IMAPIFormFactory::GetLastErrorIMAPIFormFactory::GetLastError

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

前の工場出荷時のフォーム オブジェクトに発生したエラーに関する情報を格納するMAPIERROR構造体を返します。Returns a MAPIERROR structure that contains information about the previous error occurring to the form factory object.

HRESULT GetLastError(
  HRESULT hResult,
  ULONG ulFlags,
  LPMAPIERROR FAR * lppMAPIError
);

ParametersParameters

hResulthResult

[in]以前のメソッドの呼び出しで生成されたエラー値を含む HRESULT のデータ型です。[in] An HRESULT data type that contains the error value generated in the previous method call.

ulFlagsulFlags

[in]返される文字列の種類を制御するフラグのビットマスクです。[in] A bitmask of flags that controls the type of strings returned. 次のフラグを設定することができます。The following flag can be set:

MAPI_UNICODEMAPI_UNICODE

_LppMAPIError_パラメーターに返されたMAPIERROR構造体の文字列は、Unicode 形式では。The strings in the MAPIERROR structure returned in the lppMAPIError parameter are in Unicode format. MAPI_UNICODE フラグが設定されていない場合は、ANSI 形式の文字列です。If the MAPI_UNICODE flag is not set, the strings are in ANSI format.

lppMAPIErrorlppMAPIError

[out]エラーのバージョン、コンポーネント、およびコンテキストの情報を格納する返されたMAPIERROR構造体へのポインターへのポインター。[out] A pointer to a pointer to the returned MAPIERROR structure that contains version, component, and context information for the error. 取得するMAPIERROR構造体が存在しない場合、このパラメーターを NULL に設定することができます。This parameter can be set to NULL if there is no MAPIERROR structure to return.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

�ʘb���������A�\�������l�܂��͒l���Ԃ���܂��BThe call succeeded and has returned the expected value or values.

MAPI_E_BAD_CHARWIDTHMAPI_E_BAD_CHARWIDTH

か、MAPI_UNICODE フラグが設定された発生しましたが、Unicode をサポートしていませんまたは MAPI_UNICODE が設定されていませんでしたし、 GetLastErrorは、Unicode だけをサポートしています。Either the MAPI_UNICODE flag was set and GetLastError does not support Unicode, or MAPI_UNICODE was not set and GetLastError supports only Unicode.

備考Remarks

IMAPIFormFactory::GetLastErrorメソッドでは、失敗したメソッド呼び出しに関する情報を提供します。The IMAPIFormFactory::GetLastError method supplies information about a prior method call that failed. 呼び出し元は、ダイアログ ボックスにMAPIERROR構造体のデータを含めることによって、エラーの詳細情報をユーザーを提供できます。Callers can provide their users with detailed information about the error by including the data from the MAPIERROR structure in a dialog box.

呼び出し側への注意Notes to callers

MAPIERRORの使用を行うことができます構造が、 _lppMAPIError_パラメーターが指す場合、MAPI では 1 つが提供されるGetLastErrorが S_OK を返す場合にのみです。You can make use of the MAPIERROR structure pointed to by the lppMAPIError parameter if MAPI supplies one only if GetLastError returns S_OK. どのような最後のエラーまたはエラーを報告するのにはそれ以上には、MAPI は判断できません。Sometimes MAPI cannot determine what the last error was or has nothing more to report about the error. このような場合は、NULL へのポインターが返されます_lppMAPIError_の代わりにします。In this situation, a pointer to NULL is returned in lppMAPIError instead.

GetLastErrorメソッドの詳細については、拡張エラーの使用を参照してください。For more information about the GetLastError method, see Using Extended Errors.

関連項目See also

MAPIERRORMAPIERROR

MAPIFreeBufferMAPIFreeBuffer

IMAPIFormFactory: IUnknownIMAPIFormFactory : IUnknown