エントリ IDENTRYID

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

MAPI オブジェクトのエントリ id が含まれています。Contains an entry identifier for a MAPI object.

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapidefs.hMapidefs.h
関連するマクロ:Related macros:
CbNewENTRYIDSizedENTRYIDCbNewENTRYID, SizedENTRYID
typedef struct
{
  BYTE abFlags[4];
  BYTE ab[MAPI_DIM];
} ENTRYID, FAR *LPENTRYID;

メンバーMembers

abFlagsabFlags

オブジェクトを説明する情報を提供するためのフラグのビットマスクです。Bitmask of flags that provide information that describes the object. フラグ、 abFlags [0] の最初のバイトのみが、プロバイダーによって設定することが他の 3 つが予約されています。Only the first byte of the flags, abFlags[0], may be set by the provider; the other three are reserved. 永続的なエントリの識別子は、これらのフラグを設定しないでください。短期的なエントリの識別子にのみ設定されます。These flags must not be set for permanent entry identifiers; they are only set for short-term entry identifiers. クライアントにこの構造体は、読み取り専用です。To clients, this structure is read-only. AbFlags [0] では、次のフラグを設定できます。The following flags can be set in abFlags[0]:

MAPI_NOTRECIPMAPI_NOTRECIP

エントリの識別子は、メッセージの受信者として使用できません。The entry identifier cannot be used as a recipient on a message.

MAPI_NOTRESERVEDMAPI_NOTRESERVED

他のユーザーは、エントリの識別子にアクセスできません。Other users cannot access the entry identifier.

MAPI_NOWMAPI_NOW

それ以外の場合は、エントリの識別子を使用できません。The entry identifier cannot be used at other times.

MAPI_SHORTTERMMAPI_SHORTTERM

エントリの識別子は、短期的です。The entry identifier is short-term. エントリの識別子の他の使用が有効でない場合、このバイトで他のすべての値を設定しなければなりません。All other values in this byte must be set unless other uses of the entry identifier are enabled.

MAPI_THISSESSIONMAPI_THISSESSION

エントリの識別子は、他のセッションでは使用できません。The entry identifier cannot be used on other sessions.

abab

サービス プロバイダーによって使用されるバイナリ データの配列を示します。Indicates an array of binary data that is used by service providers. クライアント アプリケーションは、この配列を使用できません。The client application cannot use this array.

備考Remarks

エントリ IDの構造を使用してメッセージを格納し、アドレス帳プロバイダーは、オブジェクトの一意の識別子を作成します。The ENTRYID structure is used by message store and address book providers to construct unique identifiers for their objects. 次の種類のオブジェクトを識別するエントリの識別子が使用されます。Entry identifiers are used to identify the following types of objects:

  • メッセージ ・ ストアMessage stores

  • フォルダーFolders

  • メッセージMessages

  • アドレス帳コンテナーAddress book containers

  • 配布リストDistribution lists

  • ユーザーのメッセージングMessaging users

  • ステータス オブジェクトStatus objects

  • プロファイル セクションProfile sections

各プロバイダーでは、そのプロバイダーに適したエントリ IDの構造体の形式を使用します。Each provider uses a format for the ENTRYID structure that makes sense for that provider.

1 つのオブジェクトは、2 つの異なるバイナリ値で表すことができるため、エントリ ID を直接比較することはできません。Entry identifiers cannot be compared directly because one object can be represented by two different binary values. 2 つのエントリ id が同じオブジェクトを表しているかどうかを確認するのには、 IMAPISession::CompareEntryIDsメソッドを呼び出します。To determine whether two entry identifiers represent the same object, call the IMAPISession::CompareEntryIDs method.

クライアントは、そのエントリの識別子を取得するオブジェクトのIMAPIProp::GetPropsメソッドを呼び出す、ときにオブジェクトのエントリ id の最も永続的な形式を返します。When a client calls an object's IMAPIProp::GetProps method to retrieve its entry identifier, the object returns the most permanent form of the entry identifier. エントリ識別子は、 abFlagsメンバーの最初のバイトに設定されているフラグのいずれかを確認することで長期的なクライアントを確認できます。A client can verify that an entry identifier is long-term by checking that none of the flags are set in the first byte of the abFlags member.

