HrQueryAllRowsHrQueryAllRows

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

テーブルのすべての行を取得します。Retrieves all rows of a table.

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapiutil.hMapiutil.h
によって実装されます。Implemented by:
MAPIMAPI
によって呼び出されます。Called by:
クライアント アプリケーションとサービス ・ プロバイダーClient applications and service providers
HRESULT HrQueryAllRows(
  LPMAPITABLE ptable,
  LPSPropTagArray ptaga,
  LPSRestriction pres,
  LPSSortOrderSet psos,
  LONG crowsMax,
  LPSRowSet FAR * pprows
);

ParametersParameters

参照を必要ptable

[in]行の取得元の MAPI テーブルへのポインター。[in] Pointer to the MAPI table from which rows are retrieved.

ptagaptaga

[in]プロパティの配列を含むSPropTagArray構造体へのポインターでは、テーブルの列を示すタグ付けします。[in] Pointer to an SPropTagArray structure that contains an array of property tags indicating table columns. これらのタグを使用して、取得する特定の列を選択します。These tags are used to select the specific columns to be retrieved. _Ptaga_パラメーターが NULL の場合は、 HrQueryAllRowsは、全体の列のセット_の参照を必要_パラメーターで渡された現在のテーブル ビューを取得します。If the ptaga parameter is NULL, HrQueryAllRows retrieves the entire column set of the current table view passed in the ptable parameter.

プレスpres

[in]取得の制限を含むSRestriction構造体へのポインター。[in] Pointer to an SRestriction structure that contains retrieval restrictions. _プレス_パラメーターが NULL の場合は、 HrQueryAllRowsには制限がありません。If the pres parameter is NULL, HrQueryAllRows makes no restrictions.

psopsos

[in]取得する列の並べ替え順序を識別するSSortOrderSet構造体へのポインター。[in] Pointer to an SSortOrderSet structure identifying the sort order of the columns to be retrieved. _Pso_のパラメーターが NULL の場合は、テーブルの既定の並べ替え順序が使用されます。If the psos parameter is NULL, the default sort order for the table is used.

crowsMaxcrowsMax

[in]取得する行の最大数。[in] Maximum number of rows to be retrieved. _CrowsMax_パラメーターの値が 0 の場合は、取得される行の数に制限は設定されていません。If the value of the crowsMax parameter is zero, no limit on the number of rows retrieved is set.

pprowspprows

[out]取得したテーブルの行へのポインターの配列を格納する返されるSRowSet構造体へのポインターへのポインター。[out] Pointer to a pointer to the returned SRowSet structure that contains an array of pointers to the retrieved table rows.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

呼び出しには、予想されるテーブルの行が取得されます。The call retrieved the expected rows of a table.

MAPI_E_TABLE_TOO_BIGMAPI_E_TABLE_TOO_BIG

テーブル内の行の数は、 _crowsMax_パラメーターに渡された値よりも大きくなります。The number of rows in the table is larger than the number passed for the crowsMax parameter.

備考Remarks

クライアント アプリケーションまたはサービス プロバイダーには、 HrQueryAllRowsを取得しよう、制限を課すことによって指す_プレス_パラメーター以外の行の数を制御がありません。A client application or service provider has no control over the number of rows HrQueryAllRows attempts to retrieve, other than by imposing a restriction pointed to by the pres parameter. _CrowsMax_パラメーターは、テーブルのロー数を取得を制限することはできませんではなく取得したすべての行を保持するために使用できるメモリの最大量を定義します。The crowsMax parameter does not limit the retrieval to a certain number of table rows, but rather defines a maximum amount of memory available to hold all retrieved rows. 大容量のメモリのオーバーフローに対する唯一の防策は、 _crowsMax_を設定することによって提供される暫定的な機能です。The only protection against massive memory overflow is the stopgap feature provided by setting crowsMax. エラーの戻り値が MAPI_E_TABLE_TOO_BIG では、テーブルには、すべてを一度にメモリに保持するが多すぎる行が含まれています。The error return MAPI_E_TABLE_TOO_BIG means the table contains too many rows to be held all at once in memory.

メッセージ ストアのテーブルや、プロバイダーのテーブルなど、通常は小さいテーブル通常安全に取得できるHrQueryAllRowsとします。Tables that are typically small, such as a message store table or a provider table, usually can be safely retrieved with HrQueryAllRows. IMAPITable::QueryRowsメソッドを使用してのサブセクションでは、テーブルの内容のテーブルなど、宛先テーブルも非常に大きな危険にさらさを走査する必要があります。Tables at risk of being very large, such as a contents table or even a recipients table, should be traversed in subsections using the IMAPITable::QueryRows method.

プロパティ タイプ PT_NULL および PROP_ID_NULL プロパティの識別子を持つ場合は、テーブルのプロパティに定義されたHrQueryAllRowsが呼び出されたときに、返されますIf any table properties are undefined when HrQueryAllRows is called, they are returned with property type PT_NULL and property identifier PROP_ID_NULL