FGetComponentPathFGetComponentPath

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

プライベート Mapi32.dll へのパスを返します。Returns the path to the private Mapi32.dll.

BOOL FGetComponentPath(
  LPCSTR szComponent,
  LPSTR szQualifier,
  LPSTR szDllPath,
  DWORD cchBufferSize,
  BOOL fInstall
);

ParametersParameters

szComponentszComponent

[in]Mapi32.dll スタブのレジストリ設定」で説明する MSIComponentID レジストリ キーです。[in] The MSIComponentID reg key described in Mapi32.dll Stub Registry Settings.

szQualifierszQualifier

[in]MSIApplicationLCID または MSIOfficeLCID のサブキーを特定のバージョンの MAPI 負荷を選択する」に記載します。[in] The MSIApplicationLCID or MSIOfficeLCID subkey described in Choose a Specific Version of MAPI to Load. 修飾子がない場合、呼び出し元がnull渡すことができます。Callers can pass null if there is no qualifier.

szDllPathszDllPath

[in]プライベートの Mapi32.dll は、すべての MAPI 機能 (、Mapi32.dll と同じエクスポート) を持つへのパス。[in] The path to the private Mapi32.dll, which has full MAPI functionality (the same exports as the Mapi32.dll).

cchBufferSizecchBufferSize

[in]SzDllPath、文字のサイズです。[in] The size of szDllPath, in characters.

fInstallfInstall

[in]それが存在しない場合は、プライベート、Mapi32.dll コンポーネントをインストールするのには MAPI を指示します。[in] Tells MAPI to install the private Mapi32.dll component if it is absent.

�߂�lReturn value

truetrue

パスが見つかりました。The path was found.

falsefalse

パスが見つかりませんでした。The path was not found.

備考Remarks

プライベート Mapi32.dll へのパスを取得したい場合に、 FGetComponentPath関数を使用します。Use the FGetComponentPath function when you need to get the path to the private Mapi32.dll.

関連項目See also

MAPI 負荷からの特定のバージョンを選択します。Choose a Specific Version of MAPI to Load

Mapi32.dll スタブのレジストリ設定Mapi32.dll Stub Registry Settings