CreateIPropCreateIProp

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

プロパティのデータ オブジェクトは、 IPropDataオブジェクトを作成します。Creates a property data object, that is, an IPropData object.

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapiutil.hMapiutil.h
によって実装されます。Implemented by:
MAPIMAPI
によって呼び出されます。Called by:
クライアント アプリケーションとサービス ・ プロバイダーClient applications and service providers
SCODE CreateIProp(
  LPCIID lpInterface,
  ALLOCATEBUFFER FAR * lpAllocateBuffer,
  ALLOCATEMORE FAR * lpAllocateMore,
  FREEBUFFER FAR * lpFreeBuffer,
  LPVOID lpvReserved,
  LPPROPDATA FAR * lppPropData
);

ParametersParameters

lpInterfacelpInterface

[in]インターフェイス識別子 (IID) のプロパティのデータ オブジェクトへのポインター。[in] Pointer to an interface identifier (IID) for the property data object. 有効なインタ フェース識別子は、IID_IMAPIPropData です。The valid interface identifier is IID_IMAPIPropData. プロパティのデータ オブジェクトの標準的なインターフェイスにキャストするのには_lppPropData_パラメーターで返されるプロパティのデータ オブジェクトは、 _lpInterface_パラメーターに NULL を渡すことも。Passing NULL in the lpInterface parameter also causes the property data object returned in the lppPropData parameter to be cast to the standard interface for a property data object.

lpAllocateBufferlpAllocateBuffer

[in]メモリの割り当てに使用するMAPIAllocateBuffer関数へのポインター。[in] Pointer to the MAPIAllocateBuffer function, to be used to allocate memory.

lpAllocateMorelpAllocateMore

[in]追加メモリの割り当てに使用するMAPIAllocateMore関数へのポインター。[in] Pointer to the MAPIAllocateMore function, to be used to allocate additional memory.

lpFreeBufferlpFreeBuffer

[in]メモリを解放するために使用する、 MAPIFreeBuffer関数へのポインター。[in] Pointer to the MAPIFreeBuffer function, to be used to free memory.

lpvReservedlpvReserved

[����]�\�񂳂�Ă��܂��B0 �ɂ���K�v������܂��B[in] Reserved; must be zero.

lppPropDatalppPropData

[out]返されるプロパティのデータ オブジェクトへのポインターへのポインター。[out] Pointer to a pointer to the returned property data object.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

�ʘb���������A�\�������l�܂��͒l���Ԃ���܂��BThe call succeeded and has returned the expected value or values.

MAPI_E_INTERFACE_NOT_SUPPORTEDMAPI_E_INTERFACE_NOT_SUPPORTED

このオブジェクトには、要求されたインターフェイスはサポートされていません。The requested interface is not supported for this object.

備考Remarks

LpAllocateBufferlpAllocateMore、および_lpFreeBuffer_の入力パラメーターは、それぞれMAPIAllocateBufferMAPIAllocateMore、およびMAPIFreeBuffer関数では、] をポイントします。The lpAllocateBuffer, lpAllocateMore, and lpFreeBuffer input parameters point to the MAPIAllocateBuffer, MAPIAllocateMore, and MAPIFreeBuffer functions, respectively. CreateIPropを呼び出すクライアント アプリケーションが MAPI の関数を同じ名前でポインターを渡しますサービス プロバイダーは、これらの関数は、初期化の呼び出しで受信した、 IMAPISupport::GetMemAllocRoutinesメソッドの呼び出しで取得したポインターを渡します。A client application calling CreateIProp passes in pointers to the MAPI functions just named; a service provider passes the pointers to these functions it received in its initialization call or retrieved with a call to the IMAPISupport::GetMemAllocRoutines method.