メッセージ サービスを構成します。Configuring a Message Service

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

メッセージ サービスですべてのサービス プロバイダーを構成するのにはTo configure all the service providers in a message service

  • IMsgServiceAdmin::ConfigureMsgServiceを呼び出します。Call IMsgServiceAdmin::ConfigureMsgService. すべての構成に必要なデータがある場合プログラムでは、ユーザー インターフェイスを表示するかどうかを選択できます。If all of the data necessary for configuration is available programmatically, you can choose whether or not to display a user interface. ただし、1 つまたは複数のプロバイダーの情報の一部が利用できない場合を確認、SERVICE_UI_ALLOWED または SERVICE_UI_ALWAYS フラグを設定することです。However, if some of the information for one or more providers is not available, make sure that you set the SERVICE_UI_ALLOWED or SERVICE_UI_ALWAYS flag. 必要な構成データは、メッセージが構成されていないサービスの結果を使用できない場合は、ユーザー インターフェイスを抑制します。Suppressing a user interface when required configuration data is unavailable results in an unconfigured message service.

メッセージ サービスで 1 つのサービス プロバイダーを構成するのにはTo configure a single service provider in a message service

  1. サービス プロバイダーの状態のオブジェクトにアクセスするのにはIMAPISession::GetStatusTableを呼び出します。Call IMAPISession::GetStatusTable to access the service provider's status object.

  2. サービス プロバイダーのプロパティ シートを表示するのにはIMAPIStatus::SettingsDialogを呼び出します。Call IMAPIStatus::SettingsDialog to display the service provider's property sheet.

ステータス オブジェクトの使い方の詳細については、状態テーブルおよび状態オブジェクトを参照してください。For more information about using status objects, see Status Table and Status Objects.