クライアントの名前を付ける責任Client Naming Responsibilities

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

クライアントは、ゲートウェイで変換する必要があるプロパティの名前付け規則に従う必要があります。Clients must follow a naming convention for their properties that need to be translated by a gateway. マッピング可能なプロパティを保持するために指定されている 5 つのプロパティ セットのいずれかの名前付きプロパティとしては、翻訳対象のすべてのプロパティを作成する必要があります。All properties to be translated should be created as named properties in one of the five property sets designated to hold mappable properties:

PS_ROUTING_EMAIL_ADDRESSESPS_ROUTING_EMAIL_ADDRESSES

PS_ROUTING_ADDRTYPEPS_ROUTING_ADDRTYPE

PS_ROUTING_DISPLAY_NAMEPS_ROUTING_DISPLAY_NAME

PS_ROUTING_ENTRYIDPS_ROUTING_ENTRYID

PS_ROUTING_SEARCH_KEYPS_ROUTING_SEARCH_KEY

同じユーザーに関連するプロパティのアドレスを指定する必要がある同じ名前です。Addressing properties that relate to the same user must be given the same name. ゲートウェイのアドレスを正しいアドレスの種類と一致することができますこの名前付け規則に依存しています。Gateways rely on this naming convention, which enables them to match an address with its correct address type. アドレスを解析するためアドレスとアドレスの種類のマッピングを正確にする必要があります。For address parsing, the mapping between address and address type must be accurate.

MAPINAMEIDデータ構造体、プロパティ名できる Unicode 文字列または 32 ビット整数のいずれかを指定すると、MAPI の名前付きプロパティが表されます。MAPI named properties are represented with the MAPINAMEID data structure, which specifies that the property name can be either a Unicode string or a 32-bit integer. 詳細については、 MAPINAMEIDを参照してください。For more information, see MAPINAMEID. アドレスのグループのマッピング可能なプロパティのセットを区別する簡単な方法は、そのユーザーへのインデックスとして使用できます簡単には、整数値の名前付けをお勧めします。Integer naming is recommended for groups of addresses because it is a straightforward way to differentiate between sets of mappable properties, and it can easily serve as an index to the user. 整数を使用する代わりは、5 つのユーザーのマッピング可能なプロパティのすべての名前として 1 つの文字列を割り当てるには。The alternative to using integers is to assign one string as the name for all five of a user's mappable properties. 1 人のユーザーは、マッピングを必要とする場合にのみ文字列を割り当てることは、許容範囲です。If only one user requires mapping, assigning a string is acceptable. ただし、複数のユーザーがある場合に整数値の名前付けを使用することをお勧めします。However, when there are multiple users, it is better to use integer naming. 名前、数値または文字列ベースであるかどうか保存するべきクライアント アプリケーションによって定義されているプロパティ セットに属するプロパティまたはメッセージ クラス固有のプロパティで。The name, whether it be numeric or string-based, should be stored in either a message class-specific property or in a property belonging to a property set that is defined by the client application.

注意

"Route_recipient_1"と"route_recipient_2 です"などの文字列を整数値の名前を変換することを回避します。Avoid translating integer names to strings, such as "route_recipient_1" and "route_recipient_2." この作業が必要ではありません。This effort is unnecessary.

この名前付け規則がどのように動作を示すためには、4 人のチームの各メンバーにメッセージを送信するルーティング アプリケーションを検討します。To illustrate how this naming convention works, consider a routing application that sends a message to each member of a four-person team. 1 つのメンバーは、メッセージを受信したときに彼または彼女対応する必要がそれを次のようなメンバーにコンパイル済みの応答と共に送信する前にします。When one member receives the message, he or she must respond to it before it can be sent along with the compiled responses to the next member. 元のメッセージには、1 つのエントリに受信者の一覧が含まれています: 最初のチームのメンバーです。The original message contains a recipient list with one entry: the first member of the team. メッセージ内に埋め込まれては、ゲートウェイのマッピングが可能なプロパティを使って、他の 3 つのチーム メンバーです。Embedded within the message are the gateway-mappable properties for the other three team members. 各メンバー名として一意の番号が割り当てられている、ゲートウェイのマッピングが可能なプロパティ セット内に存在する 5 つの主要なユーザーのプロパティを持ちます。Each member has five core user properties residing in the gateway-mappable property sets, that are assigned a unique number as a name.

次の表は、最初のチーム メンバーが操作を終了するときにメッセージをルーティング先のチーム メンバーの残りの 3 つの格納されているゲートウェイ マップのプロパティの各セットの設定を示しています。The following table illustrates the settings for each set of gateway-mappable properties stored for the three remaining team members to whom the message is routed when the first team member is finished with it.

Property SetProperty Set チーム 2 番目の
のメンバー
Second Team
Member
第 3 のチーム
メンバー
Third Team
Member
チームの 4 番目に
のメンバー
Fourth Team
Member
PS_ROUTING_EMAIL_ADDRESSESPS_ROUTING_EMAIL_ADDRESSES
アドレス = 0Address = 0
アドレス = 1Address = 1
アドレス = 2Address = 2
PS_ROUTING_ADDRTYPEPS_ROUTING_ADDRTYPE
型のアドレス = 0Address type = 0
アドレスの種類 = 1Address type = 1
アドレスの種類 = 2Address type = 2
PS_ROUTING_DISPLAY_NAMEPS_ROUTING_DISPLAY_NAME
表示名 = 0Display name = 0
表示名 = 1Display name = 1
表示名 = 2Display name = 2
PS_ROUTING_ENTRYIDPS_ROUTING_ENTRYID
エントリ id = 0Entry identifier = 0
エントリ id = 1Entry identifier = 1
エントリ id = 2Entry identifier = 2
PS_ROUTING_SEARCH_KEYPS_ROUTING_SEARCH_KEY
検索キー = 0Search key = 0
検索キー = 1Search key = 1
検索キー = 2Search key = 2

その他のメッセージ プロパティへの参照としてマップ可能な検索キーを使用するクライアントは、これらのマッピング可能なプロパティ セットのいずれかに配置されていないは、他のメッセージのプロパティを変換できませんが認識しなければなりません。Clients that use mappable search keys as references to other message properties must recognize that the other message properties will not be translated unless they are placed in one of these mappable property sets. 別のメッセージング ドメインで移動先にマップされた検索キーにマップされていない参照を含むメッセージが送信されると、参照は有効ではありません。When a message with unmapped references to mapped search keys is sent to a destination in another messaging domain, the references are invalid. 検索キーを使用して同期を保つためには、他のプロパティを有効を割り当てることができますコアのマッピング可能なプロパティのいずれかに割り当てられた名前に影響を与えない PS_ROUTING_SEARCH_KEY プロパティ セット内の文字列名。To enable these other properties to remain synchronized with the search keys, you can assign them string names in the PS_ROUTING_SEARCH_KEY property set that do not interfere with the names given to any of the core mappable properties. たとえば、クライアントは、ルーティングの長いリストの最後に人の検索キーを格納するプロパティを転送する必要があります。For example, suppose a client needs to transmit a property that contains the search key for the last person in a long routing list. クライアントは、「last_search_key です」と呼ばれる PS_ROUTING_SEARCH_KEY プロパティ セットの名前付きプロパティを作成できます。The client can create a named property in the PS_ROUTING_SEARCH_KEY property set called "last_search_key." マッピング可能なプロパティのセットに格納される、ために、ゲートウェイのマッピングが可能なプロパティの残りの部分と"last_search_key"プロパティが変換されます。Because it is stored in a mappable property set, the "last_search_key" property is translated along with the rest of the gateway-mappable properties.