メッセージ サービスの設計Designing a message service

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

メッセージ サービスを利用するコードを記述する作業を開始する前にすることが重要な設計を作成します。Before you begin to write code to support your message service, it is important to create a design. デザイン プロセスでは、次の問題を解決するには。Resolve the following issues in your design process:

  1. メッセージ サービスに含めるサービス プロバイダーの数を決定します。Determine how many service providers should be included in the message service. サービスに関連するサービス ・ プロバイダー (つまり、同じメッセージング システムと連携するプロバイダー) だけが含まれます。Include only related service providers (that is, providers that work with the same messaging system) in your service. 関連のないサービス ・ プロバイダーは、同じメッセージ サービスに属していません。Unrelated service providers do not belong in the same message service. 関連のないサービス ・ プロバイダーおよびメッセージ サービスを統合するためのプロファイルを使用します。Use the profile for integrating unrelated service providers and message services.

  2. メッセージ サービスにはサービス プロバイダーの種類を含めるかを決定します。Determine what type of service providers should be included in the message service. ほとんどのメッセージ サービスには、それぞれの一般的な種類の 1 つのプロバイダーが含まれます。Most messge services include one provider of each of the common types. 一般的なメッセージ サービスは、1 つのアドレス帳プロバイダー、1 つのメッセージ ストア プロバイダー、および 1 つのトランスポート プロバイダー。That is, the typical message service has one address book provider, one message store provider, and one transport provider.

  3. Dll の数を確認、メッセージ サービスが含まれている必要があります。Determine how many DLLs should contain the message service. メッセージ サービスが使用する Dll の数は、次に依存します。The number of DLLs that a message service uses depends on the following:

    • メッセージ サービスのライターとして許容できる処理の複雑さの度合いです。The degree of complexity that you as the writer of the message service are willing to handle.

    • メッセージ サービスのサービス プロバイダーの種類。The type of service providers in the message service.

    • 別のメッセージ サービスとメッセージ サービスがあるとの関係です。The relationship that the message service might have with another message service.

    MAPI には、プロバイダーの種類ごとに 1 つのエントリ ポイントが格納されているために、1 つの DLL に同じ種類の複数のプロバイダーを含めないでください。Because MAPI stores only one entry point for each provider type, do not include multiple providers of the same type in a single DLL. 意味 1 つのタイプの複数のプロバイダーを含むように場合、は、それらを個別の Dll に実装するか、エントリ ポイント関数を共有しています。If it makes sense to include multiple providers of one type, either implement them in separate DLLs or have them share an entry point function. 別のオプションは、関連するメッセージ サービスでは、同じインストールを使用することができるメッセージ サービスなどを実装して、構成のコードと同じ DLL のエントリ ポイントの関数、1 つの DLL です。Another option is to implement related message services, or message services that are able to use the same installation and configuration code and the same DLL entry point function, in one DLL.

    可能であれば、使うことをおをインストールし、メッセージ サービスを構成するには、メッセージ サービス内のすべてのサービス ・ プロバイダーとすべてのコードの実装を含む 1 つの DLL を使用します。If possible, keep it simple and use one DLL that contains the implementation of all the service providers in the message service and all the code to install and configure the message service. これが不可能な場合は、インストールと構成のコードと、すべてのサービス プロバイダーの 1 つの DLL の 1 つの DLL またはプロバイダーごとに 1 つの DLL を実装できます。If this is not possible, you can implement one DLL for the installation and configuration code and either a single DLL for all of the service providers or one DLL for each provider.

  4. メッセージ サービスの DLL または Dll の名前を決定します。Determine a name for the message service DLL or DLLs.

関連項目See also