構成のプロパティ シートを表示します。Displaying configuration property sheets

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

トランスポート プロバイダーは、プロパティ シートの構成を実装するためにIMAPISupport::DoConfigPropsheetメソッドを使用します。Transport providers use the IMAPISupport::DoConfigPropsheet method to implement configuration property sheets. DoConfigPropSheetを呼び出すと、トランスポート プロバイダーはそれらを表示する方法についての情報とプロパティの配列をポインターで渡します。When calling DoConfigPropSheet, the transport provider passes in a pointer to an array of properties along with information about how to display them. MAPI ではユーザーにプロパティが、標準のダイアログ ボックスを使用してに表示されます。MAPI then presents the properties to the user by means of a standard dialog box. 一貫性のあるインターフェイスのユーザーにとってのメリットのためのトランスポート プロバイダーを実装する場合、このプロパティ シートのメカニズムを使用するよう強くお勧めします。You are strongly encouraged to use this property sheet mechanism when implementing your transport provider due to the benefit to the user of a consistent interface.

トランスポート プロバイダーTransport providers

トランスポート プロバイダーは、 DoConfigPropSheetで使用するため、表示された表の作成を簡略化するのにBuildDisplayTable関数を使用することができます。Transport providers can use the BuildDisplayTable function to simplify construction of a display table for use with DoConfigPropSheet. トランスポート プロバイダーは、プロパティ シート API を直接使用することができますもします。Transport providers can also use the property sheet API directly. バッファーのプロパティを変更するには、トランスポート プロバイダーは、 CreateIProp関数を使用できます。To buffer changes to the properties, transport providers can use the CreateIProp function. ユーザー プロパティに格納されている値を変更するときに、ユーザーがキャンセルの処理が簡素化されます。This simplifies the handling of cancellations by the user while the user modifies the values stored in the properties. かどうか、必要に応じてトランスポート プロバイダーも提供できますウィザード ダイアログ ボックスがユーザーの構成作業を簡略化します。If necessary, a transport provider can also provide a wizard dialog box to simplify configuration tasks for the user.