クライアントには、このエントリの識別子は、長期的なのではなく短期的な多くの場合、テーブル内の列をエントリ id がアクセスするとします。When a client accesses an entry identifier through a column in a table, most likely this entry identifier is short-term instead of long-term. 現在の MAPI セッションでのみ、対応するオブジェクトを開くには、短期的なエントリの識別子を使用できます。Short-term entry identifiers can be used to open their corresponding objects only in the current MAPI session. クライアントは、エントリ識別子は、 abFlagsメンバーの最初のバイトに設定されているすべてのフラグを確認することで短期的なことを確認できます。A client can verify that an entry identifier is short-term by checking that all of the flags are set in the first byte of the abFlags member.

いくつかのエントリ id は短期的なが、長期的に使用されています。Some entry identifiers are short-term, but have long-term use. このようなエントリ id は、 abFlagsメンバーの最初のバイトに設定する適切なフラグの 1 つ以上があります。Such an entry identifier will have one or more of the appropriate flags set in the first byte of its abFlags member.

エントリ IDの構造体には、 FLATENTRY構造体に似ています。An ENTRYID structure resembles a FLATENTRY structure. ただし、これにはいくつか相違点があります。However, there are some differences:

  • エントリ IDの構造体は、エントリ識別子のサイズを格納しません。FLATENTRY構造体は次のとおり行われます。An ENTRYID structure does not store the size of the entry identifier; a FLATENTRY structure does.

  • フラグ データおよびエントリの識別子の残りの部分に個別に格納エントリ IDの構造体FLATENTRY構造体は、フラグとデータ エントリの識別子の残りの部分を格納します。An ENTRYID structure stores the flag data and the rest of the entry identifier separately; a FLATENTRY structure stores the flag data with the rest of the entry identifier.

  • IMAPIPropインターフェイスのメソッドに、次のOpenEntryメソッドをエントリ IDの構造体がパラメーターとして渡された: IABLogon::OpenEntryアドレス帳コンテナーIMAPIContainer::OpenEntryIMAPISession::OpenEntryIMAPISupport::OpenEntryIMsgStore::OpenEntryIMSLogon::OpenEntryAn ENTRYID structure is passed as a parameter to the methods of the IMAPIProp interface and to the following OpenEntry methods: IABLogon::OpenEntry, IAddrBook::OpenEntry, IMAPIContainer::OpenEntry, IMAPISession::OpenEntry, IMAPISupport::OpenEntry, IMsgStore::OpenEntry, IMSLogon::OpenEntry

  • エントリ IDの構造体を使用すると、ディスク上のエントリ id を格納します。An ENTRYID structure is used to store an entry identifier on disk. エントリ識別子をファイルに格納するバイトのストリームに渡すことは、 FLATENTRY構造体が使用されます。A FLATENTRY structure is used to store an entry identifier in a file or pass it in a stream of bytes.

クライアントは、必然的に配置されたエントリの識別子で常に渡す必要があります。Clients should always pass in naturally aligned entry identifiers. プロバイダーでは、任意に配置されたエントリの識別子を処理する必要がありますがクライアントにはこの現象は限りません。Although providers should handle arbitrarily aligned entry identifiers, clients should not expect this behavior. 適切なアライメントされたエントリの識別子をメソッドに渡すと可能性が整列エラー RISC プロセッサにします。Failure to pass a good aligned entry identifier to a method can cause an alignment fault on RISC processors.

自然な配置、8 バイト、通常は、CPU でサポートされる最大のデータ型と通常のシステム メモリ アロケーターによって使用される同じ配置係数。The natural alignment factor, typically 8 bytes, is the largest data type supported by the CPU, and usually the same alignment factor used by the system memory allocator. 自然にアラインメントされたメモリ アドレスでは、整列エラーを生成することがなくそのアドレスをサポートしている任意のデータ型にアクセスするために CPU を使用できます。A naturally aligned memory address allows the CPU to access any data type it supports at that address without generating an alignment fault. RISC cpu、サイズ N バイトのデータ型する必要があります通常に配置する、N バイトの倍数 N. の偶数の倍数の中のアドレスを持つFor RISC CPUs, a data type of size N bytes must usually be aligned on an even multiple of N bytes, with the address being an even multiple of N.

詳細については、エントリの識別子を参照してください。For more information, see Entry Identifiers.

関連項目See also

FLATENTRYFLATENTRY

IMAPISupport::CompareEntryIDsIMAPISupport::CompareEntryIDs

PidTagRecordKey の標準的なプロパティPidTagRecordKey Canonical Property

MAPI の構造MAPI Structures