フォーム構成ファイルの [プラットフォーム] セクションForm Configuration File [Platforms] Section

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

[プラットフォーム] セクションには、このフォームでサポートされているプラットフォームの完全なセットが一覧表示されます。The [Platforms] section lists the complete set of platforms supported by this form. プラットフォームの各エントリは、接頭辞プラットフォームですEach platform entry consists of the prefix Platform. 文字列、_文字列_は、プラットフォームには任意の文字列のコードをです。string, where string is an arbitrary string code for the platform. 各文字列は、個別の [プラットフォーム] セクションのCPUエントリに対応します。Each string corresponds to the CPU entry of an individual [Platforms] sections. [プラットフォーム] セクション内の各エントリは、それ以降を参照するための_プラットフォームの文字列_を定義 [プラットフォームですEach entry in a [Platforms] section defines a platform string that references a subsequent [Platform. プラットフォームの文字列] のセクションで次のようにします。platform string ] section as shown here.

[プラットフォーム] セクションには、このフォームでサポートされているプラットフォームの完全なセットが一覧表示されます。The [Platforms] section lists the complete set of platforms supported by this form. プラットフォームの各エントリは、接頭辞プラットフォームですEach platform entry consists of the prefix Platform. 文字列、_文字列_は、プラットフォームには任意の文字列のコードをです。string, where string is an arbitrary string code for the platform. 各文字列は、個別の [プラットフォーム] セクションのCPUエントリに対応します。Each string corresponds to the CPU entry of an individual [Platforms] sections. [プラットフォーム] セクション内の各エントリは、それ以降を参照するための_プラットフォームの文字列_を定義 [プラットフォームですEach entry in a [Platforms] section defines a platform string that references a subsequent [Platform. プラットフォームの文字列] のセクションで次のようにします。platform string ] section as shown here.

[プラットフォーム][Platforms]

プラットフォームです。Platform. 文字列 = プラットフォームの文字列string = platform string

[プラットフォーム] セクションの例を次に示します。Following is an example of a [Platforms] section.

[Platforms]
Platform.1 = NTx86
Platform.2 = Win95

[プラットフォームですEach [Platform. プラットフォームの文字列] ] セクションには、 CPUOSVersionの 2 つの必要なエントリが含まれています。platform string ] section contains the two required entries, CPU and OSVersion. CPUは、プロセッサを指定し、 OSVersionエントリは、オペレーティング システムを指定します。The CPU entry specifies the processor, and the OSVersion entry specifies the operating system. CPUの有効な値については、次の表で説明します。Valid CPU values are described in the following table.

CPU エントリCPU Entry プロセッサProcessor
Ix86Ix86
Intel 80 x 86 Pentium シリーズのプロセッサと AMD、Cyrix、NextGen およびその他のメーカーから同等のプロセッサです。Intel 80x86 and Pentium series processors, as well as equivalent processors from AMD, Cyrix, NextGen and other manufacturers.
MIPSMIPS
MIPS R4000 シリーズ ・ プロセッサです。MIPS R4000 series processors.
AXPAXP
デジタル機器企業の Alpha AXP プロセッサです。Digital Equipment Corporation Alpha AXP processor.
PPCPPC
モトローラ社の Power PC シリーズ ・ プロセッサです。Motorola Power PC series processors.
M68M68
Mororola 68 x 00 シリーズ ・ プロセッサです。Mororola 68x00 series processors.

OSVersionの有効な値については、次の表で説明します。Valid OSVersion values are described in the following table.

OSVersion エントリOSVersion Entry オペレーティング システムOperating System
Win3.1Win3.1
Windows 3.1 および 3.11 をワークグループの Windows。Windows 3.1 and Windows for Workgroups 3.11.
WinNT3.5WinNT3.5
Windows NT 3.5 またはそれ以下では。Windows NT 3.5 or lower.
Win95Win95
Windows 95 です。Windows 95.
WinNT4.0WinNT4.0
Windows NT 4.0。Windows NT 4.0.
Mac7Mac7
Macintosh システム 7。Macintosh System 7.

