About the Security Model for Form Templates with Code.

.NET Framework 1.1 Configuration ユーティリティおよび InfoPath フォーム テンプレート コード グループを使用して、マネージ コード フォーム テンプレート専用のアクセス許可を追加する場合、同じセキュリティ ポリシーをすべてのクライアント コンピューターに展開してください。If you use the .NET Framework 1.1 Configuration utility and the InfoPath Form Templates code group to add specific permissions for a managed-code form template, make sure that the same security policy is deployed on all client computers. また、ローカル コンピューターの特定の場所を指す URLEvidence を指定する場合、指定先にはソリューションが最終的に展開されるフォルダー (展開中に使用される場所とは異なる場所) を指してください。Also, if you are specifying URLEvidence that refers to a location on the local computer, make sure that the specified location refers to the folder where the solution will be finally deployed (not the same location used during development). マネージ コード フォーム テンプレートの.NET Framework のセキュリティの設定を構成する方法の詳細については、コードのフォーム テンプレートのセキュリティ設定の構成のトピックの「を割り当てること FullTrust をフォームで特定の URL または UNC」セクションを参照してください。For information on configuring .NET Framework security settings for a managed-code form template, see the "Assigning FullTrust to Forms at a Specific URL or UNC" section of the Configure Security Settings for Form Templates with Code topic.

関連項目See also