attAttachRenddataattAttachRenddata

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

AttAttachRenddata属性は、メッセージの添付ファイルを表示する場所と方法を説明するRENDDATA構造体としてエンコードされます。The attAttachRenddata attribute is encoded as a RENDDATA structure that describes how and where the attachment is rendered in the message text. RENDDATA構造体は、 sizeof(RENDDATA) バイトのRENDDATA構造体の最初のメンバーで始まるだけで TNEF ストリームにエンコードされます。The RENDDATA structure is simply encoded in the TNEF stream as sizeof(RENDDATA) bytes beginning with the first member of the RENDDATA structure. RENDDATA構造体のdwFlagsのメンバーの値は、 MAC_BINARYに設定されている場合、次の添付ファイルのデータに格納されます MacBinary 形式です。それ以外の場合、添付ファイルのデータは、いつものようにエンコードされます。If the value of the RENDDATA structure's dwFlags member is set to MAC_BINARY, then the data for the following attachment is stored in MacBinary format; otherwise, the attachment data is encoded as usual.