フォーム構成ファイルの [プロパティ] セクションForm Configuration File [Properties] Section

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

[プロパティ] セクションでフォームを使用し、公開のプロパティの完全なセットを一覧表示します。作成し、そのカスタム メッセージを MAPI クライアント アプリケーションのプロパティは、検索結果フォルダーの設定、内容のテーブルのフィルター処理、列を表示するときに使用し、ためにできます。The [Properties] section lists the complete set of properties that the form uses and publishes; that is, the properties it creates in its custom messages that MAPI client applications can use when displaying columns, filtering contents tables, setting up search-results folders, and so on. このプロパティ リスト内の各エントリを参照して、その後 [プロパティEach entry in this property list references a subsequent [Property. 文字列] のセクションに示すように次のようです。string ] section as shown following.

[のプロパティ][Properties]

プロパティです。Property. 文字列 = の文字列string = string

形式を [プロパティThe format of a [ Property. 文字列]セクションは次のとおりです。string] section is:

[プロパティです。[Property. 文字列]string ]

タイプ = の整数Type = integer

NmidPropset = guidNmidPropset = guid

NmidString = の文字列NmidString = string

NmidInteger = の整数NmidInteger = integer

表示名 = の文字列DisplayName = string

フラグ = の整数Flags = integer

SpecialType = 0 | 1SpecialType = 0|1

Enum1 = の文字列Enum1 = string

[プロパティEach [Property. 文字列] では、1 つのプロパティをについて説明します。string ] section describes a single property. 指定では、MAPI プロパティの種類、たとえば 3 (PT_I4)、プロパティを使用します。The Type entry specifies the MAPI property type, for example 3 (PT_I4), of the property. NmidPropsetエントリは省略可能です。NmidStringエントリまたはNmidIntegerエントリのいずれかとは、 NmidPropsetのエントリは、プロパティの名前を示します。The NmidPropset entry is optional; together with either the NmidString entry or the NmidInteger entry, the NmidPropset entry gives the name of the property. NmidIntegerプロパティの識別子を使用するときに、 NmidStringは、プロパティの名前を示します。NmidString gives the name of the property, while NmidInteger gives the identifier of the property. NmidStringNmidIntegerは、相互に排他的です。NmidString and NmidInteger are mutually exclusive.

セット、 NmidPropsetには、プロパティ セットの名前が含まれている必要がある場合省略すると、 NmidPropsetは、次のルールに基づいて既定値に設定されている場合: NmidIntegerが存在し、その値が 0x8000 未満である場合NmidPropsetが PS_MAPI に設定されています。If set, NmidPropset should contain the name of the property set; if absent, NmidPropset is set to a default based on the following rule: If NmidInteger is present and its value is less than 0x8000, NmidPropset is set to PS_MAPI. NmidIntegerの値が整数値 0x8000 に割り当てより大きい値に設定されている場合、またはそれが存在しない場合は、 NmidPropsetが PS_PUBLIC_STRINGS に設定されています。If the value of NmidInteger is set to an integer greater than 0x8000, or if it is absent, NmidPropset is set to PS_PUBLIC_STRINGS.

表示名のエントリには、プロパティのラベルが含まれています。The DisplayName entry contains the label for the property. SpecialTypeエントリが存在し、0 以外の場合は、このプロパティは、特殊なプロパティであることを示します。The SpecialType entry, if present and nonzero indicates that this property is a special property. 現時点で定義されている唯一の特別なプロパティの型は、 SpecialType = 1 は、列挙された文字列のプロパティを示します。At present, the only special property type defined is SpecialType = 1, which indicates string enumerated properties. Enum1エントリを参照してSpecialTypeは、1 に設定されている場合、 [Enum1 ですIf SpecialType is set to 1, the Enum1 entry references the [Enum1. 文字列] のセクションです。string ] section.

以下は、 [プロパティ] セクションの例と、 [のプロパティFollowing is an example of a [Properties] section and a [Properties. 文字列] のセクションです。string ] section.

[Properties]
Property.1 = Fire Hazard
Property.2 = Safe
[Property.Fire Hazard]
Type = 1
NmidPropSet = {E47F4480-8400-101B-934D-04021C007002]
NmidString = FireHazard
DisplayName = Fire Hazard
SpecialType = 1
Enum1 = HazardEnum

上記の例への参照、それ以降のEnum1エントリ [Enum1 ですThe Enum1 entry in the preceeding example references to a subsequent [Enum1. 文字列] セクションの特定の種類の列挙体を記述します。string ] section describing an enumeration of a particular type. このような列挙体の最初のプロパティに関連付ける、 [プロパティSuch an enumeration associates the first property in the [Property. 文字列] のセクションでは、整数型のプロパティにインデックスが呼び出されます。string ] section with an integer property, called the index. このような列挙体には、表示インデックスのペアを引き受けることが可能な値の一覧も含まれています。Such an enumeration also contains a list of the possible values that the display-index pair can assume. 定義によってEnum1エントリは、常に PT_I4 種類がいるために、列挙型のプロパティの種類を指定する必要はありません。Specifying a property type for the enumeration is unnecessary because by definition an Enum1 entry always has the PT_I4 type. 形式、 [Enum1 ですThe format for the [Enum1. 文字列] のセクションでは。string ] section is:

[Enum1。[Enum1. 文字列]string ]

NmidPropset = guidNmidPropset = guid

NmidString = の文字列NmidString = string

NmidInteger = の整数NmidInteger = integer

EnumCount = の整数EnumCount = integer

Val 関数です。Val. 整数.表示 = の文字列integer .Display = string

Val 関数です。Val. 整数.インデックス = の整数integer .Index = integer

火災の危険を低、中、高の値を持つ名前付き列挙型のプロパティのプロパティの定義例を次に示します。The following is an example property definition for an enumerated property named Fire Hazard with possible values of Low, Medium, and High.

[Properties]
Property1 = Fire Hazard
[Enum1.HazardEnum]
IdxNmidPropset={E47F4480-8400-101B-934D-04021C007002]
IdxNmidString=FireHazardEnum
EnumCount = 3
Val.1.Display = Low
Val.1.Index = 1
Val.2.Display = Medium
Val.2.Index = 2
Val.3.Display = High
Val.3.Index = 3

[Enum1。[Enum1. 文字列] のセクションでは、2 つの目的のアプリケーションで使用することができます: 文字列の代わりに、インデックスを使用して、プロパティのフィルター処理を高速化し、文字列値のアルファベット順とは異なる順序で並べ替えるには。string ] sections can be used by applications for two purposes: to speed up the filtering of properties by using the index instead of the string and to sort by a different order than the alphanumeric order of the string values. たとえば、並べ替え行います高-低の順序ではなく、低、中、高順に基づいて。For example, sorting could be done based on Low-Medium-High order instead of High-Medium-Low order.