プロファイル ウィザードを使用してプロファイルを作成します。Creating a Profile by Using the Profile Wizard

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

プロファイル ウィザードは、可能な最も簡単な方法でプロファイルを作成するユーザーを有効にする MAPI 機能です。The Profile Wizard is a MAPI feature that enables a user to create a profile in the easiest possible way. プロファイル ウィザードでは、一連のメッセージ サービスを選択し、いくつかの最も重要な構成プロパティの値を入力するように求めるダイアログ ボックスが表示されます。The Profile Wizard displays a series of dialog boxes which prompt the user to select message services and enter values for a few of the most essential configuration properties. その他の必要なプロパティのほとんどは、プロファイル ウィザードは、既定値を使用します。For most of the other required properties, the Profile Wizard uses default values provided. プロファイル ウィザードを起動するには、 LaunchWizardLAUNCHWIZARDENTRYのプロトタイプでは関数を呼び出します。To invoke the Profile Wizard, call LaunchWizard, a function based on the LAUNCHWIZARDENTRY prototype.

ユーザーは、プロファイル ウィザードをサポートする新しいプロファイルに、メッセージ サービスとサービス ・ プロバイダーだけを追加できます。The user can add only those message services and service providers to the new profile that support the Profile Wizard. 各メッセージ サービスでは、プロファイル ウィザードが処理できるよりもを設定するその他のプロパティに必要なために、このアプローチを使用する場合ことが、選択したサービスまたは構成が不完全なのでプロバイダーの 1 つ以上に注意します。Because each message service might require more properties to be set than the Profile Wizard can handle, be aware that if you use this approach, it is possible for one or more of the selected services or providers to be incompletely configured.