受信者リストを作成します。Creating a Recipient List

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

受信者一覧は、各メッセージの受信者のプロパティの値の構造体の配列を含むADRLIST構造体など、メッセージの送信先。A recipient list is an ADRLIST structure that contains an array of property value structures for each message recipient — destination for the message. 受信者には、人間のユーザー、コンピューター、またはフォルダーを表すことができます。A recipient can represent a human user, a machine, or a folder. すべてのメッセージを送信するには、名前解決プロセスを使用された 1 つ以上の受信者が必要とする、受信者のプロパティの値の配列で、 PR_ENTRYID (PidTagEntryId) のプロパティが含まれていることを確認するプロセスです。All messages to be sent require at least one recipient that has been through the name resolution process — a process for ensuring that the PR_ENTRYID (PidTagEntryId) property is included in the recipient's property value array.

受信者のプロパティは、アドレス帳のプロパティとメッセージのプロパティの組み合わせです。The properties of a recipient are a combination of address book properties and message properties. 受信者のプロパティは、特定の受信者のすべてのメッセージにするか、現在のメッセージにのみ適用できます。Recipient properties can apply either to all messages for a particular recipient or only to the current message. 両方のメッセージ ・ ストアと、トランスポート プロバイダーは、受信者のプロパティを設定できます。Both message store and transport providers can set recipient properties.

各受信者は、メッセージを送信する準備ができました時点でそのプロパティ値の配列にプロパティのコア セットが必要です。Each recipient must have a core set of properties in its property value array by the time the message is ready to be sent. 受信者のプロパティのセットは次のとおりです。The required set of recipient properties include:

受信者のアクセス、メッセージを送信して他のユーザーと比較するには、これらのプロパティが使用されます。These properties are used to access the recipient, send messages to it, and to compare it to others. すべてのプロパティはすぐに使用できる必要があります。Not all of these properties need to be available right away. できる受信者を追加する最初のエントリの識別子を知らなくてもこのプロパティを割り当てるには、名前解決の処理に依存すること。You can add a recipient initially without knowing its entry identifier, relying on the name resolution process to assign this property. メッセージを送信する前に、いくつかの時点ですべての受信者リストに受信者が解決するかどうかを確認するのにはIAddrBook::ResolveNameを呼び出します。At some point before you send a message, call IAddrBook::ResolveName to make sure that all of the recipients in your recipient list are resolved. 詳細については、受信者名を解決するを参照してください。For more information, see Resolving a Recipient Name.

ユーザーまたは配布リストのエントリをアドレス帳コンテナー内のメッセージと、一時アドレスから、受信者の一覧を作成できます。Recipient lists can be created from messaging users or distribution list entries in an address book container or from one-offs. 一時アドレスは、1 つのメッセージをアドレス指定のみに使用する一時的なエントリ、または個人用アドレス帳に追加するエントリとして作成される受信者です。One-offs are recipients that are created either as temporary entries to be used only for addressing a single message or as entries to be added to a personal address book. 一時エントリ id とアドレスの形式は、MAPI によって定義されます。The format for a one-off entry identifier and address is defined by MAPI. これらの形式の詳細については、 1 回限りのアドレス1 回限りのエントリ Idを参照してください。For more information about these formats, see One-Off Addresses and One-Off Entry Identifiers.

ユーザーは、受信者のリストを作成するを有効にすることができます。You can enable users to build their recipient lists:

  • でアドレス帳のエントリです。Only with entries from the address book.

  • で 1 回限りのエントリです。Only with one-off entries.

  • アドレス帳の受信者と一時アドレスの組み合わせです。With a combination of address book recipients and one-offs.

共通のアドレス] ダイアログ ボックスを使用して受信者のリストを作成するにはTo create a recipient list using the common address dialog box

  1. ADRPARM構造体と、 ADRLIST構造体へのポインターを割り当てます。Allocate an ADRPARM structure and a pointer to an ADRLIST structure.

  2. ADRPARM構造体のメモリを 0 し、 ADRLISTのポインターを NULL に設定します。Zero the memory in the ADRPARM structure and set the ADRLIST pointer to NULL.

  3. [アドレス] ダイアログ ボックスを表示し、 ADRPARM構造体を作成するIAddrBook::Addressを呼び出します。Call IAddrBook::Address to display the address dialog box and populate the ADRPARM structure.

  4. IMessage::ModifyRecipientsADRLISTポインターを渡すことを呼び出します。Call IMessage::ModifyRecipients, passing the ADRLIST pointer. この構造体は、各ユーザーが選択されている受信者のプロパティに含まれます。This structure will contain the properties of each of the recipients selected by the user.

受信者の一覧をプログラムで作成するにはTo create a recipient list programmatically

  1. リストに含まれる受信者ごとの 1 つのADRENTRY構造体を含むADRLIST構造体を割り当てます。Allocate an ADRLIST structure that contains one ADRENTRY structure for each of the recipients to be included in the list. ADRENTRY構造体の必要なプロパティ、およびPR_RECIPIENT_TYPE (PidTagRecipientType) を保持するのに十分な大きさを確認します。Make each ADRENTRY structure large enough to hold each of the required properties and PR_RECIPIENT_TYPE (PidTagRecipientType).

  2. 各受信者について、 ADRLIST構造体のaEntriesメンバーのプロパティ値の配列を設定します。For each recipient, set the property value array for its aEntries member in the ADRLIST structure.

  3. MODRECIP_ADD フラグを設定してIMessage::ModifyRecipientsを呼び出します。Call IMessage::ModifyRecipients with the MODRECIP_ADD flag set.