テーブルの通知を処理します。Handling table notification

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

アドバイズ ソース オブジェクト、フォルダーなど、ユーザーがメッセージを直接登録する代わりにクライアントは、内容の通知を登録できますか、階層テーブルです。As an alternative to registering directly with an advise source object, such as a folder or a messaging user, a client can register for notifications on a contents or hierarchy table. アドレスへの変更の追跡エントリ、フォルダー、および、内容を経由してメッセージを予約するか、階層テーブルは、個々 のオブジェクトをより簡単より単純です。Tracking changes to address book entries, folders, and messages through a contents or hierarchy table can be simpler and more straightforward than through individual objects.

たとえば、いずれかのサブフォルダーに変更が発生したときを検出するフォルダーの階層テーブルでIMAPITable::Adviseを呼び出すことができます。For example, you can call IMAPITable::Advise on a folder's hierarchy table to discover when changes occur to one of its subfolders. リモート メッセージの表示をサポートする場合は、トランスポート プロバイダーによって処理され、MAPI スプーラーを観察する状態テーブルに登録します。If you support the viewing of remote messages, register with the status table to observe activity by transport providers and the MAPI spooler.

ただし、それは常にオブジェクトの通知ではなくテーブルの通知を使用することをお勧めします。However, it is not always preferable to use table notifications instead of object notifications. クライアント可能性がありますフォルダーによって実装されているテーブルではなくフォルダーにオブジェクトの通知を登録する必要がある場合の例ではフォルダー内のメッセージの数の変更を監視します。Monitoring changes in the number of messages in a folder is an example of when your client might need to register for object notifications on a folder rather than on a table implemented by the folder.