さらに、 [プラットフォームですAdditionally, the [Platform. プラットフォームの文字列] のセクションでは、ファイルまたはリンクのいずれかのエントリを含める必要があります。platform string ] section must contain either a File or LinkTo entry. ファイルのエントリは、フォーム サーバー アプリケーション実行可能ファイル、フォーム ライブラリを維持し、フォームを起動すると、ディスク キャッシュに新しいサブディレクトリにロードを一覧表示します。The File entry lists the form server application executable file that the form library maintains and loads into a new subdirectory in the disk cache when the form is launched. リンクエントリを代わりに使用する場合、ファイル情報の取得元となるプラットフォームのさまざまな文字列の名前が含まれています。If a LinkTo entry is used instead, it contains the name of a different platform string from which the File information is taken. これは、フォームの 1 つのバージョンには、複数のプラットフォームがサポートしている場合に便利です。This is useful if one version of a form supports multiple platforms.

ファイルのエントリが使用されるたびに、レジストリエントリが使用される、フォームのサーバー アプリケーションの実行可能ファイルが保存されているフォーム ライブラリのレジストリ キーを識別します。The Registry entry is used whenever the File entry is used, it identifies the registry key for the form library where the executable file for the form server application is stored. 円記号 () に続く文字列は、レジストリのルートに配置されます。Strings preceded by a backslash ( \ ) are placed at the root of the registry. いない円記号に続く文字列が_GUID_の HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\ に配置されます。 _GUID_は、フォームのGUIDのレジストリ キーです。Strings not preceded by a backslash are placed in the HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\ GUID\ registry key, where GUID is the GUID of the form. "%D"の文字は、フォーム構成ファイルの読み取り元のディレクトリのパス名を示すために使用できます。The characters "%d" can be used to indicate the pathname of the directory from which the form configuration file has been read. これは、機能は、フォーム構成ファイルへの相対パス名とその他のファイルを指定するために便利です。This is useful for specifying other files with pathnames relative to the form configuration file. その他のテキストの後にプレフィックスとして、ファイルまたはレジストリを使用して複数のファイルまたはレジストリエントリを指定できます。Multiple File or Registry entries can be specified by using File or Registry as a prefix followed by any other text. 形式、 [プラットフォームですThe format for the [Platform. プラットフォームの文字列] のセクションでは。platform string ] section is:

  • [プラットフォームです。[Platform. プラットフォームの文字列]platform string ]

  • CPU = の文字列CPU = string

  • OSVersion = の文字列OSVersion = string

  • ファイル = のパスFile = path

  • リンク = の文字列LinkTo = string

  • レジストリ = の文字列Registry = string

2 つの例を次に示します [プラットフォームですThe following are two example [Platform. プラットフォームの文字列] のセクションファイルのエントリを使用して、リンクのエントリを使用します。platform string ] sections, one using the File entry and one using the LinkTo entry.

[Platform.NTx86]
CPU = ix86
OSVersion = WinNT3.5
File = \helpdesk.exe
Registry = Local Server = %d\helpdesk.exe
[Platform.Win95]
CPU = ix86
OSVersion = Win95
LinkTo = NTx86

[プラットフォームですThe [Platform. プラットフォームの文字列] のセクションでは、インストーラーが利用可能なローカル ストレージに OLE レジストリにハンドラーの名前とメッセージ クラスのハンドラーを構成するファイルを配置しているし、行ったことが前提とすると、ローカルのフォーム ライブラリにフォームを追加するときに無視されますがシステムのレジストリ内の OLE 登録します。platform string ] section is ignored when adding a form to the local form library, when it is assumed that the installer has placed the files constituting the message class handler into available local storage as named in the handler's section in the OLE registry, and has done the OLE registration in the system's registry.