GUIDGUID

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

グローバル一意識別子 (GUID) をについて説明します。Describes a globally unique identifier (GUID).

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapiguid.hMapiguid.h
typedef struct _GUID
{
  unsigned long Data1;
  unsigned short Data2;
  unsigned short Data3;
  unsigned char Data4[8];
} GUID;

メンバーMembers

Data1Data1

符号なし長整数型のデータの値の場合です。An unsigned long integer data value.

Data2Data2

符号なし短整数データの値。An unsigned short integer data value.

Data3Data3

符号なし短整数データの値。An unsigned short integer data value.

Data4Data4

符号なしの文字の配列。An array of unsigned characters.

備考Remarks

GUID構造体は、次のようの MAPI で使用されます。GUID structures are used in MAPI as follows:

  • MAPIUID構造体でサービス プロバイダーを一意に識別します。In the MAPIUID structures that uniquely identify service providers.

  • インターフェイス識別子です。For interface identifiers.

  • プロパティには、名前付きプロパティの名前を設定します。In the property set names of named properties.

メッセージ ストアとアドレス帳プロバイダーは、 MAPIUID構造体で使用するGUID構造体を生成します。Message store and address book providers generate a GUID structure to use in their MAPIUID structure. 結果として得られるMAPIUIDIMAPISupport::SetProviderUIDに渡すことによっては、これらのサービス プロバイダーは、その一意の識別子の MAPI を通知します。By passing the resulting MAPIUID to IMAPISupport::SetProviderUID, these service providers inform MAPI of their unique identifier.

また、Microsoft リモート プロシージャ コール (RPC) およびオブジェクトの説明言語 (ODL) の実装に使用されます。Also, they are used in the implementation of Microsoft Remote Procedure Call (RPC) and the Object Description Language (ODL). これらの使用の詳細については、のMicrosoft RPC プログラマーズ ガイドと参照OLE プログラマ リファレンス、および内部 OLE第 2 版を参照してください。For more information about these uses, see the Microsoft RPC Programmer's Guide and Reference, OLE Programmer's Reference ,and Inside OLE, Second Edition .

GUID構造体は、 Win32 プログラマーズ リファレンスで定義されます。The GUID structure is defined in the Win32 Programmer's Reference . MAPI ヘッダー ファイル Mapiguid.h には、MAPI 内で使用するGUID構造体の特定の値が定義されています。Specific values for GUID structures that are used within MAPI are defined in the MAPI header file Mapiguid.h.

関連項目See also

MAPIUIDMAPIUID

MAPI の構造MAPI Structures