通知を強制します。Forcing a Notification

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

サービス プロバイダーの使用の場合、 IMAPISupport: IUnknown通知は、MAPI の方法が非表示のウィンドウとその対応するウィンドウ プロシージャを使用して通知を提供します。When service providers use the IMAPISupport : IUnknown methods for notification, MAPI delivers notifications using a hidden window and its corresponding window procedure. 各プロセスが通知を受信するには、MAPI は、非表示のウィンドウに特別なメッセージを投稿します。For each process to receive a notification, MAPI posts a special message to the hidden window. このメッセージは、MAPIDEFS で定義されている定数szMAPINotificationMsgと呼ばれます。H.This message is named with the constant szMAPINotificationMsg which is defined in MAPIDEFS.H.

非表示のウィンドウのウィンドウ プロシージャは、 szMAPINotificationMsgメッセージを処理するとき、これらの通知が表示されます。You receive these notifications when the hidden window's window procedure processes the szMAPINotificationMsg message. 通知が配信されることを保証するには、待ってから、このszMAPINotificationMsgのメッセージをディスパッチする必要があります。To guarantee that notifications are delivered, it is necessary to wait for and dispatch this szMAPINotificationMsg message. これを達成するためのロジックを実装することを行うだけでかなりが、MAPI は MAPI DLL にエントリ ポイントがさらに簡単な処理を行うには、 HrDispatchNotificationsと呼ばれるを提供します。Implementing the logic to achieve this can be done fairly simply, but MAPI provides an entry point into the MAPI DLL called HrDispatchNotifications to make processing even simpler. クライアントに通知を受信するには、次のようにHrDispatchNotificationsを呼び出します。Call HrDispatchNotifications as follows to receive notifications in your client:

HRESULT hr = HrDispatchNotifications(0);